ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

FTX

FTXの安全性と危険性の評判を分かりやすく解説

投稿日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】おすすめ1位の取引所(LINE公式で確認)

【2位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binanceの詳細ページはこちらから

これまでにない新たなスタイルのレバレッジトレードができることでも注目を集めている仮想通貨(暗号資産)取引所のFTX。

そんなFTXに興味を持っている人の中には、FTXの安全性や危険性に関する評判について詳しく知りたいという人もいるでしょう。

FTXは2019年にスタートしたまだまだ運用実績の浅い取引所であるため、安全に利用できるのか不安を感じている人も多いようです。

そこで今回は、FTXの安全性と危険性の評判を分かりやすく解説していきます。

FTXの安全性と危険性の評判を分かりやすく解説

FTXの安全性と危険性の評判 FTXは金融ライセンスを取得していない仮想通貨(暗号資産)取引所

FXブローカーや仮想通貨(暗号資産)取引所の安全性・危険性を計るための指標の1つになっているのが「金融ライセンスを取得しているかどうか」です。

たとえば日本国内日本人を対象としてFXブローカーや仮想通貨(暗号資産)取引所を運営するのであれば、日本の金融庁からの業務運用許可が必要になってきます。

もしも金融庁の金融業務を許可するライセンスを取得せずにFXブローカーや仮想通貨(暗号資産)取引所を日本国内で日本人向けに運用していたら、違法業者として業務停止などのペナルティが課せられるのです。

海外FXブローカーや海外の仮想通貨(暗号資産)取引所の場合、拠点が海外にあるところが大半であり、日本人を対象に勧誘などを行っているわけではないところも多くなっています。

そのため日本の金融庁のライセンスを所有しておらず、拠点となる国のライセンスのみを取得しているところがほとんどです。

日本の金融庁のライセンスは取得していないものの、海外の一国の金融ライセンスを取得していれば、運営状況も一定レベル以上で行われていることがイメージできるでしょう。

しかしFXTの公式サイトにて金融ライセンスについて調べてみましたが、FTXは金融ライセンスを取得しているという記述は見つかりませんでした。

そのためFXTは金融ライセンスを取得していない仮想通貨(暗号資産)取引所であると考えられます。

FTX自体がまだまだ新しい仮想通貨(暗号資産)取引所であることなどから、今後は金融ライセンスの取得が安全性を高めてユーザー数を増加させる目標となってくるでしょう。

FTXの安全性と危険性の評判 大手仮想通貨(暗号資産)取引所Binance(バイナンス)との関係性について

FTXの安全性や危険性を語る上で、これまでFXTと同じ大手仮想通貨(暗号資産)取引所であるBinance(バイナンス)との関係性を話題にする人も多くなっていました。

Binance(バイナンス)は、2017年頃から日本人トレーダーも数多く利用するようになった海外の仮想通貨(暗号資産)取引所であり、ユーザー数も仮想通貨(暗号資産)取引所の中でトップレベルを誇っていたことで有名です。

そんなBinance(バイナンス)はFTXの株を保有しており、これまでBinance(バイナンス)の傘下にFTXがいるという状況が続いていました。

しかし2021年に入り、Binance(バイナンス)は日本の金融庁から複数回の警告を受けるなど、徐々に日本での運営状況の雲行きが怪しくなってきています。

また金融庁からの警告は日本のみではなく、英国・ケイマン諸島・イタリアなどの国もBinance(バイナンス)の運用に対して警告通知を行うようになってきました。

2021年に入ってから「Binance(バイナンス)の危険性が高い」という雰囲気で運用状況が怪しくなる中で、FXTはBinance(バイナンス)から株の買い戻しを行う動きがでてきています。

そのためFXTはBinance(バイナンス)の傘下から抜け出し、FXT独自の運営スタイルに変化していることがわかるでしょう。

またFTXは今後Binance(バイナンス)にとってかわる、大手海外仮想通貨(暗号資産)取引所になるのではという評判も多く、今後が期待される取引所になっています。

さらにBinance(バイナンス)とは異なりFTXは2021年現在のところ、日本の金融庁から無許可での運営に対する警告などを受けていません。

これはFTXの公式サイトが日本語非対応であることや、日本人トレーダーを対象とした勧誘などを多なっていないため、日本の金融庁に目をつけられていないというのが大きな理由になっている可能性が高くなっています。

FTXの安全性と危険性の評判 レバレッジ最大値の引き下げについて

FTXの安全性と危険性の評判の中では、これまでFTXのレバレッジの最大値に関する安全性について話題となることも多くなっていました。

FTXでは、最大101倍までのハイレバレッジトレードができるようになっており、日本国内の仮想通貨(暗号資産)取引所では実現不可能な高いレバレッジをかけられることも魅力の1つです。

しかしハイレバレッジトレードができるという面に危険性を感じてしまう人も多く、「金融ライセンスを所持していない取引所でのハイレバレッジトレードは安全性に欠ける」というクチコミもみられました。

そして、2021年7月25日にFTXから発表されたのがレバレッジの最大値の引き下げです。

これまで最大で101倍までかけられていたレバレッジが、FXTにて最大20倍までに制限されることになりました。

日本国内の仮想通貨(暗号資産)取引所でのレバレッジの最大値は現在2倍程度におさえられていますので、20倍になってもかなり高いレバレッジがかけられることには変わりありません。

しかし101倍のレバレッジに比べると、損失のリスクが軽減され安全性がより高くなるトレードができるようになるといえるでしょう。

今後もFXTの取引条件に関しては、安全性を踏まえた上で改善されていく可能性が高くなっています。

FTXの安全性と危険性の評判を分かりやすく解説まとめ

今回は、FTXの安全性と危険性の評判を分かりやすく解説してきました。

FXTは2019年にスタートしたばかりの海外仮想通貨(暗号資産)取引所ですが、安全性を高めるための動きはスピーディーだといえるでしょう。

今後の課題となっているのが金融ライセンスの取得であり、ライセンスを取得することで仮想通貨(暗号資産)取引所としての安全性が一気に上がっていくことが期待されています。

-FTX

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.