ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

FXGT

FXGTの取引方法(注文方法)を分かりやすく解説

更新日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】Bybitの詳細ページはこちらから

【3位】Bitterzの詳細ページはこちらから

【4位】Binanceの詳細ページはこちらから

海外FXブローカーの中でも為替FXと仮想通貨(暗号資産)のハイブリット取引所として新たに誕生したFXGT。

そんなFXGTをこれから利用してみたいという人の中には、具体的な取引方法(注文方法)について詳しく知りたいという人もいるでしょう。

FXGTではトレーディングツールであるMT5を用いて注文や決済などの取引を行っていきます。

ここでは、FXGTの取引方法(注文方法)を分かりやすく解説していきます。

FXGTの取引方法(注文方法)を分かりやすく解説

FXGTでは取引ツールであるMT5を利用して、取引(注文)を行っていくことになるでしょう。

FXGTにて取引を始めるためには、アカウント開設後にMT5口座を開設した上でMT5システムのインストールが必要になってきます。

FXGTで実際の取引方法(注文方法)を実践するのであれば、まずはFXGTのアカウントと口座の開設、MT5のインストールまでを完了させておきましょう。

FXGTの取引方法(注文方法)は大きく分けて2つ

FXGTのMT5を利用した取引方法(注文方法)には、大きく分けて次の2つがあります。

  • 手軽に成行注文が行える「ワンクリック取引」
  • 成行注文・指値注文・逆指値注文など様々な注文方法が利用できる「新規注文」

それでは実際に、FXGTのMT5で利用できるそれぞれの具体的な取引方法(注文方法)をみていきましょう。

FXGTの取引方法(注文方法) 手軽に成行注文が行える「ワンクリック取引」

FXGTの取引方法(注文方法)の中でも、一番シンプルに新規注文が行える方法になっているのが「ワンクリック取引」です。

ワンクリック取引とは、FXGTのMT5のチャート画面左上に表示されている取引方法(注文方法)であり、FXGTの取引方法(注文方法)の中でも一番シンプルな方法になっています。

ワンクリック取引で利用できる注文方法は、成行注文のみとなっており「利食い」や「損切り」の設定はできません。

FXGTのワンクリック取引の注文画面は、基本的にMT5チャート画面の左上に表示されています。

チャート画面の左上にワンクリック取引の注文画面が表示されていないという人は、上部メニューバーの中の「オプション」から「ワンクリック取引」をクリックすることで注文画面が表示されるでしょう。

ワンクリック取引の具体的な取引方法(注文方法)の手順としては、まずは真ん中の「0.01」の数字が入っている部分に、注文を行うロット数を入力していきます。

直接数字を入力しなくても、数字の両脇にある三角アイコンを押すことでも数量の調整は可能です。

注文数量(ロット数)の入力が完了したら、「売り」注文を行う場合には「SELL」、「買い」注文を行う場合には「BUY」をクリックします。

「SELL」または「BUY」のボタンをクリックすると、それぞれのボタンの下部に表示されているレートで注文が約定するでしょう。

注文が正常に約定すれば、MT5画面下部の「取引」の項目に保有中のポジションの状況が表示されます。

損切り・利食い決済を行いたい場合には「損益」項目の数字の隣に表示されている「×」ボタンをクリックすると決済が行われるでしょう。

FXGTの取引方法(注文方法) 成行注文・指値注文・逆指値注文など様々な注文方法が利用できる「新規注文」

FXGTの取引方法(注文方法)の中で、利食いや損切りラインをあらかじめ設定した成行注文や指値注文・逆指値注文を利用したい人であれば「新規注文」での取引方法(注文方法)を行っていきましょう。

先程の「ワンクリック取引」とは異なり、より詳細な条件をつけながら注文を行うことができます。

まずどの取引方法(注文方法)を利用する場合でも同じになってくるのが、新規注文画面の表示方法です。

MT5を立ち上げたら、上部メニューバーに表示されている「新規注文」アイコンをクリックすることで注文項目の画面が表示されるでしょう。

FXGTの取引方法(注文方法) 成行注文

まずはFXGTの新規注文画面から成行注文を行う方法をみていきましょう。

新規注文画面上の一番上にある「銘柄」にて、注文を行う通貨ペアを選択していきます。
続いて「注文種別」にて「成行注文」を選択してください。

「注文種別」以下の項目が成行注文用の項目に切り替わります。

「数量」に注文する数量を入力し、利食いラインを決めたい場合には「決済指値(T/P)」に価格を入力し、損切りラインを決めたい場合には「決済逆指値(S/L)」に価格を入力しておきましょう。

売り注文の場合には「Sell by Market」、買い注文の場合には「Buy by Market」をクリックして注文完了です。



FXGTの取引方法(注文方法) 指値注文

FXGTの取引方法(注文方法)の中で希望価格を指定して注文ができる、指値注文の方法をみていきましょう。

まずは新規注文画面上の一番上にある「銘柄」にて、注文を行う通貨ペアを選択していきます。

続いて「注文種別」にて「指値または逆指値注文(新規注文)」を選択してください。

「注文種別」以下の項目が指値注文用の項目に切り替わります。

下枠の中にある「注文種別」から売り指値注文を行う場合には「Sell Limit」買い指値注文を行う場合には「Buy Limit」をクリックしていきましょう。

「数量」に注文する数量を入力し、「価格」に希望指値価格を入力します。

入力内容に問題がなければ「発注」をクリックして注文を確定させましょう。


FXGTの取引方法(注文方法) 逆指値注文

最後に逆指値注文を利用した取引方法(注文方法)を紹介します。

新規注文画面上の一番上にある「銘柄」にて、注文を行う通貨ペアを選択していきます。

続いて「注文種別」にて「指値または逆指値注文(新規注文)」を選択してください。

「注文種別」以下の項目が逆指値注文用の項目に切り替わります。

下枠の中にある「注文種別」から売り逆指値注文を行う場合には「Sell Stop」買い逆指値注文を行う場合には「Buy Stop」をクリックしていきましょう。

「数量」に注文する数量を入力し、「価格」に希望逆指値価格を入力します。

入力内容に問題がなければ「発注」をクリックして注文を確定させましょう。

取引種別にかかわらず注文が正常に約定すれば、MT5画面下部の「取引」の項目に保有中のポジションの状況が表示されます。

損切り・利食い決済を行いたい場合には「損益」項目の数字の隣に表示されている「×」ボタンをクリックすると決済が行われるでしょう。

FXGTの取引方法(注文方法)を分かりやすく解説まとめ

今回は、FXGTの取引方法(注文方法)を分かりやすく解説してきました。

FXGTの取引方法(注文方法)は、ワンクリック取引と新規注文が選択できるようになっており、注文種別も成行注文・指値注文・逆指値注文などが選択可能です。

まずは小さなロット数からそれぞれの注文方法の使い方を試してみるのもよいでしょう。

-FXGT

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.