ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)のチャートの見方と使い方を分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページ

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

【4位】Bybitの詳細ページはこちらから

海外の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBinance(バイナンス)を利用して、これから取引を始めてみたいという人もいますよね。

しかしBinance(バイナンス)は日本国内の取引所と違って操作が難しそうと感じている人もいるのではないでしょうか。

特にBinance(バイナンス)での取引の重要なポイントとなるチャートの見方や使い方については、事前にしっかりチェックしておきたいものですよね。

そこで今回は、Binance(バイナンス)のチャートの見方と使い方を分かりやすく解説していきます。

Binance(バイナンス)のチャートの見方と使い方を分かりやすく解説

Binance(バイナンス)のチャートの見方と使い方 Binance(バイナンス)チャートは全部で3種類

仮想通貨(暗号資産)取引ができる海外の取引所であるBinance(バイナンス)ですが、チャートを利用する取引方法には、以下の3タイプが用意されています。

  • 仮想通貨(暗号資産)の現物取引
  • 仮想通貨(暗号資産)のマージン取引
  • 仮想通貨(暗号資産)の先物取引(Binance(バイナンス) Futures(フューチャー))

Binance(バイナンス)には、上記3つの取引方法別にチャートが用意されていますが、どの取引方法のチャートも見方や使い方は全く同じです。

まずは、それぞれの取引方法別のチャート表示のさせ方をみていきましょう。

まずは仮想通貨(暗号資産)の現物取引のチャート表示のさせ方です。

Binance(バイナンス)の公式サイトにログインし、マイページのメイン画面下にある仮想通貨(暗号資産)銘柄一覧の中から、チャート表示させたいコイン銘柄をクリックします。(ここではビットコインのチャートを例にしていきます。)

トレード画面が表示されるので、画面上部のタブの「スポット」をクリックすると、現物取引のチャート・取引画面が表示されるでしょう。

次にBinance(バイナンス)のレバレッジ3倍または10倍をかけたマージン取引のチャート表示のさせ方です。

Binance(バイナンス)の公式サイトにログインし、マイページのメイン画面下にある仮想通貨(暗号資産)銘柄一覧の中から、チャート表示させたいコイン銘柄をクリックします。(ここではビットコインのチャートを例にしていきます。)

トレード画面が表示されるので、画面上部のタブの「クロス3x」をクリックすると、マージン取引レバレッジ3倍のチャート・取引画面が表示されるでしょう。

同じトレード画面上で画面丈夫のタブの「分離マージン10x」をクリックすると、マージン取引レバレッジ10倍のチャート・取引画面が表示されるでしょう。

最後にBinance(バイナンス)の先物取引にあたるBinance(バイナンス)Futures(フューチャー)のチャート表示のさせ方です。

Binance(バイナンス)の公式サイトにログインし、上部メニューバーの中から「デリバティブ」をクリックし、先物メニューをさらにクリックしていきましょう。

取引画面の中にチャート画面が表示されますが、Binance(バイナンス)Futures(フューチャー)の専用口座を開設していない人はすぐに利用することはできません。

Binance(バイナンス)Futures(フューチャー)を利用するには、画面右側に表示される「先物アカウントを開く」の中の「開設」ボタンをクリックしていきましょう。

Binance(バイナンス)の先物取引であるBinance(バイナンス)Futures(フューチャー)のチャート画面が表示されます。

Binance(バイナンス)のチャートの見方と使い方 取引したいコイン銘柄のチャートを表示させる方法

取引方法によって別チャートがそれぞれ用意されているBinance(バイナンス)ですが、基本のチャート操作方法はどれも同じです。

まずはBinance(バイナンス)で取引したいコイン銘柄のチャートを表示させる方法をみていきましょう。

現在表示されているコイン銘柄のチャートから違うコイン銘柄のチャートに切り替えたい場合には、チャートの左上に表示されている通貨ペア名(ここではBNB/BUSD)をクリックします。

通貨ペア名の一覧が表示されるので、チャートを表示させたい銘柄を選んでクリックすると、チャートが切り替わります。

Binance(バイナンス)のチャートの見方と使い方 チャートの時間足の変更方法

次にBinance(バイナンス)で表示させたチャートの時間足の変更方法をみていきましょう。

Binance(バイナンス)のチャートの時間足の変更方法も、どの取引方法でも同じとなっていて、チャートの左上の「時間」の項目を操作していきます。

分足〜月足まで細かく選択してチャート表示ができるようになっていますので、自分のみたいチャートの時間足を表示させていきましょう。

Binance(バイナンス)のチャートの見方と使い方 インジケーターは限られたものだけ利用可能だが水平線などを書き込むことはできる

為替FXでの取引経験がある人であれば、テクニカル分析の方法として特定のインジケーターを利用していきたいという人もいるでしょう。

しかしBinance(バイナンス)のチャートで利用できるインジケーターは、それほど多くありません。

Binance(バイナンス)のチャート画面を開くと、デフォルトの状態で「移動平均線」「取引ボリューム」「MACD」が表示されていて、チャート分析で利用できる機能は基本的にこの3つとなっています。

Binance(バイナンス)のチャートはインジケーターが限られていますが、トレンドラインや水平線などチャート画面に線や文字を挿入することは可能です。

チャート画面の左下の方に小さな「>」のボタンがあるのでクリックしていきましょう。

「>」のボタンをクリックすると、チャート画面の編集メニューが左側に縦一覧で表示されます。

例えば、チャート画面上にトレンドラインをひきたい場合には、線型のアイコンをクリックすると、トレンドラインや水平線などライン関連のメニューが表示され、選択したラインをチャートに表示させることができるでしょう。

また文字の入力や角度の測定なども同じメニュー内でできるようになっていますので、チャート画面を自分仕様にカスタマイズすることができるでしょう。

Binance(バイナンス)のチャートの見方と使い方を分かりやすく解説まとめ

今回は、Binance(バイナンス)のチャートの見方と使い方を分かりやすく解説してきました。

Binance(バイナンス)では、現物取引・マージン取引(3倍・分離マージン10倍)・先物取引(Binance(バイナンス)Futures(フューチャー))の3つの取引方法ごとに専用チャートが用意されています。

インジケーターなどは細かく利用することができませんが、トレンドラインや水平線などは引けるようになっていますので使い方を試してみてくださいね。

-Binance(バイナンス)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.