ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

FTX

FTXの両建てを分かりやすく解説

投稿日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】おすすめ1位の取引所(LINE公式で確認)

【2位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binanceの詳細ページはこちらから

独自のトークンを使ったレバレッジトレードができることなど、新しいタイプの仮想通貨(暗号資産)取引所として注目を集めている海外取引所のFTX。

そんなFTXをこれから利用してみたいという人の中には、FTXで両建てトレードにチャレンジしてみたいという人もいるでしょう。

しかしFXブローカーや仮想通貨(暗号資産)取引所での両建てルールは、それぞれの業者によって独自のルールが設けられているところも多くなっており、両建て自体を難しく感じている人もいますよね。

そこで今回は、FTXの両建てを分かりやすく解説していきます。

FTXの両建てを分かりやすく解説

FTXの両建てトレードが禁止されていない仮想通貨(暗号資産)取引所

FTXで両建てトレードができるかどうかに関してですが、FTXで両建てトレードをするためには、FTXにて両建てが禁止されていないことが大前提となるでしょう。

FTXの公式サイトにて両建てトレードに関する記載を確認してみましたが、特に両建てを禁止しているという記述は見つかりませんでした。

そのためFTXは自由に両建てトレードができる仮想通貨(暗号資産)取引所であるといえるでしょう。

基本的なFXTの両建てトレードのやり方としては、FTXの注文項目を利用して、同通貨ペアの売りと買いを同量のポジションで順番に立てていくというやり方になります。

レートの動きに合わせて予想と反対に動いた方のポジションを損切りし、予想通りのレートの動きとなったポジションで利益を伸ばして利確していくことになるでしょう。

FTXの両建てトレードは異なる取引方法同士の組み合わせも可能

FTXは他の仮想通貨(暗号資産)取引所にはないような仮想通貨(暗号資産)取引ができるのも魅力の1つです。

たとえば、ビットコイン取引においても「現物取引」「先物取引」「MOVE取引」「トークンでのレバレッジ取引」など、さまざまな取引方法が選べるようになっています。

そしてFTXでは、異なる取引方法同士を組み合わせて両建てトレードを行うことも可能です。

たとえばBTCの「現物取引×先物取引」を使って両建てポジションを立てることもできます。

具体的なやり方としてはFTXの現物取引のBTCと先物取引のBTC銘柄を選択し、それぞれ「売り」「買い」のポジションを立てていくことになるでしょう。

保有するポジションによっては先物取引のFunding手数料(スワップ)を利用しながら金利で利益を得ていくというテクニックなどが活用できるようになります。

FTXの両建てトレードは複数アカウント(口座)を使っても可能

一般的に為替FXブローカーや仮想通貨(暗号資産)取引所などでは、アカウントや口座をまたいだ両建てトレードを禁止しているところが多いようです。

また1つの取引所にて複数のアカウントや複数の口座を作ること自体を禁止しているところも多くなっています。

しかしFTXの場合には、複数アカウント(口座)を作成することもアカウントや口座をまたいで両建てトレードすることも、どちらもOKとなっているようです。

FTXでは1つアカウントを作成しておくと、上限50個までサブアカウントを作ることができるようになっています。

そのため1つ目に作ったアカウントと2つ目に作ったサブアカウントを使って、両建てポジションを持つこともできるでしょう。

また上限50個という複数アカウントの数から、自動売買(EA)などを用いて複数の両建てポジションを持つことも可能です。

ただしFTXで開設できるサブアカウントの数が多い分、両建てトレードでポジションを持っていることが管理しきれず、いつの間にかロスカットになっていたというパターンもあるようです。

両建てトレードで複数アカウントを利用する場合には、できるだけ自分が把握できる範囲内で行うようにすれば損切りや利食いのタイミングもより正確に行えるようになるでしょう。

複数アカウントを使っての両建てトレードは、手広く行わずに管理できる範囲内で行っていくのがおすすめです。

FTXの両建てトレードは業者をまたいだトレードもOK

また一般的に為替FXブローカーや仮想通貨(暗号資産)取引所では、両建てルールとして業者をまたいでの両建てトレードを禁止しているところも多くなっています。

しかしFTXの場合には、アカウントをまたいでの両建てトレード同様に業者をまたいでのトレードに関しても、特に禁止していないようです。

そのためFXTを利用している人の中には、他の海外仮想通貨(暗号資産)取引所や国内仮想通貨(暗号資産)取引所を使ってFXTとの両建てトレードを行っている人もいます。

特に両建てトレードが禁止されていない取引所同士であれば問題なく両建てトレードができるようになっていますが、それぞれの取引条件が異なりますので注意が必要です。

特に取引時に発生する取引手数料や売値・買値の差額となるスプレッド、ポジション保有時に発生するスワップなどは、取引所独自のコスト計算となっているところが多くなっています。

FTXと他業者にて両建てトレードを行ったとしても、手数料負けを起こさないかを事前に計算してから注文を入れていくのがよいでしょう。

2021年7月よりFTXのレバレッジが最大20倍に引き下げられているので注意

またFTXと他業者で両建てトレードを行う際には、レバレッジにも注意が必要です。

これまで最大101倍のレバレッジトレードが可能であったFTXですが、2021年7月25日の発表により、レバレッジの最大値が20倍に引き下げられています。

他の業者を利用する際にはレバレッジを合わせる必要がありますので、20倍以上のハイレバレッジトレードがしたいという場合には、FTXが利用できませんので注意してください。

FTXの両建てを分かりやすく解説まとめ

今回は、FTXの両建てを分かりやすく解説してきました。

FTXでは両建てトレードを禁止しておらず、トレーダーが自由に両建てポジションを立てられるようになっています。

また異なる取引方法での両建てやアカウント・業者をまたいだ両建てにも柔軟に対応しているようです。

レバレッジやコストなどに注意しながら、両建てトレードにチャレンジしてみてくださいね。

-FTX

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.