ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)のビットコインの買い方を分かりやすく解説

更新日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】FTXの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

Binance(バイナンス)のビットコインの買い方にはどのような方法があるの?

ビットコインを保有するための買い方は、どうすればいい?

Binance(バイナンス)の現物取引だけでなく、マージン取引や先物取引など、レバレッジ取引における買い方を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

Binance(バイナンス)のビットコインの買い方にはいくつか方法がありますので、詳しくみていきましょう。

Binance(バイナンス)のビットコインの買い方を分かりやすく解説

Binance(バイナンス)のビットコインの買い方は、クレジットカードによる購入方法・現物取引(スポット取引)・信用取引(マージン取引)・先物取引の4種類です。

まず4種類の買い方のうち、クレジットカードによる購入方法と現物取引(スポット取引)のいずれかでビットコインを購入すると、自己資産としてビットコインを保有できます。

一方、信用取引(マージン取引)と先物取引は証拠金取引ですので、買い注文をしたあとは必ず売り注文、先に売り注文をした場合も買い注文、のように反対売買で決済し、売買差益を出すことを目的としてトレードします。

よって信用取引(マージン取引)と先物取引では実際にビットコインを買うことはできず、買い方と言ってもあくまで「買い注文」と言う形になるでしょう。

なお現物取引は、ビットコインを買ったあと、値上がりを狙って売ることで、売買差益を狙うこともできます。

このようにBinance(バイナンス)におけるビットコインの買い方には、ビットコインを自己資産にする方法と、証拠金取引における買い注文をする方法の2タイプがありますので、合計4種類からニーズに合った方法を利用しましょう。

ここではビットコインの買い方として4種類の購入方法を開設していきます。

Binance(バイナンス)のビットコインの買い方 クレジットカードによる購入方法

クレジットカードによるビットコインの買い方は、Binance(バイナンス)のマイページの上部メニューから「仮想通貨を購入」を選択します。

フォームから「購入」タブを選択して、日本円で購入するので「使う」にJPYを選択して金額、「受信」にはビットコインを選択して数量を記入して「続行」を選択しましょう。

カード名義人・カード番号・カード番号・カード有効期限・セキュリティコード (CVV)を記入し「次へ」進み、あとは流れに沿って手続きを完了させてください。

Binance(バイナンス)のビットコインの買い方 現物取引(スポット取引)

つづいてBinance(バイナンス)の現物取引(スポット取引)による、ビットコインの買い方をみていきます。

現物取引をはじめるためには、Binance(バイナンス)のウオレットに資金を入金しなければいけません。

Binance(バイナンス)は日本円の入金に対応していないため、まず日本円を国内取引所に入金⇒国内取引所で仮想通貨を購入⇒Binance(バイナンス)へ送金する流れで入金方法を行います。

国内取引所で仮想通貨の購入まで完了したことを想定して、Binance(バイナンス)の入金方法をみていきましょう。

Binance(バイナンス)にビットコインを買うための資金を準備する方法

Binance(バイナンス)の画面上部のメニューから「ウオレット」をポイントして「フィアットと現物」を選択します。

入金したい仮想通貨の「入金」を選択してフォームを記入していきます。

「通貨」と国内取引所と同じ「ネットワーク」を選択して、Binance(バイナンス)の入金アドレスを表示します。

つづいて別ウインドウを起動して、国内取引所の、Binance(バイナンス)へ入金したい銘柄の出金フォームにアクセスします。

先に開いておいたBinance(バイナンス)の入金アドレスを、国内取引所の「宛先」「出金アドレス」欄にコピペして、残りの出金画面の項目を埋めて、国内取引所で出金手続きを完了させることで、Binance(バイナンス)の入金手続きを完了します。

現物取引(スポット取引)によるビットコインの買い方

現物取引(スポット取引)の買い方は、Binance(バイナンス)の「トレード」から、シンプル機能が特徴の「クラシック」か、高機能な「アドバンス」のいずれかを選択し、注文フォームへ進みます。

