ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】FTXの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

Binance(バイナンス)の税金の計算方法と確定申告のやり方がよくわからない。

そもそも確定申告ってどのタイミングではじめればいいの?

Binance(バイナンス)で1円でも稼いだら、確定申告や税金の計算方法は必要なの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

Binance(バイナンス)は、世界一の取引量を誇り、世界中のトレーダーに愛用されている海外の仮想通貨取引所です。

仮想通貨で儲けたときに意識することは、確定申告や税金の計算方法ではないでしょうか。

Binance(バイナンス)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

確定申告とは、Binance(バイナンス)などの1年間の儲け、すなわち年間所得を算出し、一定額を上回っていた場合に公式に基づいて税金の計算方法を行い、翌年3月15日までに所得税を税務署に納めることをいいます。

Binance(バイナンス)の年間所得が一定を上回ったからと言って、Binance(バイナンス)や税務署から確定申告の通知や税金の納付書が送付されてくるわけではありません。

ではどのように確定申告をはじめるのかというと、Binance(バイナンス)などの損益や経費を自己管理して、年明けすぐに年間所得を算出して一定額を超えていた場合に、自己判断でスタートします。

自己判断で確定申告や税金を納めるのならば、やらなくても税務署にバレないのではとお考えの方もいるでしょうが、発覚すると重税のペナルティが課せられてしまいますので必ずやりましょう。

Binance(バイナンス)の税金と確定申告は雑所得の総合課税に分類される

Binance(バイナンス)の税金と確定申告では、税制上の「雑所得の総合課税」に分類されます。

雑所得とは国税庁が分類する10種類の所得のひとつで、事業所得・給与所得・不動産所得・利子所得などを含む9所得以外のどれにも該当しない所得をさします。

総合課税とは、上9所得との合計額で所得を算出し、確定申告を行わなければいけないものをさします。

Binance(バイナンス)などの仮想通貨ジャンルは総合課税に分類されますが、この他にも法定通貨をトレードする海外FXも同じ税金区分に該当します。

総合課税に分類される所得については、ただ合計するだけでなく、赤字になったマイナス分を黒字ぶんから相殺して、課税対象額を軽減する損益通算を行うことができます。

なお国内FXは「雑所得の分離申告課税」に分類されるため、所得の算出は単独でできるうえ、繰越損失が適用されることから、Binance(バイナンス)などの「雑所得の総合課税」よりも税制上優遇されていると言えるでしょう。

Binance(バイナンス)の確定申告の税金の計算方法

確定申告で納めるべきBinance(バイナンス)の税金の計算方法は「所得額×累進課税税率-控除額」で算出します。

よってBinance(バイナンス)の税金の計算方法は、まず所得の算出から行っていきましょう。

確定申告や税金における「仮想通貨」は、法定通貨のように国や政府が通貨価値を保証していないため、ただ仮想通貨を現物取引で購入して保有しているだけでは所得に計上されません。

まず仮想通貨を保有している時点では含み益の状態になり、売却してトレード差益を得た場合にようやく所得として計上されます。

Binance(バイナンス)の先物取引、マージン取引、レバレッジトークン、マイニング、ハードフォーク、レンディング、ステーキングも考え方は同じで、これらで発生した「儲け」を所得として計上します。

仮想通貨で商品を購入した場合も、所得の考え方は同じで、仮想通貨を手に入れた時点と、商品購入の決済で支払った時点の差額を、Binance(バイナンス)の所得にします。

これを大前提とし、ここからは具体例を用いて、本業で給与所得があり、さらに副業としてBinance(バイナンス)で仮想通貨取引をしていた場合に、以下の状況だったことを想定し、税金の計算方法を行っていきましょう。

  • 給与:年収600万円
  • Binance(バイナンス):500万円の儲け
  • Bybit:200万円の負け
  • 経費 パソコン・スマホの電気代:年間1万円/ネット通信費:年間3万円

税制上「所得」は「収入」と分類されており、たとえばBinance(バイナンス)で得た利益が「収入」であるのに対し、利益から経費を相殺したもの、すなわち純粋な利益が「所得」となります。

上の例で所得を算出する場合は、仮想通貨の所得だけで「500万円-200万円-1万円-3万円」=296万円となります。

上項でも解説した通り、総合課税は9所得で算出するため給与所得も確定申告の所得に含めなければいけないのでは?とお考えの方もいるでしょう。

年収2000万円以下の給与所得については職場が年末調整を行うため、Binance(バイナンス)と一緒に確定申告や税金の計算方法を行う必要がないと考えておきましょう。

Binance(バイナンス)を含む年間所得を算出したら、最後に税金の計算方法を行っていきます。

総合課税の所得税率は、所得が増えるほど税金負担が5%~最大45%と大きくなる累進課税方式を採用しており、税率10%以上の場合は控除が適用されます。

「296万円×0.1-97,500円」=198,500円、すなわちこれがBinance(バイナンス)の確定申告で納めるべき税金になります。

Binance(バイナンス)の税金の計算方法と確定申告をはじめるタイミング

税金の計算方法、すなわちBinance(バイナンス)の確定申告をはじめるタイミングは年間所得が基準であり、給与取得者と非給与取得者で異なります。

  • 非給与取得者:年間所得が38万円を超えたら
  • 給与取得者:年間所得が20万円を超えたら

給与取得者とは、正社員、アルバイト、パート、契約社員など、雇われて給与を得ている人をさし、非給与取得者とは個人事業主、学生、パートなどをさします。

前項でも解説しましたが、給与所得が年間2000万円を超えている方は、Binance(バイナンス)と一緒に確定申告しますが、それ以下の方は職場が源泉徴収を行うため、こちらでの確定申告や納税は必要ありません。

Binance(バイナンス)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説まとめ

Binance(バイナンス)の税金の計算方法と確定申告の税金区分は雑所得の総合課税で行います。

確定申告をスタートする判断基準は年間所得ですが、年明けすぐに年間所得を把握できるよう、日頃からBinance(バイナンス)の損益や経費の記帳を、会計ソフトなどを活用してこまめに行うとスムーズです。

会計ソフトを活用すると、手動で所得の計算を行わなくても自動算出できることはもちろん、自動で確定申告書の作成とともに税金の計算方法を完了することができるため、非常に便利です。

はじめての確定申告は白色申告になりますので、確定申告のやり方として覚えておきましょう。

-Binance(バイナンス)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.