ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

FTX

FTXの複数口座(複数アカウント)を分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】FTXの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

FTXの複数口座(複数アカウント)は開設できるの?

もしできるとしたらFTXは最大いくつまで開設できるのか、複数口座(複数アカウント)の開設方法はどうすればいいの?

FTXの複数口座(複数アカウント)の具体的な使い方やトレード条件を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

FTXはレバレッジトークンをはじめとしたデリバティブ商品で仮想通貨トレードができる海外取引所です。

ここではFTXは複数口座(複数アカウント)についてみていきましょう。

FTXの複数口座(複数アカウント)を分かりやすく解説

FTXの複数口座(複数アカウント)は最大50口座まで開設できる

FTXの複数口座(複数アカウント)は最大50口座を上限として開設できます。

複数口座(複数アカウント)の開設で、FTXの両建て、自動売買、スキャルピング・デイトレード・スイングトレード、レバレッジの倍率など、各口座で一度に異なる条件のトレードを行うことができます。

レバレッジトークンやMOVE取引などの独自デリバティブ商品をはじめ、先物取引やスポット取引など、幅広い商品を扱うFTXのトレードにおいて複数口座(複数アカウント)は重宝するでしょう。

FTXでは複数口座(複数アカウント)を「サブアカウント」と呼びます。

FTXの複数口座(複数アカウント)の開設方法

FTXの複数口座(複数アカウント)の開設方法をみていきましょう。

マイページのメニュー「サブアカウント(CREATE SUBACCOUNT)」をクリックしましょう。

ポップアップの「サブアカウントの管理」をクリックし、FTXの複数口座(複数アカウント)の開設ページを表示します。

「サブアカウントを開設する」へ進み、「新しいサブアカウントを作成する」のフォームに任意のタイトルを記入し、「サブアカウントを作成する」をクリックします。

これでFTXの複数口座(複数アカウント)の開設を完了します。

同じやり方を繰り返すことで、FTXで上限50口座まで自由にサブアカウントを開設できます。

FTXの複数口座(複数アカウント)の管理方法と設定方法

FTXで開設した複数口座(複数アカウント)の、アカウントの管理方法と設定方法をみていきましょう。

FTX 複数口座(複数アカウント)の切替方法

FTXの複数口座(複数アカウント)の切替方法は、まずメインアカウントでログインしましょう。

メニューから「サブアカウント」へ進み「サブアカウントを選択」から任意の口座を選択してください。

FTX 複数口座(複数アカウント)のログイン名とパスワードの設定方法

FTXの複数口座(複数アカウント)は、各サブアカウントに異なるログイン名とパスワードを設定できます。

ログイン名とパスワードの設定方法は、まずFTXのメニュー「設定」を選択しましょう。

「カスタムログイン」へ進み「サブアカウント」からログイン名とパスワードを設定したい口座を、複数口座(複数アカウント)から選択します。

「ログイン名」「パスワード」「サブアカウント」を自由に設定してください。

FTXの複数口座(複数アカウント)の入出金・トレード・資金移動の設定方法と資金移動のやり方

FTXの複数口座(複数アカウント)で、入出金・トレード・資金移動を始める前に必要な設定方法があります。

事前設定を完了したら、サブアカウントならではの操作方法として、FTXの複数口座(複数アカウント)の資金移動のやり方をみていきましょう。

FTXの入出金・資金移動・トレードの前に必要な複数口座(複数アカウント)の設定方法

FTXで複数口座(複数アカウント)を開設後、入出金や資金移動・トレードをスタートする前に「Read Only(読み取りのみ)」をオフに設定しましょう。

さらにFTXの出金方法では「Can Withdraw(出金可能/撤回する)」でオンを選択する必要があります。

「Read Only(読み取りのみ)」でオン、「Can Withdraw(出金可能/撤回する)」でオフが選択されている状態では、FTXのプラットフォーム上でトレードや入出金・資金移動などを行うことができません。

FTXの複数口座(複数アカウント)が読み取り専用でない場合は、各サブアカウントへの初回ログインに二段階認証の設定が必要になりますので、2段階認証を設定しましょう。

FTXの複数口座(複数アカウント)間の資金移動のやり方

FTXの複数口座(複数アカウント)間では、自由に資金移動できます。

資金移動のやり方は、FTXのメニュー「設定」から「サブアカウント」を選択しましょう。

「サブアカウント間での送金」フォームの「コイン」へ資金移動したい金額を入力します。

資金移動元のサブアカウントを「ソースアカウント」から、資金移動先のサブアカウントで「宛先アカウント」を選択しましょう。

これでFTXの複数口座(複数アカウント)の資金移動が完了します。

FTXの複数口座(複数アカウント)の取引条件と設定方法

FTXの複数口座(複数アカウント)の取引条件やレバレッジの設定方法について解説していきます。

FTX 複数口座(複数アカウント)の証拠金と口座残高

FTXの複数口座(複数アカウント)の証拠金は、ひとつひとつのサブアカウントごとに独立しています。

たとえばFTXのサブアカウントAの証拠金は20ドル、サブアカウントBの証拠金は10ドルを、複数口座(複数アカウント)で保有していたとしましょう。

サブアカウントAで先物取引しロスカットされてしまっても、サブアカウントBの証拠金は没収されません。

もちろんサブアカウントAの証拠金は0円になりますが、サブアカウントBは独立した口座として認識されているため、証拠金10ドルには影響がないということです。

同じくゼロカットもサブアカウントAに対して執行されるため、FTX全体の口座残高にも影響がありません。

FTXの複数口座(複数アカウント)では、自由に資金管理を行うことができます。

FTXの複数口座(複数アカウント)のレバレッジの設定方法

FTXの複数口座(複数アカウント)のレバレッジは、サブアカウントごとに設定できます。

複数口座(複数アカウント)ごとに異なるレバレッジでトレードし、結果を比較・検証したいときに役立ちます。

FTXの複数口座(複数アカウント)のレバレッジの変更方法は、まずはレバレッジを変更したいサブアカウントへログインします。

「設定」から「レバレッジ」ヘ進み、任意の倍率を選択してください。

FTX 複数口座(複数アカウント)のFTTトークンの手数料割引について

FTXの独自トークンであるFTTトークンを保有していると、保有数量に応じて取引手数料の割引が適用されます。

割引適用率はFTXのすべてのアカウントの合計数量に応じて適用されると考えておきましょう。

たとえばFTXのサブアカウントAで10,000ドル、サブアカウントBで5,000ドルを保有している場合、FTTトークンの合計は15,000ドルです。

保有トークン15,000ドルの割引適用率15%が、サブアカウントA・Bで同じように適用されます。

FTXの複数口座(複数アカウント)の両建ては認められている

FTXの複数口座(複数アカウント)をまたいだ両建ては認められています。

ゼロカットが適用されるFTXでは、利益獲得に結び付けやすい環境で両建てトレードできると言えるでしょう。

FTXサポートに問い合わせたところ、複数口座(複数アカウント)をまたいだ両建ては禁止されていないと回答をいただきました。

FTXの複数口座(複数アカウント)を分かりやすく解説まとめ

FTXの複数口座(複数アカウント)をサブアカウントと呼び、最大50口座を開設して保有できます。

複数口座(複数アカウント)の設定方法や管理方法、使い方をマスターすることで、FTXの資金管理やトレードに役立てることができるでしょう。

ぜひFTXのトレードに複数口座(複数アカウント)をお役立てください。

-FTX

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.