ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)のレンディング(貸仮想通貨)を分かりやすく解説

更新日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

Binance(バイナンス)のレンディング(貸仮想通貨)って何?

長期保有している仮想通貨(暗号資産)があるならレンディング(貸仮想通貨)がおすすめとアドバイスされたけれどよく分からない。

このようなことで悩んでいるのではないでしょうか。

Binance(バイナンス)には「レンディング(貸仮想通貨)」というサービスがあります。

ステーキングやセービング、流動性ファーミングなどがありますが、どれを利用すればいいのか分かりづらいかもしれませんね。

そこで今回はBinance(バイナンス)のレンディング(貸仮想通貨)を中心にして分かりやすく解説していきます。

Binance(バイナンス)のレンディング(貸仮想通貨)を分かりやすく解説

Binance(バイナンス)のレンディング(貸仮想通貨)とは

Binance(バイナンス)のレンディング(貸仮想通貨)とは、現物取引で買った仮想通貨(暗号資産)やトークンをBinance(バイナンス)に貸し出すことで賃借料をもらうサービスのことです。

Binance(バイナンス)には信用取引があるのはご存知ですよね。

信用取引で貸し出す仮想通貨(暗号資産)は、このレンディング(貸仮想通貨)で貸し出された仮想通貨(暗号資産)が使われていました。

つまりレンディング(貸仮想通貨)でもらった賃借料は、信用取引をした他のユーザーの手数料から賄われているのです。

Binance(バイナンス)のレンディング(貸仮想通貨)の種類

Binance(バイナンス)のレンディング(貸仮想通貨)の種類はいくつもありますので比べてみましょう。

Binance(バイナンス)の「収益」タブの中には以下のサービス名が記載されていました。

・バイナンスアーン

・セービング

・ステーキング

・ETH2.0

・ローンチパッド

・BNB Valut

・流動性ファーミング

収益タブの中にはデュアル投資と自動投資も記載されていますが、レンディング(貸仮想通貨)とは仕組みが違います。

バイナンスアーンはセービングやステーキングなどの一覧を見やすくしたまとめページにしかすぎません。

では次章からは種類別で「レンディング(貸仮想通貨)についてさらに詳しく見ていきましょう。

Binance(バイナンス)のレンディング(貸仮想通貨) セービング

Binance(バイナンス)のレンディング(貸仮想通貨)の「セービング」とは、仮想通貨(暗号資産)をBinance(バイナンス)に預けることで利子を受け取れるサービスです。

いわば銀行の定期預金のようなものと考えれば分かりやすいのではないでしょうか。

Binance(バイナンス)のレンディング(貸仮想通貨)・セービングには以下の2種類がありました。

・フレキシブルセービング

・定期セービング

フレキシブルセービングは236種類もの仮想通貨(暗号資産)を預け入れる事が可能です。

預入期間は特に定められていません。つまりフレキシブルです。

例えばBTCをフレキシブルセービングでレンディング(貸仮想通貨)すれば、利率は5%でした。

そして定期セービングは預入期間が「7日〜120日」の間で定められているレンディング(貸仮想通貨)です。

取り扱いのある仮想通貨(暗号資産)は17種類でした。

例えば仮想通貨(暗号資産)「JASMY」を60日定期セービングすればなんと年率は35%。

ETHであれば120日のレンディング(貸仮想通貨)で年率3.6%でした。

Binance(バイナンス)のレンディング(貸仮想通貨) セービングのやり方

Binance(バイナンス)のセービングはレンディング(貸仮想通貨)初心者にはうってつけでしょう。

Binance(バイナンス)のメニューから「セービング」を選んで下さい。

セービングしたい仮想通貨(暗号資産)を選択して利率や期日を確認し買い付けたいロット量を入力して「定期登録」を押しましょう。

すると利息配分日や推定利子などが表示されますので、規約を読んだ上で「承認」を押して下さい。

定期セービングも同様のやり方です。

Binance(バイナンス)のレンディング(貸仮想通貨)をしてみたいのであれば、まずはフレキシブルセービングからチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Binance(バイナンス)のレンディング(貸仮想通貨) ステーキング・ETH2.0

Binance(バイナンス)のレンディング(貸仮想通貨)としてステーキングも有名です。

ステーキングとは仮想通貨(暗号資産)のブロック生成に協力するかわりに報酬をもらえる仕組みです。

専用ウォレットに仮想通貨(暗号資産)を一定期間預け入れるだけです。

Binance(バイナンス)のステーキングには以下の種類がありました。

・定期ステーキング

・DeFiステーキング

・ETH2.0

定期ステーキングは100種類の仮想通貨(暗号資産)で利用できます。

例えばADAであれば16.47%のリターンが見込まれます。

セービングと比較すると高いリターンが期待できるでしょう。

おおよそ10%〜50%、中には80%もの推定年率もありました。

このほか、DeFiステーキングは15種類の仮想通貨(暗号資産)で利用可能。

ETH2.0はETH2.0専用のステーキング・レンディング(貸仮想通貨)サービスです。

お手持ちの仮想通貨(暗号資産)でステーキングが利用できそうなのであれば、Binance(バイナンス)のサイトで確認してみてください。

Binance(バイナンス)のレンディング(貸仮想通貨) その他

Binance(バイナンス)のレンディング(貸仮想通貨)にはその他にもいくつかの種類があります。

まず「ローンチパッド」とは、新規プロジェクトに仮想通貨(暗号資産)を預けて「新しい」トークンをもらう仕組みです。

既存の仮想通貨(暗号資産)ではなくこれから伸びそうなプロジェクトに出資する形式ですので、ハイリスクハイリターンであるといえるでしょう。

次に「BNB Value」はBNB(バイナンスコイン)専用のレンディング(貸仮想通貨)です。

これまで説明してきたセービング、ローンチパッド、DeFiステーキングが利用可能です。

しかし自分でどのレンディング(貸仮想通貨)サービスを使うのかは考える必要はありません。

申し込んだタイミングで一番運用利率が良いものを自動的に選んでもらえます。

BNB(バイナンスコイン)を保有しているのであれば、BNB Valueでレンディング(貸仮想通貨)するとよいでしょう。

最後にBinance(バイナンス)の「流動性ファーミング」もレンディング(貸仮想通貨)の一種です。

これは取引所ではなく「両替所」に仮想通貨(暗号資産)を預けることで利子を受け取れるサービスです。

興味のある人はBinance(バイナンス)の公式サイトでご確認ください。

Binance(バイナンス)のレンディング(貸仮想通貨)を分かりやすく解説まとめ

Binance(バイナンス)のレンディング(貸仮想通貨)は数多くの種類があり、使い分けが難しいかもしれません。

利益重視であればステーキングからレンディング(貸仮想通貨)を始めてみてはいかがでしょうか。

長期間仮想通貨(暗号資産)を預け入れるのが不安な人は、フレキシブルセービングがよいかもしれません。

お手持ちの仮想通貨(暗号資産)で使えそうなレンディング(貸仮想通貨)があれば、年利や条件などをしっかりと確認してみてください。

-Binance(バイナンス)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.