ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)のチャートの見方と使い方を分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】FTXの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

Binance(バイナンス)のチャートの見方と使い方がよくわからない。

あなたは今、このようにお考えですよね。

Binance(バイナンス)は世界一の取引量を誇り、仮想通貨の指標になっている海外の仮想通貨取引所です。

仮想通貨トレードをはじめるためには、まずチャートの見方と使い方を把握しなければいけません。

ここではBinance(バイナンス)のチャートの見方と使い方について解説していきます。

Binance(バイナンス)のチャートの見方と使い方を分かりやすく解説

Binance(バイナンス)のチャートの見方と使い方は、ただ相場推移を眺めるだけではありません。

チャートの使い方における目的は、Binance(バイナンス)の相場状況を分析して、今後の値動きを予測し、注文に役立てることです。

Binance(バイナンス)の相場状況を把握するためには、テクニカルチャート分析の知識が必要ですので、まずは参考書で専門知識を身につけましょう。

ここではチャート分析の知識があることを大前提として、Binance(バイナンス)の機能面におけるチャートの見方と使い方を解説していきます。

Binance(バイナンス)のチャートの見方と使い方の基礎知識

Binance(バイナンス)のチャートの見方と使い方の基礎知識として、チャートの画面と種類を確認していきましょう。

まずBinance(バイナンス)のチャートの画面は、クラシック・アドバンス・先物取引(Binance Futures)の3種類です。

クラシックの特徴は、シンプルなチャート画面であり、チャートの基本的な使い方や見方を覚えたい初心者に最適です。

アドバンスの特徴は、クラッシックと比較するとチャート自体の機能や、見方・使い方はほぼ同じですが、トレード関連の機能が豊富でしょう。

先物取引(binance Futures)もアドバンスと同じく、チャートの見方や使い方は同じで、豊富なトレード機能を活用できることが特徴です。

Binance(バイナンス)のチャートを表示する使い方は、マイページの上部メニュー「トレード」から「クラシック」「アドバンス」を選択しましょう。

先物取引(Binance Future)のチャートを表示する使い方は、「デリバティブ」から「USDS-M先物」「COINS-先物」のいずれかを選択しましょう。

ちなみにUSDS-M先物はUSDT建てかつ無期限、COINS-先物はUSD建てかつ期限付きと異なるトレード条件ですので、チャートは区別されています。

またBinance(バイナンス)のチャートの種類は、オリジナル・TradeView・深さの3種類です。

オリジナルは、上で解説したデフォルトで表示されるBinance(バイナンス)の独自チャートをさします。

TradeViewは、ブラウザ上から高度なチャート分析や注文ができる外部ツールであり、スマホアプリによる使い方も可能です。

深さは、買い注文と売り注文の状況を示しており、チャートの見方は緑が買い・赤が売りを示しているため、どちらが優位なのかを確認する使い方ができます。

では引き続き、Binance(バイナンス)のチャートの見方と具体的な機能、使い方について解説していきます。

Binance(バイナンス)のチャートの見方と使い方 時間足の設定

Binance(バイナンス)のチャートの見方と使い方として、時間足の設定からみていきましょう。

チャートの時間足を設定することで、Binance(バイナンス)の短期相場から長期相場を把握するという見方ができます。

時間足を変更する使い方は、チャート上部の時間足アイコン、またはプルダウンメニューから任意の時間足を選択しましょう。

Binance(バイナンス)でスキャルピングするときは分足、デイトレードのときは時間足、スイングトレードのときは日足などを設定することで、トレード手法に見合ったチャートの見方と使い方ができるようになります。

Binance(バイナンス)のチャートの見方と使い方 インジケーターの設定

Binance(バイナンス)ののチャートの見方と使い方として、インジケーターをみていきましょう。

インジケーターを設定することで、Binance(バイナンス)のチャートから相場の詳細情報を詳しく把握するという見方ができます。

Binance(バイナンス)では複数のインジケーターを採用しており、チャートにかぶせるように表示するものを「メイン」、チャート下部に表示するものを「サブ」と呼んでいます。

「メイン」はチャート上でトレンドを把握するという見方ができるトレンド系インジケーター、「サブ」は売られすぎ・買われすぎを示すオシレーター系インジケーターを示しています。

  • メインインジケーター:MA EMA WMA BOLL VWAP AVL TRIX SAR
  • サブインジケーター:VOL MACD RSI KDJ OBV CCI StochRSI WR DMI MTM EMV

インジケーターは、メインとサブを組み合わせることで、効率よくチャート分析する使い方ができます。

チャートにインジケーターを設定する使い方は、チャート上部の「テクニカル指標」を選択して、表示されたポップアップから、任意のインジケーターを設定しましょう。

インジケーターのラインやカラーを変更することもできますが、変更することでよりチャートとの見方を視覚的に向上させることができます。

Binance(バイナンス)のチャートの見方と使い方 描画ツール

Binance(バイナンス)のチャートの見方と使い方として、描画ツールをみていきましょう。

描画ツールは、チャート上に線や図形、テキストなどを挿入して、より詳細なチャート分析をする使い方ができます。

たとえば描画ツールの代表的存在であるトレンドラインを挿入することで、Binance(バイナンス)のチャートからトレンドを把握するという見方ができるようになります。

描画ツールの使い方は、デフォルトの状態で隠れているので、「付箋」タブを選択して、ツールを表示させます。

表示されたツールの中から、たとえば「トレンドライン」をクリックして、チャート上が上昇相場の場合は安値と安値、下落相場の場合は高値と高値にラインをひいていきます。

チャート分析ツールはインジケーターだけでなく、トレンドラインや水平線なども広く使われているためおすすめです。

Binance(バイナンス)のチャートの見方と使い方 ワンクリックトレード

Binance(バイナンス)のチャートの見方ではありませんが、注文方法のひとつの使い方としてワンクリックトレード機能も活用できます。

ワンクリックトレードは、「アドバンス」と「先物取引(Binance Futures)」のチャート限定の使い方になります。

チャート上に表示されている注文機能に数量を記入して「売却」「購入」をクリックするだけで、成行注文する使い方ができます。

たとえばワンクリックトレードの使い方は、秒単位でトレードするスキャルピングのとき、注文フォームのように詳細を記入しなくても、チャート上からスピーディに発注できることがメリットでしょう。

チャートの使い方の一環として、ぜひご活用ください。

Binance(バイナンス)のチャートの見方と使い方を分かりやすく解説まとめ

Binance(バイナンス)のチャートの見方と使い方について解説しました。

充実した機能を実装しているBinance(バイナンス)のチャートですが、シンプル設計になっているため初心者でも使いやすいはずです。

チャート分析は、Binance(バイナンス)の継続的な収益をめざすために必要不可欠ですので、きちんとマスターしてください。

Binance(バイナンス)の公式アプリでも、基本的なチャートの見方や使い方は同じですので、ぜひ参考になさってください。

-Binance(バイナンス)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.