ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)の本人確認方法と時間を分かりやすく解説

更新日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】FTXの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

Binance(バイナンス)の本人確認方法の手順がわからない。

本人確認を済ませなくてもトレードをはじめられるって本当?

Binance(バイナンス)の本人確認で承認がおりる時間を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

Binance(バイナンス)は世界一の取引量を誇り、最大20倍で仮想通貨FXできる海外取引所です。

今すぐBinance(バイナンス)でトレードを始めたいという方に向けて、本人確認方法と時間について解説していきましょう。

Binance(バイナンス)の本人確認方法と時間を分かりやすく解説

Binance(バイナンス)の本人確認方法を完了しなければ、新規ユーザーは入出金と取引を始めることができません。

従来のBinance(バイナンス)は、本人確認を完了していなくても出金額が制限されるだけで一通りの操作を行うことができましたが、2021年10月6日現在は一時的に既存ユーザーの入金も制限されています。

基本的に本人確認の承認時間はスピーディですが、混雑の可能性もあるため、Binance(バイナンス)で早めに手続きを進めていきましょう。

Binance(バイナンス)の本人確認方法の手順

Binance(バイナンス)の本人確認方法の手順は、以下の2ステップです。

  • 手順1.ベーシック認証(Basic Verification):氏名・生年月日・住所など個人情報の登録
  • 手順2.インターミディエイト認証(Identity Verification):身分証明書の提出

まずは「ベーシック認証(Basic verified)」の手順からみていきましょう。

Binance(バイナンス)のマイページ画面の右上にある「アカウント」アイコンをポイントを選択して、「身分証明(Identity Verification)」します。

「認証取得(Get verified)」ボタンをクリックして、個人認証(Basic verified)ページへ進みます。

国によって入出金の制限額は異なるため、まずは「居住国/地域(Residential Country/Region)」から選択し直しましょう。

「ベーシック認証(Basic verified)」の「今すぐ認証(Verify Now)」ボタンをクリックして、個人情報フォームを入力し、「確定(Continue)」開始しましょう。

個人情報は、Binance(バイナンス)に提出する本人確認書類と同じ情報を入力してください。

一度確定した情報は修正できないため、きちんと個人情報を確認後に「確定(Continue)」ボタンを押しましょう。

これで本人確認のアカウントレベルが「ベーシック(Basic Verified)」に認証されます。

つづいて「インターミディエイト認証(Identity Verification)」の手順に進みます。

Binance(バイナンス)の「アップグレード(Upgrade)」ボタンをクリックして 「インターミディエイト認証(Intermediate Verification )」から本人確認書類の提出を進めていきましょう。

本人確認書類は、パスポート・運転免許証・マイナンバーカードを利用しますので、準備してください。

裏面にも個人情報が記載されている身分証明書の場合は、裏面も画像の撮影を行います。

「国(Select Document Issuing Country)」を選択して、本人確認書類を所定のフォームからアップロードします。

つづいて自撮りによる顔認証を行いますので、システムの手順に沿って撮影を行い、最後に「確定(Continue)」を選択しましょう。

「パソコンは使用できませんか?(Can’t use PC?)」を選択すると、バイナンスアプリで顔認証を完了することもできますので、お手持ちのアプリでQRコードを読み取って完了させてください。

Binance(バイナンス)の本人確認の時間

Binance(バイナンス)の本人確認にかかる時間は、ユーザーによって異なり、早いという声があれば遅いという声も聞かれています。

たとえばBinance(バイナンス)が混雑していない時期は、すぐに本人確認の承認が下りたという声が多く聞かれています。

一方、仮想通貨の暴騰や暴落時は、トレードや入出金手続きで取引所は混雑するため、本人確認の承認に数日・数週間など時間がかかります。

たとえば仮想通貨は半減期以降から値上がりをみせ一時的にBinance(バイナンス)は混雑しますので、本人確認に時間がかかるケースは多いと言えます。

Binance(バイナンス)でトレードを検討されている方は、本人確認手続きを早めに済ませることをおすすめします。

Binance(バイナンス)の本人確認方法と時間における注意点

Binance(バイナンス)の本人確認方法と時間には、いくつかの注意点があります。

Binance(バイナンス)の本人確認方法はスピーディに手続きを完了すること

Binance(バイナンス)で本人確認の手続きをスタートしたら、全手順を15分以内に済ませましょう。

本人確認の手続きには制限時間があるため、個人情報の登録から本人確認書類の提出までを制限時間内に完了する必要があります。

本人確認の手続きを完了するまでは、リロードでブラウザの更新をすることを避けてください。

Binance(バイナンス)は全ユーザーに本人確認を義務化へ

過去、Binance(バイナンス)では、ユーザーのニーズに応じた入出金方法と金額に見合った認証レベルまで本人確認方法を進めればよかったのですが、現在は全ユーザーに対し本人確認を義務化しています。

まず新規ユーザーは、ベーシック認証とインターミディエイト認証の本人確認の全手続きの完了を必須としています。

一方、インターミディエイト認証を完了していない既存のユーザーは、一時的に出金、ポジションのクローズ、償還、注文取消などに制限されます。

本人確認を完了しなかった場合、新規ユーザーはBinance(バイナンス)の全サービスを利用することができず、既存ユーザーは資金の入金や新規エントリーができないなど制限が発生するため、すみやかに手続きを完了させましょう。

Binance(バイナンス)の本人確認方法の認証レベルに応じた入出金制限額【既存ユーザーのみ】

前項でBinance(バイナンス)は全ユーザーに対して、本人確認の全手続きを完了しなければ、入出金は制限されていると解説しました。

新規ユーザーは今後もすべての本人確認手続きは必須であることが見込まれますが、既存ユーザーに対する入金制限は、2021年10月19日0時(サーバー時間)までの期間限定で実施される予定です。

それ以降、既存ユーザーの認証レベルによる入出金制限は、以下の通り従来通りに戻る予定です。

従来におけるBinance(バイナンス)の本人確認方法は、認証方法に応じた以下の2段階のレベルで構成されています。

本人確認の認証レベルに応じて、入出金制限は異なります。

  • ベーシック認証(Basic verified):仮想通貨の入金は無制限/出金は1日あたり0.06BTC
  • インターミディエイト認証(Identity Verification):仮想通貨の入金・出金ともに無制限 法定通貨の入出金は1日あたり50,000ドル/1月あたり500,000ドル

またインターミディエイト認証を完了するとP2P・LPD(ローンチパッド)・OTC・バイナンスカードのご利用も可能になります。

Binance(バイナンス)の本人確認方法に失敗した場合、手続きの上限回数は1日10回

身分証明書や本人の画像が不鮮明、個人情報と本人確認書類の情報が一致しない場合は、Binance(バイナンス)から承認が下りず、再手続きが必要です。

再手続きの回数は1日10回までに制限されているため、限度回数を超えても承認されない場合は、翌日、あたらめて再手続きを行いましょう。

Binance(バイナンス)の本人確認方法と時間を分かりやすく解説まとめ

Binance(バイナンス)の本人確認方法は、全ユーザーが対象で、新規ユーザーはすべての機能を使うことができません。

既存ユーザーは本人確認書類の提出を完了しなければ、出金や決済注文や償還などクローズ系の手続きに制限され、入金や新規エントリーまでしかできない状況です。

よってなるべく早めに本人確認手続きをすませましょう。

Binance(バイナンス)の本人確認で承認が下りるまでの時間は、非常にスピーディと言う声が多く聞かれています。

-Binance(バイナンス)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.