ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)の出金方法・出金手数料・反映時間を分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】FTXの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

Binance(バイナンス)の出金方法にはどのようなものがあるの?

出金方法の手順がよくわからない、出金手数料と反映時間を詳しく知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

Binanceは世界一の取引量を誇り、世界中の仮想通貨の指標とも言える、海外の仮想通貨取引所です。

国内取引所ユーザーの中には海外取引所のハイレバレッジ取引に興味を持つ方も多く、そこでまっさきにBinanceの取引を検討する方も少なくありません。

ここではBinance(バイナンス)の基本操作のひとつとして出金方法・出金手数料・反映時間について詳しく解説していきます。

Binance(バイナンス)の出金方法・出金手数料・反映時間を分かりやすく解説

Binance(バイナンス)の出金方法は、ビットコインやトークンなどの仮想通貨一択です。

海外取引所の多くは、日本円の入出金に対応していないため、暗号資産による入出金に限定する業者も少なくありません。

Binance(バイナンス)の入金方法も、基本的には国内取引所を経由して仮想通貨で行いますが、入金に限定して日本円のクレジットカード購入や、銀行送金による米ドル入金にも対応しています。

ただしクレジットカードは銀行送金が対応しているのは入金方法だけで、出金方法は仮想通貨に限られていますのでご注意ください。

Binance(バイナンス)の出金方法のやり方

Binance(バイナンス)の出金方法のやり方を手順に沿ってみていきましょう。

まずはマイページへログインし、画面右上の「Wallet(ウォレット)」をポイントして「Fiat and Spot(フィアットと現物)」をクリックします。

ウォレットの画面が表示されたら、右上に表示される「Withdraw(出金)」をクリックしていきます。

「Select coin(仮想通貨を選択)」から出金する銘柄を選択します。

Binance(バイナンス)の画面はそのままで、別途ウインドウを起動し、出金先である外部ウオレットの入金画面へアクセスして、入金アドレスをコピーしておきましょう。

ふたたびBinance(バイナンス)の出金画面へ戻り、「Withdraw to(出金先)」から送金する仮想通貨のアドレスを選択しますが、はじめて送金する銘柄のウオレットと、過去に送金履歴のある銘柄のウオレットでは手順が異なります。

はじめてBinance(バイナンス)から出金する仮想通貨ウオレットの場合は「New Address(新しいアドレス)」を選択して、外部の出金アドレスを「Address(アドレス)」に貼り付けましょう。

2回目以降の仮想通貨ウオレットの場合は「Address Book(アドレス帳)」を選択して、「Address Book」から選びます。

「Network(ネットワーク)」から送金ネットワークを選択し、「Amount(数量)」を記入して手続きを完了させてください。

画面下には、Binance(バイナンス)の出金方法における最低出金額や発生するネットワーク手数料が表示されるため、確認しましょう。

ちなみにネットワーク手数料の項目は「出金額-出金手数料」という形で表示されていますので、確認のうえ手続きを行ってください。

最後にセキュリティ認証を完了すると、Binance(バイナンス)から出金完了の確認メールが送られてきますのでご確認ください。

しばらくするとBinance(バイナンス)からの着金を確認できます。

Binance(バイナンス)の出金手数料

Binance(バイナンス)の出金手数料は、仮想通貨の銘柄と、送金ネットワークに左右されます。

たとえばビットコインの出金手数料は0.0005BTCで、日本円に換算すると2,766.94円ですが、IOSTは1IOST、日本円に換算すると6.50円と大幅に異なります。

Binance(バイナンス)は各仮想通貨に複数の送金ネットワークを採用しており、たとえばビットコイン(BTC)の場合は、5つの送金ネットワークを実装しています。

例をあげるとビットコインの基本ネットワークは0.0005BTCですが、バイナンス独自の送金ネットワークである「BEP20 (BSC)」は0.0000049BTC(27.6円)と、大幅に出金コストを抑えることができます。

ただし基本ネットワーク以外のものを利用する場合は、出金先ウオレットが同じネットワークに対応している必要があります。

Binance(バイナンス)の出金手数料は、公式サイトで仮想通貨の銘柄ごとにまとめられていますので、出金方法を行う前にご確認ください。

Binance(バイナンス)の出金反映時間

Binance(バイナンス)の出金反映時間は、出金する仮想通貨の銘柄と出金するタイミングによって異なります。

たとえばビットコインの基本的な出金の反映時間は10分、リップルは数秒と言われており、実際のBinance(バイナンス)ユーザーの口コミを見てもこのような声が多く聞かれています。

Binance(バイナンス)の基本的な出金反映時間は、数分から数十分と考えておきましょう。

各コインの取引が一度に殺到し、トランザクションが混雑してしまうと、マイニング処理に遅れが生じて、出金反映時間が遅くなります。

たとえば出金反映時間に遅れが出てしまうケースは、仮想通貨の高騰や暴落が起きた場合に、一度に注文や送金手続きが殺到するケースです。

実例として、2017年〜2018年のビットコインバブルの時期には、出金反映時間が数日ほどかかってしまうケースが見受けられました。

現在はそのような理由で反映時間がかかってしまうことは考えにくいため、数時間〜数日まっても出金が反映されない場合は、出金手続きに誤りがあるなどトラブルの可能性が考えられます。

Binance(バイナンス)のサポートデスクへ、出金反映時間がかかってしまうことを問い合わせてみましょう。

Binance(バイナンス)の出金方法の注意点

Binance(バイナンス)の出金方法の注意点として、本人確認を完了していない場合は、1日最大0.06BTCまでしか出金できません。

本人確認書類の提出を完了して承認が下りると、1日の出金限度額を100BTCに引き上げることができます。

よってなるべく早めに、本人確認手続きを完了させておきましょう。

Binance(バイナンス)の出金方法・出金手数料・反映時間を分かりやすく解説まとめ

Binance(バイナンス)の出金方法は日本円に対応していないため、仮想通貨による出金方法が出金手数料と反映時間の観点からもっとも適していると言えるでしょう。

出金方法のコツとして知っていただきたいことは、コインの銘柄や送金ネットワークによって出金手数料や反映時間を軽減できることです。

ユーザーの少ない暗号資産を出金方法として利用すると、出金手数料や反映時間の短縮につなげることができます。

Binance(バイナンス)は多くの銘柄を採用する取引所ですので、出金先ウオレットに対応したコインを自由に活用できる可能性は高いと言えるでしょう。

-Binance(バイナンス)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.