ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

FXGT

FXGTの税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページ

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

【4位】Bybitの詳細ページはこちらから

FXGT税金の計算方法はどのようにすればいいの?

確定申告を開始するのは、FXGTでいくら以上稼いだら必要なの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

ここでは確定申告がはじめての方に向けて、FXGTの税金の計算方法と確定申告について解説していきましょう。

FXGTの税金の計算方法・確定申告を分かりやすく解説

確定申告は、1月1日から12月31日までに獲得した所得が一定額を超えた場合に、所得税を計算し翌年3月15日までに税金を納めることを言います。

ただし年間所得が一定額を超えたからと言って、FXGTや税務署から確定申告通知や納税通知が届くわけではありません。

FXGTの所得を自分で記帳・管理し、年間所得が一定額を超えた場合にみずから確定申告を行う必要があります。

FXGTの税金・確定申告区分は「雑所得の総合課税」

FXGTの確定申告の税金区分は「雑所得の総合課税」に分類されます。

「雑所得」とは、利子所得・配当所得・不動産所得・山林所得・給与所得・退職所得・事業所得・譲渡所得・一時所得のどれにも該当しない所得をさします。

一方「総合課税」は、利子所得など上9つの所得との合計額で確定申告しなければいけません。

「雑所得の総合課税」の税金は累進課税方式に基づき、所得が増えるほど税金が高くなっていきます。

為替FXと仮想通貨(暗号資産)FXを扱うFXGTですが、海外FX取引所ですので、為替も仮想通貨(暗号資産)も「雑所得の総合課税」に該当します。

一方、国内FX取引所の場合、為替FXは「雑所得の分離申告課税」に該当し、仮想通貨(暗号資産)はFXGTと同じ「雑所得の総合課税」になるためトレード商品によって税金区分が異なります。

分離申告課税は所得税率が一律20%で、3年間の繰越損失や他事業との損益通算が適用され、税金を軽減できるのが大きな特徴です。

一方、総合課税は、繰越損失も他事業との損益通算が適用されません。

ようするに国内取引所の為替FXは、税制上優遇されるということです。

FXGTなどの総合課税は、同じ総合課税内である海外為替FXや国内仮想通貨(暗号資産)とであれば損益通算することが可能です。

また所得税率一律20%である分離申告課税よりも、FXGTなどの総合課税は所得額が少ない間は税金負担が軽くなるのも大きな特徴と言えるでしょう。

FXGTの税金の計算方法

FXGTの税金の計算方法は「年間所得額×税率-控除額」に基づいて所得税を算出します。

たとえばFXGTの年間所得が750万円だった場合の税金の計算方法は、累進課税率表の通り「750万円×0.23-636,000=1,089,000円」になります。

税金の計算方法を解説しましたが、みなさんはFXGTの「所得」をきちんとご理解いただいているでしょうか。

FXGTの所得は前述した通り、以下の条件を踏まえたうえで計算します。

  • FXGTの所得と他9所得との合計額を確定申告の所得額として計上する。しかし損益通算はできない
  • FXGTの所得と損益通算できるのは海外為替FXと、国内外問わず仮想通貨(暗号資産)FXの所得のみ

さらにFXGTの年間所得を把握するためには、以下のふたつも理解しなければいけません。

税金の計算方法のもとになるFXGTの年間「所得」は経費を相殺した金額

FXGTで獲得した利益は、税制上「収入」に該当し「所得」ではありません。

所得とはFXGTの純粋な儲けをさし、収入から経費を相殺して算出します。

経費とは、FXGTで利益を得るために使用した費用で、パソコンやスマホの購入代金・ネット通信費・電気代・参考書・トレーダーの交流会などが該当します。

たとえばFXGTで800万円の利益を獲得し、経費が50万円だった場合の計算方法は、「800万円-50万円=750万円」が所得になります。

経費の領収書はきちんと保管しておき、FXGTの収入の把握方法は、MT5から取引証明書をダウンロードして確定申告でご利用ください。

FXGTの税金の計算方法の基礎知識 「仮想通貨(暗号資産)」で「所得」に該当するパターン

仮想通貨(暗号資産)は為替と異なり、ハードフォークやマイニングでコインを獲得することができます。

税制上所得として扱われるのは、FXGTで獲得した仮想通貨(暗号資産)の売買差益です。

仮想通貨(暗号資産)を購入してウオレットに保管している状況では、所得とはなりません。

ハードフォークやマイニングで獲得した仮想通貨(暗号資産)は、獲得時点では所得として計上されませんが、売却や商品購入して価値が発生した場合に所得して計上されます。

FXGTの税金の計算方法 2,000万円以上の給料の場合は所得に含める

9つの所得のひとつである給料所得は、FXGTの税金の計算方法をするときに所得に含める、と解説しましたが、給料だけで2,000万円を稼いでいる方のみです。

基本的に正社員として獲得した給料の税金は、源泉徴収して職場が納税してくれるため、FXGTの確定申告の所得額に含める必要はありません。

ただし給料が2,000万円を超えてしまった方は職場で源泉徴収されないため、FXGTの所得の有無にかかわらず自分で確定申告する必要があります。

FXGTで確定申告し税金を納めるべき所得額は20万円を超えたら

FXGTで確定申告をスタートし税金を納めなくてはいけない所得額は、以下の通り給与を得ている方と得ていない方で異なります。

  • 正社員・契約社員・アルバイト・パートなど:所得が20万円を超えたら
  • 個人事業主・学生・専業主婦など:所得が38万円を超えたら

FXGTと他9所得(利子所得など)の合計が最低20万円を超えたら、確定申告して税金を納めなければいけないと心得ておきましょう。

FXGTの税金の計算方法・確定申告を分かりやすく解説まとめ

FXGTの税金の計算方法と確定申告について解説しました。

あらかじめ税金の計算方法を理解すれば、確定申告にどのくらい納税すればよいのかの目安が把握できます。

税金の計算方法や確定申告は難しそうに感じますが、きちんと理解すれば簡単です。

はじめての確定申告は白色申告です。

一番はじめに確定申告ですべきことは、FXGTの損益状況と経費の把握するために、帳簿づけすることです。

確定申告についてわからないことは参考書で勉強する、税務署へ問い合わせるなどで、FXGTの確定申告や税金についてわかるようにしておきましょう。

万が一、FXGTの所得が一定額を超えていたのにもかかわらず確定申告や納税を行わなかった場合は、脱税に問われてしまう可能性があります。

知らなかったでは済まされませんので、きちんと情報収集行ってください。

FXGTとその他の所得が20万円を超えてしまった場合が、確定申告や税金を納めるひとつのボーダーラインですので、ぜひ参考にしましょう。

-FXGT

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.