ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

FXGT

FXGTの安全性と危険性の評判を分かりやすく解説

投稿日:

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

FXGTの安全性はどうなの?危険性がないのか気になる…

実際のユーザーからの安全性や危険性に対する評判や口コミを知りたい。

これからFXGTへアカウント登録し、口座開設をご検討中の方は、安全性や危険性について気になる方も少なくないはずです。

ここではFXGTの口コミや評判をチェックしつつ、安全性や危険性についてみていきましょう。

FXGTの安全性・危険性・評判を分かりやすく解説

FXGTの安全性や危険性は、アカウント登録や入金する前にぜひ知っておきたいポイントです。

特に海外FX業者であるFXGTの金融ライセンスや出金拒否、約定不利について気にする方は多いはずです。

ここではFXGTの安全性と危険性にわけて、それぞれの評判とその理由をまとめました。

FXGTの安全性の評判とその理由のまとめ

まずはFXGTの安全性の評判について、その理由とともにまとめてみました。

FXGTの安全性の評判とその理由 金融ライセンスを取得済み

FXGTの安全性の評判として、まず気になるのは金融ライセンスではないでしょうか。

FXGTは、セーシェル金融庁(FSA)より金融ライセンスを取得しています。

セーシェル金融庁(SFA)の金融ライセンスの証明書を、FXGT公式サイトでも公開しているため、安全性の高いFX取引所であることが明確です。

FXGTは賠償責任保険に加入し、顧客や第三者に対しする過失や経済的損失、詐欺や犯罪などによる資金リスクから守ってくれます。

分別資産管理はもちろん、ティア1銀行へ顧客資金を預けるなど、信用性の高い金融機関と提携することにより、FXGTの事業運営のレベルを高めています。

そのうえで賠償責任保険によって顧客資金の安全性を保証していることが、FXGTの評判の理由と言えるでしょう。

FXGTの安全性の評判とその理由 ゼロカットによって借金リスク軽減

FXGTユーザーのトレードによる損失時の安全性は、ゼロカットによって保たれています。

最大500倍というハイレバレッジトレードでロスカットに至ってしまった場合の危険性は、やはり多大な借金リスクにあります。

ゼロカットは、FXGTで発生したロスカットによる損失リスクからトレーダーを守り、借金リスクを軽減します。

国内FXのようにロスカットによる損失を借金として全額返済する必要がありません。

トレードの損失による借金をFXGTが肩代わりしてくれるゼロカットは、安全性が高く評判の理由と言えます。

FXGTの危険性の評判は?

ではFXGTの危険性の評判とその理由についてみていきます。

FXGTの危険性の評判とその理由 金融庁から警告を受けている

FXGTの危険性に評判として、金融庁からの警告を受けていることを気にするユーザーも少なくありません。

金融庁から無登録業者として公式ホームページに掲載されているため、FXGTを危険性の高い業者だと判断するユーザーがいるのも事実です。

これこそがFXGTが危険性の高いFX業者だと評判が下がってしまう理由のひとつです。

しかしFXGTだけが金融庁からの警告を受けているのではなく、人気FXブローカーのXMやTitanFXも警告を受けています。

しかしセーシェルで事業運営を行うFXGTは、日本の金融庁のライセンスを取得する必要はありません。

拠点にする地域の金融ライセンスを取得すればよいことから、金融庁からの警告によってFXGTは危険性が高いと判断することはできないと言えるでしょう。

ではなぜ金融庁はFXGTを危険性の高いブローカーだと見せかけ、無登録業者として公表しているのかという疑問がわいてきますよね。

その理由の裏には、FXGTなどを無登録業者と公開することで評判を意図的に落とし、金融庁の傘下である国内FXの顧客離れを防ぐためと考えるユーザーも多く存在します。

FXGTの危険性の評判とその理由 出金拒否の声の実態

FXGTの危険性の評判としてもっとも聞かれるのが出金拒否です。

結論から申し上げますと、FXGTでは出金拒否されることがある一方、多くのユーザーが考えるような悪質な出金拒否ではありません。

FXGTは正当な理由で出金拒否しているのです。

出金拒否されたという評判が多い理由は、ユーザーがFXGTの出金ルールに背いていることです。

また不正トレードやFXGTの禁止事項に触れてしまう行為なども、出金拒否の理由になります。

ようするにFXGTの正当な出金拒否をユーザーが悪質だと解釈し、危険性が高い業者だと勝手に判断しているのです。

そもそもユーザーの評判のように不正な出金拒否を行う危険性の高いFX業者は、ライセンスを取得できません。

万が一不正な出金拒否を行うと、FXGTはライセンスをはく奪されてしまいます。

またSNSなどで評判も下がり顧客離れが進むことも、FXGTは十分に認識しているはずです。

数十万円のわずかな出金拒否を行うことで大きなリスクを生むようなことをFXGTが犯すとは到底考えにくいです。

FXGTは危険性が高いと悪い評判を流す前に、まずは規約違反や出金ルールを守っているのかをきちんと見直すことをおすすめします。

FXGTの安全性・危険性・評判を分かりやすく解説まとめ

FXGTは安全性が高く、多くのユーザーが考えるような出金拒否などの危険性が低い海外FX取引所です。

悪い評判はすぐに拡散されてしまいがちですが、実際の目でFXGTの安全性や危険性を確認し、評判を評価するのが正しい方法と言えるでしょう。

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

-FXGT

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.