ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

FXGT

FXGTの法人口座を分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】FTXの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

海外FXブローカーの中でも為替と仮想通貨(暗号資産)のハイブリットタイプとして日本人トレーダーからの人気も高いFXGT。

そんなFXGTを利用したいと考えている人の中には、FXGTで法人口座を開設したいと考えている人もいるのではないでしょうか。

海外FXブローカーを利用する人であれば、節税対策などの観点から法人口座を開設しておきたいと考える人も多いようです。

そこで今回は、FXGTの法人口座を分かりやすく解説していきます。

FXGTの法人口座を分かりやすく解説

FXGTは法人口座の開設が可能なFXブローカー

海外FXブローカーの中には、法人口座の開設を受け付けていないところも多くなっています。

そのためFXGTを法人口座で利用したい場合には、まずは法人口座でのアカウント開設が可能であるかどうかを調べる必要があるでしょう。

FXGTの公式サイトを確認したところ、FXGTは法人口座の開設をブローカー側が認めているという記述がありました。

よってFXGTでは公式公認という形で法人口座の開設ができるブローカーだといえるでしょう。

FXGTで法人口座を開設する際の必要書類

FXGTで法人口座を開設するのであれば、実際の手続きを始める前に法人口座開設に必要な書類を準備していくのがおすすめです。

FXGTで法人口座を開設する場合には、個人口座のアカウント認証に必要になる書類に加えて法人ならではの提出書類も必要になってきます。

  1. 登記簿謄本または法人設立証明書
  2. 取締役(ディレクター)登録書、またはすべての取締役(ディレクター)がわかる法人書類(発行日が3ヶ月以内の履歴事項全部証明書)
  3. 株主名簿またはすべての株主がわかる法人書類(発行日が3ヶ月以内の履歴事項全部証明書)
  4. 代表取締役の本人確認書類(パスポートまたは運転免許証の両面のコピー)
  5. 代表取締役の現住所確認書類(発行日が3ヶ月以内の公共料金支払い明細書または住民票)

基本的に1から3の必要書類が法人として取得するべき書類となっており、4と5に関しては代表者の個人情報が記載された書類です。

法人の必要書類を準備するためには数日程度の時間がかかるものもありますので時間に余裕をもって準備しておくのがおすすめです。

また代表者の本人確認書類や現住所確認書類については手元にあるものを準備するだけという人も多いと思いますが、住所などが古いものになっているとFXGT側に承認されません。

本人確認書類の住所が以前の住所になっているなどの場合には、あらかじめ変更手続きを行っておくと法人口座開設手続きがスムーズになりますよ。

FXGTには法人口座専用の開設フォームがない

FXGTでは法人口座の開設が認められていますが、法人口座専用のアカウント開設フォームなどは公式サイトに準備されていません。

そのためFXGTにて法人口座を開設する場合には、以下の手順で行っていく必要があります。

  1. FXGT公式サイトから個人アカウントと同じ手順で法人アカウントを開設
  2. FXGT公式サイトのマイページより個人アカウント認証と同じ手順で代表者のアカウント認証を行う
  3. FXGTのサポートセンターに開設口座の法人化希望の旨を伝えた上で、残りの必要書類を提出する

個人口座を開設するよりも法人口座を開設する方が手続きの工程が多くなり複雑な印象を受けますが、順番に行っていけば法人口座は開設できますので焦らず手順を踏んでいきましょう。

FXGTには法人口座開設の具体的な手順

それでは実際にFXGTの法人口座開設のための具体的な手順を紹介していきます。

FXGT法人口座開設手順1 公式サイトから個人アカウントと同じ手順で法人アカウントを開設

まずはFXGT公式サイトからFXGTのアカウント開設を行っていきます。

事前に法人口座として登録する法人のメールアドレスを用意しておきましょう。

FXGTの公式サイトにアクセスし、上部メニューバーになる「登録」をクリックしてください。


FXGTのアカウント登録手続画面が表示されるので、「登録」の項目の「氏名」に代表者氏名、「メールアドレス」に法人用のメールアドレス、「ログイン時に利用するパスワード」を入力し、「居住国」に法人の所在国を選択していきます。


FXGTの利用規約を読み、規約に同意できる場合にはチェックボックス「同意」のチェックボタンを入れていきましょう。

「私はロボットではありません」にチェックをいれて「登録」をクリックします。

ここまでの登録方法(口座開設)が完了すると、登録した法人用メールアドレスにFXGTからメール認証のためのメッセージが届きますので確認してください。

FXGTから届いたメッセージの案内に従ってメール認証手続きを行い、アカウントの開設手続きを完了させていきましょう。

アカウントの開設手続が完了すると、登録したメールアドレスとパスワードを使ってFXGTのマイページにログインすることができます。

FXGT法人口座開設手順2 公式サイトのマイページより個人アカウント認証と同じ手順で代表者のアカウント認証を行う

FXGTにて法人口座用メールアドレスを使ってマイアカウントが開設できた状態でも、現段階では個人口座と同じ扱いになっています。

FXGTの法人口座を開設するためには、続いてマイページ内の個人アカウント認証手続き項目にて、法人代表者情報の認証手続きを行っていきましょう。

このアカウント認証手続き項目では、FXGTの法人口座開設時に必要になる4と5の書類が必要になります。

FXGTの公式サイトにログインし、右上の三本線アイコンをクリック後に「アカウント認証」をクリックしてください。

画面に個人情報の入力項目が表示されるので、画面の案内に従って法人代表者の個人情報を入力していきましょう。

入力が完了したら、法人口座開設手続きで準備しておいた代表者の本人確認書類と現住所確認書類をそれぞれアップロードしていきます。

FXGT側からアカウント認証完了のお知らせが、登録メールアドレスに届けば完了です。

FXGT法人口座開設手順3 サポートセンターに開設口座の法人化希望の旨を伝えた上で、残りの必要書類を提出する

FXGT法人口座開設手順の最後の工程に入ります。

FXGTのマイページにログインし、問い合わせページを表示させます。

問い合わせ画面を開いたら、現在ログインしているアカウントを法人口座として開設したい旨を記載して、添付ファイルに法人口座開設用に準備しておいた必要書類を貼り付けていきましょう。

そのまま送信ボタンをクリックし、法人口座開設の手続きが完了するとFXGT側から法人口座開設完了のお知らせが届きますので確認してください。

FXGTの法人口座を分かりやすく解説まとめ

今回は、FXGTの法人口座を分かりやすく解説してきました。

FXGTの法人口座開設方法は、まずは個人口座の開設手順で代表者の情報までを入力した上で口座を法人化させていきます。

個人口座を開設するときよりも必要書類が増えますので、あらかじめ必要な書類を揃えてから手続きを始めていくのがよいでしょう。

-FXGT

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.