ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

FXGT

FXGTのスキャルピングを分かりやすく解説

投稿日:

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

FXGTでスキャルピングは認められているの?

もしスキャルピングが認められているとしたら、FXGTは向いているのかを知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

FXGTは仮想通貨(暗号資産)FXと為替FXを扱っている、海外FXブローカーです。

最大レバレッジ500倍でトレードできることから、スキャルピングでハイリターンをめざしたいと言う方もいるのではないでしょうか。

FXGTのスキャルピングを分かりやすく解説

スキャルピングは数pipsという小さな利幅を狙い、数秒から数分と言う超短期トレードを1日に数回繰り返し、利益獲得をめざす手法です。

よってFXGTのスキャルピングでは、スプレッド・約定率が非常に重要と言えるでしょう。

FXGTはスキャルピングが認められている

FXGTはスキャルピングを認めています。

しかし口コミでは、スプレッドが広い、約定力が低いと言う声が聞かれるのも事実です。

スキャルピング専用口座として、海外FXブローカーの多くはスプレッド幅の狭いECN口座があります。

一方、FXGTでは一般的にスタンダード口座と言われる通常スプレッドタイプの口座だけしか利用できないため、スプレッド幅を意識していないFXGTではスキャルピングしづらいのが実情のようです。

ただFXGTの強みとしては、仮想通貨(暗号資産)FXと為替FXの両方でスキャルピングできる環境にあることでしょう。

仮想通貨(暗号資産)のスキャルピングについて、FXGTではよい口コミも見られています。

FXGTのスキャルピングはスプレッドが広すぎるというのはウソだった!?

FXGTのスプレッド設定は、本当にスキャルピング向きではないでしょうか。

為替FXでスプレッド設定が広いと言われているXMのスタンダード口座と比較すれば、FXGTのスプレッドがどのくらいなのかを確認できます。

一方、FXGTの仮想通貨(暗号資産)FXのスプレッドは、スプレッド設定が一般的から狭いと言われているCryptoGTと比較していきましょう。

FXGTとXMスタンダード口座のスプレッド比較

※スプレッドはFXGT / XMの順に記載

  • USD/JPY:1.5pips  / 1.8pips
  • EUR/USD:1.6pips  / 1.8pips
  • GBP/USD:2.5pis  / 2.5pips

為替FXのスプレッドとして、FXGTとXMスタンダード口座を比較すると、ほぼ互角です。

スキャルピング口座でないXMスタンダード口座と互角であるFXGTのスプレッドは広く、やはりスキャルピング向きではないと考えられるでしょう。

FXGTとCryptoGTのスプレッド比較

※スプレッドはFXGT / CryptoGTの順に記載

  • BTC/USD:3.73ドル  / 3.5ドル
  • BTC/JPY:444円  / 399円
  • LTC/BTC:11円  / 13円

仮想通貨(暗号資産)FXのスプレッドとして、FXGTとCryptoGTのスプレッドを比較すると、多少の誤差はあるものの両社ともスプレッドが狭いです。

ではビットコインのスプレッドが広いとはどのくらいであるのかと言うと、10ドルから20ドル、すなわち1,000円から2,000円というパターンもめずらしくありません。

中でも国内販売所のスプレッドは、数万円と言うパターンもあり、それと比較するとFXGTのスプレッドははるかに狭いことがお分かりいただけるでしょう。

そのようなことから、FXGTは為替FXではなく、仮想通貨(暗号資産)のスキャルピングに向いていると言えます。

FXGTのスキャルピングは約定率

FXGTのスキャルピングで重要な約定率は、注文が取引サーバーに到達してから120ミリ秒(0.12秒)と公言しています。

この数値では、けっして約定率が低いとは言えません。

約定率で定評のあるTitanFXは平均0.338秒、最高で0.015秒だとGEMFOREXのスプレッド比較で記載されているため、FXGTの約定率は平均からスピーディと考えられるでしょう。

しかしFXGTは注文に遅延が生じた場合、コントロールできないむねも公言しており、約定率に不満がある場合はロンドンの仮想プライベートサーバーを利用することを推奨しています。

上の口コミのスキャルピングユーザーからは、約定に5秒もかかったという不満の声が聞こえるため、FXGTでスキャルピングをご検討中の方は、取引所が推奨するVPSのご利用を検討してもよいでしょう。

FXGTのスキャルピングに対する口コミをご紹介

FXGTのスキャルピングについてみていると、やはり圧倒的に多いのは為替FXのスプレッドが広いと言う声でした。

ただしテクニックを駆使して、FXGTでスキャルピングで勝つ人も見受けられています。

FXGTのスキャルピングで勝つためには、利幅を欲張らないことだと言う声が聞かれています。

トレードルールに沿って、損切りと利確を行えば、FXGTで利益獲得を目指すことも可能です。

短時間で小さな利幅を狙うスキャルピングでは、資金移動可能なFXGTのような取引所が適していると言う声も聞かれます。

取引所によってはポジション保有中は、資金移動できない取引所もめすらしくありません。

FXGTではスキャルピングで不足した証拠金を資金移動で補充できるため、向いていると公言するユーザーも存在します。

やはりこちらではFXGTのビットコインによるスキャルピングを推す声が聞かれています。

FXGTの為替FXでは利用できない板取引を、ビットコインFXでは利用できることが、スキャルパーにとって魅力的であるようです。

FXGTのスキャルピングを分かりやすく解説まとめ

FXGTのスキャルピングは、ビットコインFXをはじめとした仮想通貨(暗号資産)FXに適しています。

為替FXのスプレッドは広めですが、ビットコインFXでは重宝すると考えられるでしょう。

ぜひ仮想通貨(暗号資産)FXによるスキャルピングにFXGTをお役立てください。

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

-FXGT

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.