ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

FXGT

FXGTのビットコイン(仮想通貨)を分かりやすく解説

更新日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】おすすめ1位の取引所(LINE公式で確認)

【2位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binanceの詳細ページはこちらから

海外のFXブローカーの中でも、為替FXと仮想通貨(暗号資産)FXを取り扱うハイブリット取引所として人気を集めているFXGT。

そんなFXGTでビットコイン(仮想通貨)取引をメインに行っていきたいという人もいるでしょう。

FXGTではビットコインを始めどんな仮想通貨が取り扱われているのか、また取引条件の詳細なども気になるところですよね。

そこで今回は、FXGTのビットコイン(仮想通貨)の取引条件やルールについて分かりやすく解説していきます。

FXGTのビットコイン(仮想通貨)を分かりやすく解説

FXGTのビットコイン(仮想通貨)の詳細な取扱銘柄

FXGTではビットコインをはじめとする仮想通貨(暗号資産)の取り扱いを行っています。

通常、FXブローカーによるビットコインなどの仮想通貨(暗号資産)取引となると、ほんの数種類ほどしか通貨ペアを取り扱っていないところがほとんどです。

しかしFXGTは、「FXブローカーと仮想通貨(暗号資産)取引所のハイブリット」と呼ばれることも多く、豊富な種類のビットコインをはじめとする仮想通貨(暗号資産)取引ができるようになっています。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • エイダコイン/カルダノ(ADA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ポルカドット(DOT)

また、それぞれの通貨ペアに関しては、米ドル建て(USD)の他に日本円建(JPY)やビットコイン建て(BTC)の通貨ペアなどが、コイン銘柄ごとに用意されています。

  • BTCUSD(ビットコイン/米ドル)
  • BTCJPY(ビットコイン/日本円)
  • ETHUSD(イーサリアム/米ドル)
  • ETHJPY(イーサリアム/日本円)
  • XRPUSD(リップル/米ドル)
  • XRPJPY(リップル/日本円)
  • LTCUSD(ライトコイン/米ドル)
  • LTCJPY(ライトコイン/日本円)
  • BCHUSD(ビットコインキャッシュ/米ドル)
  • BCHJPY(ビットコインキャッシュ/日本円)
  • XRPBTC(リップル/ビットコイン)
  • ETHBTC(イーサリアム/ビットコイン)
  • LTCBTC(ライトコイン/ビットコイン)
  • BTCEUR(ビットコイン/ユーロ)
  • BCHEUR(ビットコインキャッシュ/ユーロ)
  • LTCEUR(ライトコイン/ユーロ)
  • ETHEUR(イーサリアム/ユーロ)
  • XRPEUR(リップル/ユーロ)
  • ADAUSD(エイダコイン・カルダノ/米ドル)
  • ADABTC(エイダコイン・カルダノ/ビットコイン)
  • ADAJPY(エイダコイン・カルダノ/日本円)
  • ADAEUR(エイダコイン・カルダノ/ユーロ)
  • XLMUSD(ステラルーメン/米ドル)
  • XLMBTC(ステラルーメン/ビットコイン)
  • XLMJPY(ステラルーメン/日本円)
  • XLMEUR(ステラルーメン/ユーロ)
  • DOTUSD(ポルカドット/米ドル)
  • DOTBTC(ポルカドット/ビットコイン)
  • DOTJPY(ポルカドット/日本円)
  • DOTEUR(ポルカドット/ユーロ)

上記は2021年5月現在の取扱銘柄となっていますが、ビットコインをはじめとする仮想通貨の取り扱いはFXGTでは徐々に増えていますので、今後も取り扱い銘柄の種類の増加がみこめるでしょう。

FXGTのビットコイン(仮想通貨)の取引時間

FXGTではビットコインをはじめとする仮想通貨の他にも、為替FXや貴金属・エネルギー・株式や株式指数などの取引ができるようになっています。

ビットコインをはじめとする仮想通貨以外の取引商品に関しては、市場のオープン・クローズの時間があるため、平日の一定時間に取引が制限されていることも多いようです。

しかしビットコインや他の仮想通貨の場合は、特定の市場のオープン・クローズには左右されないため、基本的に24時間365日取引ができるようになっています。

ただしFXGT側のシステムメンテナンスなどの都合により、一時的にFXGTでのビットコイン(仮想通貨)取引ができなくなってしまうこともありますので、事前に公式サイトやDMなどを確認しておくとよいでしょう。

FXGTのビットコイン(仮想通貨)のレバレッジ

FXGTでは最大500倍のレバレッジ取引ができるようになっており、日本国内の取引所では不可能なハイレバレッジトレードができるという点も魅力の1つです。

FXGTの商品の中には、取引銘柄によってレバレッジが200倍程度に制限されてしまうものもありますが、ビットコインや仮想通貨(暗号資産)に関しては、どの通貨ペアであってもレバレッジ最大500倍まで利用できるようになっています。

ただし、取引量や証拠金量によっては、以下のようにレバレッジが制限されてしまうこともあるでしょう。

BTC・ETH・XRP・LTC・BCHの取引量によるレバレッジ制限(通貨ペア内の最大ボリューム上限は100万ドル)

  • ボリューム0-10,000USD...レバレッジ最大500倍
  • ボリューム10,000USD-50,000USD...レバレッジ最大200倍
  • ボリューム50,000USD-100,000USD...レバレッジ最大100倍
  • ボリューム100,000USD-200,000USD...レバレッジ最大50倍
  • ボリューム200,000USD以上...レバレッジ最大20倍

ADA・XLM・DOTの取引量によるレバレッジ制限

  • ボリューム0-10,000USD...レバレッジ最大500倍
  • ボリューム10,000USD-20,000USD...レバレッジ最大200倍
  • ボリューム20,000USD-60,000USD...レバレッジ最大100倍
  • ボリューム60,000USD-80,000USD...レバレッジ最大50倍
  • ボリューム80,000USD以上...レバレッジ最大20倍

FXGTのビットコイン(仮想通貨)のスワップポイント

FXGTに限らず金利差のないビットコイン(仮想通貨)の場合、通貨ペアごとに金利差が生じないためスワップは発生しないと考える人もいるようです。

しかしFXGTをはじめとするビットコインや仮想通貨(暗号資産)取引を行なっている取引所では、独自の算出により仮想通貨(暗号資産)でもスワップを発生させるルールを採用しているところが多くなっています。

またFXGTでは、ビットコイン(仮想通貨)のスワップが毎日4時間毎に1日6回発生するルールです。

土日もスワップが発生するので、ポジションを保有するタイミングに注意しながら取引を行いましょう。

FXGTのビットコイン(仮想通貨)を分かりやすく解説まとめ

今回は、FXGTのビットコイン(仮想通貨)の取引条件やルールについて分かりやすく解説してきました。

FXGTではビットコインをはじめ、豊富な種類の仮想通貨(暗号資産)取引が楽しめるようになっています。

FXGTのビットコイン(仮想通貨)取引では、通常の為替FXにないような独自のルールが採用されている点もありますので、事前に取引条件をしっかり確認した上で取引を始めるようにしましょう。

-FXGT

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.