ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)の逆指値を分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

CryptoGTはレバレッジ500倍・追証なしのゼロカットを採用しているビットコインFX専門の取引所です。BTCFXはビットコインの価格が下がっている下げ相場でも、価格の上がっている時でも利益を上げる事が可能です

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的なBTCの入金ボーナスがあり特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(定期的なボーナスあり為替&BTCFXが出来る取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】FTXの詳細ページはこちらから

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

CryptoGTはレバレッジ500倍・追証なしのゼロカットを採用しているビットコインFX専門の取引所です。BTCFXはビットコインの価格が下がっている下げ相場でも、価格の上がっている時でも利益を上げる事が可能です

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的なBTCの入金ボーナスがあり特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(定期的なボーナスあり為替&BTCFXが出来る取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】FTXの詳細ページはこちらから

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

CryptoGTはレバレッジ500倍・追証なしのゼロカットを採用しているビットコインFX専門の取引所です。BTCFXはビットコインの価格が下がっている下げ相場でも、価格の上がっている時でも利益を上げる事が可能です

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的なBTCの入金ボーナスがあり特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(定期的なボーナスあり為替&BTCFXが出来る取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】FTXの詳細ページはこちらから

これから海外の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBinance(バイナンス)を利用して、仮想通貨(暗号資産)のトレードを始めてみたいという人もいるでしょう。

現在では、Binance(バイナンス)Futures(フューチャー)を利用したハイレバレッジトレードもできるようになっており、逆指値注文などの特殊注文を使って注文したいという人もいますよね。

しかしBinance(バイナンス)の取引画面が日本語に対応していないこともあり、Binance(バイナンス)での逆指値注文に難しさを感じている人もいるのではないでしょうか。

ここでは、Binance(バイナンス)の逆指値を分かりやすく解説していきます。

Binance(バイナンス)の逆指値を分かりやすく解説

そもそもBinance(バイナンス)の逆指値注文とは、トレーダーが指定した金額までレートが動いたら、保有しているポジションが自動で決済されるという注文方法のことを指します。

簡単に言ってしまえば、逆指値注文とは「この値段まで下がったら○○で売りor買い注文だして」という指示ができる注文方法です。

そのため一度ポジションを持った後に、チャートの動きに張り付いていなくても予め損切りラインを設定して指定の場所で損切りができるというメリットがあります。

具体的には自分で設定した価格で強制的に決済されるので、感情に任せて損切りができなくなりポジションを保有し続けて含み損を増やしてしまうといったリスクを回避する効果があるのです。

また2018年の仮想通貨(暗号資産)バブルと呼ばれる時期にBinance(バイナンス)でトレードしていた人であれば、「Binance(バイナンス)は逆指値注文ができない」と思っている人もいるでしょう。

実際に2018年2月くらいまでの時期は、Binance(バイナンス)のPC画面でしか逆指値注文を行うことができませんでした。

よってスマホのブラウザ画面やBinance(バイナンス)のスマホアプリを利用していた人は、逆指値注文ができなかったのです。

しかし2018年3月以降は、Binance(バイナンス)アプリがリニューアルされて、現在ではスマホからも自由に逆指値注文ができるようになっています。

Binance(バイナンス)の逆指値の具体的なやり方

それでは実際にBinance(バイナンス)の逆指値注文の具体的なやり方についてみていきましょう。

Binance(バイナンス)の逆指値注文は、Binance(バイナンス)の取引画面の右下にある注文画面より手続きを行なっていきます。

Binance(バイナンス)の注文画面にて、一番上のタブが「Limit」「Market」「Stop-Limit」と並んでいます。

「Limit=指値注文」「Market=成行注文」「Stop-Limit=逆指値注文」となりますので、タブを「Stop-Limit」に合わせることで逆指値注文が行えます。

①の「Stop」にレートが指定した価格に達した時に指値注文を発動させる価格を入力していきましょう。

②の「Limit」にレートが「Stop」の価格に達した時にだす指値注文の価格を入力していきます。

③の「Amount」にて買いたい量(SELLで注文する場合には売り大量)の注文数量を入力しましょう。

④の「Total」に入力した価格と数量から自動計算したBTCの合計量が表示されます。

①〜④の入力内容を確認して問題なければ「Buy〇〇(←仮想通貨(暗号資産名))」また売り注文の場合には「Sell 〇〇(←仮想通貨(暗号資産名))」をクリックしていきましょう。

Binance(バイナンス)の逆指値の使い方の具体例

それでは実際にBinance(バイナンス)の逆指値の具体的から注文の出し方をみていきましょう。

例えば「1BTC=10000ドル」の状況で10BTCを保有していると考えてください。

BTCの価格が今後上がっていくと予想し、買いポジションを入れたいが、万が一予想に反してレートが下がった時に損失を最小限に抑えたいという場合に、逆指値を利用していきます。

BTCを10BTC買いポジションを保有している状況で、「1BTCあたり9900ドルになったら損切りを考えて、9800ドルになったら損切りしたい」という場合には、以下のように注文をだしましょう

①「Stop」に9900ドルを入力

②「Limit」に9800ドルを入力

③「Amount」に10BTCを入力

あとは「BUY BTC」をクリックすれば注文が完了となり、チャートの下に現在の保有ポジションが表示されます。

Binance(バイナンス)の逆指値 Stop-MarketとStop-Limitの違い

また一般的にBinance(バイナンス)の逆指値注文は「Stop-Limit」注文という認識ですが、「Stop-Limit」によく似た注文方法で「Stop-Market」という注文方法もあるので注意が必要です。

Binance(バイナンス)の逆指値にあたる「Stop-Limit」によく似た「Stop-Market」とは、レートが「Stop」に入力した価格に達したら、成行注文が執行されて注文が約定するという注文方法になっています。

「Stop-Limit」とは約定の仕方が異なりますので、事前にしっかりどちらの注文方法を利用するのかを確認しておきましょう。

Binance(バイナンス)の逆指値を分かりやすく解説まとめ

今回は、Binance(バイナンス)の逆指値を分かりやすく解説してきました。

Binance(バイナンス)には一般的な逆指値注文にあたる「Stop-Limit」注文が利用できるようになっています。

便利に利用できる逆指値注文を利用して、損切りをうまくコントロールしていきましょう。

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

CryptoGTはレバレッジ500倍・追証なしのゼロカットを採用しているビットコインFX専門の取引所です。BTCFXはビットコインの価格が下がっている下げ相場でも、価格の上がっている時でも利益を上げる事が可能です

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的なBTCの入金ボーナスがあり特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(定期的なボーナスあり為替&BTCFXが出来る取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】FTXの詳細ページはこちらから

-Binance(バイナンス)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.