ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

FTX

FTXの退会方法(解約方法)とやめ方を分かりやすく解説

更新日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】FTXの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

FTXの退会方法(解約方法)とやめ方は、どのような手順で進めればいいの?

退会申請フォームがないから、退会方法(解約方法)と、やめ方がよくわからない。

FTXの退会方法(解約方法)を進める前に、やめ方における注意点はあるの?

あなたは今、このようにお考えではないでしょうか。

ここではFTXの退会方法(解約方法)について、やめ方の手順や注意点などについて解説していきましょう。

FTXの退会方法(解約方法)とやめ方を分かりやすく解説

FTXは退会方法(解約方法)に対応しており、やめ方は一般のメールフォームを利用して手続きを進めます。

退会方法(解約方法)の申請メールを送ると、FTXからメールが届きますので、もしやめ方の手順が記載されていたらメールの指示にしたがってください。

FTXの退会方法の注意点として、口座残高を0円にする、取引証明書を取得することがありますので、やめ方の一環として手順をみていきましょう。

FTXの退会方法(解約方法)とやめ方の手順

FTXの退会方法(解約方法)は、退会申請フォームが用意されていません。

よってFTXのやめ方は、一般の問い合わせフォームから、FTXのサポートデスクへ退会申請メールを送信しましょう。

FTXの退会方法(解約方法)のはじめの手順は、問い合わせフォームへアクセスします。

ヘルプから「リクエストを送信」をクリックしてアクセスしてください。

つづいての手順として、以下のように退会申請フォームを記入しましょう。

  • メールアドレス:FTXの登録メールアドレスを記入
  • 件名:「退会のお願い」「退会申請」など
  • カテゴリ:Jogin Issues」を選択/li>
  • 本文:「FTXの退会手続きをお願いいたします」など

全く同じでなくても、FTXの退会方法(解約方法)の申請であることがわかる内容のメールを作成します。

「カテゴリ」に退会やアカウント関連の項目が設けられていませんので、もっとも近いと考えられる「Jogin Issues」を選択することで対応できます。

退会依頼メールを作成したら、FTXから送信してください。

過去、FTXへ退会方法(解約方法)の手順について、「Jogin Issues」を指定してから問い合わてみたところ、きちんと返信がきましたので、問題なく手続きを進められるはずです。

もしかしたら退会依頼メールを送信後、FTXから正式なやめ方の手順について、案内が配信されるかもしれません。

万が一、FTXから退会方法(解約方法)の案内が配信された場合は、FTXの手順に沿って手続きを進めてください。

FTXの退会方法(解約方法)とやめ方の前の注意点

FTXの退会方法(解約方法)とやめ方を進める前に、確認しておきたい注意点についてみていきます。

注意点を守らずに、FTXの退会方法(解約方法)を完了してしまった場合、取り返しがつかなくなってしまうケースがありますので、確実に確認・対処したうえで手続きを進めてください。

やめ方の注意点1.FTXの退会方法(解約方法)の前に口座から全額出金すること

FTXの退会方法(解約方法)の注意点として、やめ方を進める前に、取引口座から他社ウオレットや銀行口座へ取引口座の資金を全額出金しましょう。

万が一、FTXの退会方法前に出金せず、解約手続きが完了してしまった場合、口座残高は失効し取り戻すことはできません。

やめ方の手順として、まずはFTXで未決済のポジションをすべて決済してから、口座残高の出金手続きを行い、残高が0円になったうえで退会方法を進めましょう。

口座に資金が残った状態でFTXの退会方法(解約方法)を進めると、公式から出金するようお知らせが届きます。

おそらく口座残高が残った状態でFTXの退会方法を進める可能性はないと考えられますが、やめ方に必要な知識として覚えておきましょう。

やめ方の注意点2.FTXの退会方法(解約方法)の前に取引証明書を取得すること

FTXの退会方法(解約方法)の前に、取引履歴が記載されている取引証明書を取得しましょう。

取引証明書は、FTXでの年間取引履歴が記載されており、確定申告で必要となる損益状況の把握にかかせない資料です。

FTXの取引証明書のダウンロードは、「ウオレット」から「約定」へ進み「ダウンロード」アイコンから、CSVファイルとしてダウンロードしておきましょう。

またFTXの入金履歴や出金履歴、資金調達率の支払い履歴もダウンロードしてください。

FTXの取引履歴などの資料は、確定申告後も7年間の保管が義務付けられていますので、必ず取得するようにしましょう。

万が一、FTXで取引証明書を取得せずに退会方法(解約方法)を進めてしまった場合は、一度サポートへ問い合わせてみましょう。

FTXは口座凍結を狙ったやめ方による退会方法(解約方法)はできない

海外取引所の中には、一定期間トレードをせずに口座凍結させた退会方法(解約方法)をあえて狙うやめ方も、裏技的に認知されています。

しかしFTXでは一定期間トレードせずに口座凍結させ、意図的に口座凍結を狙うやめ方は利用できません。

FTXでは口座を放置しても、口座維持手数料が発生することや口座凍結することはなく、そのままの放置状態を維持します。

しばらくFTXでトレードしない場合、わざわざ退会方法(解約方法)を踏まなくても問題ありません。

FTXの残高がある特定のアカウント口座を読み取り専用にして、出金できなくする方法もありますので、きっと役立つはずです。

読み取り専用口座は、強固なセキュリティ対策として役立つ一方、ハッカーの手口も日々進化しています。

口座残高があるFTXの口座は、ハッキングリスクが0ではないため、FTXを退会せずに口座を放置する場合は、一度出金しておくことをおすすめします。

FTXのサブアカウントの解約方法

FTXの個別アカウントの解約方法は可能です。

ただしメインアカウントのみ解約方法には対応しておらず、FTXで解約できるのはサブアカウントのみです。

サブアカウントの解約方法は、FTXの「サブアカウント」から「サブアカウントの管理」へ進み、解約したいアカウントの「削除」ボタンをクリックします。

FTXではサブアカウントを最大50個まで開設できますので、自由に追加したり削除したりすることができます。

たとえばFTXの退会方法ではなく、不要なアカウントだけを解約したいとき、口座の解約方法を踏むだけで削除できます。

サブアカウントの開設方法や解約方法は非常に便利ですので、FTXで活用しましょう。

FTXの退会方法(解約方法)とやめ方を分かりやすく解説まとめ

FTXの退会方法(解約方法)とやめ方を解説しました。

退会方法(解約方法)は専用フォームを設けていないため、FTXの問い合わせフォームを使うことになります。

FTXのやめ方の注意点は、口座の資金を0円にすることと、取引証明書を取得することです。

口座凍結によるやめ方には対応していませんが、サブアカウントによる個別口座の解約方法には対応しています。

自分のニーズに合った退会方法や解約方法によって、FTXの口座管理を行いましょう。

-FTX

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.