ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)の法人口座を分かりやすく解説

更新日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

Binance(バイナンス)は世界最大手の仮想通貨(暗号資産)取引所。

そんなBinance(バイナンス)で法人口座に切り替えたいとお考えの人がいるのではないでしょうか。

Binance(バイナンス)で日本人でも法人口座を開設できるのか?難易度は高いのか?

またどのような手順ですすめればいいのか分からない人も少なくないでしょう。

そこで今回はBinance(バイナンス)の法人口座を分かりやすく解説します。

Binance(バイナンス)の法人口座を分かりやすく解説

Binance(バイナンス)は法人口座の開設が可能

Binance(バイナンス)は法人口座を開設できます。

ただしBinance(バイナンス)の法人口座を開設する手続きでは日本語は通用しません。

すべて英語で書類を準備し、やりとりしなければいけないのです。

日本語で法人口座を開設できる海外の仮想通貨(暗号資産)取引所と比べるとハードルが高いと言わざるを得ないでしょう。

また日本人でもBinance(バイナンス)の法人口座の開設は可能ですが、必要な書類が増えました。

Binance(バイナンス)で法人口座を検討する人は、法人口座開設代行業者を利用することをおすすめします。

Binance(バイナンス)の法人口座のメリット

Binance(バイナンス)の口座を法人口座にすると税制面で大きなメリットを得られるでしょう。

・Binance(バイナンス)での利益を事業所得と相殺できる

・欠損金を翌年以降に繰越できる

・所得税より法人税の方が最大税率が低い

・給与所得控除を受けられる

・経費の幅が広がる

Binance(バイナンス)で一定以上の利益を継続して出せるのであれば、法人口座で節税できます。

事業所得との相殺や損金の繰越はもちろん節税に効果的ですが、役員報酬を経費控除できる点は大きなメリットといえるでしょう。

ただし、法人を維持するには当然固定費がかかります。

法人口座による節税のメリットと法人にかかるコストと手間を計算したうえで、Binance(バイナンス)の法人口座を検討してみてはいかがでしょうか。

Binance(バイナンス)の法人口座に必要な書類

Binance(バイナンス)の法人口座に必要な書類は以下のとおりです。

すべて英語で書面を作成してください。

・法人設立証明書(履歴事項全部証明書)、覚書と定款・憲法・法律・業務協定

・過去12ヶ月以内に発行された取締役名簿、株主会員名簿

・事業者、最終受益者の住所証明書類

・所有権構造、承諾書、制裁調査票

・役員、最終的な受取人、トレーダーのセルフィーと身分証明書またはパスポート

・現在の会社の詳細が記載されている政府サイトのスクリーンショット

Binance(バイナンス)の法人口座開設に必要な書類の数は非常に多いといえます。

他の海外の取引所であれば、代表者の本人確認書類や現住所確認書類と法人設立証明書で法人口座を開設できました。

Binance(バイナンス)の手続きでは書類をとりそろえたうえで、すべての書類を英語に翻訳してください。

書類の文章にミスがあると途中で法人口座の手続きがストップしてしまう可能性が高いでしょう。

Binance(バイナンス)の法人口座開設では専門業者を頼るようにしてください。

Binance(バイナンス)の法人口座開設の手順1 アカウント作成

Binance(バイナンス)の法人口座に必要な書類が全て揃ったら、開設手順を進めていきましょう。

Binance(バイナンス)では、すでに利用中の個人アカウントを法人口座に変更することはできません。

まずはBinance(バイナンス)公式サイトで「エンティティアカウントの登録」をクリックしましょう。

エンティティとは「法人格」の意味ですので、エンティティアカウントとは法人口座のことです。

 

「エンティティ名」に会社名、「エンティティメール」に法人用メールアドレスを入力してください。

続いてパスワードを設定し、利用規約に同意して「エンティティアカウントの作成」ボタンを押しましょう。

すると6桁の認証コードがメールで送信されてきますので、メール認証を済ませましょう。

これでBinance(バイナンス)の法人口座開設の最初の手順が完了です。

Binance(バイナンス)の法人口座開設の手順2 エンティティ(法人)認証

Binance(バイナンス)の法人口座「エンティティアカウント」の登録が終われば、ログインしましょう。

法人口座開設の手順2つ目は「エンティティ認証」です。

個人口座の本人確認と同様の認証と考えればよいでしょう。

まずは「登録国・地域、法的形態、法人の種類」などの基本情報を入力します。

もちろんここからはすべて英語での入力です。

続いてBinance(バイナンス)の法人口座で必要とされているすべての情報を入力していきましょう。

・登録住所、営業所住所

・財源、資金源

・事業の性質、申請の目的

・連絡先番号、会社のWebサイト

・代表者、取締役、最終受益者、重要管理者、トレーダーそれぞれの個人情報

すべての情報が入力できたら「Confirm」を押してください。

Binance(バイナンス)の法人口座開設で入力しなければいけない項目は膨大ですので、適宜「Save as Draft」で下書き保存しておきましょう。

なお、メイントレーダーは顔認証もしなければいけません。

スマホでBinance(バイナンス)の指示に沿って顔の撮影を行いましょう。

最後に承認書を生成して署名をすませたうえでアップロードし「Confirm」をクリックしてください。

ここまででBinance(バイナンス)の法人口座開設に必要な情報の入力が終わりました。

Binance(バイナンス)の法人口座開設の手順3 必要書類の提出

Binance(バイナンス)の法人口座開設の手順3つ目は「必要書類の提出」です。

情報の入力がすべて終わって「Complete」を押すと、必要書類をアップロードする画面が表示されます。

「Upload Documents」をクリックして、リストに従って順にアップロードしていきましょう。

すべての必要書類をアップロードできたら「Complete」を押し、最後に「Submit」(提出)を押してください。

ここまでがBinance(バイナンス)の法人口座を開設するための手順です。

あとはBinance(バイナンス)側の審査が終わるのを待ちましょう。

Binance(バイナンス)の法人口座を分かりやすく解説まとめ

Binance(バイナンス)の法人口座で必要な書類と開設手続きの手順を詳しく解説しました。

法人口座は個人口座と比べるとさまざまな税制上の恩恵を受けられます。

しかしBinance(バイナンス)の法人口座開設では必要な書類の種類が多く、しかもすべて英語で記載しなければいけません。

不慣れな人がすると不備がでて、法人口座をスムーズに開設することは難しいでしょう。

Binance(バイナンス)の法人口座を希望するのであれば、専門家を頼ることを強くおすすめします。

-Binance(バイナンス)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.