ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

FTX

FTXのスプレッドの比較一覧を分かりやすく解説

投稿日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】おすすめ1位の取引所(LINE公式で確認)

【2位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binanceの詳細ページはこちらから

FTXのスプレッドを比較したいけれど一覧は実装されているの?

スプレッド一覧を比較して、FTXのスプレッドが広いのか、狭いのかを把握したい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

FTXはレバレッジトークンやMOVE取引など、独自のトレード商品を扱う海外デリバティブ仮想通貨取引所です。

仮想通貨のトレードコストとして発生するスプレッドは業者ごとに異なるため、FTXと他社とで一覧にして比較してみましょう。

FTXのスプレッドの比較一覧を分かりやすく解説

FTXのスプレッドを比較するため、まずは仮想通貨の主要銘柄として、ビットコイン・イーサリアム・ライトコイン・ビットコインキャッシュ・リップルの5銘柄を一覧にします。

ここでは、国内外の仮想通貨取引所の中でも人気の高い、CryptoGT・Bybit・GMOコイン・DMM Bitcoin・のスプレッドを一覧にし、FTXと比較してみましょう。

FTXのスプレッド一覧

まずはFTXのスプレッド一覧をみていきます。

FTXの無期限先物契約のスプレッド一覧を日本円に換算してみました。※2021年8月5日のデータ

  • BTC-PERP:50
  • ETH-PERP:1
  • LTC-PERP:1
  • BCH-PERP:5
  • XRP-PERP:0.0025

一覧にした結果、FTXのスプレッドは一目で確認できるほど、狭いと言えるでしょう。

スプレッドは変動制のトレードコストと言われていますが、FTXのスプレッドは基本的に変動しないケースが多いです。

ただし変動制のコストと言われている以上、FTXのスプレッドは変動する可能性もあるため、トレードのたびにご確認ください。

FTXのスプレッドの比較一覧 【海外取引所】

FTXのスプレッドの広さや狭さを確認するために、まずは海外仮想通貨取引所のCryptoGTとBybitにおけるスプレッドを一覧にして比較します。

FTXとCryptoGTのスプレッドの比較一覧

つづいてCryptoGTのスプレッドを一覧にして、FTXと比較してみましょう。

  • BTC:1901
  • ETH:236
  • LTC:127
  • BCH:54
  • XRP:108

FTXとCryptoGTのスプレッド一覧を比較した結果、全仮想通貨においてFTXのほうが狭いことが明確になりました。

ただしFTXは別途取引手数料が発生する一方、CryptoGTはスプレッドのみの負担ですので、一目でFTXのトレードコスト負担が軽いとは判断できません。

FTXとBybitのスプレッドの比較一覧

FTXと、数ある海外の仮想通貨取引所の中でもスプレッドが狭いと評判のBybitのスプレッド一覧を比較します。

ちなみに以下は、USDの値動きと連動すると言われているUSDT建てのBybitののスプレッド一覧です。

  • BTC:50
  • ETH:5
  • LTC:1
  • BCH:5
  • XRP:0.01

FTXとBybitのスプレッドを一覧にして比較した結果、全仮想通貨においてFTXのほうが狭いことがわかりました。

そうはいっても、Bybitはスプレッドが狭いことで定評を得ているだけあって、FTXのスプレッド一覧とほぼかわりません。

FTXもBybitもスプレッドの他、別途トレードコストとして取引手数料が発生することに注意しましょう。

スプレッドよりも取引手数料のほうがコスト負担が大きいため、総合的なトレードコストを意識すべきです。

ただこれだけ言えるのは、Bybitのメイカー手数料はボーナスとして付与されるため、指値注文する際のコスト負担は、FTXよりもBybitのほうが負担は軽いです。

FTXのスプレッドの比較一覧 【国内取引所】

FTXのスプレッドの広さを把握するため、つづいて国内の仮想通貨取引所と、FTXのスプレッドの一覧を比較していきます。

国内取引所は、海外FXとは異なり、販売所で仮想通貨を業者提示の現物価格で売買できますが、ここではレバレッジ取引のスプレッドを一覧にして、FTXと比較していきます。

FTXとGMOコインのスプレッドの比較一覧

まずは国内仮想通貨取引所からGMOコインと、FTXのスプレッド一覧を比較していきます。

GMOコインのレバレッジ取引として代表的な「暗号資産FX」のスプレッド一覧とFTXを比較してみましょう。

  • BTC:2374
  • ETH:742
  • LTC:58
  • BCH:236
  • XRP:1.518

スプレッド一覧を比較した結果、一目瞭然でFTXよりもGMОコインのスプレッドの方が広いことが明確です。

GMОコインは暗号資産FXの他にも、「取引所のレバレッジ取引」でもトレードできますが、やはりFTXのスプレッド一覧と比較してもGMОコインのほうが広いことが明確です。

ただし取引所のレバレッジ取引では取引手数料は発生しません。

FTXとDMM Bitcoinのスプレッドの比較一覧

つづいてDMM BitcoinnとFTXのスプレッド一覧を比較していきましょう。

DMM Bitcoinのスプレッドは、国内仮想通貨取引所において最高レベルと言われていますが、FTXと比較するとどのくらいの広さなのでしょうか。

  • BTC:5183
  • ETH:2376
  • LTC:232.5
  • BCH:1081
  • XRP:1.997

スプレッド一覧を捕獲した結果、やはりFTXよりDMM Bitcoinのスプレッドの方が広いことがわかりました。

ちなみにFTXとスプレッド一覧を比較した国内外の取引所の中でも、DMM Bitcoinのスプレッドはもっとも広いため、仮想通貨のレバレッジ取引におすすめできないと言えます。

FTXのスプレッドと同時に比較すべきトレードコスト

FTXのスプレッドは、同一仮想通貨の買値と売値の差額を示しており、変動制のトレードコストです。

スプレッド幅は現物取引とレバレッジ取引で異なるため、ご注意ください。

こちらではFTXのレバレッジ取引のスプレッドを一覧にして他社と比較しました。

さらにFTXのトレードで発生するコストはスプレッドだけではありません。

たとえば、取引手数料としてmake手数料またはTaker手数料、無期限契約のスワップポイント・資金調達率やレバレッジ手数料など、証拠金取引ならではのコストも発生します。

スプレッドはトレードコストのメインですが、証拠金取引にかかわらる手数料も含めて取引所選びすることで、低コストでトレードできます。

FTXのスプレッドの比較一覧を分かりやすく解説まとめ

FTXのスプレッドの一覧を、レバレッジ取引に絞り、国内外の仮想通貨取引所と比較しました。

5社で比較した結果、FTXのスプレッドは、全銘柄において狭いことがわかったため、トレードコストを抑えて取引できると言えるでしょう。

ただしFTXに限らず、トレードコストはスプレッドだけではないため、各種手数料を考慮したうえでトレードコストを比較することをおすすめします。

-FTX

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.