ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています




 

【お問い合わせにについて】

広告掲載やサイト売却などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。現在ツイッターにPR広告を掲載頂ける仮想通貨投資家の方も募集しております。気になると言う方はお気軽に問い合わせまでご連絡下さい

>>お問い合わせはこちらから

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

BitMEXは追証無しで100倍迄レバレッジ取引可能な取引所です。BTCFXではショート(売り)からも入る事が出来るので現物取引では出来ない「下げ相場」でも稼ぐ事が出来るのが大きな特徴となっています(今現在利益を上げているトレーダーの多くがショート勢です)
ゼロカットを搭載しており資産がマイナスになる心配が無い事や世界一取引量のある取引所なので板が厚く、サーバーも安定している為専業のトレーダーにも使われている取引所です

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

「BitMEXの登録方法。入金・出金・送金まで分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)のレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料」

「BitMEX(ビットメックス)の手数料について分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説」

【BitMEXと合わせて登録しておきたい日本国内の取引所BitbankTrade】

日本国内の取引所でビットコインFXをするなら追証なしで最大20倍迄レバレッジが出来るBitbankTradeがおすすめです。(Bitbankとは別途登録が必要です)。BitMEXをメインにサブの取引所として合わせて登録しておくのがおすすめです

>>BitbankTradeの登録がまだの方はこちらから(当サイトから登録で6ヶ月間手数料が20%offになります)

Zaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)トークンの発行枚数から見る今後の将来性の予想は?

投稿日:

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

世界一の取引量を誇る「BitMEX」ではBTCFXのショート(売り)から入る事で「下げ相場」でも稼ぐ事が可能です。BTCFXであればビットコインの価格が下がっている時が稼ぎ時にもなりますので登録がまだの方はぜひ登録して試してみて下さい

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

世界一の取引量を誇る「BitMEX」ではBTCFXのショート(売り)から入る事で「下げ相場」でも稼ぐ事が可能です。BTCFXであればビットコインの価格が下がっている時が稼ぎ時にもなりますので登録がまだの方はぜひ登録して試してみて下さい

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

f:id:webwebweblog:20171228231240j:plain

仮想通貨とともに盛り上がりを見せているICOトークンの中で、Zaif(ザイフ)トークンを購入してみたいと考えている人もいますよね。

しかし高騰や大幅な下落などを経験していることから、今後の将来性が気になるという方も多いのではないでしょうか。

今回はZaif(ザイフ)トークンの発行枚数から、今後の将来性の予想を立ててみました。

Zaif(ザイフ)トークンの発行枚数から見る今後の将来性の予想は?

Zaif(ザイフ)トークンとは、国内の取引所であるZaif(ザイフ)が発行している独自のトークンのことです。

トークンとは、簡単にいってしまう特定の使用用途で利用できる専用のコインのことをいいます。

Zaif(ザイフ)トークンは、Zaif(ザイフ)を運営しているテックビューロ株式会社が取り扱いを行なっているため、株と同様の扱いを受けることがあります。

しかしトークンの場合は、株のように配当金や株主優待サービスなどはありません。

そしてZaif(ザイフ)トークンが発行されたはいいものの、これといった使い道がありませんでした。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

CMSトークンと交換可能で一気に高騰

しかし2017年8月ICO支援のプラットフォームとなる「COMSA」独自のトークンであるCMSトークンとZaif(ザイフ)トークンが交換可能になりました。

これを受けてZaif(ザイフ)トークンは一気に高騰し、およそ0.1円から2〜3円まで価格が急上昇したのです。

しかし急激に高騰した価格はある程度まで暴落し、その後も上がったり下がったりを繰り返しながら、2017年12月末現在では1.9円ほどの価格をつけています。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

Zaif(ザイフ)トークンの発行枚数からみる将来性

Zaif(ザイフ)トークンの発行枚数は90億です。 ちなみにビットコインの発行枚数の上限がおよそ2100万ですので、Zaif(ザイフ)の発行枚数がビットコインとは桁違いであることがわかります。

そしてこのコインやトークンごとの発行枚数によって、以下のような定説があるのです。

  • 発行枚数が少なめ...市場に出回る枚数が少ないので欲しい人が増加し価格が上がりやすい
  • 発行枚数が多め...市場に出回る枚数が多いので人の手に渡りやすく価格が上がりにくい

たとえば発行枚数が比較的少なめなビットコインは現在200万円近くまで価格が上昇しているのに対し発行枚数が桁違いに多いリップルは現在100円前後の価格となっています。

また、Zaif(ザイフ)トークンの発行枚数である90億枚というのもかなり枚数的には多くなりますので、枚数だけ見るとMAX値が10円〜11円程度になるのではないかと予測されています。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

Zaif(ザイフ)トークンの価格はテックビューロによって調整されている?

