ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

FXGT

FXGTの税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

投稿日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

FXGTでトレードを始めて利益が出そうだけれど、確定申告って必要?

税金はどれくらい払わなければいけないのか今から不安だという人がいるのではないでしょうか。

あるいは投資を始めるのと同時に税金の計算方法をしっかりと勉強しておきたい人もいるかもしれませんね。

FXGTは海外の取引所であるため、一定の条件をクリアすれば確定申告や税金の支払いが必要です。

そこで今回はFXGTの税金の計算方法や確定申告について分かりやすく解説します。

FXGTの税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

FXGTの税金の計算対象となる取引とは

まずはFXGTで税金の計算対象となる取引を見ていきましょう。

・為替FX、CFD、仮想通貨(暗号資産)、株式、DeFiトークン、NFTで手仕舞いしたとき

FXGTでは通貨や仮想通貨(暗号資産)などさまざまな銘柄でトレードできます。

どの銘柄であっても、FXGTで売りまたは買いポジションを建てただけでは税金の計算対象とはなりません。

ロングであれば売却した時点、ショートであれば購入した時点で損益が確定します。

この損益が確定したタイミングで税金の計算対象へと組み入れられます。

FXGTで税金の計算対象となるのは「売り→買い」「買い→売り」の決済注文が約定した取引のみと覚えておきましょう。

FXGTで確定申告が必要な人とは

FXGTで1円でも利益がでたら確定申告が必要になるわけではありません。

FXGTで確定申告が必要になる人は、会社員などの給与所得者と、主婦や個人事業主などの非給与所得者で基準が異なります。

まずは会社員・契約社員・派遣社員・アルバイト・パートで確定申告が必要な人の条件を見てみましょう。

・年収2,000万円以上

・複数の企業から給料を得ている

・不動産収入など別の所得がある

・FXGTを含む雑所得の合計額が20万円を超えている

ここで注意すべきなのは「FXGTでの利益が20万円を超えている」のが条件ではないことでしょう。

FXGTの確定申告の税区分は「雑所得の総合課税」です。

まず雑所得とはざっくりといえば副収入といえるかもしれません。

・フリマなどの利益、副業としてのイラスト作成・動画編集・講演など、海外FXや仮想通貨(暗号資産)の利益

雑所得とは上記の副収入から経費を引いたものです。

給与所得者で雑所得が20万円を超える人は確定申告しなければいけません。

言い換えれば、給与所得者で雑所得が20万円以下であれば確定申告の対象者ではないので、申告不要です。

例えば年収500万円の会社員でほかの副収入がなく、FXGTでの利益が20万円、必要経費が3万円であれば確定申告は不要です。

では次に主婦・学生・個人事業主などの非給与所得者で確定申告の対象となる人を見てみましょう。

・年間所得が48万円を超える

つまり所得が48万円を超えなければ確定申告は不要です。

FXGTの税金の計算方法で必要な書類

FXGTの税金の計算方法には「収益」と「経費」が分かる書類が必要です。

・年間の取引履歴

・必要経費

まずはFXGTで得た利益を計算しなければいけません。必要な書類は「取引履歴」です。

この取引履歴はFXGTの公式サイトにはありませんので、取引プラットフォーム「MT5」で取得しましょう。

まずはMT5を起動しFXGTの口座にログインします。

ページ下部の「口座履歴」タブを開き、エリア内どこでもよいので右クリックしてください。

すると履歴の期間指定ができますので、1/1〜12/31を指定してOKを押しましょう。

これでFXGTの年間取引履歴をダウンロードできます。

MT5を採用している海外FX取引所であれば、すべてこの手順で年間履歴を取得できますので、まとめてダウンロードしておきましょう。

では次に必要経費の書類の準備です。

必要経費が多ければ税金は下がりますので、もれなく計上しておきたいところです。

これは各自で表計算ソフトやアプリなどで集計するしかありません。

以下の項目が必要経費として認められる可能性が高いでしょう。

・パソコン購入費、サーバー代、通信費、書籍購入費、セミナー参加費、セミナー参加に伴う交通費など

ただし、全額が認められるとは限りません。

詳しくは税理士または所轄の税務署にご相談ください。

FXGTの税金の計算方法と確定申告書の作成

FXGTの税金の計算は「年間の取引履歴」と「必要経費」を所定の用紙に転記すれば簡単にできます。

FXGTのような海外FXは差金決済取引ですので、「先物取引に係る雑所得等」として課税されます。

まずは国税庁の「先物取引に係る雑所得等の金額の計算明細書」をダウンロードしてください。

「先物取引に係る雑所得等の金額の計算明細書」にFXGTでの利益や必要経費を記入していきましょう。

・取引内容:種類は銘柄名、決済年月日は手仕舞いした日付、決済の方法は仕切

・総収入金額:年間取引履歴から転記

・必要経費:売買手数料、書籍代などの経費

記入例も国税庁サイトに掲載されていますので、確定申告書を作成する際には確認しておきましょう。

また、トレードを頻繁にする人であれば、この計算明細書に書ききれないかもしれません。

そういう人は海外FX取引所などのトレードでの税金の計算ができるサイトを利用してみてはいかがでしょうか。

売買回数が少なければ無料、ある程度の回数をこなしているのであれば課金が必要です。

ですが税金の計算が面倒で確定申告する気が進まないのであれば、検討する価値はあるかと思います。

いずれかの方法でFXGTでの所得がすべて計算できれば、あとは確定申告書に転記していきましょう。

FXGTの税金の目安

FXGTの税区分は「雑所得の総合課税」ですので、本業での所得とFXGTでの利益を合算して税金が課せられます。

例えば年収500万円の会社員の場合、税金の目安がどれくらいになるのかを見ていきましょう。

・控除後の所得を230万円と仮定する ※基礎控除・給与所得控除・社会保険料控除を引いた額

・FXGTでの利益を50万円とする

この場合、課税される所得金額は「230万(給料)+50万(利益)」で280万円。

所得税の速算表を確認してみると、195万から329.9万円の税率と控除額が適用されます。

すると「280万 × 10% ー 9.75万円」ですので、所得税は「18.25万円」です。

もちろん家族構成や生命保険料、iDeCoの加入の有無などで控除額が変わるため、課税所得も変わってしまいます。

あくまでFXGTで利益が出た場合の税金の目安としてお考えください。

FXGTの税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説まとめ

FXGTの税金は雑所得の総合課税です。

給料だけでなく、FXGT以外の副収入なども全て合算した金額に対して課税されてしまいます。

しかし会社員であれば20万円以下、主婦などであれば48万円以下であれば確定申告する必要はありません。

もし確定申告が必要になれば、FXGTの公式サイトからではなく、FXGTのMT5から年間取引履歴をダウンロードしてください。

確定申告が初めてであれば不安にかられることがあるかもしれませんが、手順に沿って行えばスムーズにできるでしょう。

必要経費は節税に直結しますので、FXGTでトレードを始めたらこまめに記録しておくことをおすすめします。

-FXGT

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.