ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

FXGT

FXGTの本人確認(アカウント認証) 方法と認証時間を分かりやすく解説

更新日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】おすすめ1位の取引所(LINE公式で確認)

【2位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binanceの詳細ページはこちらから

為替FXと仮想通貨(暗号資産)のハイブリット取引所として、日本人トレーダーの利用者も徐々に増えているFXGT。

そんなFXGTをこれから本格的に利用したいと考えている人の中には、本人確認(アカウント認証)方法や認証時間がどれくらいかかるのかについて詳しく知りたいという人もいますよね。

FXGTで全ての機能を制限なく利用するためには、本人確認書類の提出などによる本人確認(アカウント認証)が必要です。

そこで今回は、FXGTの本人確認(アカウント認証) 方法と認証時間を分かりやすく解説していきます。

FXGTの本人確認(アカウント認証) 方法と認証時間を分かりやすく解説

FXGTの本人確認(アカウント認証) 方法 本人確認(アカウント認証)前の準備・用意するもの

FXGTではメールアドレス登録によるアカウント登録の手続きが完了していれば、本人確認(アカウント認証)方法を利用することが可能です。

FXGTにアカウントを持っていないという人は、まずはFXGT公式の「登録」ボタンよりアカウント登録を完了させましょう。

FXGTの本人確認を行うためには、以下2つの本人確認書類の提出も必要です。

  • 本人確認書類
  • 現住所確認書類

本人確認書類と現住所確認書類の詳細については以下を参照してください。

本人確認書類としてFXGTに認められているもの

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード

いずれか1点。

本人確認書類に関しては、公的機関が発行しているもので顔写真付きのものが条件となるでしょう。

必ず有効期限内のものを用意してください。

現住所確認書類としてFXGTに認められているもの

  • 住民票
  • 公共料金請求書(カラー・全て入っており、隠されている部分がない)
  • クレジットカードの請求明細(カラー・全て入っており、隠されている部分がない)

いずれか1点

現住所確認書類ついては、発行日から三ヶ月以内のもののみ有効となっています。

かならず発行日から三ヶ月以内のもので現住所と氏名の記載があるものをよういしてください。

FXGTの本人確認(アカウント認証) 方法

FXGTにアカウント登録完了・書類の準備が完了している人は、FXGTへのログインIDとパスワードを使ってマイページにログインしてください。

FXGTの本人確認(アカウント認証)方法 個人情報を入力する

本人確認(アカウント認証)の完了していないアカウントに関しては、マイページの画面上に赤字で「アカウントステータス:未承認」と表示されるでしょう。

まずはFXGTのマイページ上部に表示されている「設定」をクリックしてください。

「設定」画面が表示されたら、その中の「アカウント認証」をクリックしていきましょう。

本人確認(アカウント認証)画面として、まずはユーザーの詳細な情報の入力を行っていきます。

ローマ字と日本語で氏名を入力し、性別・生年月日・国籍・携帯電話番号、提出する本人確認書類のID番号・住所などを入力していきましょう。

米国市民のの納税者であるか、政治的に影響力のある人物かなどの質問にも回答を選択していきます。

 

投資者情報として年収や資産額、収入源などについて回答していきます。

全ての内容を入力したら「書類のアップロードを進める」をクリックしていきましょう。

FXGTの本人確認(アカウント認証)方法 必要書類の提出を行う

個人情報の入力が完了したところで、必要書類の提出を行なっていきます。

必要書類の提出を行うためには事前に必要書類を画像として撮影しておく必要があるので、事前にスマホなどで撮影しておいてください。

自分の提出する本人確認書類の種類ごとの項目にある「アップロード」のボタンをクリックしていきましょう。

ここでは運転免許証にて本人確認を行う方法を解説していきます。

運転免許証の場合、裏面と表面の両方の画像を提出する必要があるので、まずは一番上の「運転免許証(またはマイナンバーカード)の表面」という項目の「アップロード」をクリックしていきましょう。

ファイルの選択画面が表示されるので、運転免許証の表面が撮影されたファイルを選択してアップロードします。

続いて「運転免許証(またはマイナンバーカード)の裏面」項目の「アップロード」をクリックし、表面同様に裏面を撮影したファイルもアップロードしてください。

最後に現住所確認書類も提出を行います。たとえば住民票を現住所確認書類として提出する場合には、一番上の「住民票/公共料金請求書(カラー・全て入っており、隠されている部分がない)」の「アップロード」ボタンをクリックして書類の提出をします。

全ての書類提出が完了したら「認証を送信する」をクリックして、本人確認(アカウント認証)を完了させましょう。

FXGTの本人確認(アカウント認証)の認証時間はどれくらいかかるのか?

ユーザー側でFXGTで本人確認(アカウント認証)の提出が完了すると、FXGT側での本人確認(アカウント認証)審査が行われます。

FXGTでの本人確認(アカウント認証)の認証時間については、手続きを完了してから基本的に24時間以内に完了するようです。

そのため、ほとんどの場合は本人確認(アカウント認証)を完了させた翌日には、認証が完了して承認が降りていると考えてよいでしょう。

ただしFXGT側の混雑状況などによっては、認証時間が伸びる可能性もあるようです。

認証時間が伸びる場合、最大で5営業日ほど認証時間が伸びるという事例も過去にはありました。

万が一、数日が経過しても本人確認(アカウント認証)の承認が降りないという場合には、一旦FXGTのサポートセンターに問い合わせを行ってみましょう。

FXGTの本人確認(アカウント認証)を行わなくても取引できるのか?

FXGTの本人確認(アカウント認証)は、リアルトレードで制限なくFXGTを利用するのであれば必ず行なっていきたい手続きです。

ただしFXGTでは本人確認(アカウント認証)が完了していない段階でも、資金の入金やトレードができるようになっています。

資金の出金やボーナス付与はもらえないものの、本人確認(アカウント認証)で書類まで提出したら、FXGT側の承認を待たなくても取引自体を始めることは可能だといえるでしょう。

できるだけ早くFXGTで取引を始めたいという人は本人確認(アカウント認証)が完了したら、先に入金を行なって取引を始めながらFXGT側の承認を待つというのも1つの方法です。

 

FXGTの本人確認(アカウント認証) 方法と認証時間を分かりやすく解説まとめ

今回は、FXGTの本人確認(アカウント認証) 方法と認証時間を分かりやすく解説してきました。

FXGTでは本人確認(アカウント認証)を行うために、運転免許証などの顔写真付きの本人確認書類と現住所確認書類が必要になってきます。

本人確認の認証時間については24時間〜数日程度で完了しますが、書類の準備などを事前にしっかり行なっておくとスムーズにてつづきが完了するでしょう。

-FXGT

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.