ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)のビットコインの買い方を分かりやすく解説

更新日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

Binance(バイナンス)でビットコインを買ってみたい。

Binance(バイナンス)にはいろんなトレード方法があるけれど、どれでビットコインを買えばいいの?

このようなことでお悩みではないでしょうか。

Binance(バイナンス)は現物取引だけでなく先物取引やマージン取引などさまざまなトレード方法があります。

そのためビットコインの買い方がよく分からないと頭を抱えている人がいるかもしれませんね。

そこで今回はBinance(バイナンス)でのビットコインの買い方を分かりやすく解説していきます。

Binance(バイナンス)のビットコインの買い方を分かりやすく解説

Binance(バイナンス)のビットコインの買い方

Binance(バイナンス)でのビットコインの買い方は何通りもありますので、以下のように分けて考えましょう。

・ビットコインを保有する:現物取引(スポット取引)

・ビットコインの売買差益だけを狙いたい:先物取引、マージン取引

まず、ビットコインを保有したいのなら現物取引でビットコインを購入する買い方にしましょう。

ビットコインを保有する買い方は次に当てはまる人に向いています。

・ビットコインの値上がった時点で売却したい(中長期スパン)

・保有しているビットコインをBinance(バイナンス)に貸し出して利子を得たい

・ビットコインで商品やサービスを購入したい

一方、Binance(バイナンス)の先物取引やマージン取引は厳密にいうとビットコインを保有できません。

必ず「買い」と「売り」がセットになった取引であり、証拠金を元手に売買差益だけを受け取るトレード方法だからです。

次章では現物取引でのビットコインの買い方から見ていきましょう。

Binance(バイナンス)のビットコインの買い方 クレジットカードで購入

Binance(バイナンス)でビットコインを購入したいのであれば、クレジットカードでの買い方が手っ取り早いでしょう。

実はBinance(バイナンス)へは「日本円を銀行から振り込む」「オンラインウォレットから入金する」方法がありません。

そのため、ビットコインを買いたいのならクレジットカードで購入手続きをするか、他の取引所から仮想通貨(暗号資産)を送金するしかありませんでした。

ではビットコインをクレジットカードで購入する買い方の手順を見ていきましょう。

Binance(バイナンス)のページ上部にある「仮想通貨(暗号資産)を購入」ボタンを押して「クレジットカード/デビットカード」をクリックしてください。

するとクレジットカードでビットコインを購入するページが開きます。

日本円でビットコインの買い方をするのであれば以下のように入力しましょう。

・使用:取引要件を「JPY(日本円)」、使用を購入金額

・受信:BTC(ビットコイン)

入力できたら「続行」ボタンを押します。

今回が初めてのクレジットカードでの購入であれば、カードの登録画面が表示されるはずです。

氏名、カード番号など必要な項目を入力していきましょう。

あとは確認ページをチェックして注文を確定させれば完了です。

なお、Binance(バイナンス)で利用できるクレジットカードは「Visa」か「Mastercards」のみです。

またカード発行会社によってはBinance(バイナンス)でビットコインの買い方を禁じているところもありました。

まずはお手持ちのクレジットカードが利用できるかどうか確認しておいてください。

Binance(バイナンス)でビットコインをクレジットカードで購入する買い方は手順に沿って行えば、戸惑うところはないでしょう。

Binance(バイナンス)のビットコインの買い方 仮想通貨(暗号資産)を口座へ送金

Binance(バイナンス)でクレジットカードを利用しない人、ビットコイン以外の仮想通貨(暗号資産)をすでに持っている人であれば、Binance(バイナンス)へ仮想通貨(暗号資産)を送金する買い方にしましょう。

まずは送金したい仮想通貨(暗号資産)銘柄に合わせてBinance(バイナンス)のウォレットを選んでください。

テザー(USDT)を送金するのなら、Binance(バイナンス)の「ウォレット」で「テザー(USDT)」を選択します。

選択すると入金アドレスが表示されますのでコピーしてください。

次に仮想通貨(暗号資産)の送金元の取引所にログインし、「出金先アドレス」に先程Binance(バイナンス)で取得した入金アドレスを貼り付けます。

あとは指示に従って送金手続きを行えば、Binance(バイナンス)の口座へ仮想通貨(暗号資産)が送金されます。

この仮想通貨(暗号資産)を元手にしてBinance(バイナンス)でビットコインを手に入れる買い方を次章で説明していきましょう。

Binance(バイナンス)のビットコインの買い方 現物取引

Binance(バイナンス)の現物取引でビットコインの買い方は「トレード」「現物」ページから行います。

Binance(バイナンス)のウォレットにテザー(USDT)を入金して、ビットコイン(BTC)を買い付ける買い方です。

まずは左上の通貨ペアを「BTC/USDT」に変更してください。

右側の注文パネルが「現物」タブになっているのを確認しましょう。

Binance(バイナンス)のビットコインのチャートを見て「指値・成行・ストップリミット」いずれかを選び「金額」を入力してください。

あとは「BTC購入」ボタンを押すとビットコインの買い方が完了です。

ちなみにテザー(USDT)でビットコインを買うときは取引手数料が無料でした。

別の仮想通貨(暗号資産)をBinance(バイナンス)に送金した場合は、ビットコインとその銘柄のペアに変更して、同様の買い方を進めてください。

Binance(バイナンス)のビットコインの買い方 先物取引・マージン取引

Binance(バイナンス)の先物取引やマージン取引でビットコインの買い方を説明していきましょう。

いずれの取引もまずは専用の口座を開設しなければいけません。

先物取引、マージン取引をクリックすると初回はトレードに関するクイズに全問正解しないとトレードできない仕組みです。

まずはこの段階をクリアしておきましょう。

ではここではBinance(バイナンス)の「USD-M先物」でのビットコインの買い方を説明します。

「デリバティブ」から「USD-M先物」へ入ると以下の画面が表示されているはずです。

左上の通貨ペアを「BTC/USDT」に変更して注文方法を選びます。

指値、成行、ストップリミット、OCOの買い方が可能です。

あとは「価格」を入力して「購入/ロング」ボタンを押しましょう。

なお、先物取引やマージン取引はあくまでもビットコインの売買差益を狙うもので、ビットコインを保有する買い方ではありません。

Binance(バイナンス)のビットコインの買い方を分かりやすく解説まとめ

Binance(バイナンス)でビットコインを保有したいのであれば、クレジットカードで購入するか現物取引をしましょう。

他の取引所で別の銘柄の仮想通貨(暗号資産)を持っているのなら、Binance(バイナンス)へ送金してビットコインにする買い方でもよいでしょう。

とくにテザーであれば取引手数料は無料です。

このほかビットコイン取引が目的で保有にはこだわらないのであれば、先物取引やマージン取引がよいかもしれません。

ご自分の投資方針と照らし合わせて、Binance(バイナンス)でビットコインの買い方を進めてみてください。

-Binance(バイナンス)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.