ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

FXGT

FXGTの手数料を分かりやすく解説

投稿日:

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

FXGTの手数料は、どのようなものがいくらかかるの?

これからFXGTへアカウント登録や口座開設をご検討中の方は、このようにお考えですよね。

充実したボーナスキャンペーンなどの特典が特徴のひとつであるFXGTは、最大レバレッジ500倍で取引できる海外FX業者です。

FXGTの手数料は、資産を減らしてしまう可能性もありますので、きちんと把握しておきましょう。

FXGTの手数料を分かりやすく解説

FXGTの手数料は、入金・出金などの送金手数料と、スプレッドやスワップポイントなどの取引手数料が発生します。

2020年9月中旬の情報をもとに、FXGTの手数料をまとめました。

FXGTの手数料 入金手数料

FXGTの入金手数料は、基本的にすべての入金方法で無料です。

ただし入金方法によっては、別途以下の入金手数料が発生する可能性もあります。

  • クレジットカード:無料
  • 仮想通貨【BTC(ビットコイン)・ETH(イーサリアム)・USDT(テザー)・XRP(リップル)】:別途トランザクション手数料が発生
  • bitwallet(ビットウォレット):無料
  • STICPAY(スティックペイ):無料
  • 銀行送金:中継銀行の利用や銀行によって手数料が発生する可能性あり

入金可能な通貨は、VISAクレジットカードと仮想通貨以外で、すべてEUR・USD・JPYに対応しています。

最低入金額は、JCBクレジットカード・bitwalletで10ドル相当額から可能です。

FXGTの手数料 出金手数料

FXGTの出金方法は入金方法と同じで、出金手数料もすべての出金方法で無料です。

出金可能通貨や最低出金額も、すべて入金方法と同条件です。

FXGTの手数料 スプレッド

FXGTのスプレッドは買値と売値の差額をさし、トレードのたびに発生する取引コストであることから手数料と言えるでしょう。

為替FXと仮想通貨(暗号資産)FXの平均スプレッドをまとめました。

ただしスプレッドは変動制ですので、相場の急変で広がるおそれがありますので、トレードの際はご注意ください。

FXGT FXのメジャー通貨ペアのスプレッド

まずはFXGTのメジャー通貨ペアのスプレッド一覧です。

  • USD/JPY:1.6pips
  • EUR/USD:1.6pips
  • GBP/USD:2.2pips
  • USD/CHF:2.2pips

FXGTのメジャー通貨のスプレッドがどの程度の広さなのかを確認するため、人気海外FX取引所のXMとTitan FXの平均スプレッドと比較します。

※以下「XM」/「Titan FX」の順にスプレッドを記載

  • USD/JPY:1.6pips / 1.6pips
  • EUR/USD:1.7pips / 1.2pips
  • GBP/USD:2.4pips / 1.57pips
  • USD/CHF:2.1pips / 1.92pips

米ドルについては3社とも同じスプレッド、ユーロ・ポンド・スイスフランにおいてFXGTは中間でした。

取引全体の圧倒的割合を占めているメジャー通貨のスプレッドを他社と比較しましたが、FXGTのはほぼ平均的と言う結果です。

FXGT 仮想通貨(暗号資産)FXの主要銘柄のスプレッド

FXGTの主要仮想通貨(暗号資産)のスプレッド一覧です。

  • BTC/JPY:76円
  • ETH/JPY:53円
  • XRP/JPY:74円
  • LTC/JPY:11円
  • BCH/JPY:330円

仮想通貨(暗号資産)FXの主要銘柄におけるスプレッドの広さを確認するために、海外FX取引所のCryptoGTと国内FX取引所のDMM Bitcoinと比較します。

※以下「CryptoGT」/「DMM Bitcoin」の順にスプレッドを記載

  • BTC/JPY:333円 / 802円
  • ETH/JPY:51円 / 395円
  • XRP/JPY:75円 / 0.263円
  • LTC/JPY:11円 / 49.6円
  • BCH/JPY:39円 / 238円

