ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

FTX

FTXのトークン(Token)を分かりやすく解説

投稿日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】おすすめ1位の取引所(LINE公式で確認)

【2位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binanceの詳細ページはこちらから

海外の仮想通貨(暗号資産)取引所の中でも、独自のレバレッジトレードができることで有名なFTX。

そんなFTXではトークン(Token)を利用した取引やトークン(Token)を保有することで得点が得られることなどが話題となっています。

しかし仮想通貨(暗号資産)のトークン(Token)が具体的にどのようなものなのか、イマイチよくわからないという人もいますよね。

そこで今回は、FTXのトークン(Token)を分かりやすく解説していきます。

FTXのトークン(Token)を分かりやすく解説

FTXのトークン(Token)とは?

そもそも仮想通貨(暗号資産)で利用されているトークン(Token)とは、既存のブロックチェーン技術を利用して開発された仮想通貨(暗号資産)のことです。

ブロックチェーン技術を利用して開発された仮想通貨(暗号資産)であれば、ビットコイン(BTC)などの有名な仮想通貨(暗号資産)と同じものになりますよね。

しかし仮想通貨(暗号資産)の中でもトークン(Token)と呼ばれるものは、ビットコイン(BTC)などの一般的な仮想通貨(暗号資産)と以下のような違いがあるのです。

トークン(Token)には管理者や発行者がいる

ビットコイン(BTC)のような一般的な仮想通貨(暗号資産)の場合、中央で管理する人がおらずシステムによって発行が決定します。

しかし仮想通貨(暗号資産)のなかでもトークン(Token)の場合、個人や法人など中央に管理者や発行者が存在するのです。

このように管理者や発行者がはっきりしているのが、トークン(Token)と一般的な仮想通貨(暗号資産)の違いになっています。

ただしトークン(Token)も一般的な仮想通貨(暗号資産)と同様に一度発行したトークン(Token)の発行量を変更することはできません。

トークン(Token)は法人や個人が発行可能

トークン(Token)には管理者や発行者がいるという特徴でも解説している通り、トークン(Token)は個人や法人が発行することができる仮想通貨(暗号資産)です。

基本的に仲介者などを挟まずに独断で発行することができるようになっています。

ただし、法人の株式会社がトークン(Token)を発行している場合、その株式会社が上場する際には、証券会社などの仲介者が必要になることもあるでしょう。

トークン(Token)は独自の価値づけが行われる

トークン(Token)は個人や法人が発行できる仮想通貨(暗号資産)であるため、その個人や法人などが流通のために付加価値をつける場合も多くなっています。

たとえばトークン(Token)を発行した企業のサービスや商品を自社トークン(Token)を利用して購入できるなどの特典です。

FTXのトークン(Token)取扱銘柄 FTT

FTXのトークン(Token)の中でも代表的なものが、FTXが発行しているFTTです。

FTTは「FTXToken」の略語であり、FTXがオリジナルで発行しているトークン(Token)になっています。

時価総額ランキングでは36位にランクインしており、2021年に入ってからの価格の高騰は話題となりました。

FTTはFTX以外の海外仮想通貨(暗号資産)取引所でも取扱がありますが、FTXでFTTを保有することにより手数料の割引などの特典を受けることが可能です。

発行枚数は3億5000枚ですが、バーンにより将来的には半分以下になる見込みとされていることから、長期的な価格の値上がりも期待できるトークン(Token)だといえるでしょう。

FTXではFTTのレバレッジトレードとして無期限先物取引とスポット取引ができるようになっています。

FTXのトークン(Token)取扱銘柄 SRM

FTXで取り扱っているトークン(Token)の中でも、FTTについで代表的な銘柄となっているのがSRMです。

FTXが運営する新たな分散型取引所(DEX)「Serum」が運用を始めたトークン(Token)となっており、2020年8月より運用がスタートしています。

SRMはFTX傘下の取引所Serumの独自トークンとなっており、Serumで保有することにより手数料の割引などが受けられるという得点があるようです。

発行上限は100億であり、FTXではFTTと同様にレバレッジトレードとして無期限先物取引とスポット取引ができるようになっています。

FTXのトークン(Token)のレバレッジトークンとは?

FTX独自のレバレッジ取引方法として注目されているのが、レバレッジトークンを利用したレバレッジトレードです。

FTXのレバレッジトークンとは、トークン(Token)を購入することによって自分でレバレッジポジションを保有しなくてもレバレッジ取引ができるというトークン(Token)になっています。

FTXで利用可能なレバレッジトークンはBULL (レバレッジ+3倍)、 BEAR (レバレッジ-3倍)、HEDGE (レバレッジ-1倍)とHALFの4タイプです。

たとえば、ETH/BULLという銘柄の場合、ETH(イーサリアム)へのレバレッジ3倍でのロングポジションを意味します。

ETHが1%上昇すると、ETHBULLは3%上昇します。逆に、ETHが1%下落すると、ETHBULLは3%下落するのです。

このようにレバレッジの倍数と「売り/買い」どちらのポジションなのかがあらかじめ決められてしまうのがレバレッジトークンの特徴です。

FTXのトークン(Token)を分かりやすく解説まとめ

今回は、FTXのトークン(Token)を分かりやすく解説してきました。

FTXは独自のトークン(Token)を持ており、他社のトークン(Token)のレバレッジトレードも可能な取引所になっています。

レバレッジトークンの取り扱いなどは、FTX独自の特徴が出ている取引方法ですので、まずは少額からトークン(Token)の取引方法に慣れていき、徐々にレバレッジを大きくしていくのもよいでしょう。

-FTX

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.