ここでは「アドバンス」でビットコインの買い方をみていきますので、まずは注文したい銘柄を選択しましょう。

つづいて画面右側の注文フォームを記入して、買い方の手続きを行います。

「現物」タブを選択して以下4種類から注文方法を選択します。

  • リミット(指値注文):Binance(バイナンス)で買いたい「価格」を記入して、市場のレートが注文価格に到達することで約定する
  • マーケット(成行注文):現在のBinance(バイナンス)の市場価格で即座に約定をめざす
  • ストップリミット(逆指値注文):現在の市場レートを境にして、指値注文とは逆方向に「価格」を設定して発注する方法。主に損切り目的
  • OCO:リミット注文とストップリミット注文を一度に発注し、片方が約定すると、もう片方はキャンセルされる。利確と損切り注文の同時発注が可能

リミットまたはストップリミットのなどの「価格」は、オーダーブック上の売り注文の中からクリックまたはタップすることで、買いたい「価格」を注文フォームに転記できます。

「金額」には購入したいビットコインの数量を記入しましょう。

またハンドルの調整で、現在Binance(バイナンス)で保有する資産の割合に応じた数量を指定できます。

最後に「購入BTC」をクリックして完了です。

Binance(バイナンス)のビットコインの買い方 信用取引(マージン取引)

Binance(バイナンス)の信用取引(マージン取引)による、ビットコインの買い方をみていきます。

信用取引の買い方は、Binance(バイナンス)の「トレード」から「マージントレード」を選択します。

つづいて取引画面の右上にある銘柄一覧から、ビットコインを選択してください。

「BTC/***」という形で左側にビットコイン、右側にはBinance(バイナンス)に入金した銘柄、すなわち決済通貨のビットコインペアを選びましょう。

黄色の「**×」は最大レバレッジを示しているため、レバレッジの表示がない銘柄はマージン取引できません。

つづいて画面中央下の注文画面へ進み、「担保の振替」を選択しましょう。

信用取引をするためには、Binance(バイナンス)の現物ウオレットからマージン専用ウオレットへ資金移動をする必要があります。

ポップアップの「振替元」に「フィアットと現物」、「振替先」に「クロスマージン」を指定して、振替する銘柄でビットコインを選択し、「金額」を記入することで、担保の振り替えは完了します。

つづいて信用取引をするために、Binance(バイナンス)から資金を借りましょう。

「借りる」を選択することで、注文時に自動的に借り入れをすることができます。

最後に現物取引と同じ手順で、注文フォームの記入を行い、注文を完了させましょう。

Binance(バイナンス)のビットコインの買い方 先物取引

Binance(バイナンス)の先物取引による、ビットコインの買い方をみていきます。

先物取引の買い方(購入方法)の手順は、Binance(バイナンス)の「デリバティブ」から「USDⓈ-M」「COIN-M」のどちらかを選択しましょう。

ふたつの先物取引の違いは、以下の通りです。

  • USDⓈ-M先物:USDT建て 無期限
  • COIN-M先物:USD建て 有効期限あり

先物取引によるビットコインの買い方では、まずはじめに先物専用取引口座をアクティベートします。

やり方は「開設」を選択して、画面の指示に沿って進めてください。

マージン取引と同じく専用ウオレットへ資金振替を、画面右下の「振替」から進めましょう。

チャート左上からビットコインを選択し、つづいて現物取引と信用取引と同じ要領で注文フォームを記入します。

Binance(バイナンス)の先物取引の銘柄には「永久」「四半期」と期限が表記されています。

注文フォームの一番上「マージン」でクロスマージンか分離マージンのいずれかを選択し、「レバレッジ」を「20x」から選択してください。

先物取引は、現物取引の発注方法に加えて「ストップマーケット注文」「トレーリング・ストップ注文」「ポストオンリー注文」を利用できます。

最後に「購入/ロング」を選択して、注文は完了します。

Binance(バイナンス)のビットコインの買い方を分かりやすく解説

Binance(バイナンス)のビットコインの買い方は、自己資産として保有する場合はクレジットカード購入か現物取引です。

一方、トレードによる買い方は、現物取引・信用取引・先物取引ですが、信用取引と先物取引は証拠金取引でトレード差益を狙うことを目的として行います。

ビットコインの買い方は4種類ですので、自分のニーズに合った方法をご利用ください。

-Binance(バイナンス)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.