ビットコイン・ライトコインのスプレッドはFXGTがもっとも狭く、イーサリアム・リップルは中間、ビットコインキャッシュは一番広い結果となりました。

ビットコインキャッシュをのぞいては、FXGTの仮想通貨(暗号資産)におけるスプレッドは狭いと言えます。

FXGTの手数料 スワップポイント

FXGTのスワップポイントは、為替FXと仮想通貨(暗号資産)FXにおけるレバレッジ手数料です。

為替FXと仮想通貨(暗号資産)FXにおけるスワップポイントの厳密な定義は異なりますが、ポジション維持をつづける限り定期的に発生し続けるFXの手数料と考えておきましょう。

FXGT FXのメジャー通貨ペアのスワップポイント

FXGTの為替FXにおけるメジャー通貨のスワップポイントは、以下の通りです。

※以下「ロング」/「ショート」の順にスワップポイントを記載

  • USD/JPY:1.65% / -8.78%
  • EUR/USD:-9.03% / 0.72%
  • GBP/USD:-7.98% / 0.48%
  • USD/CHF:4.23% / -12.01%

為替FXのスワップポイントは、2ヶ国の通貨ペア間の金利の差額で利益獲得を狙います。

同じ通貨ペアであっても、ロングで注文し買いポジションを建てる場合と、ショートで注文し売りポジションを建てた場合は、FXGTのスワップ手数料が異なります。

スワップ率がプラス表示されている場合はスワップポイントを利益して獲得でき、マイナス表示されている場合は手数料として支払わなければいけません。

また各国の金利政策などの変更によってスワップポイントが広がるだけでなく、損益が逆転するおそれもありますのでご注意ください。

FXGTの為替FXのスワップポイントの広さを確認するため、以下XMの一覧と比較しましょう。

  • USD/JPY:-1.76% / -4.03%
  • EUR/USD:-5.58% / -0.78%
  • GBP/USD:-4.05% / -3.15%
  • USD/CHF:-0.09% / -4.91%

XMのスワップポイントは、全メジャー通貨ペアのロング・ショートにおいてスワップポイントを手数料として支払わなければいけません。

一方FXGTは、日本円建て米ドルのロング、ドル建てユーロ・ポンドのショート、スイスフラン建てドルのロングにおいてスワップポイントを獲得できます。

FXGT 仮想通貨(暗号資産)の主要銘柄のスワップポイン

FXGTの主要仮想通貨(暗号資産)のスワップポイントは、以下の通りです。

※以下「ロング」/「ショート」の順にスワップポイントを記載

  • BTC:-0.0105% / -0.0085%
  • ETH:-0.0111% / -0.0101%
  • XRP:-0.0115% / -0.0105%
  • LTC:-0.0105% / -0.01%

そもそも金利が発生しない仮想通貨(暗号資産)FXのスワップポイントは、金利ではありません。

仮想通貨(暗号資産)のスワップポイントは、前述した通りポジション管理費などレバレッジ取引における手数料と考えておけばよいでしょう。

つづいてCryptoGTの仮想通貨(仮想通貨)のスワップポイントとFXGTを比較します。

  • BTC:-0.0100% / -0.0085%
  • ETH:-0.0101% / -0.0111%
  • XRP:-0.0115% / -0.0100%
  • LTC:-0.0105% / -0.0100%

FXGT・CryptoGTともにスワップポイントはロング・ショートともにすべての銘柄でマイナスですので、両社ともスワップポイントを手数料として支払わなければいけません。

スワップポイントは取引所ごとに発生回数や発生時間が異なりますが、FXGTもCryptoGTも1日6回4時間おきにスワップポイントが発生します。

FXGTをご利用の際はスワップポイントの拡大はもちろん、発生回数が多いため手数料負担が大きくなってしまうことにご注意ください。

FXGTの手数料を分かりやすく解説まとめ

FXGTには、入金や出金などの送金手数料を始め、スプレッドやスワップポイントなどのトレード手数料も発生します。

特にスプレッドは相場急変で広がる可能性があり、スワップポイントもポジション維持を続けている間に大きな手数料負担になってしまいます。

きちんと手数料をチェックしながら、FXGTのトレードで利益獲得をめざしましょう。

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

-FXGT

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.