ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

FXGT

FXGTの両建てを分かりやすく解説

投稿日:

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

FXGTの両建ては認められているの?

両建てのやり方を知りたい。

もしFXGTで両建てが認められているとしたら、禁止事項を確認しておきたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

FXGTのレートがどちらへ進むのかがわからないときに、両建てを活用したいとお考えの方もいるのではないでしょうか。

仮想通貨FXや為替FXを500倍のレバレッジで取引できるFXGTで、今後両建てを始めたい方のために解説します。

FXGTの両建てを分かりやすく解説

両建てとは、同じ通貨ペアや銘柄で買いポジションと売りポジションを建てることをさします。

FXGTは両建てを認めています。

両建てのやり方を知るためには、まずFXGTの両建ての意味を理解しなければいけません。

両建てとは、同じ通貨ペアや銘柄・同じ数量・同じタイミングで買いポジションと売りポジションを建てることをさします。

同じ通貨ペアや銘柄の買いレートと売りレートは相反するため、買いポジションが上がれば売りポジションが下がり、損益は0になります。

FXGTの両建てのやり方

FXGTの両建てのやり方を、USD/JPYで例えてみましょう。

MT5で0.01Lotの買いポジションと売りポジションを、同じタイミングで発注します。

同じタイミングでの約定を狙うため、FXGTで両建てには成行注文で行うのがベストです。

ただMT5の構造上、完全に同じタイミングでFXGTの両建てのポジションを建てることは不可能で、多少のズレは承知しておかなければいけません。

両建ての発注タイミングのズレを最小限に抑えるため、MT5のワンクリックオーダー機能が役立ちます。

すばやく「買い」「売り」ボタンをクリックし、FXGTの両建てのポジションを建てましょう。

FXGTで両建てを決済するやり方は、利益方向に進むポジションを残し、損失方向のポジションだけを決済します。

両建てを解消し、利益方向に進むFXGTのポジションを残せば、価値を目指せます。

相場から利益獲得が見込めないときは、買いポジションと売りポジションをふたつとも決済するやり方で、FXGTの損益をほぼ0に抑えることができます。

両建ての同時決済をすばやくやるためには、MT5のターミナル「取引」タブ内で決済するポジションの一番右端にある「×」閉じるボタンをクリックしましょう。

FXGTの両建ての決済方法で、もっともスピーディに決済する成行決済注文のやり方です。

上級者の中は買いポジションと売りポジションのスプレッド差が0になった時点で決済し、両建てのスプレッド負担を軽減する方も存在します。

FXGTの両建ては同じ通貨・同ロットで買いポジションと売りポジションを建てると証拠金が相殺される

FXGTでは、同じ通貨ペアや銘柄で同ロットの買い注文と売り注文を発注すると、必要証拠金が相殺されます。

買いレートと売りレートには差があるため0にはなりませんが、両建てするとFXGTの証拠金は相殺されて差額分のみ表示されます。

両建てによって2ポジション分の証拠金が発生するわけでも、両建て自体を1ポジションとして証拠金が換算されるわけでもありません。

FXGTでロット数が異なる場合の両建ての証拠金は、差分の証拠金が発生します。

たとえばFXGTで買いを3Lot、売りを1Lotで発注すると、両建ての証拠金は2Lotぶんになります。

FXGTの両建てのスプレッドとスワップポイントは2ポジション分が発生することに注意

FXGTの両建ての証拠金は相殺される一方、スプレッドやスワップポイントは2ポジション分発生することに注意しましょう。

スプレッドの急激な拡大によって余剰証拠金が低下し、ロスカットリスクが高まります。

為替FXでは日をまたぐたびに、仮想通貨(暗号資産)FXでは規定時間をまたぐたびにスワップポイントが発生し、少しづつ証拠金を減らしていきます。

特にFXGTではプラススワップよりもマイナススワップ負担が大きい傾向にあるため、両建てのコストとして考慮すべきです。

証拠金が相殺されるから安心なのではなく、FXGTで両建てを行う際は変動制のコストとして発生するスプレッドやスワップポイントを意識してください。

両建て中は、余剰証拠金をこまめにチェックしつつ、じゅうぶんな証拠金を保つように心がけましょう。

FXGTの両建ての禁止事項

FXGTは、同じ通貨ペアや銘柄で売りと買いポジションを建て、取引アカウントのポジションをヘッジできるとという内容を公言しているため、事実上の両建ては可能です。

ただFXGTで両建てが認められるのは、あくまでも同一口座内の両建てであり、それ以外の両建ては禁止されている、またははっきり禁止されていなくても避けるべきでしょう。

たとえばFXGTの同じMT5口座内で、USD/JPYの0.01Lotの買いポジションと売りポジションを建てるることを両建てとして認めています。

FXGT内であったとしてもA口座で買いポジション、B口座で売りポジションを保有する行為は両建ての禁止事項にあたりますのでご注意ください。。

他社でUSD/JPYを0.01Lotの買い注文をし、FXGTでUSD/JPYを0.01Lotの売り注文を建てた場合は、不正両建てとみなされ、FXGTの禁止事項に触れてしまいます。

特にFXGTでは裁定取引・アービトラージ取引は禁止事項として規定してしますので、絶対にやめましょう。

FXGTの両建てで避けたほうがよいと考えられる行為

FXGTの両建てによる禁止行為は上述の通りですが、その他にも避けたほうがよいと考えられるトレードが存在します。

業者間のレート表示差を狙った両建てや、経済指標発表時や窓開けによるゼロカットを狙う両建て、接続遅延によるレートエラーを狙った両建ては、多くのFXブローカーの禁止事項としてあげられる行為です。

FXGTでは一般的な取引手法でないと判断した場合は利用規約違反を見なされてしまいますので、このような両建てはやめておきましょう。

FXGTの両建てを分かりやすく解説まとめ

FXGTの両建ては、相場の流れがつかめないときなどに役立つ取引方法です。

取引プラットフォームの関係上、両建てに対応していない取引所も存在しますが、FXGTではMT5で両建てをすることが認められています。

損失を抑えやすい両建てですが、スプレッドの拡大やスワップポイント蓄積によって思わぬコスト負担が発生するリスクも考えられます。

FXGTの両建てでは証拠金を十分に保ち、禁止事項に触れないように取引するように心がけましょう。

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

-FXGT

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.