ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)の安全性と危険性の評判を分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】FTXの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

Binance(バイナンス)の安全性と危険性の評判について知りたい。

過去、Binance(バイナンス)はハッキング被害があるの?

Binance(バイナンス)の安全性と危険性は具体的にどのようなところにあるのかを把握したい。

あなたは今、このようにお考えではないでしょうか。

世界最大手のBinance(バイナンス)でトレードをはじめてみたいという方は多いでしょう。

そこで気になるのが、Binance(バイナンス)の安全性と危険性の評判ではないでしょうか。

Binance(バイナンス)の安全性と危険性の評判を分かりやすく解説

Binance(バイナンス)の安全性と危険性の評判は?過去にハッキング被害はあるの?

Binance(バイナンス)の安全性と危険性の評判として、まず把握しておきたいのはハッキング被害ではないでしょうか。

残念ながらBinance(バイナンス)では2019年上旬、ハッキング被害により7000BTCの不正流出が発生しています。

ハッキングの手口はフィッシングやウイルスなどなど、さまざまな手法がとられたことも発表しています。

不正流出した7000BTCの補てんについてですが、Binance(バイナンス)の取引手数料から徴収された積立保険金を被害額の補てんされたたため、ユーザーに被害が及ぶことはありませんでした。

しかし、世界最大手を誇るBinance(バイナンス)でさえハッキング被害に遭うリスクがあるということから、どの仮想通貨(暗号資産)や取引所であっても危険性があるという事実が浮き彫りになった事件だったといえるでしょう。

よって国内外問わず、仮想通貨(暗号資産)取引所自体の安全対策などはある程度必要であっても、最終的には自分でセキュリティ面の管理をしていくことも重要になるといえます

Binance(バイナンス)の安全性と危険性の評判 本人確認の義務化と関係あるの?

2021年8月、Binance(バイナンス)は本人確認の義務化に乗り出したことから、取引所の安全性や危険性に対する評判をみてみると、何か問題があるのかと不安視する声も聞こえてきています。

本人確認の義務化をスタートさせた理由は、各国の規制に対応するためであると、Binance(バイナンス)は発表しています。

金融ライセンスの審査基準は各国で異なり、中には本人確認の認証を徹底する国も存在するため、本人確認を義務化することで、世界中のユーザーがBinance(バイナンス)でトレードできるようになります。

過去、Binance(バイナンス)は本人確認をしなくても入金やトレード、2BTCまでの出金に対応しており、本人確認しなくても登録だけで取引所の利用を開始できたため、とても便利でした。

一方、Binance(バイナンス)のように、本人確認しなくても入出金やトレードできてしまうぶん、セキュリティが甘くなり、資金の危険性が高まることも事実です。

また世界各国の取引所でハッキングが発生していることから、仮想通貨の危険性が0ではないこといことも事実です。

仮想通貨のこのような状況を受けて、各国の金融政策における厳格化が徹底されはじめており、各取引所でも本人確認を徹底することで、安全性を向上させるという目論見があると考えらえれるでしょう。

Binance(バイナンス)の安全性と危険性の評判 ISOセキュリティ認証を取得済み

ここまでの解説や評判の通り、仮想通貨(暗号資産)やBinance(バイナンス)をはじめとした取引所の安全性については100%ではなく、危険性について0ではないことを解説してきました。

法定通貨と比較すると、歴史の浅い仮想通貨(暗号資産)は、どうしても安全性について不安定な部分が残っています。

一方、Binance(バイナンス)は他の仮想通貨取引所と比較すると、セキュリティ面の安全性は高く、危険性の低い取引所だと言えます。

その理由は、2019年Binance(バイナンス)は国際基準化規格であるISOに認可され、情報セキュリティ認証を受けているからです。

ISO認可の仮想通貨取引所であることから、Binance(バイナンス)は一定の条件を満たしており、安全性が保証されていると言えるでしょう。

Binance(バイナンス)の安全性と危険性の評判 2段階認証で取引口座のセキュリティをカスタマイズできる

Binance(バイナンス)は一定の安全性がISOによる世界基準によって認められていることはもちろん、本人確認の徹底によってさらに世界各国の認証基準クリアに向けた動きが始まっています。

取引所のセキュリティ対策は日々向上していますが、セキュリティ機能をフル活用して自己管理することも、Binance(バイナンス)の危険性を低下させ、安全性を向上するために必要です。

口座の安全性を高める施策として、Binance(バイナンス)では2段階認証を活用できます。

通常、Binance(バイナンス)のログイン時には、メールアドレスとパスワードが求められますが、2段階認証を設定することで認証コードも求められるようになります。

この他にも、入出金やアカウント管理なども、2段階認証の設定が必要になります。

特にBinance(バイナンス)の場合、2段階認証を設定しなければ、入出金どころかウオレットへのアクセスですらできないしくみになっているため、まずはじめに設定する必要があります。

2段階認証の徹底化により資金盗難の危険性を大幅に回避できることも、Binance(バイナンス)の安全性の高さを証明しているでしょう。

Binance(バイナンス)の2段階認証はいくつかの方法を活用できますが、主に利用されているのはGoogleアプリ認証とSMS認証ですので、資金盗難の危険性を低下させるためにニーズに合った方法を設定してください。

Binance(バイナンス)の安全性と危険性の評判を分かりやすく解説

Binance(バイナンス)の安全性と危険性の評判を中心に、セキュリティやハッキング事例について解説しました。

現状、歴史の浅い仮想通貨の安全性については高いと言えず、Binance(バイナンス)だけでなく業界全体でも危険性が残っていることも事実ですが、Binance(バイナンス)は日々セキュリティの向上に努めています。

資金や個人情報漏洩の危険性を回避するためには、Binance(バイナンス)に頼り切るのではなく、2段階認証の活用はもちろん、取引所のログイン情報を口外しないなど、自己管理を徹底する必要があると言えるのではないでしょうか。

-Binance(バイナンス)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.