ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

FXGT

FXGTの入金方法・入金手数料・反映時間を分かりやすく解説

更新日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】おすすめ1位の取引所(LINE公式で確認)

【2位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binanceの詳細ページはこちらから

為替FXと仮想通貨(暗号資産)のハイブリット取引所として、日本人トレーダーの間でも人気を集めているFXGT。

そんなFXGTに興味を持っている人の中には、どんな入金方法が利用できるのか事前にチェックしておきたいという人もいるでしょう。

FXGTでは、為替FXトレーダーにも仮想通貨(暗号資産)トレーダーにも利用しやすいように、さまざまな入金方法が用意されています。

今回は、FXGTの入金方法・入金手数料・反映時間について詳しく調べてみました。

FXGTの入金方法・入金手数料・反映時間を分かりやすく解説

FXGTの入金方法

FXGTは海外FXブローカーの中でも、為替FXブローカーと仮想通貨(暗号資産)取引所という両方の特徴を持ち合わせたブローカーです。

そのため入金方法についても、通常の米ドル(USD)や日本円(JPY)の他にビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などを使った仮想通貨(暗号資産)での入金方法が用意されているのも特徴になっています。

またFXGTは海外FXブローカーですが日本語にも対応していますので、日本国内のFXブローカーとほぼ同じように入金手続きを行うことが可能です。

FXGTでユーザーが選択できる入金方法には、以下のようなものがあります。

  • 仮想通貨(暗号資産)入金
  • bitwalletやSTICKPAYなどのEウォレット決済
  • クレジットカードでの入金
  • 銀行振込

仮想通貨(暗号資産)入金以外の入金方法は、全て法定通貨での入金が可能です。

入金に対応している通貨銘柄は、法定通貨であれば「米ドル(USD)」「日本円(JPY)」「ユーロ(EUR)」の3種類になっています。

また入金に対応している仮想通貨(暗号資産)銘柄は、「ビットコイン(BTC)」「イーサリアム(ETH)」「リップル(XRP)」「テザー(USDT)」です。

また入金する通貨銘柄ごとに、最低入金額が以下のように設定されています。

  • 仮想通貨(暗号資産)入金...0.0001BTC/0.05ETC/25XRP/25USDT
  • bitwalletやSTICKPAYなどのEウォレット決済...bitwalletは10 USD, 10 EUR,1000 JPY/STICKPAYは制限なし
  • クレジットカードでの入金...MasterCardは50 USD, 50 EUR,5000 JPY/JCBは10 USD, 10 EUR,1000 JPY
  • 銀行振込...10000JPY

入金方法によっても最低入金額が異なってきますので、まずは少額の入金を行いたいという人は、最低入金額で入金方法を選んでいくのもよいでしょう。

FXGTの入金方法の基本的な手順

FXGTでは、どの入金方法を利用する場合でも大まかな入金手順の流れは同じになっています。

まずはFXGTのアカウントにログイン後、ダッシュボードの中にある「入金」をクリックしてください。



入金方法の選択画面が表示されるので、利用したい入金方法を選んでクリックしていきましょう。



入金先のEウォレットの選択画面が表示されるので、入金先の通貨を選んで入金金額を入力していきます。



それぞれ選択した入金方法の画面の案内に従って、必要事項を入力し手続きを完了させていきましょう。

FXGTへの入金はアカウント登録後すぐ利用できる

海外FXブローカーの中には、アカウント登録時に本人確認書類の提出や現住所確認書類の提出を求められる「本人確認手続き」が必要なところが多くなっています。

そのため本人確認が完了しないと、取引口座への入金が行えないという場合がほとんどです。

しかしFXGTの場合、登録するメールアドレスを準備してアカウントの登録手続きを行えば、本人確認不要で入金手続きからトレードが始められるようになっています。

ただしFXGTでボーナス付与を受けたり、出金を行う場合には必ず本人確認が完了していることが条件となるでしょう。

FXGTでは入金自体には本人確認の必要性がありませんが、スムーズな取引を行うためにもアカウント登録完了次第、本人確認を完了させておくのがおすすめです。

FXGTの入金手数料

FXGTの公式サイトではどの入金方法を選択するにもかかわらず、入金手数料は無料となっています。

そのためFXGT側は基本的に入金手数料を徴収していないということになるでしょう。

ただし利用するユーザー側が入金手数料が完全に無料になるわけではないので注意が必要です。

FXGT側が入金手数料を徴収しない場合でも、入金の際に利用する金融機関や決済サービスなどによっては入金手数料がコストとして発生する可能性があります。

たとえば仮想通貨(暗号資産)を入金する場合には、仮想通貨(暗号資産)自体の送金に「トランザクション手数料」というものが発生するのです。

トランザクション手数料は任意の金額としている場合も多いようですが、「○BTC以上」など、最低限の手数料を提示してくる場合もあります。

また送金混雑時にトランザクション手数料を少なめにすると、送金がその分遅くなるなどの不具体が生じやすくなるでしょう。

また銀行送金などを利用する場合には、利用するATMやネットバンキングサービスなどによって別途振り込み手数料が徴収される場合もあります。

金融機関ごとに手数料は異なりますので、事前にどれくらいの送金コストがかかるのかを調べておくのがおすすめです。

FXGTの入金反映時間

FXGTの入金反映時間については、利用する入金方法によっても大きく異なってきます。

入金の混雑状況などによっても反映時間が大きく変動する可能性はありますが、基本的には入金方法別に以下のような入金反映時間の目安になっているようです。

  • 仮想通貨(暗号資産)入金...およそ1分から30分程度
  • bitwalletやSTICKPAYなどのEウォレット決済...即時
  • クレジットカードでの入金...即時
  • 銀行振込...およそ3から5営業日程度

仮想通貨(暗号資産)での入金は、基本的に数分から数十分程度で反映されますが、仮想通貨(暗号資産)の取引量が多くなるタイミングなどでは数日反映までに時間がかかることもあります。

またクレジットカードを利用しての入金反映は即時行われますが、出金には半月〜1ヶ月程度の反映時間が必要になってくるでしょう。

FXGTへの入金を行う際には、出金までの手続きを考えながら入金方法を選んでいくのがおすすめです。

FXGTの入金方法・入金手数料・反映時間を分かりやすく解説まとめ

今回は、FXGTの入金方法・入金手数料・反映時間について詳しく調べてみました。

FXGTの入金方法は、仮想通貨(暗号資産)・Eウォレット決済・クレジットカード・銀行送金など複数の方法が選択でき、日本語での入金手続きにも対応しています。

選ぶ入金方法によって発生する入金手数料や入金反映時間が異なりますので、事前に入金で発生するコストや時間を調べてからより自分に合った入金方法を選択していくのがよいでしょう。

-FXGT

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.