ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)の複数口座(複数アカウント)を分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページ

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】FTXの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

Binance(バイナンス)の複数口座(複数アカウント)を運用したいけれどできるの?

もし複数口座(複数アカウント)を開設できるのなら、運用できる上限数はいくつなの?

Binance(バイナンス)の複数口座(複数アカウント)を開設する方法や使い方を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

Binance(バイナンス)は最大20倍でレバレッジ取引でき、世界一の仮想通貨取引量を誇る海外取引所で、取扱銘柄やトレード商品の取扱数も、世界トップクラスと言えるでしょう。

複数口座(複数アカウント)を開設し、トレード条件に応じて口座を使い分けたいとお考えの方もいるはずです。

そこで役立つのが複数口座(複数アカウント)でしょう。

Binance(バイナンス)の複数口座(複数アカウント)を分かりやすく解説

Binance(バイナンス)の複数口座(複数アカウント)は「サブアカウント」をさしています。

複数口座(複数アカウント)を開設するためには、まず条件を満たしたうえで、Binance(バイナンス)のサブアカウントを有効にする必要があります。

Binance(バイナンス)の複数口座(複数アカウント)の上限数は、VIPレベルに応じて異なります。

ここではBinance(バイナンス)の複数口座(複数アカウント)のサブアカウントを開設する方法や運用するための使い方をみていきます。

Binance(バイナンス)の複数口座(複数アカウント)のサブアカウントを有効にする条件

デフォルトのBinance(バイナンス)では、メニューの「サブアカウント」を非表示にしているため、複数口座(複数アカウント)を開設できません。

まずはサブアカウントを有効にする必要があります。

サブアカウントを有効にする条件として、まずは以下のどちらかに該当していることを確認しましょう。

  • 法人アカウントのユーザー
  • 個人アカウントがVIP1以上のユーザー

以前までは個人アカウントの場合、VIP3以上のユーザーであることと、本人確認と2段階認証の両方を完了したユーザーに限り、サブアカウントを有効にすることができました。

現在Binance(バイナンス)は、入出や取引するときにも本人確認完了と2段階認証を完了する必要があるため、すでに個人アカウントがVIP1の方は済ませているはずです。

過去、Binance(バイナンス)の個人アカウントはVIP3以上のユーザーでなければ複数アカウント(複数口座)を開設できませんでしたが、現在はVIP1まで引き下げられているため、サブアカウントを有効にするためのハードルはさがり、開設しやすく改善されています。

ただし以前は、VIP3以上のユーザーでなくてもBinance(バイナンス)のサポートデスクへ連絡すれば、VIP0のユーザーでもサブアカウントを有効にすることができたようですが、現在は変更されたためできない可能性もじゅうぶんに考えられます。

Binance(バイナンス)の複数口座(複数アカウント)のサブアカウントを有効にする方法

Binance(バイナンス)で複数口座(複数アカウント)を有効にする方法は、アカウントをVIP1にすることと、サブアカウントの有効化手続きが必要です。

複数口座(複数アカウント)を有効にするやり方1.Binance(バイナンス)の個人アカウントをVIP1以上にする

Binance(バイナンス)の複数口座(複数アカウント)の「サブアカウント」を有効にする方法は、まず個人アカウントをVIP1以上にすることです。

個人アカウントをVIP1以上にするためにはふたつの条件を満たす必要があり、30日あたりで以下どちらかの取引量をクリアすること、BNB保有量を50BNBにすることです。

  • 現物取引:50BTC
  • 先物取引:250BTC

まずはBinance(バイナンス)で現物または先物ビットコイン取引を行い、さらにバイナンストークンを購入し、サブアカウントを有効にする条件を満たしましょう。

複数口座(複数アカウント)を有効にするやり方2.Binance(バイナンス)のサブアカウントの有効化

Binance(バイナンス)で個人アカウントをVIP1以上にしたら、つづいてサブアカウントの有効化の手続きを行いましょう。

マイページの「アカウント」アイコンから「ダッシュボード」へアクセスすると「サブアカウントの作成」ボタンが表示されるため、押しましょう。

つづいてメールアドレスやパスワードを入力すると、サブアカウントを有効化できます。

このときBinance(バイナンス)からサブアカウントの有効化を確認するためのメールが届くためご確認ください。

有効化を完了すると、「ダッシュボード」のメニューに「サブアカウント」が表示されるため、Binance(バイナンス)で複数口座(複数アカウント)のご利用をスタートできます。

Binance(バイナンス)の複数口座(複数アカウント)を運用できる上限数

Binance(バイナンス)の複数口座(複数アカウント)はいくつ開設できて運用できるのか、上限数をみていきましょう。

運用できる複数口座(複数アカウント)の上限数は、Binance(バイナンス)のメインアカウントである「マスターアカウント」のVIPレベルに応じて決定します。

たとえばVIP1の場合は、現物のサブアカウントは20口座、マージンは10口座、先物は20口座、レバレッジトークンは20口座で、VIPレベルがアップすることに応じて、運用上限数は増えていきます。

Binance(バイナンス)の複数口座(複数アカウント)の使い方

Binance(バイナンス)の複数口座(複数アカウント)の使い方をみていきましょう。

サブアカウントにログインすると2段階認証を求められるため、まずはじめの使い方として認証を行いましょう。

ログインし、Binance(バイナンス)のメニューから「サブアカウント」を選択すると、複数口座(複数アカウント)の6つのメニューが表示されます。

「アカウント管理」の使い方は、あらたにBinance(バイナンス)の複数口座(複数アカウント)を開設できます。

「API管理」の使い方は、自動売買に必要なAIPプライベートキーを作成できます。

「資産運用管理」の使い方は、サブアカウントとマスターアカウントの残高を、BTCまたはUSD換算額で確認できます。

また「振替」をクリックすると、マスターアカウントとサブアカウント間で、即時に口座振替することができます。

口座振替は無料、即時反映するためコストはかかりません。

「注文管理」の使い方は、未決済の注文・注文履歴・取引履歴を確認でき、「振替履歴」と「ログイン履歴」は各手続きの履歴を把握する使い方ができます。

Binance(バイナンス)の複数口座(複数アカウント)を分かりやすく解説まとめ

Binance(バイナンス)の複数口座(複数アカウント)を開設・運用するためには、まずマスターアカウントをVIP1以上にする必要があります。

複数口座(複数アカウント)の開設は、VIPレベルと取引商品で異なるため、一覧表をご確認ください。

サブアカウントの使い方についても解説しましたので、ぜひ参考になさってください。

-Binance(バイナンス)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.