ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

FXGT

FXGTのスキャルピングを分かりやすく解説

更新日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】おすすめ1位の取引所(LINE公式で確認)

【2位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binanceの詳細ページはこちらから

海外のFXブローカー兼仮想通貨(暗号資産)取引所として、最大500倍のレバレッジトレードができることでも人気のFXGT。

そんなFXGTでトレードしたいという人の中には、スキャルピングメインのトレードをしているという人もいるでしょう。

超短期トレードといわれているスキャルピングは、ブローカーによってかなり相性が左右される取引方法ですので、スキャルピングに向いている取引所を選んでいきたいものですよね。

そこで今回は、FXGTのスキャルピングを分かりやすく解説していきます。

FXGTのスキャルピングを分かりやすく解説

FXGTはスキャルピングがブローカー公認で取引可能

FXGTでスキャルピングがしたいという場合には、まずはFXブローカーであるFXGT側がスキャルピングを認めていることが利用の大前提となります。

サーバーへの負荷などの理由からスキャルピングを禁止しているFXブローカーや取引所もあるのですが、FXGTでは特にスキャルピングを禁止するような公式サイトの記述は見当たりませんでした。

またFXGTの公式サイトに掲載されているQ&Aには、スキャルピングを認めているという記載もありますので、基本的にFXGTはスキャルピングを自由に行える取引所だといえるでしょう。

FXGTはスキャルピング向きのブローカー(取引所)なのかを検証

スキャルピングを認めており、自由にスキャルピングトレードのできるFXGT。

しかしスキャルピングトレードを認めているようなFXブローカーであっても、実際にはあまりスキャルピングに向かないブローカーもあるものです。

ここではFXGTを行う上で発生する取引上の手数料となるスプレッドと、スキャルピングで重要になってくる注文の通るスピードである約定率をもとに、FXGTがスキャルピング向きのブローカーなのかどうかを詳しく調べてみました。

FXGTはスキャルピング向きのブローカー(取引所)なのかをスプレッドから検証

スキャルピングトレードを行う場合、短時間で注文と決済を繰り返しながら、わずかな利幅を狙って利益を積み重ねていくという手法になります。

しかし、取引手数料の高いFXブローカーでスキャルピングトレードを行うとコストがかさんでしまうため、スキャルピングでわずかな利益がでても手数料負けを起こしてしまう可能性もあるでしょう。

FXGTは基本的に取引手数料が無料となっていますが、同通貨ペアで同タイミングでの売値と買値の差額となる「スプレッド」が実質上の手数料として存在しています。

FXGTのスプレッドは、基本的に取引量や通貨ペアごとの価格変動によって常に広がったり狭まったりと変動しているようです。

そのため一概に「FXGTのスプレッドは広い」「FXGTのスプレッドは狭い」と断定することはできませんが、参考程度にFXGTのスプレッドを他の海外FXブローカーのスプレッドと比較してみましょう。

FXGTの平均スプレッド一覧(取引手数料無料)

  • USD/JPY...1.6pips
  • EUR/JPY...2.2pips
  • GBP/JPY...3.5pips
  • EUR/USD...1.6pips
  • GBP/USD...2.2pips

XMの平均スプレッド一覧(スタンダード口座/取引手数料無料)

  • USD/JPY...1.8pips
  • EUR/JPY...2.5pips
  • GBP/JPY...3.6pips
  • EUR/USD...1.6pips
  • GBP/USD...2.3pips

TitanFX(タイタンFX)の平均スプレッド一覧(スタンダード口座/取引手数料無料)

  • USD/JPY...1.33pips
  • EUR/JPY...1.74pips
  • GBP/JPY...2.45pips
  • EUR/USD...1.2pips
  • GBP/USD...1.57pips

ここでは海外の大手FXブローカーであるXMとTitnFX(タイタンFX)の平均スプレッドと比較してみました。

XMとFXGTでは平均スプレッドはほぼ同じくらいから、FXGTの方が若干平均スプレッドが狭めとなっています。

またTitanFX(タイタンFX)とFXGTを比較すると、FXGTの方がスプレッドが全体的に広めなのがわかるでしょう。

またクチコミなどでFXGTでスキャルピングトレードしている人の評価をみていると、スプレッドが広めというクチコミも多くなっており、タイミングを見計らわないと手数料負けを起こす機会も多そうです。

FXGTはスキャルピング向きのブローカー(取引所)なのかを約定率から検証

FXGTがスキャルピングトレード向きのブローカーなのかどうかを検証するにあたって、手数料などと同じように重要になってくるのが注文や決済の約定スピードでしょう

FXGTの約定率は、注文が取引サーバーに到達してから120ミリ秒(0.12秒)と公言されているようです。

一方で同じ海外FXブローカーのXMでは最高約定スピードが0.019秒、TitanFX(タイタンFX)で最高約定スピードが0.015秒となっているので、FXGTは決して約定スピードの速い取引所だとはいえないでしょう。

またFXGTの約定スピードが遅すぎるというクチコミも多くなっていますので、約定率からみるとFXGTでのスキャルピングはあまりおすすめできなさそうです。

FXGTでのスキャルピングはボーナスを使った練習がおすすめ

スキャルピングOKとはされているものの、コスト面や約定率などからあまりスキャルピング向きとはいえないFXGT。

しかしFXGTでは豪華なボーナスキャンペーンが魅力となっていますので、自分の資金を使わずにボーナスを利用してスキャルピングの練習をするのはおすすめです。

FXGTで事前にスキャルピングの使い心地などを試したいのであれば、登録時や入金時にもらえるボーナスを活用していきましょう。

FXGTのスキャルピングを分かりやすく解説とめ

今回は、FXGTのスキャルピングを分かりやすく解説してきました。

FXGTはスキャルピングトレードを公式にて認めてはいますが、手数料などのコスト面や注文や決済の約定率などの面から、それほどスキャルピング向きのブローカーとはいえないようです。

ただしFXGTでは豪華なボーナスキャンペーンが豊富に用意されていますので、ボーナスを使ったスキャルピングのリアルトレードを試すのにはおすすめといえるでしょう。

-FXGT

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.