ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)フューチャー(Futures)の使い方を分かりやすく解説

更新日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

Binance(バイナンス)フューチャー(Futures)ってどんな取引?どんな特徴があるの?

Binance(バイナンス)フューチャー(Futures)に興味があるけれど、使い方は難しい?

このようなことを考えていて一歩踏み出せない人がいるのではないでしょうか。

Binance(バイナンス)は世界一の取引量を誇る海外の仮想通貨取引所。

現物取引や先物取引、マージントレードやNFTなど多種多様なトレードが可能です。

そこで今回はBinance(バイナンス)のフューチャー(Futures)とは何か、その使い方について分かりやすく解説します。

Binance(バイナンス)フューチャー(Futures)の使い方を分かりやすく解説

Binance(バイナンス)フューチャー(Futures)とは

Binance(バイナンス)のフューチャー(Futures)とは、仮想通貨(暗号資産)の先物取引のことです。

Binance(バイナンス)フューチャー(Futures)は以下の2種類。

USD-M 先物:証拠金がUSDTまたはBUSD。

COIN-M 先物:証拠金が仮想通貨(暗号資産)

まずは証拠金が通貨なのか仮想通貨(暗号資産)なのかによって、呼び名が異なります。

通常、先物取引とは「有効期限が定められた」取引形態です。

しかしBinance(バイナンス)フューチャー(Futures)は先物取引ではありますが、有効期限がありません。

もちろん有効期限を定めることも可能です。

Binance(バイナンス)フューチャー(Futures)の追証・ロスカット・証拠金維持率

Binance(バイナンス)フューチャー(Futures)の追証・ロスカット・証拠金維持率を見てみましょう。

まず、フューチャー(Futures)口座では追証はありません。

ちなみにBinance(バイナンス)のマージン取引では追証が必要です。

では次にロスカットとなる証拠金維持率を見ていきましょう。

Binance(バイナンス)フューチャー(Futures)のロスカットは次の特徴がありました。

・証拠金維持率100%で執行

・ロスカット手数料はかからない

なお、Binance(バイナンス)のマージン取引ではロスカットになった場合に「精算手数料」が課せられます。

この点からいうとBinance(バイナンス)のフューチャー(Futures)のほうが優遇されているといえるでしょう。

Binance(バイナンス)フューチャー(Futures)の使い方 専用口座開設

Binance(バイナンス)フューチャー(Futures)の使い方の最初の手順として、専用口座の開設をしなくてはいけません。

まずはBinance(バイナンス)にログインしましょう。

設定のデリバティブから「Futures」に入ると「先物口座を開設」がポップアップ表示されますので「アカウントを開く」をクリックしてください。

すると先物取引のリスクに関する注意事項が表示されますので読んだうえで「開設」をクリックしましょう。

続いての使い方は、Binance(バイナンス)フューチャー(Futures)で取引するにあたって最低限の知識があるかどうかのクイズへの回答です。

必ず全問正解しなければいけません。

ヒントとなるページのリンク(英語)が貼ってありますので確認しながら答えていくとよいでしょう。

さらにBinance(バイナンス)フューチャー(Futures)の使い方の概要が表示されますので、すべて確認してください。

ここまでの手順を済ませれば、Binance(バイナンス)フューチャー(Futures)で専用口座をようやく開設できます。

Binance(バイナンス)フューチャー(Futures)の使い方 資金移動

Binance(バイナンス)でフューチャー(Futures)口座を開設できたら、以下の流れで使い方をすすめていきましょう。

・現物ウォレットからBinance(バイナンス)フューチャー(Futures)ウォレットへ資金を移動する

・トレードする

Binance(バイナンス)では、現物取引用のウォレットとフューチャー(Futures)用のウォレットは分けられています。

フューチャー(Futures)画面の右下に「資産」パネルが表示されているはずです。

「振替」をクリックすると送金パネルが表示されます。

振替元は「フィアットと現物」、振替先は「USDⓈ-M先物」または「COIN-M先物」にして振り替えたいコインの数量を入力しましょう。

資金移動の使い方で特に戸惑うような箇所はないでしょう。

あとは「確認」を押せば、Binance(バイナンス)フューチャー(Futures)口座に入金できます。

Binance(バイナンス)フューチャー(Futures)の使い方 トレード

Binance(バイナンス)フューチャー(Futures)でトレードする使い方を見ていきましょう。

トレード画面は大きく分けると4つのエリアに分けられます。

1:通貨ペアの切り替え

2:チャート

3:注文

4:証拠金維持率

まずは①の通貨ペアを切り替える使い方です。

Binance(バイナンス)フューチャー(Futures)では、銘柄だけでなく先物の有効期限もここで切り替えられます。

続いて②のチャート板エリアの見方と使い方です。

ここでは時間足の変更やインジケーターの挿入などチャートのカスタマイズができます。

Binance(バイナンス)オリジナルのチャートを表示するだけでなく、Trading Viewにもワンクリックで切り替えができました。

次に③エリアで注文を出す使い方を見ていきましょう。

Binance(バイナンス)フューチャー(Futures)ではレバレッジ倍率は最大125倍です。

ただし先物アカウントを開設して60日未満のトレーダーは最大レバレッジが20倍までしか利用できません。

Binance(バイナンス)のフューチャー(Futures)で利用できる注文方法は以下の3種類。

・指値

・成行

・ストップリミット

それぞれの注文方法に合わせて、注文価格や数量を入力し「購入/ロング」または「売却/ショート」をクリックしましょう。

そして右下のエリアは「証拠金率」が表示されています。

Binance(バイナンス)フューチャー(Futures)では、証拠金維持率100%を下回るとロスカットが執行されますのでご注意ください。

Binance(バイナンス)フューチャー(Futures)の使い方を分かりやすく解説まとめ

Binance(バイナンス)のフューチャー(Futures)でトレードしたいときは、現物取引やマージン取引とは別の専用口座を開設しなければいけません。

ウォレットも専用ですので、フューチャー(Futures)でトレードする前に資金移動しておきましょう。

リスクが高いトレードであるため、事前に先物取引に関するクイズに全問正解しないといけないなど多少のハードルがあります。

しかしトレード画面や操作方法などは通常のレバレッジ取引と似たようなレベルです。

Binance(バイナンス)のフューチャー(Futures)に興味のある人はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

-Binance(バイナンス)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.