ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

FXGT

FXGTの追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

投稿日:

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

FXGTの追証やロスカット、証拠金維持率ってなに?

あなたは今、このようにお考えですよね。

最大レバレッジ500倍でビットコインFXや為替FXができるFXGTにおいて、追証やロスカット、証拠金維持率はきちんと理解しておかなければいけません。

証拠金維持率やロスカットはレバレッジ取引をするために必要不可欠な知識であり、追証の発生について気になる方も多いはずです。

ここではFXGTの追証とロスカット、証拠金維持率について解説します。

FXGTの追証・ロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

FXGTの追証とは、証拠金を追加入金すること、ロスカットとはトレードで負け注文が強制決済されてしまうことです。

証拠金維持率はFXGTの注文における、資金と利益や損失を加減してあとどのくらい資金にゆとりがあるのかを示す割合であり、また強制決済されてしまう目安を示しています。

FXGTは追証なしでロスカット

FXGTでは追証は発生せず、即ロスカットとなります。

ロスカットとはポジションの強制決済をさし、ロスカットによってFXGTの損失が確定します。

追証とは追加証拠金をさし、追証によって含み損を抱えたポジションの証拠金の割合である証拠金維持率を増やすことで、ロスカットを防ぐごとができます。

FXGTでは追証がなく、即ロスカットとなってしまうため、損をしているように感じてしまう方がいるかもしれません。

追証はポジションを維持し続けられるのがメリットである一方、追証してもロスカットにいたった場合は借金としてのしかかってくるのがデメリットです。

FXGTのロスカットは証拠金維持率50%で執行。マージンコールは80%

FXGTのロスカットは証拠金維持率が50%を下回ると執行されます。

ロスカット率は証拠金維持率50%ですが、FXGTではロスカットの一歩手前でマージンコールが証拠金維持率80%発生し、ポジションがロスカットに近付いていることが通知されます。

FXGTでマージンコールが発生した際の、ロスカット対策として、含み損の多いポジションを損切りすることが有効です。

含み損を減らすことで証拠金維持率が回復し、FXGTのロスカットを防ぐことができます。

追証がないFXGTで損切りすることはロスカット対策として有効であることはもちろん、追証に比べて損切りは借金リスクがありません。

これも大きなメリットと言えるでしょう。

FXGTでポジション保有をつづける限り、証拠金維持率は常に変更し続けます。

ロスカットを回避するためにはきちんと証拠金維持率を確認する必要があると言えるでしょう。

FXGTのロスカット基準である証拠金維持率の計算方法

証拠金維持率は、あとどのくらいでロスカットが執行されてしまうかの基準になるため、FXGTでポジションを建てるときや保有中はきちんと確認すべきです。

そこでFXGTの証拠金維持率を以下の公式をもとに計算してみましょう。

現在、FXGTの口座残高は10万円であり、レートが1ドル=100円のとき、に1Lot(10万通貨)ぶんの買いポジションを最大500倍で注文したとしましょう。

  • 証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100
  • 有効証拠金=口座残高-必要証拠金 または証拠金+含み損益
  • 必要証拠金=レート×数量÷レバレッジ

必要証拠金は「100×100,000÷500=20,000」、有効証拠金は「100,000‐20,000=80,000」。

よって「80,000÷20,000×100=400」、すなわちFXGTの証拠金維持率は400%になります。

証拠金維持率はポジション保有中はもちろん、新規に注文を行う際にどのくらい口座資金にゆとりを持てるのかを事前に把握することができます。

FXGTの証拠金維持率をリアルタイムで確認する方法はMT5で

ただ常に証拠金維持率は変動し続けるため、ポジション保有中は計算しても正確な証拠金維持率を算出するのは難しいのが事実です。

そこでFXGTでポジション保有中に証拠金維持率を確認する方法として、MT5で証拠金維持率を確認しましょう。

MT5のターミナル「取引」タブで、現在保有中のポジションを確認できます。

証拠金維持率を始め、有効証拠金・必要証拠金・口座残高、現在レート・スワップポイントそして損益情報など、リアルタイムのポジションを確認できます。

計算方法が苦手と言う方は、FXGTのデモ口座で実際にポジションを建てて証拠金維持率がどのように変化するのかを確認してみるのもよいかもしれません。

すべてリアル相場のレートですので、FXGTの証拠金維持率や実際にロスカットされる様子などを確認することができます。

FXGTのロスカットは証拠金維持率だけでなくレバレッジにも注意

ハイレバレッジ取引ができるFXGTですが、証拠金維持率によってロスカットされてしまうことはもちろん、レバレッジにも注意が必要です。

最大500倍という高レバレッジ証拠金維持率にゆとりがなければ即ロスカットされてしまいます。

よってFXGTで500倍のレバレッジをかける場合には、口座残高をじゅうぶんに保つこともロスカットを防ぐために重要です。

FXGTハイレバレッジ取引を行う際には、上で解説した証拠金維持率の計算方法を活用して証拠金のゆとりやロスカットリスクをきちんとご確認ください。

FXGTは追証がなくてもゼロカット制度によって借金リスクから守られている

追証はポジションのロスカットリスクから守る一方、損失に至った場合は借金リスクとしてのしかかると、上で解説しました。

たしかに追証はロスカットを防ぐ役割があるため、投資家を守る制度と言えます。

追証がないFXGTでは代わりにゼロカット制度によって借金リスクから守ってくれます。

ゼロカットとは、FXGTでロスカットを執行したものの、タイミングのずれによって発生した損失リスクが0円になる制度です。

すなわちFXGTのビットコインFXや為替FXの損失を、借金として返済する必要がないということです。

追証が借金になってしまった場合は返済しなければいけない一方、ゼロカットは損失を返済する必要がないのは大きなデメリットと言えるでしょう。

FXGTのゼロカットは、マイナス口座残高を0にリセットしてもらえます。

FXGTの追証・ロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説まとめ

FXGTの証拠金維持率はロスカット率として把握しておかなければいけない、非常に重要な知識です。

特に最大レバレッジ500倍でトレードできるFXGTにおいて、証拠金維持率を理解しなければ利益獲得をめざすのは難しいと言えるでしょう。

FXGTでは追証がない一方、ゼロカット制度によって借金リスクから守られています。

ゼロカット制度は、国内取引所にはないFXGTなどの海外取引所限定のメリットと言えるでしょう。

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

-FXGT

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.