ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

FXGT

FXGTの両建てを分かりやすく解説

更新日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページ

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

【4位】Bybitの詳細ページはこちらから

最大500倍のレバレッジトレードができる海外FX ブローカーFXGT。

そんなFXGTでこれから取引を始めたいと考えている人の中には、FXGTで両建てトレードをしてみたいという人もいるでしょう。

FXブローカーによっては両建てを禁止しているところや、トレーディングシステムの都合で両建てトレードができないところもありますが、FXGTでは両建てトレードができるのでしょうか。

ここではFXGTの両建てトレードをわかりやすく解説していきます。

FXGTの両建てを分かりやすく解説

FXGTは両建てトレードができる

FXGTで両建てトレードを行うのであれば、まずはFXGT側が両建てトレードを禁止していないことや、トレーディングシステム上で両建てが可能であることが大前提となります。

まずFXGT側が両建てトレードの規制をしているかどうかについてですが、FXGTでは両建てトレードを禁止しているという記述は特に見つかりませんでした。

よって規約などにおいてFXGTで両建てトレードが禁止されていることは特にありません。

またFXGTではトレーディングシステムにMT5が採用されていますが、MT5のシステム上も問題なく両建てトレードができるようになっています。

よってFXGTは両建てトレードができるFXブローカーであるといえるでしょう。

口コミなどをみていても、FXGTにて実際に両建てトレードをおこなっているトレーダーの方もいるようです。

FXGTでの両建てトレードのやり方

実際にFXGTでの両建てトレードのやり方についてみていきましょう。

FXGTではトレードの際にMT5を利用していくことになりますので、両建て注文に関してもMT5で行っていくことになります。

MT5には両建て専用の注文方法がないので、基本的には通常の注文方法を売り・買いの量ポジション分2回行うことになるでしょう。

ここでは成行注文をつかった両建てトレードのやり方を紹介します。

まずはMT5を開いた状態から、上部メニューバーにある新規注文の画面をクリックしていきましょう。

注文画面が表示されるので、一番上の「銘柄」の部分に両建てトレードを行う通貨ペア名を選択してください。

つづいて成行注文で両建てを行うのであれば、「注文種別」の項目で「成行注文」を選択します。

成行注文を選択すると、注文内容が成行注文用の画面に切り替わりますので確認してください。

「数量」の部分に両建てを行う取引数量を入力し、内容に問題がなければ「売り」注文から入れる場合には「Sell by Market」、「買い」注文から入れる場合には「Buy by Market」をクリックしていきましょう。

1つめの注文が確定したら、次に同じ通貨ペアで同じ数量分の反対ポジションの注文も行っていきます。

注文画面が表示されるので、一番上の「銘柄」の部分に両建てトレードを行う通貨ペア名を選択してください。

つづいて成行注文で両建てを行うのであれば、「注文種別」の項目で「成行注文」を選択します。

成行注文を選択すると、注文内容が成行注文用の画面に切り替わりますので確認してください。

「数量」に先ほど注文した分と同じ取引数量を入力し、内容に問題がなければ先ほどと反対のポジション発注ボタンををクリックしていきましょう。

両方のポジションの注文が完了すれば両建ての注文が完了します。

あとはレートの動きに合わせて一定の含み損が出た方を損切りし、含み益が出ている方である程度利益を伸ばして利確することでFXGTでの両建てトレードができるでしょう。

FXGTでの両建てすると証拠金が相殺される

両建てを行うFXブローカーによっても両建てポジションの扱いはそれぞれ異なりますが、FXGTの場合は両建てをおこなうことで証拠金が相殺されるシステムです。

たとえばUSDJPYの両建てを1Lotで行った場合、証拠金が相殺されないFXブローカーであればUSDJPYの買いポジションを1Lot、USDJPYの売りポジションを1Lotの合計2Lot分保有しているという扱いになります。

しかしFXGTの場合には、同じ条件でSDJPYの買いポジションを1Lot、USDJPYの売りポジションを1Lot持っていても、同通貨ペアの両建てポジションである1Lot分の証拠金がそれぞれ相殺されることになるのです。

売り・買いポジションの1Lotそれぞれが相殺されてしまうと必要証拠金はゼロになると思う人もいるようですが、実際にはスプレッドが発生していますので、同じタイミングで同じ通貨ペアの保有でも証拠金に差額が発生します。

この売値と買値の差額分のみが、必要証拠金としてFXGTの両建て中には保有ポジションの部分に表示されることになるでしょう。

ポジション2つ分の証拠金が必要にならないという意味でいえば、FXGTは両建てトレードのしやすいFXブローカーだといえます。

FXGTでの両建てはスプレッドとスワップポイントはそれぞれ発生するので注意

FXGTでの両建てトレードでは「売り」と「買い」のそれぞれのポジションから証拠金が相殺されるので、スプレッド分のみが証拠金として表示されることになります。

ただしFXGTで両建てを行なって両建て分が相殺されたとしても、スプレッドやスワップポイントはそれぞれのポジション分発生するのです。

特に仮想通貨(暗号資産)取引の場合には、スワップポイントの発生するタイミングが1日1回ではなく1日3回と多くなっていますので、仮想通貨(暗号資産)の両建てを行う場合には、ポジション保有の時間帯を事前に確認した上でエントリーしていきましょう。

FXGTでの両建ての禁止事項

FXGTでは両建てトレードを禁止しておらず、基本的には自由に両建てトレードが行えるようになっています。

ただし、多くのFXブローカーで禁止行為となっている、業者間の両建てや口座間の両建てに関してはFXGTでもはっきり禁止とはいわれていませんができるだけ利用しないのがおすすめです。

また、あえてゼロカットを狙ったような両建てや、接続遅延によるレートエラーをあえて狙ったとみなされるような両建てに関しても不正行為とみなされる可能性があるので、行わないようにしましょう。

FXGTの両建てを分かりやすく解説まとめ

今回は、FXGTの両建てトレードをわかりやすく解説してきました。

FXGTでは両建てトレードを行うことができるようになり、両建てのポジションを保有すると証拠金が相殺されるというメリットもあります。

ただしスプレッドやスワップは2ポジション分徴収されるなどの注意点もあるので、事前に両建てトレードのルールをしっかり確認した上で、両建てにチャレンジしてみてくださいね。

-FXGT

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.