ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

FXGT

FXGTの原油を分かりやすく解説

更新日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】おすすめ1位の取引所(LINE公式で確認)

【2位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binanceの詳細ページはこちらから

為替FXと仮想通貨(暗号資産)の両方の充実した取引ができるハイブリット取引所として有名な、FXGT。

そんなFXGTを利用して、原油の取引をしてみたいという人もいるでしょう。

FXGTは、為替FXと仮想通貨(暗号資産)取引ができる取引所として人気がありますが、原油などのCFD商品の取引を行うことも可能です。

ここでは、FXGTで取り扱われている原油の種類や原油取引に関する基本的なルールや条件について詳しく解説していきます。

FXGTの原油を分かりやすく解説

FXGTで原油取引ができる具体的な取扱商品

FXGTは為替や仮想通貨(暗号資産)などの他にも、貴金属・原油・株式・株式指数などの商品が取引できるようになっています。

具体的なFXGTでの取引可能な原油商品は、以下のものです。

  • NGAS
  • USOIL
  • UKOIL

実際にそれぞれの特徴とFXGTでの原油取引の基本的な取引条件についてみていきましょう。

FXGTの原油取引 NGAS

FXGTの原油取引の種類の1つとして、NGASがあります。

NGASとは天然ガスのことであり、ボラリティが非常に高いことでも有名な商品です。

1日で数百pipsほど価格が変動することもあるため、ハイリスクハイリターンな商品ともいわれています。

チャート分析の難易度も高く、上級者向けの取引商品だといえるでしょう。

FXGTのNGASの取引条件は以下の通りです。

  • 1ロット通貨量/契約サイズ...1000 mmbtu
  • 通貨...USD
  • 平均BUYスワップレート(ポイント)...-4.89
  • 平均SELLスワップレート(ポイント)...-1.14
  • 取引時間...MT5サーバータイムで月曜日01:05〜金曜日23:55(毎日23:55〜01:05は取引停止)

FXGTの原油取引 USOIL

FXGTの原油取引の種類2つめがUSOILです。

USOILはWTI原油と呼ばれる原油取引の商品であり、米国テキサス州沿岸部の油田で産出される原油の総称で原油取引の中でも最も取引されるメジャーな商品となっています。

FXGTのUSOILの取引条件は以下の通りです。

  • 1ロット通貨量/契約サイズ...100 barrels
  • 通貨...USD
  • 平均BUYスワップレート(ポイント)...-2.44
  • 平均SELLスワップレート(ポイント)...-1.03
  • 取引時間...MT5サーバータイムで月曜日01:05〜金曜日23:55(毎日23:55〜01:05は取引停止)

FXGTの原油取引UKOIL

FXGTの原油取引の種類3つめがUKOILです。

もともとは北海のブレンド油田から生産された原油でしたが、世界中の原油契約の約2/3にはブレント原油が含まれているということからも、最も著名な原油商品だといえるでしょう。

FXGTのUKOILの取引条件は以下の通りです。

  • 1ロット通貨量/契約サイズ...100 barrels
  • 通貨...USD
  • 平均BUYスワップレート(ポイント)...-2.32
  • 平均SELLスワップレート(ポイント)...-1.05
  • 取引時間...MT5サーバータイムで月曜日03:05〜金曜日23:55(毎日23:55〜03:05は取引停止)

FXGTで原油取引の通貨ペアは?

このようにFXGTでは、NGAS・USOIL・UKOILの3種類の原油取引ができるようになっていますが、それぞれどのような通貨ペア建てで取引できるのか気になるところですよね。

FXGTは、比較的自由に証拠金を選択できるようになっていますので、米ドル(USD)やユーロ(EUR)の他に、日本円(JPY)やビットコイン(BTC)での原油取引もできるようになっています。

FXGTに口座開設を行う際に、口座ごとの証拠金の通貨を選択していくことになりますので、取引しやすい通貨を選択していきましょう。

FXGTで原油取引の取引可能時間は日本時間の何時?

FXGTの公式サイト内に表記されている原油取引の取引可能時間は、日本時間の表示ではなくMT5サーバー時間での表記になっています。

FXGTのMT5のサーバー時間は、GMT+3(サマータイムはGMT+2)となり、日本時間はGMT+9ですので、MT5と日本時間の間には6時間(サマータイムは7時間)の時間差があるということになるでしょう。

よってFXGTの原油取引の取引可能時間を日本時間で表示すると以下のようになります。

NGASとUSOILの取引時間(日本時間)

  • 冬時間...毎週月曜日07時05分〜土曜日05時55分(MT5のサーバー時間はGMT+3)
  • サマータイム...毎週月曜日07時05分〜土曜日04時55分(MT5のサーバー時間はGMT+2)

UKOILの取引時間(日本時間)

  • 冬時間...毎週月曜日09時05分〜土曜日05時55分(MT5のサーバー時間はGMT+3)
  • サマータイム...毎週月曜日09時05分〜土曜日04時55分(MT5のサーバー時間はGMT+2)

FXGTで原油取引のレバレッジは最大100倍に制限される

FXGTは最大500倍のレバレッジトレードができることでも有名なFXブローカーですが、原油取引に関しては特定のレバレッジが設定されています。

基本的にFXGTでの原油取引のレバレッジ最大値は100倍となっており、取引量に応じてもレバレッジの最大値が制限されることがありますので注意が必要です。

FXGTの原油取引における取引量ごとのレバレッジ制限は以下のようになっていますので、FXGTの原油取引でハイレバレッジトレードがしたいとうい人は参考にしてください。

  • 0 - 200,000USD...レバレッジ最大100倍
  • 200,000USD– 1,000,000USD...レバレッジ最大50倍
  • 1,000,000USD– 5,000,000USD...レバレッジ最大30倍
  • 5,000,000USD – 7,000,000USD...レバレッジ最大20倍
  • 7,000,000USD以上...10倍

FXGTで原油取引のスプレッドは広い?狭い?

FXGTの原油取引のスプレッドは変動方式となっているため、常にスプレッドが広がったり縮まったりしています。

公式サイトによると平均スプレッドは0.5ドル程度となっていますが、クチコミなどをみているとFXGTの原油取引のスプレッドは比較的高めといわれているようです。

FXGTで原油取引にエントリーする際には、事前にスプレッドがどれくらい開いているかを確認してから取引を始めるのがよいでしょう。

FXGTの原油を分かりやすく解説まとめ

今回は、FXGTで取り扱われている原油の種類や原油取引に関する基本的なルールや条件について詳しく解説してきました。

FXGTでは3種類の原油取引ができるようになっています。

原油取引特有のレバレッジや取引時間のルールが採用されていますので、事前に確認してから取引を始めてみてくださいね。

-FXGT

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.