ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

FXGT

FXGTのスプレッドの比較一覧を分かりやすく解説

更新日:

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

FXGTのスプレッドを比較するために一覧をチェックしたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

FXGTは最大レバレッジ500倍、豪華なボーナスや特典が魅力の海外FXブローカーです。

これからFXGTのトレードをお考えの方は、入金や出金手数料・スワップポイントのほか、FXのコストであるスプレッドの狭い取引所でトレードしたいとお考えの方もいるでしょう。

特にトレードのたびに発生するスプレッドは、FXGTの取引コストとしてきちんと把握すべきです。

FXGTのスプレッドの比較の一覧を分かりやすく解説

FXGTのスプレッドは、同じ通貨ペアや銘柄の買値と売値の差額をさします。

スプレッドはトレードのたびに発生するため、一覧を作成・比較して少しでも狭い業者を利用したいところです。

FXGTのスプレッドは変動ですので、経済指標発表などの影響で相場が急変し広がる可能性もあるため、トレードのたびにチェックすべきです。

ただひとつの目安として、FXGTのスプレッドは他の業者と比較してどのくらいなのかを一覧にし比較する価値はあります。

ハイブリットFX業者であるFXGTのメインは、為替FXと仮想通貨(暗号資産)ですので、ふたつのスプレッドを他の取引所と比較してみましょう。

FXGTのスプレッド一覧

まずはFXGTのFXと仮想通貨(暗号資産)のスプレッド一覧をみていきます。

FXGTのFXのスプレッド一覧

FXGTの為替FXのメジャー通貨のスプレッドを一覧にすると以下の通りです。

  • EUR/USD:1.6pips
  • USD/JPY:1.6pips
  • GBP/USD:2.2pips
  • USD/CHF:2.2pips

他の為替FX業者では、スタンダード口座と低スプレッドで取引できるECN口座を開設できますが、FXGTは他業者のスタンダードに該当する口座一択です。

FXGTの仮想通貨(暗号資産)FXのスプレッド一覧

一方、FXGTの仮想通貨(暗号資産)の主要銘柄のスプレッド一覧は以下の通りです。

  • BTC/JPY:76円
  • ETH/JPY:53円
  • XRP/JPY:74円
  • LTC/JPY:11円
  • BCH/JPY:330円

FXGTの仮想通貨(暗号資産)は日本円建てだけでなく米ドル建て・ビットコイン建てでもトレードでき、ふたつのスプレッドは異なります。

こちらでは日本円建て銘柄のスプレッドを記載しましたが、米ドル建てのスプレッドは日本円建てよりも狭くなります。

FXGTのスプレッド一覧を他社と比較:FX編

XMとTitan FXのスプレッドを一覧にし、FXGTと比較してみましょう。

こちらはリアルスプレッドではなく、各社が算出した平均スプレッドを一覧にし比較しています。

XMのスプレッド一覧と比較

  • EUR/USD:1.7pips ⇒ FXGTが0.1pips狭い
  • USD/JPY:1.6pips ⇒ FXGTと同じ
  • GBP/USD:2.4pips ⇒ FXGTが0.2pips狭い
  • USD/CHF:2.1pips ⇒ FXGTが0.1pips広い

TitanFXのスプレッド一覧と比較

  • EUR/USD:1.2pips ⇒ FXGTが0.4pips広い
  • USD/JPY:1.6pips ⇒ FXGTと同じ
  • GBP/USD:1.57pips ⇒ FXGTが0.63pips広い
  • USD/CHF:1.92pips ⇒ FXGTが0.28pips広い

XMとFXGTのスプレッド一覧を比較するとFXGTのほうが狭い通貨ペアが多く、Titan FXと比較するとFXGTのほうが広い結果となりました。

Titan FXは海外FX業者の中でもスプレッドが狭いと言われており、こちらでは紹介していませんがGEMFOREXも同等程度のスプレッド設定を誇っています。

為替FXのスプレッドを総合的に比較すると一覧からも明確である通り、FXGTのスプレッドは広い傾向にあると言えるでしょう。

スプレッド比較一覧から、為替FXでトレードするのに、あえてXMを利用する必要はないと考えられますね。

FXGTのスプレッド一覧を他社と比較:仮想通貨(暗号資産)FX編

海外取引所のCryptoGTと国内取引所のDMM bitcoinのスプレッドを一覧にし、FXGTと比較してみます。

こちらは2019年9月21日15時台のMT5や市場から抽出したリアルスプレッド一覧です。

CryptpoGTのスプレッド一覧と比較

  • BTC/JPY:333円 ⇒ FXGTが257円狭い
  • ETH/JPY:51円 ⇒ FXGTが2円広い
  • XRP/JPY:75円 ⇒ FXGTが1円狭い
  • LTC/JPY:11円 ⇒ FXGTと同じ
  • BCH/JPY:39円 ⇒ FXGTが291円広い

DMM Bitcoinのスプレッド一覧と比較

  • BTC/JPY:802円 ⇒ FXGTが726円狭い
  • ETH/JPY:395円 ⇒ FXGTが342円狭い
  • XRP/JPY:0.263円 ⇒ FXGTが73.734円狭い
  • LTC/JPY:49.6円 ⇒ FXGTが38.6円狭い
  • BCH/JPY:238円 ⇒ FXGTが92円狭い

FXGTとCryptoGTの仮想通貨(暗号資産)のスプレッドを一覧に比較すると、両社同等のスプレッドであることがわかります。

CryptoGTのスプレッドは、他社と比較すると普通よりも狭い傾向にあると評判の海外FX業者です。

中にはスプレッドではなくmaker・taker手数料制の取引所もあるため、全海外仮想通貨業者のスプレッドを同じ条件で比較することは困難ですが、スプレッド制の海外取引所と比較するとFXGTのスプレッドは狭い傾向にあると言えるでしょう。

一方、FXGTとDMM bitcoinのスプレッドを一覧から比較すると、全通貨においてFXGTのほうが狭い設定であることがわかります。

国内仮想通貨(暗号資産)業者は、販売所形式・取引所形式・レバレッジ取引・現物取引と、特色が異なりスプレッド設定も異なります。

中でもDMM Bitcoinは現物取引のスプレッドは非常に広いですが、こちらはレバレッジ取引のスプレッドですので大幅に抑えられています。

国内取引所の仮想通貨(暗号資産)のスプレッドを比較しても、FXGTは狭い傾向にあると言えるでしょう。

FXGTのスプレッドの比較の一覧を分かりやすく解説まとめ

FXGTのスプレッドを一覧にし、他社と比較してみました。

為替FXを他社のスタンダード口座と比較しましたが、もっとスプレッドが狭いECN口座が他社には存在します。

スタンダード口座一択のFXGTのスプレッドは広いため、あえて為替FXに利用する必要はないと考えます。

一方、仮想通貨(暗号資産)FXのスプレッド一覧からFXGTを他社と比較すると狭いことがわかりました。

実はFXGTは仮想通貨(暗号資産)のスプレッドの狭さで定評のある海外取引所ですので、ビットコインFXのトレードコストを抑えて取引したい方に適していると言えるでしょう。

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

-FXGT

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.