ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

FXGT

FXGTの取引方法(注文方法)を分かりやすく解説

更新日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

FXGTにはどんな取引方法(注文方法)があるの?

MT5を使った取引が初めてなので、設定や注文方法を知っておきたい。

このようにお考えではないでしょうか。

これまで国内の取引所しか使ったことがない人であれば、取引や注文方法に戸惑うこともでてくるかもしれませんね。

そこで今回はFXGTの取引で必要なMT5との連携から取引方法(注文方法)までを分かりやすく解説します。

FXGTの取引方法(注文方法)を分かりやすく解説

FXGTの取引方法の事前準備

FXGTは取引プラットフォーム「MT5」を採用しています。

まずはFXGTとMT5を連携させて、取引できるように事前準備をすませましょう。

まずはFXGTでMT5口座をクリックして口座を開設してください。

続いてFXGTのマイページからお手持ちの端末に合わせたMT5をダウンロードしてインストールしましょう。

MT5を起動したら「口座管理」から「証券会社を探す」をクリック。

FXGTと入力して「既存の取引口座と接続する」を表示します。

あとは連携させたいFXGT口座の「ログインID」と「パスワード」を入力すれば、事前準備は完了です。

FXGTの取引方法(注文方法) カウントダウン注文

FXGTの取引方法(注文方法)では大まかに分けると次の4つを覚えておけばよいでしょう。

・カウントダウン注文(成行注文)

・ワンクリック注文

・指値注文

・逆指値注文

MT5では成行注文の取引方法(注文方法)を「カウントダウン注文」と呼びます。

FXGTのカウントダウン注文は次の取引方法(注文方法)をすれば簡単にできます。

・MT5の「ツール」で「新規注文」をクリック

・気配値ウィンドウから取引したい通貨ペアをダブルクリック

上記いずれかの方法でカウントダウン注文パネルが開きます。

そこで以下の項目を確認または入力しましょう。

・銘柄(通貨ペア)

・タイプ(注文方法):カウントダウン

・数量

カウントダウン注文の内容を確認したら「成行売り」または「成行買い」をクリックしてください。

FXGTの取引方法(注文方法) ワンクリック注文

FXGTでは「ワンクリック注文」の設定ができます。

カウントダウン注文に慣れてきたら、ワンクリック注文の取引方法(注文方法)にもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

FXGTの「ツール」「オプション」から「取引」タブを開きましょう。

そこでワンクリック注文の取引方法(注文方法)で設定したい項目を入力してください。

・銘柄、数量

・スリッページ、ストップレベル

通貨ペアやロット数、スリッページやストップレベルなどを予め入力しておきましょう。

あとはワンクリック注文のチェックボックスをONにしてOKを押してください。

ワンクリック注文の設定ができれば、チャート画面の左上にワンクリック注文パネルが表示されます。

では続いてFXGTのワンクリック注文の出し方を説明します。

あらかじめ数量(ロット数)を設定している場合は、「SELL」「BUY」をクリックするだけです。

もし数量を(ロット数)を変更したいのであれば、SELLとBUYの間にある数値で変更できます。

ワンクリック注文は文字通りクリックするだけの取引方法(注文方法)ですので、スピード勝負のトレードに向いているでしょう。

FXGTの取引方法(注文方法) 指値注文

では次にFXGTで指値を入れる取引方法(注文方法)を説明しましょう。

FXGTの「新規注文」または気配値ウィンドウをダブルクリックして、オーダーパネルを表示させてください。

タイプ欄で「指値注文」を選んだら、以下の項目を入力しましょう。

・銘柄(通貨ペア)

・タイプ:買指値(Buy Limit)、  売指値(Sell Limit) 

・数量

・価格

売りまたは買いの新規注文を入れるだけであれば、「Stop Loss」「Take Profit」欄は空欄にしておいてください。

あとは数量や指値を入れて「注文」をクリックしましょう。

では次にFXGTへの新規注文と決済注文を同時にしておく取引方法(注文方法)を説明します。

さきほどの注文パネルの「Stop Loss」「Take Profit」欄が決済注文の入力画面です。

・Stop Loss=決済逆指値

・Take Profit=決済指値

損切価格を決めているのであれば、「Stop Loss」欄に損切りしたい指値を入力してください。

利確したい価格もすでにあるのであれば、「Take Profit」欄に指値を入力しましょう。

FXGTの指値注文する取引方法(注文方法)では、少なくとも損切価格だけは入れておくことをおすすめします。

FXGTの取引方法(注文方法) 逆指値注文

FXGTの逆指値を入れる取引方法(注文方法)について見ていきましょう。

すでにFXGTで保有しているポジションがありとくに利確や損切の設定をしていない場合には、この逆指値注文を追加しておきましょう。

先ほどの指値注文と同じ注文パネルのタイプ欄を以下から選びます。

・買い逆指値(Buy Stop) 

・売り逆指値(Sell Stop)

・買いストップリミット(Buy Stop Limit)

・ 売りストップリミット(Sell Stop Limit)

基本的には逆指値は、損切価格を仕込んでおく取引方法(注文方法)です。

FXGTの売り逆指値(Sell Stop)は、価格が下落して「指値」を下回ったら「成行注文」で売る注文方法です。

指値で売る注文ではないので、相場が荒れているときには予想よりも低い価格で約定してしまう可能性があります。

一方、FXGTの売りストップリミット(Sell Stop Limit)は、2種類の「指値」を入れる取引方法(注文方法)です。

・損切りしたいボーダーラインの価格

・損切りする価格

ボーダーラインを下回った時点で「指値注文」が発動する取引方法(注文方法)です。

ボーダーラインの価格と損切価格が近い場合、約定しない可能性が高まります。

約定力を優先し価格の優先度を下げるのであれば「売り逆指値(Sell Stop)」、刺さらなかったら相場が戻ってくるまで待つのであれば「売りストップリミット(Sell Stop Limit)」。

各々の資金力にもよりますので、どちらの取引方法(注文方法)にするかは事前にシミュレーションしてから決めてください。

FXGTの取引方法(注文方法)を分かりやすく解説まとめ

FXGTの取引方法(注文方法)は主に「カウントダウン注文(成行注文)」「指値注文」の2種類です。

カウントダウン注文とワンクリック注文ではトレードのスピードを重視しています。

指値注文は損切価格や利確価格など細かく条件をつけてトレードできる取引方法(注文方法)です。

それぞれの特徴を理解したうえで、FXGTでのトレードで使い分けてみてください。

-FXGT

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.