ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

FXGT

FXGTの日経225(株価指数)を分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページ

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

【4位】Bybitの詳細ページはこちらから

FXGTの日経225(株価指数)ってなに?

日経225(株価指数)でトレードしたいけれど、FXGTではどのような取引条件なの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

FXGTは為替と仮想通貨(暗号資産)のハイブリッド海外取引所として認知されており、最近は仮想通貨(暗号資産)のトレードで人気が高いのが特徴です。

ではFXGTの日経225(株価指数)の取引条件はどのようになっているのでしょうか。

まずは日経225(株価指数)とはどのようなものであるのかから解説していきましょう。

FXGTの日経225(株価指数)を分かりやすく解説

FXGTの日経225(株価指数)とは?

FXGTは、日経255(株価指数)でレバレッジ取引をすることができます。

日経225(株価指数)とは「日経平均株価」をさし、東京証券取引所1部の上場銘柄の中で日本を代表する企業225社の平均株価を示しています。

日本を代表する企業225社の株価をもとに日本経済新聞社が算出と公表を行っています。

日経225(株価指数)はTOPIXとともに「東証株価指数」と呼ばれています。

FXGTのシンボルは「JP225」です。

FXGTの日経225(株価指数)の取引時間

FXGTの日経225(株価指数)の取引時間は、月曜日1:30から金曜日23:00までです。

日経225などのFXGTの株価指数では、取引停止時間が各CFDごとに設けられ、毎日23:00から1:30まではトレードできません。

ただし公式FXGTに記載されている日経225(株価指数)の取引時間はサーバー時間のGMT+3を示し、日本時間とは異なります。

世界の標準時間はイギリス時間であり、FXGTのサーバー時間は標準時間よりも3時間進んだ時間帯を示しています。

一方、日本時間はMMT+9であり、標準時間よりも9時間先に進んだ時間を示しているため、FXGTのサーバー時間よりも6時間先に進んでいることになります。

またFXGTでは3月頃から11月頃まで、サマータイムと呼ばれる夏時間が設けられ、通常取引時間を1時間進めた時間設定になることにも注意しましょう。

よってFXGTの日経225(株価指数)の日本時間による取引時間は、以下の通りです。

  • 通常取引時間(冬時間):月曜日7:30~土曜日5:00
  • 夏時間(サマータイム):月曜日6:30~土曜日4:00

日本時間による、FXGTの日経225(株価指数)の取引停止時間は、毎日5:00~7:30(サマータイムは4:00~6:30)です。

同じFXGTでも、日経225(株価指数)やダウ平均、為替や仮想通貨(暗号資産)など取引商品や銘柄によっても取引時間が異なりますので、注意しましょう。

ちなみにFXGTのMT5の時間は、サーバー時間でGMT+3を示しています。

FXGTの日経225(株価指数)の最大レバレッジ

FXGTの日経225(株価指数)の最大レバレッジは100倍です。

日経225(株価指数)のレバレッジ倍率は、FXGTのMT5口座開設時に各自設定を行っており、それが最大レバレッジとして適用されています。

ただしMT5口座で設定したレバレッジがトレードで必ず適用されるのではなく、FXGTでは必要証拠金額に応じてレバレッジ倍率が段階的に変化します。

日経225(株価指数)のポジションの必要証拠金額が少ないほどレバレッジを高く設定でき、必要証拠金が多いほどレバレッジが低くなります。

※以下「必要証拠金」:「適用可能な最大レバレッジ」の順に記載

  • 20万ドルまで:100倍
  • 20万ドル~50万ドル:50倍
  • 50万ドル~500万ドル:30倍
  • 500万ドル~700万ドル:20倍
  • 700万ドルから:10倍

FXGTの最大レバレッジ100倍で日経225(株価指数)のトレードをしたいのであれば、20万ドルまでの必要証拠金でポジションを建てなければいけません。

FXGTの日経225(株価指数)の最小取引は1Lotから

日経225(株価指数)の最小取引通貨は、1Lotです。

FXGTは1Lot=100,000通貨ですので、最小取引をするのであれば10万通貨からになります。

日経225(株価指数)の最大取引通貨は200Lotまでトレード可能です。

為替FXやゴールドなどの貴金属は最小取引は0.01Lotからですので、お間違えのないようにしてください。

FXGTの日経225(株価指数)のスプレッド

FXGTの日経225(株価指数)は基本スプレッドで0.9pips、平均スプレッドで1.2pipsです。

ただし日経225(株価指数)のスプレッドは変動制ですので、FXGTの相場急変時には広がる可能性もあります。

正確なスプレッドは、トレード時にMT5で確認しましょう。

XMの最低スプレッドは1.2pips、Titan FXは0.82~0.92pipsで、日経225(株価指数)と比較すると一般的と考えられます。

FXGTの日経225(株価指数)のスワップポイント

FXGTに日経225(株価指数)のスワップポイントは、ロング(買い)-3%、ショート(売り)-3.5%です。

日本時間で土日を除く平日6:00に発生し、金曜日は土曜日と日曜日のスワップポイントがまとめて3倍発生します。

FXGTの為替FXのスワップ3倍デーは、水曜日ですのでお間違えのないようにご注意ください。

日経225(株価指数)のスワップポイントはマイナス表記ですので、コスト負担として徐々にFXGTの口座残高を減らしていきます。

トレードの際は、MT5でスワップポイントをこまめにご確認ください。

FXGTの日経225(株価指数)は株式よりもリスクを抑えてトレードできる

日経225(株価指数)は、個々の株式を分析して選ぶ必要がありません。

日本を代表する225銘柄の株価を平均しているため、日経225(株価指数)ではひとつの株価の影響を受けることなく安定した取引が期待できます。

日経225(株価指数)は定期的に銘柄の見直しと入れ替えを行い、なるべく株式指数値を一定に保てるのは株式との大きな違いと言えるでしょう。

FXGTの日経225(株価指数)を分かりやすく解説まとめ

日経225(株価指数)は日本平均株価をさし、東証株式指数のひとつです。

FXGTは、為替や仮想通貨(暗号資産)をはじめ、日経225(株価指数)などのCFDでもトレードできます。

日経225(株価指数)は、日本円や米ドルなどの法定通貨か、ビットコインやテザーなどの仮想通貨(暗号資産)を証拠金に、MT5口座でトレード可能です。

FXGTにECN口座はなく、他社のスタンダード口座に該当するMT5口座一択です。

またFXGTは必要証拠金に応じて最大レバレッジ100倍でトレードできますので、上手に活用し日経225(株価指数)で利益獲得をめざしてください。

-FXGT

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.