ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

FTX

FTXの使い方を分かりやすく解説

投稿日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】おすすめ1位の取引所(LINE公式で確認)

【2位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binanceの詳細ページはこちらから

海外の仮想通貨(暗号資産)取引所の中でもレバレッジトークンなど、独自の取引方法が話題となってるFTX。

そんなFTXをこれから使ってトレードしていきたいという人も多いでしょう。

FTXは日本語非対応の海外仮想通貨(暗号資産)取引所ですが感覚的に操作できるところも多く、一度使い方を覚えてしまえば他の取引所と変わらず取引しやすくなっています。

今回は、FTXの使い方の基本について分かりやすく解説していきます。

FTXの使い方を分かりやすく解説

FTXの使い方 FTXへのアカウント登録方法

FTXの使い方として一番初めに行っていくことになるのがFTXへのアカウント登録です。

FTXの使い方の中でも必ず一番初めに行っていく手続きになりますので、しっかり手順をおさえていきましょう。

まずはFTXの公式サイトにアクセスし、右上にある「REGISTER(登録)」ボタンをクリックしていきます。

FTXの登録画面が表示されるので「Sign Up」を選択し、登録するメールアドレスとパスワードを入力します。

「Click to verify」をクリックして、不足しているパズルのピースをスライドボタンにて合わせていきましょう。

利用規約を確認した上でFTXの利用規約に同意できる場合には「I agree to the FTX terms of service」にチェックボタンを入れてください。

「SIGN UP」をクリックすれば登録が完了となりますが、FTXは登録完了後にメールなどが届きません。

登録したメールアドレスとパスワードでログインできれば、登録完了となります。

FTXの使い方 FTXのアカウント認証方法

FTXの使い方として、アカウント登録の次に行っておきたいのがアカウントの認証です。

FTXの使い方の中でもアカウント認証は手続きしなくても入金やトレードは制限なく行うことが可能です。

しかしアカウント認証を行わない場合は出金金額が1000ドルまでに制限されますので、できるだけ早めにFTXのアカウント認証を完了させておくのがよいでしょう。

FTXのアカウント認証には、本人確認書類と現住所確認書類が必要になりますので、あらかじめ準備した上で手続きを始めてください。

FTXの公式サイトにログインし、右上にあるアカウントアイコンをクリックしてメニュー一覧を表示させてください。

メニュー一覧の中から「Setting(設定)」をクリックします。

「Profile(プロフィール)」のページが表示されるので、左側に表示されるメニュー一覧の中から「Identity Verification(本人確認)」をクリックしていきましょう。

表示される画面丈夫の「Main Account(メインアカウント)」をクリックした上で「Identity Verification(本人確認)」の項目内にある「ENABLE TRADING AND DEPOSITS(取引と送金を有効にする)」のボタンをクリックしてください。

個人情報の入力画面が表示されます。

「Verification Type(証明タイプ)」にて個人の場合には「Individual」を選択していきましょう。

画面の案内に従い必要事項を入力していきます。

全ての入力内容を確認し、問題がなければ一番下の「SUBMIT INFOMATION」をクリックしてください。

続いてメニュー一覧の中から「Setting(設定)」をクリックします。

「Profile(プロフィール)」のページが表示されるので、左側に表示されるメニュー一覧の中から「Identity Verification(本人確認)」をクリックしていきましょう。

「CM-Equity AG KYC」という項目に撮影した本人ん確認書類と現住所確認書類の画像をアップロードしていきます。

書類のアップロードが完了したら「UPLOAD DOCUMENTS」をクリックして書類の提出を行っていきましょう。

FTXの使い方 入金方法

FTXの使い方の中でアカウント認証が完了したら続いて入金を行いトレードの準備に入ります。

FTXの公式サイトにログイン後、右上のプロフィールアイコンをクリックして「Wallet(ウォレット)」をクリックしてください。

自分のウォレットアカウントが表示されます。

入金したい通貨銘柄を選択して「Deposit(入金)」をクリックしていきましょう。

FTXの入金先アドレスなど入金方法が表示されるので、画面の案内に従って入金処理を行ってください。

FTXの使い方 取引方法

FTXへの入金が完了すると、実際にレバレッジトレードができるようになります。

ここではFTXの使い方のメインとなってくる取引方法についてみていきましょう。

まず取引する通貨銘柄・取引方法別のチャートや新規注文画面を表示させる方法です。

FTXの公式サイトにログインした状態で、上部メニューバーに表示されている「FTT」「SRM」「BTC」「ETH」などの仮想通貨(暗号資産)銘柄をクリックすることで取引通貨銘柄を選択していきます。

通貨銘柄を選択すると、プルダウンメニューにて取引方法の選択画面が表示されるでしょう。

たとえばBTCを選択した場合、以下のような取引方法が選択可能です。

  • Futures...先物取引
  • MOVE...MOVE取引
  • Spot...スポット取引
  • Tokens...レバレッジトークン取引

たとえばビットコイン(BTC)の無期限先物取引をしたければ、「BTC」→「BTC-PERP」を選択するとBTC無期限先物のチャート・取引画面が表示されるでしょう。

新規注文を行う際のレバレッジの設定は、各ポジションごとに行えるようになっています。

チャート右下に表示されている0x〜20xのスライドボタンを使って、最大20倍のレバレッジを設定することが可能です。

チャート画面から画面をさらに下にスクロールしていくと、FTXの新規注文画面が表示されます。

先物取引の場合には、まずは「売り(Sell)」「買い(Buy)」のどちらの注文をかけるかをタブで選択していきましょう。

続けて「Order type」にて「成行」「指値」「ストップ指値」などの注文方法を選択していきます。

指値取引を行う場合には「Price」に指値・逆指値価格を入力し、「Amount」に取引数量を入力してください。

入力内容に間違いがないことを確認した上で「COMPLETE IDENTITY VERIFICATION」をクリックして注文を確定させていきましょう。

FTXの使い方を分かりやすく解説まとめ

今回は、FTXの使い方の基本について分かりやすく解説してきました。

FTXの使い方は日本語非対応になっているため、取引方法に難しさを感じるかもしれませんが一度操作を覚えてしまえば取引にも慣れていくでしょう。

まずはFTXの公式サイトにてアカウントの作成を行い、少しずつマイページの操作を試してみるのがよいでしょう。

-FTX

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.