ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)のクレジットカード・デビットカードを分かりやすく解説

更新日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

Binance(バイナンス)はクレジットカードとデビットカードで入金できる?

銀行振込は日本円でできないけれど、クレジットカードは日本円で利用できるの?

クレジットカードやデビットカードを使うと手数料はどれくらいかかるのか事前に知っておきたい。

このようなことでお悩みではないでしょうか。

Binance(バイナンス)はビットコインから草コインまで300種類を超える仮想通貨(暗号資産)を取扱う世界最大規模の取引所です。

他の取引所でクレジットカードやデビットカードで入金している人であれば、Binance(バイナンス)でも使えるかどうかは気になるところでしょう。

そこで今回はBinance(バイナンス)のクレジットカードとデビットカードについて分かりやすく解説していきます。

Binance(バイナンス)のクレジットカード・デビットカードを分かりやすく解説

Binance(バイナンス)はクレジットカード・デビットカードが利用できる

Binance(バイナンス)ではクレジットカード・デビットカードが利用できます。

Binance(バイナンス)への入金方法の1つに銀行振込ががありますが、残念ながら日本円での入金には対応していません。

しかしクレジットカード・デビットカードであれば、日本円で仮想通貨(暗号資産)を購入できます。

Binance(バイナンス)でクレジットカード・デビットカード購入する手順

Binance(バイナンス)でクレジットカード・デビットカードを利用して仮想通貨(暗号資産)を購入する手順を見ていきましょう。

まずログインしたら「仮想通貨の購入」から「クレジットカード・デビットカード」を選択してください。

続いてのページで使用を「JPY(日本円)」、受信を「購入したい仮想通貨(暗号資産)」にしましょう。

この例であればBTC(ビットコイン)です。

ちなみにBinance(バイナンス)では300数十種類の仮想通貨(暗号資産)を取り扱っていますが、クレジットカードとデビットカードで購入できる銘柄は以下の6種類だけです。

・BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、BNB(バイナンスコイン)、XRP(リップル)

・BUSD(バイナンスUSD)、USDT(テザー)

続いて、「定期購入」の有効・無効の選択をしましょう。

定期購入する場合は、銘柄や数量だけでなく「毎週・隔週・毎月」「曜日」「時間」を設定できます。

日本円での購入金額を入力するとクレジットカードとデビットカードのカード登録画面へと切り替わります。

Binance(バイナンス)で利用できるクレジットカードとデビットカードは「Visa」または「Mastercards」

初めてクレジットカードとデビットカードを利用する場合には、クレジットカードの登録をしましょう。

氏名、カード番号、有効期限、セキュリティコードを入力して登録を完了させてください。

購入内容と手数料を確認できたら、1分以内に注文を確定させましょう。

Binance(バイナンス)のクレジットカード・デビットカード 入出金手数料

Binance(バイナンス)のクレジットカードとデビットカードで仮想通貨(暗号資産)を購入すると高い手数料がかかってしまいます。

Binance(バイナンス)のカード決済処理会社はイスラエルに本拠地をおく「Simplex」社です。

Binance(バイナンス)のクレジットカードとデビットカードの手数料は情報がまちまちでした。

・3.5%または10USD

・1取引につき2%

基本的には「3.5%または10USDの高い方」がSimplex社が定める入金手数料です。

またJPY払いかUSD払いなのかによってもBinance(バイナンス)への入金手数料は変動します。

ではここで仮想通貨(暗号資産)を送金した場合の入金手数料を考えてみましょう。

Binance(バイナンス)へビットコイン(BTC)を送金すると手数料はおよそ0.1%しかかかりません。

それに比べると、クレジットカードとデビットカードによる入金手数料は高めだと考えておきましょう。

Binance(バイナンス)でクレジットカード・デビットカードでエラー・拒否が出る場合

Binance(バイナンス)でクレジットカードとデビットカードを利用したくても、エラーや拒否が出てしまう場合があります。

それはクレジットカード会社がBinance(バイナンス)での利用を拒否しているからです。

Binance(バイナンス)側で使えないカード会社を公表しているわけではありませんので、口コミを探してみました。

現状、三井住友カードは仮想通貨(暗号資産)の購入をお断りしていると公表しています。

そして楽天カードは海外のサイトでは利用できないケースが頻発しているとのことでした。

Binance(バイナンス)でクレジットカードとデビットカードでエラーが出る場合は、上記以外のお手持ちのカードで再チャレンジしてみてください。

Binance(バイナンス)のクレジットカード・デビットカード 入金の反映時間

Binance(バイナンス)のクレジットカードとデビットカードで購入するとどれくらいで入金が確認できるのか、その反映時間を調べてみました。

結論からいいますと、クレジットカードとデビットカードの入金は「即時反映」です。

仮想通貨(暗号資産)や数量を入力して「承認」ボタンを押すと、その瞬間に仮想通貨(暗号資産)を購入できるでしょう。

ビットコインを他の取引所から送金した場合であれば1時間ほど反映までに時間がかかってしまいます。

買い時を逃したくない、今すぐトレードしたいのであれば、クレジットカードとデビットカードで購入してもよいかもしれません。

Binance(バイナンス)のクレジットカード・デビットカードを分かりやすく解説まとめ

Binance(バイナンス)ではクレジットカードとデビットカードで仮想通貨(暗号資産)を購入できます。

しかし使えるブランドはVisaかMastercardのみ。

そしてそのブランドであっても、Binance(バイナンス)での仮想通貨(暗号資産)購入を禁止しているカード会社もありました。

Binance(バイナンス)でクレジットカードとデビットカードを利用したい人は、お手持ちのカードが使えるかどうか早めに確認しておくとよいでしょう。

-Binance(バイナンス)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.