ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

FXGT

FXGTの出金拒否(出金トラブル)と出金できないを分かりやすく解説

投稿日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

FXGTは最大レバレッジ1,000倍が使える為替FXと仮想通貨FXの海外取引所です。

日本の法律が及ばないため、FXGTで出金拒否されたり何か出金トラブルが起きる可能性はあるのだろうか?と不安に思う人はいるのではないでしょうか。

また、実際に出金できなくて困っている人がいるかもしれませんね。

そこで今回はFXGTで出金拒否(出金トラブル)や出金できないケースを調べてみました。

FXGTの出金拒否(出金トラブル)と出金できないを分かりやすく解説

FXGTの出金拒否(出金トラブル)の噂はあるのか

FXGTの出金拒否(出金トラブル)の噂は、残念ながら多いと言わざるをえません。

毎月のように出金拒否されたとの口コミが書き込まれています。

しかし、出金拒否されたことがないとの噂も同じくらい見受けられました。

FXGTで出金拒否(出金トラブル)される一番の理由は「FXGTを不正利用した」または「不正利用の疑い」が原因です。

そこで次章からは出金拒否(出金トラブル)に巻き込まれた理由を検証していきます。

FXGTの出金拒否(出金トラブル)される理由 ボーナスの悪用

まず、FXGTのボーナスを悪用して出金拒否(出金トラブル)されるケースがありました。

FXGTでは本人確認をしなくてもトレードができます。

そしてFXGTではミニ口座やスタンダード口座など複数口座を開設できます。

例えば、本人確認をせずにトレードをして、利益がでたら本人確認をするという方法です。

あきらかにボーナス搾取が目的ですので、FXGTで出金拒否(出金トラブル)されても仕方がありません。

FXGTの出金拒否(出金トラブル)される理由 両建て

FXGTで出金拒否(出金トラブル)される理由2つ目は、別口座または他業者をまたいだ両建てを無意識にしてしまったパターンです。

FXGTでは両建ては「同一口座内のみ」で認められています。

例えば、ミニ口座でBTC/JPYの買いポジションを建てているのにスタンダード口座でBTC/JPYの売りポジションを建ててしまうと、不正利用に該当します。

また、FXGTで買いポジションを保有しているのに、別の取引所で同一銘柄の売りポジションを注文してしまうと、これも不正利用です。

わざと両建てにしたのではない、というのは通じません。

別口座、別の取引所をまたいだ両建てをしてしまうと、出金拒否(出金トラブル)されてしまうのは当然といえるでしょう。

FXGTの出金拒否(出金トラブル)される理由 複数アカウント

FXGTでは複数アカウントの開設は禁止されています。

さすがにFXGTで口座を開設したのを忘れて、別のメールアドレスで別口座を開設してしまったというケースは考えにくいでしょう。

出金拒否(出金トラブル)されてしまった理由としては、「FXGTに複数アカウントを所有しているとみなされてしまった」ことでしょう。

具体的にいうと下記の運用をしていると、複数アカウントを保有していると勘違いされかねません。

・複数デバイスの利用

・違うIPアドレスからのログイン

例えば、通勤時はスマホでログイン、ランチのときにタブレットでログイン、帰宅してからはPCからログインする運用方法だと、複数アカウントとみなされる可能性があります。

なぜ出金拒否(出金トラブル)されるのか分からない場合は、IPアドレスが原因かもしれません。

FXGTで出金拒否(出金トラブル)され出金できないと勘違い 出金までの反映時間

FXGTの出金までの反映時間を理解しておらず、出金拒否(出金トラブル)されて、出金できないと勘違いしているケースもあるでしょう。

出金方法別の反映時間は次のとおり。

・仮想通貨(暗号資産):48時間

・クレジットカード・デビットカード:2営業日以内

・bitwallet、STICKPAY:48時間以内

・銀行送金:5営業日以内

ここで「営業日」の意味が分からずに「出金拒否(出金トラブル)された」「出金できない」と勘違いしてしまう人がいるかもしれません。

FXGTの営業時間は公式サイトには明記されていませんが、基本的には週末は営業時間外でしょう。

例えば金曜日の夜に銀行送金での出金手続きをしたと仮定します。

銀行送金は「5営業日以内」ですので、翌週金曜日までに出金が反映されるという意味です。

金曜日に手続きしたから「金・土・日・月・火」の5日以内ではありません。

出金拒否(出金トラブル)された、出金できないと勘違いしないように、FXGTの出金されるまでの反映時間を再度確認しておいてください。

FXGTで出金できない 出金先アドレスのミス

FXGTで出金処理をしたのに仮想通貨(暗号資産)がウォレットや他の取引所へ出金できない場合、出金先のアドレスをミスしている可能性が高いでしょう。

・仮想通貨(暗号資産)出金先アドレス

・宛先タグ

FXGTから出金できる仮想通貨(暗号資産)は「BTC」「ETH」「XRP」「ADA」「USDT」です。

そしてそれぞれの銘柄ごとに出金先アドレスは異なります。

また「XRP」は出金先アドレスだけでなく、別途「宛先タグ」も指定しないといけません。

もし、FXGTから仮想通貨(暗号資産)を出金したのに48時間以上たっても着金しない場合、出金アドレスのミスが可能性大です。

この場合は出金できないのではなく、出金したけれど行方不明になってしまって取り戻せない状況になってしまったということです。

銀行送金などと違い行方不明になった仮想通貨(暗号資産)を取り戻す手段はありませんので、出金先アドレスのミスにはご注意ください。

FXGTで出金拒否(出金トラブル)され出金できないと勘違い 本人確認が完了していない

FXGTでは本人確認が完了していなくても、トレードできます。

そして利益がでたので出金しようとして、出金拒否(出金トラブル)された、出金できないと慌ててしまうケースもあります。

FXGTから出金するには、本人確認が必須です。

本人確認をすませたうえで、再度FXGTで出金処理を進めてください。

FXGTの出金拒否(出金トラブル)と出金できないを分かりやすく解説まとめ

FXGTで出金拒否(出金トラブル)されるのは、不正利用した、不正利用の疑い、手続きのミスなどが原因です。

FXGTでは理由もなく出金できないことはありません。

とくに別口座や別の取引所をまたいだ両建て、複数アカウントとみなされて出金拒否(出金トラブル)されるケースが多いようです。

今一度、FXGTでの不正利用にあたらないか、確認しておいてください。

-FXGT

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.