ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

FXGT

FXGTの本人確認(アカウント認証) 方法と認証時間を分かりやすく解説

投稿日:

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

FXGTの本人確認(アカウント認証)方法は、どのように進めたらいいの?

本人確認のアカウント認証時間は、どのくらいかかる?

あなたは今、このようにお考えですよね。

FXGTでトレードするためには、本人確認(アカウント認証)方法に沿った手続きを済ませる必要があります。

FXGTの本人確認(アカウント認証) 方法と認証時間を分かりやすく解説

FXGTの本人確認(アカウント認証)方法は、口座開設を完了し、引き続き流れに沿って行います。

本格的にFXGTでトレードを開始するためには、アカウントの認証時間も把握する必要があるでしょう。

FXGTでは口座開設完了後、本人確認(アカウント認証)手続きとして、個人情報と投資経験・財務情報の登録とともに本人確認書類の提出を行います。

FXGTの本人確認(アカウント認証) 方法に必要な書類

まずはFXGTでアカウント登録を開始する前に、本人確認(アカウント認証)方法の必要書類である身分証明書と住所確認書を各1部づつ準備しておきましょう。

本人確認(アカウント認証)書類の画像を前もって準備しておくと、アカウント登録や認証手続きの流れに沿ってスムーズに提出することができます。

FXGTへ提出可能な本人確認(アカウント認証)書類は、以下の通りですのでスマホで撮影しておきましょう。

FXGTの本人確認(アカウント認証) に必要な身分証明書

FXGTの本人確認(アカウント認証)に必要な身分証明書は、以下のような顔写真付き身分証明書です。

また有効期限内の身分証明書でなければ、利用できませんのでご注意ください。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード

パスポート以外の身分証明書は、表面と裏面の画像が必要です。

FXGTの本人確認(アカウント認証) に必要な住所確認書

FXGTの本人確認(アカウント認証)に必要な住所確認書は、以下の通りです。

発行より3ヶ月以内で発行元の記載がある住所確認書類でなければ使用できません。

  • 住民票
  • 公共料金の請求書
  • クレジットカードの請求明細書

FXGTの本人確認(アカウント認証)に使用する各書類の画像は、カラー画像であり、書類の内容が鮮明に写るように撮影してください。

FXGTの本人確認(アカウント認証) 方法のやり方

FXGTの本人確認(アカウント認証)方法の手順を見ていきましょう。

本人確認(アカウント認証)方法1:FXGTへアカウント登録し口座開設する

本人確認(アカウント認証)を開始するためには、まずはFXGTへアカウントを登録し口座開設を完了しなければいけません。

口座開設方法は、まずFXGTのトップページ「登録」をクリックします。

氏名・メールアドレス・パスワード・居住国・生年月日を記入、「許可」「私は」のチェックボックスをオンにし、登録をクリックしましょう。

以降、氏名や住所はアルファベット表記にしてください。

FXGTから登録メールアドレス宛に認証メールが配信されますので、メール内の「クリックして認証」リンクをクリックします。

本人確認(アカウント認証)方法2:FXGTへ個人情報登録

つづいて本人確認(アカウント認証)方法を進めるために、FXGTのクライアントポータルへログインします。

まずは「ヒト型」アイコンを選択し、「アカウント認証」をクリックします。

「個人情報」では、性別・生年月日・国籍・電話番号を入力し、「あなたは米国市民で納税は米国ですか?」「あなたは政治的に影響力のある人物ですか?」でいいえと回答します。

個人情報は、FXGTへ提出する本人確認書類と同一情報でなければいけません。

「アドレス」では住所を登録します。

アドレス1・2には、住所の番地からアパート名まで、エリアには市町村、都市には都道府県を記入します。

郵便番号と国も選択しましょう。

「投資者情報」では、年収・純資産額・主な収入源と3年間のトレードの取引回数をおおよそで記入します。

年収と純資産額はドル換算して記入してください。

本人確認(アカウント認証)方法3:FXGTへ本人確認書類を提出する

「本人確認書類」で身分証明書と住所確認書類の画像をアップロードし提出します。

パスポートのみ専用のアップロードフォームから、それ以外の身分証明書は表面と裏面をそれぞれのフォームで選択します。

「現住所確認書類」で、準備した書類に沿ったアップロードフォームから提出しましょう。

最後に「認証を送信する」リンクをクリックすると、FXGTの本人確認(アカウント認証)手続きが完了します。

FXGTの登録メールアドレスに青で「Verified」を記載されたメールが配信されれば、無事FXGTで本人確認(アカウント認証)の承認が開始されます。

FXGTの本人確認(アカウント認証) にかかる認証時間

FXGTの本人確認(アカウント認証)方法を完了後、承認されるまでの認証時間は、基本的に24時間以内です。

ただFXGTの都合により、認証時間に最大5営業日を要するパターンもあります。

本人確認(アカウント認証)の不備により、再手続きや書類提出を行う場合は、さらに認証時間がかかってしまうこともあります。

FXGTへ提出する情報や書類には不備のないように行うことで、認証時間がより早くなりますので、心得ておきましょう。

FXGTの本人確認(アカウント認証) 方法は認証時間に縛られずトレードを開始できる

ただしFXGTは、5,000ドル未満の入金額だった場合に限り、本人確認(アカウント認証)を完了していなくても、トレードを開始することができます。

本人確認のアカウント認証時間が数日におよぶ場合でも、FXGTでは口座開設を完了してしまえば、入金しトレードできるのです。

ただしいずれにしても口座開設後48時間以内に、FXGTで本人確認(アカウント認証)を行わなければいけません。

万が一、FXGTへ本人確認(アカウント認証)を行わなかった場合は、アンチマネーロンダリングの観点から利用制限が発生しますので、必ず完了させるようにしましょう。

FXGTの本人確認(アカウント認証) 方法と認証時間を分かりやすく解説まとめ

FXGTの本人確認(アカウント認証)方法は、流れに沿って行うことでスムーズに完了します。

本人確認(アカウント認証)の認証時間は、基本的には24時間以内ですが、前後する可能性もあります。

情報や書類不備による再提出などによって認証時間がさらに長くなってしまうこともありますが、FXGTでは5,000ドル未満の入金によるトレードなら承認が下りてなくてもスタートできます。

良心的な本人確認(アカウント認証)システムを採用しているFXGTでは、すぐに為替FXや仮想通貨(暗号資産)FXでトレードを開始したい方に適した取引所だと言えますね。

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

-FXGT

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.