ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

FXGT

FXGTの原油を分かりやすく解説

投稿日:

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

FXGTで原油取引をはじめたいけれど、取引条件はどのようになっているの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

FXGTは為替FXと仮想通貨(暗号資産)取引をメインとした海外FXブローカーですが、原油やエネルギーなどのCFD取引も可能です。

これからFXGTで原油取引をご検討中の方に向けて、原油取引や取引条件を確認していきましょう。

FXGTの原油を分かりやすく解説

FXGTの原油取引とは?

CFD取引のひとつとして、FXGTでは原油を取引することができます。

FXGTで取り扱っている原油は、原油の指標価格となるWTI原油とブレント原油です。

ではWTI原油とブレント原油の違いは何なのでしょうか。

原油のクオリティは、ブレント原油よりもWTI原油のほうが高品質です。

インフラコスト面でも、ブレントオイルよりWTI原油のほうがコスト負担が大きくなります。

海上油田で生産されるブレント原油は、アメリカ内陸部で生産されるWTI原油よりも、インフラコストが低い傾向にあります。

一方原油価格は、WTI原油よりもブレント原油のほうが高価格です。

その理由はブレント原油は中東情勢に影響を受けやすく、一方WTI原油はアメリカで採鉱されることが理由のひとつです。

在庫を確保しやすいWTI原油は需要と供給面から価格が下がりやすいため、不安定になりがちなブレントオイルのほうが価格が高騰しやすいと言えるでしょう。

原油の取引価格は社会情勢に左右されやすい特徴があります。

2020年4月から5月のコロナショックにかけて、FXGTでは原油取引停止となりました。

多くのFXユーザーが、FXをはじめとした原油で損失を招いてしまい、これから原油取引を開始したい方も注文停止となりトレードできない事態を招いてしまったのです。

FXGTで原油取引を開始する際は、社会情勢によく目を向けるようにしましょう。

FXGTの原油取引はドル建てでも日本円建てでも取引可能

WTI原油とブレント原油におけるFXGTのシンボルは以下の通りで、2種類の原油取引が可能です。

  • WTI原油のシンボル:USOIL
  • ブレント原油のシンボル:UKOIL

FXGTの原油取引では、証拠金を自由に設定でき、米ドル建てをはじめ、日本円建てやユーロ建てでも取引可能です。

口座開設時に指定した証拠金に合わせて取引できるため、FXGTの原油取引は始めやすいと言えるでしょう。

FXGTの原油の取引時間

原油の取引時間は、FXGTの公式サイトで通常時間(冬時間)のみ以下のように記載されています。

  • 冬時間:月病日1:05から金曜日23:55 GMT+3
  • 夏時間:月曜日0:05から金曜日22:55 GMT+2

FXGTでは夏時間が設定されており、1時間だけ取引時間が早まります。

夏時間と冬時間の移行期間は、おおよそ11月下旬ころと3月下旬ころです。

ただしFXGT公式の原油の取引時間はサーバー時間であり、日本時間ではありませんのでご注意ください。

FXGTにおける原油の取引時間は、日本時間で以下の通りです。

  • 冬時間:月曜日7:05分から土曜日5時55分
  • 夏時間:月曜日6:05分から土曜日4時55分

ちなみにMT5で表示される時間は、FXGTのサーバー時間であり、日本時間ではありませんのでご注意ください。

FXGTの原油取引の最大レバレッジは100倍。倍率は取引ボリュームによって異なる

FXGTの原油取引におけるレバレッジ倍率は、取引ボリュームによって異なります。

  • 0〜200,000ドル:100倍
  • 200,000〜1,000,000ドル:50倍
  • 1,000,000〜5,000,000ドル:30倍
  • 5,000,000〜7,000,000ドル:20倍
  • 7,000,000から20,000,000ドル:10倍

FXGTの原油取引の最大レバレッジは100倍で、原油の取引ボリュームが増えるほど、FXGTのレバレッジ倍率が低下するしくみです。

残念ながら、原油取引で500倍のレバレッジによる取引は行えません。

FXGTの原油取引は取引ボリュームによって最大レバレッジだけでなく、必要証拠金もボリューム数に応じて1%から10%の間で変化します。

FXGTの原油取引のスプレッドは平均0.5ドル

FXGTの原油取引のスプレッドは、公式サイトに平均0.5ドルと記載がありますが、スプレッドは変動制です。

2020年9月10日現在の原油のスプレッドは、WTI原油0.24ドル、ブレント原油0.16ドルでした。

XMのスタンダード口座のWTI原油は0.04ドル、TitanFXのスタンダード口座のWTI原油は0.06ドル、ブレントオイルは0.08ドルでした。

そのような結果を踏まえると、FXGTの原油取引のスプレッドは広いと言えるでしょう。

FXGTの原油の最小取引量は0.01Lot、最大取引量は1Lotまで

FXGTの原油の最小取引量は、0.01Lotです。

原油の単位は「バレル」と表記します。

原油は1Lot=100バレルですので、FXGTで最小取引量でトレードする場合は1バレルから取引可能となります。

一方、最大取引量は1Lotあたり100バレルまで、FXGTで原油取引できます。

FXGTの原油を分かりやすく解説まとめ

FXGTの原油取引について解説しました。

WTI原油とブレント原油を、FXGTでは最小0.01Lotから、最大レバレッジ100倍で、個々にニーズに応じた証拠金で取引できます。

万が一、原油のレバレッジ取引で損失が発生し、マイナス残高を招いてしまってもFXGTではゼロカット制度を採用しているため、マイナスをリセットしてもらえます。

FXGTはMT5口座一択で、スプレッドが狭いECN口座は採用していないため、原油はスキャルピングに適さないでしょう。

原油のスプレッドは他社と比較すると広めの設定であるため、FXGTで取引するのならスイングトレードが適しているかもしれません。

FXGTの特徴を活かしながら、原油で取引する際は上手に行いましょう。

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

-FXGT

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.