ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

FXGT

FXGTのゼロカットを分かりやすく解説

更新日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】おすすめ1位の取引所(LINE公式で確認)

【2位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binanceの詳細ページはこちらから

海外FXブローカーの中でも、為替と仮想通貨(暗号資産)のハイブリッド取引所として人気を集めているFXGT。

そんなFXGTをこれから使ってみたいという人の中には、FXGTのゼロカットについて詳しく知りたいという人もいるでしょう。

FXGTはゼロカットを搭載したFXブローカーとなっていますが、実際にゼロカットが執行されるタイミングなどは事前に詳しく知りたいものですよね。

そこで今回は、FXGTのゼロカットを分かりやすく解説していきます。

FXGTのゼロカットを分かりやすく解説

FXGTはゼロカット搭載・追証なしのFXブローカー

FXGTはゼロカットを搭載しているFXブローカーですが、FXGTのような海外FXブローカーの場合、ゼロカットを搭載しているところがほとんどです。

これまで国内のFXブローカーのみを利用してきたという人であれば、ゼロカットなしで追証ルールがあったという人がほとんどなのではないでしょうか。

実はこの「ゼロカット」は、FXGTのような海外FXブローカーが利用できるブローカー独自のユーザーを守るためのサービスとなっています。

そもそもFXGTのような海外FXブローカーが採用している「ゼロカット」とは、マイナスになった証拠金を補填してゼロに戻してくれるというサービスのことです。

証拠金がマイナスになった分に関しては、FXGTなどFXブローカー側がマイナス分を負担してくれることになります。

日本国内のFXブローカーでは、このゼロカットが採用されていない代わりにトレーダー側に追証が求められるのです。

追証とは「追加証拠金」の略語であり、ポジション保有中にブローカー側の定める一定の証拠金維持率を下回ったときに追加で支払わなければならない証拠金のことを指します。

もしも追証を求められて支払わない状態でさらに一定の証拠金維持率を下回ればロスカットが執行されるのです。

しかし追証を支払っていれば、証拠金維持率がロスカット水準より下回っても引き続きポジションを保有し続けることができます。

FXGTのような海外FXブローカーの場合は追証ができないため一定の証拠金維持率を下回れば、強制的にロスカットが執行されて損失が確定するでしょう。

ロスカットを回避できるという点だけに絞って言えば、追証の発生する国内FXブローカーの方が、自分でトレードをコントロールしやすいと考える人もいます。

しかし追証が発生するレベルで含み損が出ている場合、追証を払っても自分の予想した方向にレートが逆行して利益がで始めるという可能性の方が低いといえるでしょう。

さらに追証は、本来であれば支払う必要のない証拠金ですので、証拠金を支払った時点でトレーダー側がFXブローカーに借金をしているという状態になります。

「FXGTはレバレッジが高くて危険」と感じている人もいるかもしれませんが、ゼロカットが搭載されていますので、借金をするリスクがない点がメリットだといえるでしょう。

FXGTのゼロカットが執行される具体的なタイミングはいつ?

FXGTにてゼロカットが執行されるタイミングは、ロスカットが執行されて証拠金がマイナスになった後です。

FXGTの基本的なルールとして、保有しているポジションの証拠金維持率が80%を下回ったタイミングで「マージンコール」が発生します。

マージンコールとは、「証拠金維持率がロスカット水準に近づいていますよ」という通知のことで、FXGTでは保有しているポジションが80%を下回るとマージンコールがかかるルールです。

マージンコールがかかったタイミングで損切り決済を行い、損失を確定させてしまうという人もいます。

しかしマージンコールはあくまでも「通知」ですので、損切り決済を行うかポジションを保有するかはトレーダー次第です。

マージンコールを無視してそのままポジションを保有し続け、さらに証拠金維持率が50%を下回るとFXGTではロスカットが執行されます。

ロスカットが執行されると、ポジションが強制決済されて損失が確定するでしょう。

FXGTのロスカットがレートの動きによって間に合わなかった場合にゼロカットが執行される

基本的にFXGTのロスカットは証拠金維持率が50%を下回るとすぐに執行されます。

証拠金維持率が50%付近でロスカットが問題なく執行されれば証拠金がゼロになることはありません。

しかし急な価格変動などにより証拠金維持率が大きく50%を下回ったところでロスカットされることもあります。

このように証拠金維持率50%を大きく下回ったところでロスカットが執行されると、証拠金がマイナスになってしまうこともあるでしょう。

そしてロスカットの遅れによって証拠金がマイナスになってしまうとゼロカットが発動します。

FXGTのゼロカットはロスカット水準に達したタイミングで側執行されるので、ロスカットとほぼ同じタイミングでゼロカットが執行されることになるでしょう。

FXGTでは自動的にゼロカットがおこなれるため、特にFXGT側にユーザーがゼロカットの依頼や申請を行う必要もありません。

FXGTのゼロカット執行時の注意点

ポジション保有時にロスカットが執行されれば自動でゼロカットも執行されるFXGT。

証拠金のマイナス分を補填してくれる役割を果たすゼロカットですが、ボーナスが残っている口座でロスカットやゼロカットが執行される場合には注意点があります。

ボーナス残高が残っている口座にて保有しているポジションがロスカットされ、さらに証拠金がマイナスになってしまった場合、通常であればゼロカットが執行されるでしょう。

しかしボーナス残高が残っている口座でロスカットにより証拠金がマイナスになってしまった場合には、ゼロカットが発動する前に残っているボーナスがマイナス分に補填されることになります。

ボーナスでマイナス分を補填してもなお証拠金残高がマイナスであれば、ゼロカットが執行されることになるでしょう。

ボーナスが残っている口座に関しては、ゼロカットよりもボーナス残高が先に使われることになりますので、トレード時にはボーナスの有無も確認しておくのがおすすめです。

FXGTのゼロカットを分かりやすく解説まとめ

今回は、FXGTのゼロカットを分かりやすく解説してきました。

FXGTでは、ロスカットにより証拠金残高がマイナスになってしまった場合に自動でゼロカットが執行され証拠金残高がゼロにリセットされるでしょう。

ただし、ボーナス残高が残っている口座でロスカットが執行され証拠金がマイナスになった場合には、ゼロカットが執行される前にボーナスでマイナス分の補填が行われますので注意してください。

-FXGT

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.