先ほど発行枚数は多いほど価格が高騰しにくく、発行枚数が少ないほど高騰しやすいという説明をしました。

全体で90億枚あると言われているZaif(ザイフ)のトークンですが、COMSAのトークンセールで約29億がCOMSA購入のために使われたという経緯があります。

また、Zaif(ザイフ)を運営しているテックビューロが、約45億のZaif(トークン)を保有していると言われているのです。

結果として29億+45億=74億ほどはCOMSAとテックビューロが保有していることになり、市場に出回っているのは90億−74億で16億程度だと推測できます。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

そのため、市場でZaif(ザイフ)トークンを入手できるのは、実際には90億まいよりも少ない16億程度ですので、90億の発行枚数よりも価格の高騰が狙いやすくなります。

実際にZaif(ザイフ)トークンを大量保有しているテックビューロ株式会社やCOMSAでは、価格の交渉で得られるメリットは多いため、流通させる発行枚数を調整して価格の高騰を期待しているかもしれません。

このように市場での発行枚数を調整することで、価格の高騰が期待できるZaif(ザイフ)トークンですが、発行枚数の半分以上を企業やそのグループが保有しているというのはある意味リスクでもあります。

市場に出る枚数を絞って価格を交渉させたとしても、その後で45億枚のZaif(ザイフ)トークンを持っているテックビューロが一気に売りにだすと、市場に出回るZaif(ザイフ)トークンの枚数が一気に増え価格が暴落する危険性があるのです。

このようなことからもZaif(ザイフ)トークンは、発行枚数以上の高騰も考えられ、市場流出枚数の調整によって暴落するというリスクも考えられます。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

枚数だけではない需要や利用目的から予測するZaif(ザイフ)トークンの将来性

これまでZaif(ザイフ)トークンの将来性を発行枚数という観点から、価格の予測をしきました。 しかしZaif(ザイフ)トークンの将来性を予測するために考えるべきなのは、この市場に流通する発行枚数だけではありません。

そもそもトークンは、利用者がそのトークンに魅力を感じる(価値があると認識する)ために購入されるものです。

しかし、現在のところZaif(ザイフ)トークンには、これといった決定的な使い道や利用目的がありません。

CMSトークンとZaif(ザイフ)トークンが交換可能になったときでさえ、一時的にイベント的な盛り上がりを見せ、価格は上昇しましたが、その価値が安定して継続することはありませんでした。

Zaif(ザイフ)の利用目的は今後の大きな課題となり、発行枚数以外にも今後価格の高騰や暴落の大きな原因の1つとなることでしょう。

Zaif(ザイフ)トークンの発行枚数から見る今後の将来性の予想は?

今回は、国内の仮想通貨取引所であるZaif(ザイフ)が発行しているトークン「Zaif(ザイフ)」トークンの将来性について調べてきました。

Zaif(ザイフ)トークンはこれまでも高騰や暴落を繰り返しており、まだまだ上がる可能性も持ち合わせたトークンです。

また、発行枚数は多いけれどZaif(ザイフ)自身が市場の数量をコントロールしている可能性があることも注意してみる必要があります。

Zaif(ザイフ)トークンを購入する場合には、発行枚数の他にもZaif(ザイフ)側からのアナウンスや市場の盛り上がりなどをよくチェックしてから購入してみてください。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

「BitMEX(ビットメックス)の登録方法。入金・出金・送金まで分かりやすく解説」

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

BitMEXは追証無しで100倍迄レバレッジ取引可能な取引所です。BTCFXではショート(売り)から入る事が出来るので現物取引では出来ない「下げ相場」でも稼ぐ事が出来るのが大きな特徴となっています(今現在利益を上げているトレーダーの多くがショート勢です)
ゼロカットを搭載しており資産がマイナスになる心配が無い事や、世界一取引量のある取引所なので板が厚く、サーバーも安定している為専業のトレーダーにも使われている取引所です

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

「BitMEXの登録方法。入金・出金・送金まで分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)のレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料」

「BitMEX(ビットメックス)の手数料について分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説」

【BitMEXと合わせて登録しておきたい日本国内の取引所BitbankTrade】

日本国内の取引所でビットコインFXをするなら追証なしで最大20倍迄レバレッジが出来るBitbankTradeがおすすめです。(Bitbankとは別途登録が必要です)。BitMEXをメインにサブの取引所として合わせて登録しておくのがおすすめです

>>BitbankTradeの登録がまだの方はこちらから(当サイトから登録で6ヶ月間手数料が20%offになります)

【レバレッジ最大200倍アルトコインのレバレッジ取引も可能なCryptoGT】

追証なしのレバレッジ最大200倍、取扱通貨ペア37種類。今後注目を集めて行く可能性の高いBTCFX専門の取引所です。BitMEXで既にトレードに慣れている方でアルトコインのレバレッジ取引に興味がある方におすすめの取引所です

>>CryptoGTの登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で2分程度で登録可能です)

「CryptoGTの登録方法と使い方を分かりやすく解説」

【ZERO/ゼロからはじめるビットコイン運営者】

初心者でもゼロから仮想通貨について学べる様に分かりやすい仮想通貨情報の発信を心掛けています





-Zaif(ザイフ)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.