ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)の税金の計算方法と確定申告について

投稿日:

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

現在、世界トップの取引量を誇るBinance(バイナンス)ですが、売買にかかった税金はどのようになっているのでしょうか。

中国の仮想通貨取引所では、ハッキングや金融局の取り締まりが厳しいというデメリットがあります。よって中国の取引所であるBinance(バイナンス)の利用について過去に不安を感じていた方も多かったことでしょう。

しかしBinance(バイナンス)はそのようなリスクを乗り越え、豊富な取引実績ある魅力的な仮想通貨取引所に成長しています。よって今後もユーザーは横ばいもしくは、増えることが予測されるでしょう。

そこで問題になるのが、Binance(バイナンス)での売買における確定申告の方法や税金の処理でしょう。

Binance(バイナンス)の税金の計算方法と確定申告について

日本で仮想通貨取引が頻繁に行われるようになってからしばらく経ち、ビットコインブームも落ち着いてきました。

多くのユーザーが仮想通貨を辞めてしまったものの今でも新たな参入者が途絶えません。そのような方が知っておきたいのが、仮想通貨の税金や確定申告でしょう。

今回はBinance(バイナンス)での仮想通貨売買や税金において、いくつか参考になりそうなことをまとめました。

ただし、税金は制度も法解釈も変わってゆくものです、詳しいことは最寄りの税務署または担当税理士にご確認ください。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

Binance(バイナンス)で税金を払う必要のある取り引き

日本円に換金できないBinance(バイナンス)では税金への対応が少々複雑です。

まず確定申告するうえで知っていただきたいのが、ただ送金するだけでは税金がかからないということです。

確定申告の結果、税金を払う必要が生じるのは、Binance(バイナンス)の口座に入金した金額と出金した金額の差額です。

いくら入金しても、出金をせずBinance(バイナンス)で仮想通貨を保有している分には税金がかかりません。

納税義務が発生するのは、あくまでも売買による儲け分を出金したときだけです。

つまり、日本の国税庁は仮想通貨を日本円に換金したときに納税義務が発生するとしているのです。

具体例をひとつご紹介しておきます。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

たとえば、Binance(バイナンス)に1ビットコイン:100万円を入金したとします。保有している間に1ビットコイン:110万円にアップしました。このような場合は以下の通りです。

(1ビットコイン×110万円)-(1ビットコイン100万円)=10万円が課税対象額

税金対象は仮想通貨売買の儲けにかかる部分のみです。

もし儲けが出ずにマイナスになってしまった場合は、税金を支払う必要はありません。あくまでも売却価格が購入価格よりも多い場合のみ税金を支払うことになります。

もっとも単純な仮想通貨の課税対象額の計算方法:(売却時価×売却数量)-(購入時価×購入数量)

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

Binance(バイナンス)の税金の計算方法

Binance(バイナンス)で税金の対象となるのは、入出金の差額、つまりBinance(バイナンス)の儲け分でした。

では、その儲け分が日本の税法上はどのように計算されるのか確認していきましょう。

Binance(バイナンス)の税金は雑所得で計算する

日本では給与であれ株式配当であら、所得には所得税がかかります。Binance(バイナンス)の儲けであっても同じことです。

ただ、同じ所得であっても、種類によって所得税の計算方法に違いが出てきます。

たとえば、日本国内の株式取引やFXなどの投資で得た利益については、給与所得とは別に申告するという「申告分離課税」となっています。

しかし、海外の仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)の税金は、いくつかある所得の種類のなかで「雑所得」として分類され、給与所得などの他の所得と合算される「総合課税」の対象となります。

したがって、Binance(バイナンス)の税金を計算するときには、Binance(バイナンス)で得た利益+他の所得を合算した合計額に応じた所得税率が適用されます。

たとえば、年収400万円の人がBinance(バイナンス)で100万円の利益を出したとすると、合計の500万円で税率が計算され、20%となります。
>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

Binance(バイナンス)で税金を概算する方法

税金の計算方法が分かっていたとしても、その都度、Binance(バイナンス)にかかる税金の計算をするのは大幅な手間となってしまいます。

Binance(バイナンス)では取引履歴が標準で記録されていますので、それをダウンロードして税金をざっくり計算すると良いでしょう。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

Binance(バイナンス)の税金の確定申告

2018年の確定申告では、多くのトレーダーが税金申告に頭を悩ませていました。仮想通貨は歴史が浅く、確定申告について詳しく知っている方も少ないのが現状です。

また、Binance(バイナンス)は2017年7月に始まったばかりの新しい仮想通貨取引所です。さらに海外取引所ですので、売買における税金の方法や納税についてわからないことだらけという人も少なくありません。

そこで、確定申告については、基本的なところも含めてご説明していきます。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

Binance(バイナンス)の利益に税金がかからず確定申告が不要なケース

Binance(バイナンス)で得た利益であっても、一定の条件では税金がかかりません。

Binance(バイナンス)の利益が該当する所得分類の「雑所得」は20万円までならば納税義務が生じないのです。つまり、給与を除いた雑所得がBinance(バイナンス)のみであって、Binance(バイナンス)の利益が20万円以下ならば納税不要です。

Binance(バイナンス)の税金はいつ確定申告するのか

税金の計算対象期間は1月1日~12月31日です。

その期間にBinance(バイナンス)で生じた利益(日本円に換金したもののみ)を合算し、翌年の2月16日~3月15日までに最寄りの税務署で確定申告する必要があります。

実際、素人が仮想通貨の税金の確定申告をするのは難しいかもしれませんし、税務署であっても仮想通貨という新しいお金の動きに慣れていないこともあるでしょう。

もし、余裕のある方はBinance(バイナンス)の確定申告については、税理士に依頼するのが確実です。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

Binance(バイナンス)の税金を確定申告せずに納めないとどうなるか

面倒な作業だからとBinance(バイナンス)の利益にかかる税金を確定申告しないと、脱税になります。

その場合、本来おさめるべきであったBinance(バイナンス)の税金額からさらに15%~20%上乗せした税金を支払うことになります。また、支払いが遅れれば遅れるほど延滞税もかかってきます。

個人的には、税金の金額を「確定」させて「申告」する作業を自らしなければいけないというのも納得がいきませんが、バレなければ良いという考えで納税をやり過ごすのはよくありません。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

Binance(バイナンス)の税金を確定申告すると会社にバレるのか?

絶対にバレないとは言い切れませんが、会社にBinance(バイナンス)で利益を出していることをバレにくくすることはできます。

一般的な会社にお勤めの方は、会社が住民税を給与から天引して市区町村に支払っています。これを特別徴収といいます。

しかし、確定申告をする際に納税方法を「普通徴収」にすることで、Binance(バイナンス)で得た利益分だけを自分で市町村に支払うことができます。

すくなくとも、普通徴収にしておけば、普通の給与水準からは計算できないような住民税を会社側が不審に思うようなことは避けられます。

Binance(バイナンス)の税金の計算方法と確定申告についてまとめ

Binance(バイナンス)の税金は、日本の税法上「雑所得」に分類され、利益が20万円を超えたときに確定申告が必要になります。

会社の給与のように自動的に税金が天引きされることもないので、日々の取引履歴などを1年分しっかりと残しておくことが重要になります。

面倒な確定申告ですが、気づかぬうちに脱税となっていたなどとならないよう、しっかりと準備しておきましょう。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

「BitMEX(ビットメックス)の登録方法。入金・出金・送金まで分かりやすく解説」

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

-Binance(バイナンス)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.