ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

FXGT

FXGTのMT4の使い方を分かりやすく解説

投稿日:

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

FXGTのMT4の使い方は、どのようにすればいいの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

FXGTは為替FXと仮想通貨FXなど、豊富な取引商品や通貨ペアを扱い、最大レバレッジ500倍でトレード可能な海外FXブローカーです。

他にはキャッシュバックや豪華なボーナスなどの特典、為替や仮想通貨の両方を扱うことからスムーズな入出金を叶えているのもFXGTの魅力と言えるでしょう。

ここではFXGTでMT4のご利用をご検討中の方のために、MT4の使い方を解説します。

FXGTのMT4の使い方を分かりやすく解説

FXGTのMT4の使い方の前にお伝えしなければいけないことがあります。

実はFXGTではMT4を利用できません。

MT4は投資家に大人気のトレーディングプラットフォームですが、FXGTでは採用していないのです。

かわりにMT4の後継版であるMT5は利用可能で、FXGTのプラットフォームはMT5一択となるでしょう。

ここではFXGTのMT5の使い方を解説します。

FXGTのMT4の使い方 アカウント登録しMT5で口座開設する

FXGTのMT4の使い方の代わりとしてMT5を利用するためには、まずFXGTへアカウント登録口座からはじめます。

アカウント登録の使い方は、FXGTトップページの「登録」をクリックしましょう。

氏名・メールアドレス・パスワード・居住国・生年月日を記入し次へ進めましょう。

FXGTから認証メールが配信されますので、「メール認証を行う」をクリックしてください。

登録したメールアドレスとパスワードでマイページへログインし、FXGTで本人確認を行います。

本人確認の使い方は、個人情報や投資者情報の入力や身分証明書と住所確認書の提出を、FXGTマイページの表示にしたがって進めれば、迷わず完了します。

身分証明書は運転免許証かパスポート、住所確認書は公共料金などの明細書や請求・領収書ですので、用意のうえアップロードしてください。

アカウント登録に続き、MT4のかわりであるMT5の口座開設の使い方をみていきます。

FXGTへログインし「口座開設」をクリックし、「ライブ口座」を選択、手順に沿って証拠金の通貨とレバレッジ倍率を選択しましょう。

マイページに、FXGTで口座開設したMT5口座を確認できます。

FXGTのMT4の使い方 MT5口座へ入金

FXGTのMT4の代わりにMT5で口座開設を完了したら、入金の使い方をみていきます。

「入金」をクリックし入金方法を、仮想通貨・bitwallet・STICPAY・銀行送金・クレジットカードの中から選択し、入金する通貨のウオレットを選択します。

あとは入金方法ごとに異なりますので、手順にしたがって進めれば迷うことなくFXGTの入金手続きが完了します。

これでFXGTのMT4の代わりにMT5でトレードする使い方のひとつとして口座に入金することができました。

FXGTのMT4の使い方 MT5をダウンロード・インストール・ログインする

次は、FXGTのMT4のかわりにMT5をダウンロード・インストールする使い方をみていきます。

まずはFXGTのフッターから、お手持ちのデバイスに合ったプラットフォームを、アンドロイド・iOS・Windowsから選択し、流れに沿ってダウンロードとインストールしましょう。

MT5の取得を完了したら、つづいてFXGTのMT5アカウントでWindows版へログインする使い方をみていきます。

まずはMT5を起動し「ファイル」から「取引アカウントへログイン」を選択し「アカウント口座番号」「ログインパスワード」「サーバー名」フォームを、FXGTのMT5口座で確認し入力し、ログインを完了させてください。

間違えてしまいがちなパスワードは、口座情報右端の「…」からコピーし、MT5のフォームへペーストする使い方が便利です。

FXGTスマホとパソコン版ではログインフォームへのアクセス方法は異なるものの、同じMT5であるためログインする使い方は同じです。

FXGTのMT4の使い方 MT5のチャートの表示

FXGTのMT4の代わりとして、MT5でチャートを表示する使い方をみていきます。

MT5でチャートするためには、FXGTの全通貨を有効にし、チャートを表示したり注文したりできるように設定します。

「気配値表示」のどこでもよいので右クリックし「すべて表示」を選択してください。

つづいてFXGTのチャートを表示する使い方は、「ファイル」から「新規チャート」をクリックし、選択肢から表示したい通貨ペアを選びます。

適宜、チャートの種類や時間足、複数チャートを表示するなど、個々の使い方に合った

FXGTのMT4の使い方 MT5による注文方法

MT4の代わりとしてMT5によるFXGTの注文方法の使い方は、「ツール」から「新規注文」を選択し、注文フォームを表示します。

FXGTの注文方法は、成行注文・指値注文・逆指値注文、そしてストップリミット注文が使えます。

注文フォームの使い方は、各注文方法によって異なります。

たとえば成行注文は、数量を指定しFXGTの現在価格でトレードする方法をさします。

指値注文はFXGTで注文したい価格を指定して、実際に注文価格に達したときに注文する方法をさします。

FXGTでは逆指値注文もでき、利益方向とは逆に注文を建てることもできます。

注文フォームの使い方は指値注文と同じですが、指値注文は「Limit」を指定するところ、逆指値はStop LinitまたはStop Sellを選択してください。

MT4とFXGTのMT5の使い方の違いは、注文方法です。

MT5で注文できるストップリミット注文は、MT4では使えません。

よってMT5を採用しているFXGTではMT4のみを採用している取引所と比較すると、幅広い注文方法で取引できると言えるでしょう。

MT4やMT5の決済注文の方法でもっとも簡単なのは、ターミナル「取引」タブ内で決済したいポジションの「×」閉じるボタンですぐに決済できます。

またターミナル内のポジションを右クリックして「注文の変更または取消」を選択し、「決済指値」にレートを指定すれば、FXGTのレートが指定した価格に達したときに決済できます。

FXGTのMT4の使い方を分かりやすく解説まとめ

FXGTのMT4の使い方のかわりとしてMT5の使い方を解説しました。

MT4もMT5も使い方はほぼかわらないため、MT4のご利用経験者でもスムーズにMT5を使えるはずです。

MT5は、MT4よりも裁量トレード向きであるため、FXGTは裁量トレードをメインにした使い方に適していると言えるでしょう。

先にも述べた通り、MT5はMT4ではできないストップリミット注文にも対応しています。

FXGTでさまざまな注文方法を利用したい方にも、MT4と比較してすぐれているMT5が向いていると言えるでしょう。

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

-FXGT

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.