ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

FXGT

FXGTの追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

更新日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】おすすめ1位の取引所(LINE公式で確認)

【2位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binanceの詳細ページはこちらから

海外のFX取引所として日本人トレーダーも多く利用しているFXGT。

そんなFXGTをこれから利用していきたいという人の中には、追証・ロストカットに関する証拠金維持率のラインを詳しく知りたいという人もいるでしょう。

海外の仮想通貨(暗号資産)取引所やFXブローカーの場合、国内の取引所とは追証やロスカットのルール・条件が大きく異なる場合があります。

そこで今回は、FXGTの追証とロスカット・証拠金維持率について詳しく調べてみました。

FXGTの追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

FXGTは追証なしでロスカットが執行されるルール

海外のFXブローカーであるFXGTには、追証ルールが採用されていません。

そのため一定の証拠金維持率を下回った時点で、追証の選択肢がトレーダー側にはあたえられずにロスカットが執行されます。

国内FXブローカーを利用していた人であれば、これまで追証を当たり前に求められていたという人もいるでしょう。

そもそも「追証」とは「追加証拠金」の略語であり、文字通り追加で支払う証拠金のことを指します。

ポジション保有中にFXブローカーや仮想通貨(暗号資産)取引所側が定めた一定の証拠金維持率を下回った場合に、ポジションを引き続き保有するために求められる追加の資金です。

追証が発生した場合、FXブローカーや仮想通貨(暗号資産)取引所側が定めた一定期間内にユーザー側から追証が支払われなければロスカットが執行されることになります。

追証を支払えば一定の証拠金維持率を下回ってもロスカットが執行されず、ポジションを保有し続けることができるので、一見追証ルールを採用しているブローカーの方が良いと考える人もいるでしょう。

しかし追証とは、あくまでも追加で支払う資金になりますので、自分の意思で支払っていたとしても「ポジション保有のための借金」という位置付けになります。

また追証を支払うことでポジションを継続できてしまうということは、感情に流されて損切りができなくなり追証を含む損失が拡大するというリスクも含んでいるのです。

国内のFXブローカーが追証ルールを採用しているのは、法律で追証ルールの採用が義務付けられているためといえるでしょう。

しかしFXGTのような海外FXブローカーの場合、海外の金融ライセンスを取得してFXブローカー業を運用しているところがほとんどですので、日本の法律に従う必要がありません。

このように日本国内の法律に影響をうけることがないFXGTのようなFXブローカーは、追証ルールを採用しておらず、一定の証拠金維持率を下回れば強制的にロスカットが執行されることになります。

FXGTのロスカットは証拠金維持率50%で執行される

FXGTは追証なしでロスカットが執行されるFXブローカーです。

またFXGTでロスカットが執行されるのは、証拠金維持率が50%を下回った時となっています。

基本的には証拠金維持率が50%を下回るといきなりロスカットが予告なく執行されるわけではなく、証拠金維持率が80%を下回ったタイミングで一旦マージンコールがかかり、そこから証拠金維持率が50%を下回るとロスカットが執行されるルールです。

マージンコールとは、FXGTなどのFXブローカーや仮想通貨(暗号資産)取引所にて「ロスカットが近づいていますよ」と教えてくれる通知のことを指します。

そのためマージンコールがかかったタイミングで、損切りの判断をするというトレーダーもいるでしょう。

FXGTのロスカットが執行される証拠金維持率のラインが高めの設定なのか、低めの設定なのかをここで他のFXブローカーや仮想通貨(暗号資産)取引所と比較してみます。

海外FXブローカーのロスカット水準比較

  • XM Trading...証拠金維持率20%を下回るとロスカット
  • GemForex(ゲムフォレックス)...証拠金維持率20%を下回るとロスカット
  • TitanFX(タイタンFX)...証拠金維持率20%を下回るとロスカット
  • AXIORY...証拠金維持率20%を下回るとロスカット
  • BigBoss(ビッグボス)...証拠金維持率20%を下回るとロスカット
  • iForex(アイフォレックス)...証拠金維持率20%を下回るとロスカット

海外仮想通貨(暗号資産)取引所のロスカット水準比較

  • Binance(バイナンス)...証拠金維持率100%を下回るとロスカット
  • Bybit(バイビット)...「破産価格」という独自の計算方法によりロスカット水準を算出
  • CryptoGT(クリプトGT)...証拠金維持率100%を下回るとロスカット

海外FXブローカーでは証拠金維持率が20%を下回るとロスカットが執行されるというところが多いようです。

よって海外のFXブローカーとFXGTのロスカット水準を比較してみると、FXGTのロスカット水準の方が若干高めの設定だといえるでしょう。

一方、海外の仮想通貨(暗号資産)取引所のロスカット水準は、証拠金維持率が100%を下回るとロスカットが執行されるところが多いので、FXGTの方がロスカット水準が若干低めだといえます。

FXGTは追証なしでロスカットが執行されるがゼロカットも採用されているので安心!

FXGTは追証なしで証拠金維持率が50%を下回るとロスカットが執行されるルールのFXGT。

しかし急な価格高騰や価格の暴落などにより、ロスカット水準でのロスカットが間に合わず、必要証拠金がマイナスになってしまうという場合もあるようです。

FXGTの証拠金がマイナスになってしまうということは、FXGT側に借金をしているのと同じ状態になりますよね。

しかしFXGTでは、ロスカットが間に合わずに証拠金がマイナスになってしまった場合には、ゼロカットが執行されることになります。

FXGTのゼロカットとは、マイナスになった証拠金のマイナス分をFXGT側が補填して証拠金をゼロにリセットしてくれるというシステムです。

よってFXGTでは急なロスカットにより、証拠金がマイナスになってしまった場合でも借金を背負う心配がありません。

FXGTの追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説まとめ

今回は、FXGTの追証とロスカット・証拠金維持率について詳しく調べてみました。

FXGTは海外のFXブローカーですので追証ルールがさいようされておらず、証拠金維持率が50%を下回ると強制的にロスカットが執行されることになるでしょう。

ハイレバレッジトレードができるFXGTだからこそ、ロスカットのリスクも高まりますので、ロスカットやゼロカットについては事前に詳しく調べておくのがおすすめです。

-FXGT

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.