ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)の安全性と危険性の評判を分かりやすく解説

投稿日:

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

世界最大の仮想通貨(暗号資産)取引所といわれている海外仮想通貨(暗号資産)取引所のBinance(バイナンス)。

そんなBinance(バイナンス)でこれから取引したいという人の中には、Binance(バイナンス)の安全性や危険性について詳しく知りたいという人もいますよね。

Binance(バイナンス)を含む多くの仮想通貨(暗号資産)取引所では、安全性に関する問題が噂になることも多くなっていますが、実際に現在のBinance(バイナンス)では安全に取引ができるのでしょうか。

ここでは、Binance(バイナンス)の安全性・危険性の評判を分かりやすく解説していきます。

Binance(バイナンス)の安全性・危険性の評判を分かりやすく解説

Binance(バイナンス)の安全性・危険性の評判 Binance(バイナンス)はISOセキュリティ認証取得済みの取引所

Binance(バイナンス)をこれから利用する人であれば、Binance(バイナンス)の安全性・危険性についてはかなり気になるところですよね。

2020年11月現在、Binance(バイナンス)を含む世界の仮想通貨(暗号資産)取引所は、法定通過のブローカーと比較するとまだまだ不安定な部分が多くなっています。

そのためハッキング被害なども起こりやすく、セキュリティ面が不安視されることも多いといえるでしょう。

そんな中でBinance(バイナンス)では、2019年に国際基準化企画であるISOが認める基準を満たし、情報セキュリティ認証を受けました。

ISOからの認証を受けているという点からも、仮想通貨(暗号資産)取引所として一定の品質管理がされていると考えてよいでしょう。

そのため、Binance(バイナンス)の安全性は、取引所として一定の条件以上を満たしているといえます。

Binance(バイナンス)の安全性・危険性の評判 過去にはハッキング被害もある

Binance(バイナンス)は他の仮想通貨(暗号資産)取引所と比較しても、セキュリティ面での安全性が高く、危険性の低い取引所だといえるでしょう。

しかし仮想通貨(暗号資産)取引所の中でも安全性の高いBinance(バイナンス)でも、過去にはハッキングや情報漏洩などの被害にあった経験もあります。

2019年の上旬には、Binance(バイナンス)はハッキング被害により7000BTCが不正流出したという被害がありました。

またこの時のハッカーの手法としてフィッシング やウィルスなど、さまざまな複合的な手段がとられていたことも発表しています。

そして一番重要になってくる7000BTCの不正流出に関してですが、Binance(バイナンス)の取引手数料として徴収されている積立側の保険金から被害額が補填されており、直接的にBinance(バイナンス)に登録しているユーザーに被害がおよぶことはありませんでした。

しかし、世界トップクラスの取引量を誇るBinance(バイナンス)でさえハッキングを受けたということで、どの仮想通貨(暗号資産)であっても狙われているという事実が浮き彫りになった事件だったといえるでしょう。

よって国内外問わず、仮想通貨(暗号資産)取引所自体の安全対策などはある程度必要であっても、最終的には自分でセキュリティ面の管理をしていくことも重要になるといえます。

Binance(バイナンス)の安全性・危険性の評判 自分でセキュリティ管理がカスタマイズできる

Binance(バイナンス)では、取引所自体の安全対策もある程度の基準を満たしてはいますが、完全に安全性が高いとはいいきれません。

仮想通貨(暗号資産)の取引所というまだまだ不安定な取引先に対して、少しでも危険性を減らしていくのであれば、セキュリティの自己管理が重要です。

Binance(バイナンス)で自分で安全性を高めるためにできる自己管理方法としては、二段階認証の設定などがあります。

Binance(バイナンス)へのログインの際には、通常ログインIDとパスワードの入力でログインできるようになっていますが、二段階認証を設定することで更に認証コードの入力が求められるのです。

他にも入出金やアカウント管理で重要な設定を変更する場合にも、二段階認証を設定していれば認証コードが求められるでしょう。

Binance(バイナンス)の二段階認証を設定して安全性を高めるには、Binance(バイナンス)の公式サイトにログインして右上にあるアカウントアイコンをクリックしてください。

さらに「セキュリティ」をクリックしていきましょう。

セキュリティの設定画面が表示されるので、「2FA」項目の中にある「Google認証」項目の「オン」ボタンをクリックしてください。

Google認証の手続き画面が表示されますので、「Google Authenticator」をインストールして「次へ」の黄色ボタンをクリックしていきましょう。

QRコードの読み取り画面が表示されます。

ここで「Google Authenticator」のアプリを立ち上げて右上の「+」ボタンをタップして、QRコードを読み取ってください。

QRコードの読み取りが完了すると、「Google Authenticator」の画面上に「Binance」の認証コード欄が表示されるでしょう。

バックアップキーで、万が一「Google Authenticator」を何かしらの理由で立ち上げられなくなった場合のバックアップコードを取得しておきます。

最後に、登録しているメールアドレスに送信されるコードと「Google Authenticator」に表示されているコードを入力すれば、Binance(バイナンス)のGoogleを使った二段階認証の設定が完了です。

ただし二段階認証の設定・解除手続きを行うと出金制限などがかかりますので、急な出金などがある場合には注意してください。

Binance(バイナンス)の安全性・危険性の評判を分かりやすく解説まとめ

今回は、Binance(バイナンス)の安全性・危険性の評判を分かりやすく解説してきました。

Binance(バイナンス)は一定の条件を満たした安全性の高い取引所だといえますが、つねにハッキング被害の可能性はあります。

自分の資産をできるだけ守るためにも、二段階認証などを活用してセキュリティ面の向上を図りましょう。

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

-Binance(バイナンス)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.