ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)でクレジットカードでの購入は可能?

投稿日:

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

Binance(バイナンス)でクレジットカードを利用して、仮想通貨を購入したいと考えている方もいるのではないでしょうか。

海外仮想通貨取引所を利用したことのない方にとっては、国内取引所よりも取引のハードルが高いように感じてしまい、なかなか手を出せない人もいるようです。

今回はそんな海外の大手取引所であるBinance(バイナンス)にてクレジットカードでの購入が可能なのかどうかを詳しく調べてみました

Binance(バイナンス)でクレジットカードでの購入は可能?

Binance(バイナンス)はクレジットカードでの購入に対応している

以前は、Binance(バイナンス)はクレジットカードで購入できませんでしたが、2019年現在、クレジットカードでの購入もできるようになりました。

Binance(バイナンス)でクレジットカード購入できる仮想通貨は以下の5種類です。

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・BCHABC

そもそも、Binance(バイナンス)では、フィアット通貨と呼ばれる法定通貨での仮想通貨売買には対応せず、仮想通貨の流通に特化していました。

法定通貨(フィアット通貨)とは日本円(JPY)やUSドルなど、国が発行している通貨のことで、中央銀行が通貨の価値を調節しています。

一方で、Binance(バイナンス)のような仮想通貨はユーザーが価値を決めるものです。そのため、仮想通貨とフィアット通貨の交換は難しかったのです。

しかし、Binance(バイナンス)は、より一層仮想通貨が普及するように、利用者の利便性を優先してクレジットカード決済を導入したのだと思われます。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

Binance(バイナンス)でクレジットカード購入する方法

Binance(バイナンス)でクレジットカード購入するのに難しいことはありません。ウォレットから簡単に手続きができます。

ただ、上記に表示されているように、Binance(バイナンス)を購入できるクレジットカードは、VISA、MASTERの2つに限られます。残念ながら、JCBやAMEXなどは使えません。

画像ではBTCとETHだけがクレジットカード購入の対象のように見えますが、その他の仮想通貨も問題なく買えます。

「Buy Now」のボタンを押すと下記の画面に移ります。

プルダウンメニューから購入する数量と仮想通貨の種類と決済するフィアット通貨を選びましょう。

決済に使えるフィアット通貨はUSドルとユーロの2つです。決済タイミングの為替相場に応じた日本円が引き落とされることになります。

ちなみに、Binance(バイナンス)はVISAとMASTERのデビットカードも利用できます。ただ、デビットカード・クレジットカードは発行会社によって仮想通貨の購入には対応していないこともありますので確認しておいたほうが無難です。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

Binance(バイナンス)のクレジットカード購入には身分証明書が必要

Binance(バイナンス)のウォレットにすべてを入力して再び「Buy Now」をクリックすると、Binance(バイナンス)公式サイトとは異なるページに移ります。

全然「Buy Now」ではないと文句のひとつも言いたくなりますが、もう少しだけ我慢しましょう。

Binance(バイナンス)のウォレットからリンクした先のsimplexは、Binance(バイナンス)がクレジットカード決済を委託した先の企業です。

追加でsimplexへ提出する必要のあるクレジットカード情報を入力しましょう。

また、Binance(バイナンス)とは別にあらためてsimplexへ身分証明書をデータで提出する必要があります。

すでBinance(バイナンス)へ身分証明書を出している場合は、同じもので大丈夫です。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

Binance(バイナンス)のクレジットカード購入の手数料と時間

Binance(バイナンス)でクレジットカードを使った場合の手数料は、「購入額の3.5%または10USドル」のいずれか高い方になります。

為替相場にもよりますが、おおよそ30万円以下は10USドルつまり1,000円強の手数料がかかると考えておきましょう。

ウォレットへクレジットカード購入が反映されるまでには、平均して10~30分程度の時間がかかります。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

Binance(バイナンス)へ国内取引所経由でクレジットカード購入する方法

Binance(バイナンス)がクレジットカード購入に対応していないころは、国内取引所→Binance(バイナンス)への送金という流れを利用してクレジットカードを利用して仮想通貨を購入するという手法が主流で、いまもその方法は有効です。

ただ、Binance(バイナンス)がクレジットカード購入に対応した以上、そのような面倒な手続きをとるメリットはほとんどないでしょうね。

そもそも、国内取引所経由のクレジットカード購入は、手数量が10%近くかかるというデメリットもありました。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

Binance(バイナンス)でクレジットカードでの購入に関するまとめ

Binance(バイナンス)は主要な仮想通貨に関して2019年よりクレジットカード購入に対応しました。

以前は、Binance(バイナンス)では、国の発行している法定通貨(フィアット通貨)での取引には対応していなかったため、クレジットカードを利用してBinance(バイナンス)銘柄を購入するためには、一旦国内の取引所でBTCまたはETHなどを購入して送金する必要がありました。

現在もこの手法は使えますが、手数料や入金にかかる時間などを比較しても、明らかにBinance(バイナンス)で直接クレジットカード購入するほうが有利です。

なにか特別な理由がないかぎりは、クレジットカード購入をしておきましょう。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

「BitMEX(ビットメックス)の登録方法。入金・出金・送金まで分かりやすく解説」

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

-Binance(バイナンス)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.