ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

FTX

FTXのスマホアプリの使い方を分かりやすく解説

投稿日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】おすすめ1位の取引所(LINE公式で確認)

【2位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binanceの詳細ページはこちらから

海外の仮想通貨(暗号資産)取引所の中でも、レバレッジトークンでの取引など独自の取引方法が人気となっているFTX。

そんなFTXをスマホアプリを使って取引していきたいという人もいるでしょう。

FTXでは独自のスマホアプリがリリースされており、アプリを使って登録や入出金、トレードができるようになっています。

ここでは、FTXのスマホアプリの使い方を分かりやすく解説していきます。

FTXのスマホアプリの使い方を分かりやすく解説

FTXのスマホアプリの使い方 アプリのインストールからアカウント登録方法

FTXでは独自のスマホアプリがリリースされていますので、基本的にPCブラウザなどで利用できる機能は一通りスマホアプリでも利用可能です。

まずはFTXのスマホアプリの使い方として、FTXアプリのインストールからアカウント登録の方法までをみていきましょう。

FTXスマホアプリのインストール方法

まずはFTXのスマホアプリのインストール方法です。

iPhoneであればAppStore、AndroidであればGooglePlayにて、検索窓に「FTX」と入力し、アプリをインストールしていきましょう。

FTXのスマホアプリは場合によって2種類表示されることがありますが、「FTX」アプリは日本からのアカウントに対応していませんので「FTX Pro」というアプリをインストールしてください。

「FTX」アプリでもログイン自体ができることもあるようですが、誤作動などが起きて正常には動きませんので、必ず「FTX Pro」を利用していきましょう。

FTXスマホアプリでのアカウント登録方法

FTXのスマホアプリのインストールが完了し、スマホ画面にアプリアイコンが表示されたら、アイコンをタップしてFTXアプリを開いてください。

スマホアプリを開くと「登録」の画面が表示されます。

FTXに登録するEメールアドレスと好きなパスワードを入力し、「FTX利用規約」を一読した上で「FTX利用規約に同意します」にチェックボタンを入れていきましょう。

「登録」ボタンをタップすると、FTXへのアカウント登録が完了となります。

FTXはアカウント認証(本人確認)を行わなくても、入金やトレードが可能ですが、出金が1000ドルまでの上限に制限されるでしょう。

出金の制限を解除したい場合には、ログイン後のアプリメイン画面(または「User」画面)の中から「出金限度額を上げる」をタップして、アカウント認証を行ってください。

なお、出金制限を全て解除するためには本人確認書類と現住所確認書類の画像アップロードが必要になりますので、事前に準備しておくと手続きがスムーズです。

FTXのスマホアプリの使い方 入金方法

FTXのスマホアプリにてアカウントの登録が完了すると、続いてスマホアプリ内で入金手続きが行えるようになります。

FTXのスマホアプリではUSDなどの法定通貨の他、仮想通貨(暗号資産)を利用しての入金手続きも可能です。

ここでは、ビットコイン(BTC)を利用した入金方法をみていきましょう。

まずはFTXスマホアプリのメイン画面のメニュー一覧から「ウォレット」をタップしてください。

FTXの自分のウォレット(資産)が表示されるので、その中の「入金」をタップしていきましょう。

入金可能なコイン銘柄の一覧が表示されるので、「ビットコイン(Bitcoin)」をタップします。

ビットコイン(BTC)の入金手続き画面が表示され、FTXのBTC入金アドレスが表示されるでしょう。

入金アドレス横に表示されている「コピー」をタップすると、BTC入金アドレスがコピーされます。

あとは入金元の送金手続き画面にて、送金先アドレスの項目に先ほどコピーしたFTXのBTC入金アドレスを貼り付けて利用していきましょう。

送金元の送金手続きが完了すると、FTXにてビットコイン(BTC)の入金金額が反映されます。

FTXのスマホアプリの使い方 チャートの見方と使い方

続いてFTXのスマホアプリを利用してチャートを確認したり、チャート上でのテクニカル分析を行う方法をみていきましょう。

FTXは基本的にチャートの確認や新規注文・決済なども1つのスマホアプリ内で行うことができますが、インジケーターの利用などチャート分析に関してはFTXのスマホアプリ内で行うことができません。

そのためFTXでスマホを使ってテクニカル分析を行いたいという場合には、別途で取引ツールである「Tradingview」というスマホアプリのインストールが必要になってくるでしょう。

スマホでテクニカル分析を行う場合には「Tradingview」アプリも合わせてインストールしておきましょう。

FTXのスマホアプリでのチャートの確認方法

まずは、FTXのスマホアプリでのチャートの確認方法です。

アプリメニューの中の「市場:をタップし、その下の取引方法を選択すると、取引方法ごとの気配値一覧が表示されますので、取引したい通貨銘柄をタップします。

選択した通貨銘柄のチャートが表示されるでしょう。

画面内の「5m」と表示されているところで、チャートの時間足の表示を変更することができます。

また一番右側のアイコンをタップすることでチャート表示が拡大され、横向きでのチャートの確認もできるようになっています。

FTXのスマホアプリの使い方 注文方法

最後にFTXのスマホアプリを使って、新規注文を行う方法をみていきましょう。

アプリメニューの中の「市場:をタップし、その下の取引方法を選択すると、取引方法ごとの気配値一覧が表示されますので、取引したい通貨銘柄をタップします。

選択した通貨銘柄のチャートが表示され、チャートの下部に「売り」「買い」のボタンが表示されますのでポジションを保有する方をタップしていきましょう。

「売り」「買い」いずれかのボタンをタップすると注文画面が表示されます。

「注文種別」の項目にて「成行注文」「指値注文」「ストップ指値注文」など、利用する注文種別を選択してください。

成り行き注文の場合には「数量」を入力し、指値や逆指値注文を行う場合には希望の指値(逆指値)価格を入力した上で数量を入力します。

最後に発注をタップすると注文が確定しポジションが保有されるでしょう。

FTXのスマホアプリの使い方を分かりやすく解説まとめ

今回は、FTXのスマホアプリの使い方を分かりやすく解説してきました。

FTXでは、自社独自のスマホアプリがリリースされており、スマホアプリ1つでアカウント登録・入出金・チャートの確認や注文が行えるようになっています。

スマホアプリでチャート分析までを行っていきたいという人は、別途で取引ツールの「TradingView」をインストールしてFTXのスマホアプリと併用していきましょう。

-FTX

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.