ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

FXGT

FXGTの日経225(株価指数)を分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】FTXの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

海外FX ブローカーの中でも為替と仮想通貨(暗号資産)のハイブリット型という新しいタイプの取引所であるFXGT。

そんなFXGTでトレードをしてみたいという人の中には、日経225などの株式指数の取り扱いについて詳しく知りたいという人もいるでしょう。

FXGTは為替と仮想通貨(暗号資産)の両方をメインで取り扱うブローカーではありますが、日経225などの株式指数についても取扱があります。

そこで今回は、 FXGTの日経225(株価指数)を分かりやすく解説していきます。

FXGTの日経225(株価指数)を分かりやすく解説

FXGTの日経225(株価指数)の取引ができる

FXGTは為替や仮想通貨(暗号資産)のイメージが強いFXGTですが、日経225などの株価指数に関してもレバレッジトレードを行うことが可能です。

日経225(株価指数)とは日本経済新聞社が発表する株価指数のことをいいます。

東証1部上場銘柄のうち、代表的な225銘柄をもとに計算されている日本の代表的な株価指数です。

日本の株式市場の大きな動きを把握する代表的な指標として用いられ、レバレッジトレードの他にも投資信託などの商品としても取り扱われている銘柄になっています。

日本の市場の株価指数というと国内FXブローカーでしか取り扱われていないというイメージのある人もいますが、経済の市場として日本の市場はアジアの中でも大きな市場となっており、FXGTのような海外FXブローカーでも取り扱われている銘柄です。

FXGTの日経225(株価指数)のシンボルは「JP225」であり、レバレッジトレードが行えるようになっています。

FXGTの日経225(株価指数)の取引可能な最小ロット数と最大ロット数

FXGTでは日経225(株価指数)のレバレッジトレードが可能ですが、取引量には最小ロット数と最大ロット数が以下のように設定されています。

  • 最小取引量...0.1lot
  • 最大取引量...20Lot

同じFXGTの為替や仮想通貨(暗号資産)取引に比べると取引量が制限されていますので、大きな取引量を予定している人や、逆に為替の最小取引数量レベルでの取引を考えている人は注意してください。

FXGTの日経225(株価指数)の取引可能時間

FXGTの日経225(株価指数)の取引可能時間については、公式サイトにて「毎週月曜日の1:30〜金曜日の23:55」までと記載されています。

ただしFXGTの公式サイトに表記されている取引可能時間は、MT5のサーバー時間での表示であって日本時間での表示ではないので注意が必要です。

日本時間でのFXGTの日経225(株価指数)取引時間は、以下の通りとなっています。

  • 冬時間...毎週月曜日7:30〜土曜日5:55
  • 夏時間...毎週月曜日6:30〜土曜日4:55

基本的には土曜日・日曜日・月曜日以外の平日は、24時間取引ができると考えてよいでしょう。

ただしFXGTの日経225(株価指数)は、取引可能時間内であっても毎日23:55〜1:30までは取引を中断しているという記載があります。

公式サイトの取引中断時間は、日本時間で表示すると以下のようになるでしょう。

  • 冬時間...毎日5:55〜7:30まで
  • 夏時間...毎日4:55〜6:30まで

24時間取引可能となっている曜日であっても、毎日1時間30分程度の取引中断時間時間があり、取引中断時間帯に新規注文や決済は行えません。

また冬時間と夏時間の切り替わりに関しては、毎年3月と11月に切り替えが行われます。

ただし詳細な切り替え日時に関しては、その年によっても若干日にちがずれるようです。

夏時間と冬時間の切り替わりの詳細な日時に関しては、切り替えの時期が近づくとFXGTよりお知らせのメールが届きますので切り替わりの時期が近づいたら確認してみましょう。

FXGTの日経225(株価指数)のレバレッジは最大100倍

FXGTではこれまで最大500倍というレバレッジトレードを提供していましたが、2021年7月よりレバレッジの最大値が1000倍までアップしました。

そのため日経225(株価指数)でも500倍や1000倍のレバレッジを楽しみたいという理由から、FXGTへの登録を検討しているという人もいるかもしれません。

しかしFXGTの日経225(株価指数)に関するレバレッジトレードでは、1000倍のレバレッジをかけることができなくなっています。

株式指数取引のレバレッジはFXGT側で制限されており、日経225に関しては最大100倍までのレバレッジ制限を受けることになるでしょう。

さらに日経225(株価指数)は最大100倍というレバレッジ制限に加えて、大口取引に関してはさらに以下の通りレバレッジ制限がかけられることになるでしょう。

  • 取引量200,000USDまで...レバレッジ最大100倍
  • 取引量200,000USDから500,000USDまで...レバレッジ最大50倍
  • 取引量500,000USDから5,000,000USDまで...レバレッジ最大30倍
  • 取引量5,000,000USDから7,000,000USDまで...レバレッジ最大20倍
  • 取引量7,000,000USD超え...レバレッジ最大10倍

取引量が大きくなると最大でレバレッジが10倍まで制限されることがありますので、大口取引を検討している人はレバレッジの制限にも注意してください。

FXGTの日経225(株価指数)の取引手数料とスプレッド

これまで1タイプしかなかったFXGTの口座タイプですが、2021年7月より日経225(株価指数)取引を行う場合には、以下の3つの口座タイプから選択できるようになりました。

  • ミニ口座
  • スタンダード口座
  • ECN口座

口座タイプの選択が可能になる前までは、日経225(株式指数)の取引手数料は無料となっていましたが、現在はECN口座を選択した場合のみ4USD相当の手数料が徴収されます。

また日経225(株式指数)の平均スプレッドに関しては、FXGTのスタンダード口座で1.2pipsほどとなっています。

FXGTの日経225(株価指数)のスワップポイント

FXGTの日経225(株価指数)では、毎日日本時間の6時をまたいでポジションを保有するとスワップポイントが発生します。

ただし土日の徴収はなく、かわりに水曜日には3倍のスプレッドが発生します。

FXGTの日経225(株価指数)のスワップポイントは常に変動していますが、平均スワップはロング(買い)で-3%、ショート(売り)で-3.5%となっているようです。

FXGTの日経225(株価指数)を分かりやすく解説まとめ

今回は、 FXGTの日経225(株価指数)を分かりやすく解説してきました。

FXGTの日経225(株式指数)はミニ口座・スタンダード口座・ECN口座のいずれかの口座タイプを選択して口座開設することで取引できるようになっています。

事前に取引条件などをしっかり確認した上で、低いロット数から取引をはじめてみましょう。

-FXGT

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.