ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)の法人口座を分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】FTXの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

Binance(バイナンス)は法人口座を開設できるの?

もし法人口座に対応しているのなら、必要書類と開設方法を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

Binance(バイナンス)は最大20倍のレバレッジ取引や現物取引をはじめ、ステーキング、レンディングなど多くの仮想通貨の銘柄で運用できる海外仮想通貨取引所です。

一定の利益が見込めるようになったとき、節税するためにBinance(バイナンス)の法人口座の開設を検討されている方もいるのではないでしょうか。

Binance(バイナンス)の法人口座を分かりやすく解説

Binance(バイナンス)では法人口座の開設に対応しています。

法人口座では、所得が一定を上回った場合、個人口座よりも税率を抑え、繰越損失や損益通算など、税制上お得な制度を適用できるため、所得にかかる税金を抑えることができることがメリットです。

一方、法人口座を開設すると、たとえBinance(バイナンス)で利益がなかった場合でも、年間7万円相当の法人住民税が発生することなどはデメリットと言えるでしょう。

このようなことを考えてから、Binance(バイナンス)で法人口座を開設すべきですが、注意点としてもうひとつ必要書類についても難易度が高いと言われています。

まずはBinance(バイナンス)の法人口座開設における必要書類から解説していきましょう。

Binance(バイナンス)の法人口座の必要書類の取得における難易度は高い

Binance(バイナンス)の法人口座の開設における口コミを見ていると、必要書類の取得における難易度についてハードルが高いという声が多く見受けられます。

まずBinance(バイナンス)の法人口座の必要書類は、以下の通りです。

  • 法人設立証明書および事業登録証明書のコピー
  • 覚書と定款・憲法・法律・業務協定
  • 認証書
  • 過去12ヶ月以内に発行された公式の会社報告書または政府文書
  • 取締役のリスト
  • 受益者の一覧、保有割合等
  • 所有体制
  • 会社の詳細が含まれている政府のウェブサイトへのリンクまたは過去3ヶ月以内に発行された優良証明書
  • 現在の会社の詳細を含む政府のウェブサイトからの完全なスクリーンショット
  • 取締役・UBO・トレーダーの有効期限内のパスポートのコピー、またはIDカード
  • 取締役・UBO・トレーダーの最近の自撮り写真
  • 制裁アンケート

認証書とは、Binance(バイナンス)への承認書を発行し、Binance(バイナンス)ログイン用メールアドレス、申請者の役職、会社を代表して企業アカウントを操作することを申請者に許可することが示される書類です。

Binance(バイナンス)の法人口座の開設における必要書類は、他社と比較すると非常に多く、さらに政府関連の書類も準備する必要がありますが、日本では取得できないものがあることが、難易度が高い原因です。

また法人口座の必要書類は、すべて英文に翻訳しなければいけないことも、Binance(バイナンス)の法人口座における難度の高さの理由と言えるでしょう。

それでもBinance(バイナンス)で法人口座を開設したいという方は、税理士・司法書士などの専門業者に依頼する方法がもっともスムーズに法人口座を開設できるやり方と言えます。

Binance(バイナンス)の法人口座を開設する手順

Binance(バイナンス)の法人口座における必要書類を取得したら、ようやく法人口座の開設方法に進むことができます。

必要書類の取得とは異なり、法人口座を開設する手順は簡単ですので、流れに沿ってみていきましょう。

法人口座を開設する手順は、Binance(バイナンス)公式サイトのトップページ、画面右上の「Registar(登録)」を選択します。

Binance(バイナンス)のアカウント登録画面が表示されたら、法人用の登録メールアドレスとパスワードを入力して、利用規約と年齢確認にチェックを入れて「Create Account」をクリックし、アカウント登録を完了しましょう。

利用規約に同意できなかったり、年齢18歳未満だった場合は、Binance(バイナンス)で口座開設ができないためご注意ください。

登録した法人用メールアドレスに、Binance(バイナンス)から認証メールが届きますので、内容を確認してメールの指示にしたがって、メール認証の手続きを完了させましょう。

認証が完了すればBinance(バイナンス)のアカウント登録は完了となります。

つづいて登録したメールアドレスとパスワードを利用して、Binance(バイナンス)の公式サイトからマイページへのログインします。

Binance(バイナンス)公式へログインし、右上にあるマイアカウントをクリックしましょう。

マイアカウントの中にある「身分証明」をクリックしていきます。

身分証明画面の中に「ID認証」という項目があり、右側に「企業アカウントに切り替える」というボタンがあるのでクリックしていきましょう。

法人口座開設手続きのための企業検証画面が表示されるので、画面の内容にしたがって会社名・登録番号・連絡先などを順番に入力してください。

続いて画面の指示にしたがってBinance(バイナンス)の必要書類をアップロードしていきましょう。

次は取締役・UBO・トレーダー情報を画面の手順にしたがって入力していきます。

個人情報の入力が完了すると、取締役・UBO・トレーダーそれぞれの顔認証が行われます。

スマホなどで画像を撮影して、画面の指示にしたがってフォームからBinance(バイナンス)に画像をアップロードしていきましょう。

画像のアップロードが完了したら、宣言の確認画面が表示されます。

宣言内容を確認し、チェックボタンにチェックを入れて「続行」をクリックしましょう。

「申請書が提出されました」という画面が表示されれば、Binance(バイナンス)の法人口座の申請手続きは完了します。

Binance(バイナンス)の法人口座を分かりやすく解説まとめ

Binance(バイナンス)の法人口座の必要書類と口座の開設方法について解説しました。

法人口座は一定の所得を上回った場合に、個人口座では適用されない節税効果を得ることができるというメリットがあります。

ただBinance(バイナンス)の法人口座の開設方法は、必要書類の難易度が高いため、あまりお勧めできるとは言えないでしょう。

それでも法人口座を開設したい方は、専門家に依頼することが、もっともスムーズにBinance(バイナンス)の法人口座を開設できる手段と言えそうです。

-Binance(バイナンス)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.