ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)のレンディング(貸仮想通貨)を分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページ

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

【4位】Bybitの詳細ページはこちらから

海外の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBinance(バイナンス)を利用して、これからレンディング(貸仮想通貨)を始めてみたいという人もいるでしょう。

仮想通貨(暗号資産)取引の中でも低リスクで資産運用ができるといわれているレンディングですが、Binance(バイナンス)ではどのようにレンディング(貸仮想通貨)を行なっていくのでしょうか。

またBinance(バイナンス)のレンディングでは、いくらくらいの報酬が得られるのかもきになるところですよね。

ここでは、Binance(バイナンス)のレンディング(貸仮想通貨)について分かりやすく解説していきます。

Binance(バイナンス)のレンディング(貸仮想通貨)を分かりやすく解説

これまで仮想通貨(暗号資産)を使って利益を出す方法には、仮想通貨(暗号資産)の現物取引や先物取引などが主流となっていました。

しかし2019年後半〜2020年くらいの間に、新たな仮想通貨(暗号資産)の運用方法として登場したのが、レンディング(貸仮想通貨)という運用方法です。

Binance(バイナンス)で行われている仮想通貨(暗号資産)のレンディングは、自分が保有している仮想通貨(暗号資産)をBinance(バイナンス)に一時的に貸し出し、貸付期間と貸付数量に応じた金利を付与してもらうというサービスになっています。

レンディング(貸仮想通貨)によって預けた仮想通貨(暗号資産)がどのように使われているのか気になるという人もいるようですが、基本的に預けた仮想通貨(暗号資産)はBinance(バイナンス)の取引に利用されているようです。

Binance(バイナンス)の現物取引や先物取引の場合には、レートが自分の予想した方向に動いた時に売る(または買い戻す)ことで利益が得られますが、逆にレートが予想とは反対に動けば損失がでる可能性もあります。

しかしレンディング(貸仮想通貨)の場合には、単純にいってしまえば預けている期間だけ貸付料が発生し付与されますので、リスクがほとんどない仮想通貨(暗号資産)の運用方法だといえるでしょう。

またBinance(バイナンス)のレンディング(貸仮想通貨)では、以下の2つのレンディング(貸仮想通貨)のやり方が選べるようになっています。

  • フレキシブル方式(Flexible Savings)
  • 定期方式(Locked Savings)

まずフレキシブル方式(Flexible savings)についてですが、Binance(バイナンス)のレンディング(貸仮想通貨)サービスの中で、期間を決めずに仮想通貨(暗号資産)の貸し出しができるという方法です。

預けたい時にあずけていつでもユーザーの好きなタイミングにレンディング(貸仮想通貨)サービスを解除することができます。

預けている仮想通貨の自由度は高くなりますが、その分定期方式(Locked Savings)に比べると付与される金利の額が少ないのが特徴です。

対する定期方式(Locked Savings)は、Binance(バイナンス)のレンディング(貸仮想通貨)サービスの中で、期間を決めて仮想通貨(暗号資産)の貸し出しをする方法になっています。

仮想通貨(暗号資産)の貸し出し期間は、7日間・14日間・30日間・90日間の中から選択でき、指定した期間以下で仮想通貨(暗号資産)の貸し出しを解除することはできません。

また仮想通貨(暗号資産)の貸し出し期間が長ければ長いほど、付与される金利が高くなるというのも特徴です。

仮想通貨(暗号資産)は保有しているけど、しばらく取引するよていがないという人は定期方式(Locked Savings)を利用するのがよいでしょう。

Binance(バイナンス)のレンディング(貸仮想通貨)のやり方

それでは実際にBinance(バイナンス)のレンディング(貸仮想通貨)のやり方・手順をみていきましょう。

Binance(バイナンス)のレンディング(貸仮想通貨)サービスを利用するためには、Binance(バイナンス)へのアカウント登録が必要になりますので、アカウント未登録の人はまずはBinance(バイナンス)の新規登録手続きを行なってください。

ここからは、Binance(バイナンス)のアカウント登録が完了しているところからBinance(バイナンス)のレンディング(貸仮想通貨)のやり方について説明していきます。

まずはBinance(バイナンス)の公式サイトにログインし上部メニュー一覧に表示されている「fanding(ファンディング)」から「Saving(セービング)」をクリックしていきましょう。

Binance(バイナンス)のSaving(セービング)画面が表示されるのでここでレンディング(貸仮想通貨)の手続きを行なっていきます。

Binance(バイナンス)のレンディング(貸仮想通貨)では、ユーザーは2つのレンディング(貸仮想通貨)の方法が選択できるようになっているので、「Flexible Savings」または「Locked Savings」のいずれかのボタンをクリックしていきましょう。

フレキシブル方式(Flexible Savings)を利用する場合には、「Flexible Savings」をクリックすると専用手続き画面が表示されます。

預けたいコイン銘柄を選択して「Transfer」ボタンをくりっくしていきましょう。

Binance(バイナンス)のレンディング(貸仮想通貨)で預け入れる数量を入力して、入力内容を確認し問題なければ「Transfer confirmed」をクリックしていきましょう。

次に定期方式(Locked Savings)で「Locked Savings」を選択した時の専用画面をみていきましょう。

それぞれの通貨銘柄の横に「7Days」「14Days」「30Days」「90Days」と、貸付期間ボタンが表示されているので、好きなものを選択して「Transfer」をクリックします。

Binance(バイナンス)のレンディング(貸仮想通貨)で預け入れる数量を入力して、入力内容を確認し問題なければ「Transfer confirmed」をクリックしていきましょう。

Binance(バイナンス)のレンディング(貸仮想通貨)を分かりやすく解説まとめ

今回は、Binance(バイナンス)のレンディング(貸仮想通貨)について分かりやすく解説していきます。

Binance(バイナンス)のレンディング(貸仮想通貨)は、自分が保有している仮想通貨(暗号資産)をBinance(バイナンス)に貸し出して金利を受け取るという仮想通貨(暗号資産)の運用方法です。

使っていない仮想通貨(暗号資産)を眠らせているのであれば、Binance(バイナンス)のレンディング(貸仮想通貨)サービスを試してみてくださいね。

-Binance(バイナンス)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.