ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています







【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

BitMEXは追証無しで100倍迄レバレッジ取引可能な取引所です。BTCFXではショート(売り)からも入る事が出来るので現物取引では出来ない「下げ相場」でも稼ぐ事が出来るのが大きな特徴となっています(今現在利益を上げているトレーダーの多くがショート勢です)
ゼロカットを搭載しており資産がマイナスになる心配が無い事や世界一取引量のある取引所なので板が厚く、サーバーも安定している為専業のトレーダーにも使われている取引所です

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

「BitMEX(ビットメックス)の登録方法と使い方を分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)の手数料について分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)のレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料」

「BitMEX(ビットメックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説」

レバレッジ取引

DMM Bitcoinのロスカット・強制決済・追加証拠金について

投稿日:

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

世界一の取引量を誇る「BitMEX」ではBTCFXのショート(売り)から入る事で「下げ相場」でも稼ぐ事が可能です。BTCFXであればビットコインの価格が下がっている時が稼ぎ時にもなりますので登録がまだの方はぜひ登録して試してみて下さい

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

世界一の取引量を誇る「BitMEX」ではBTCFXのショート(売り)から入る事で「下げ相場」でも稼ぐ事が可能です。BTCFXであればビットコインの価格が下がっている時が稼ぎ時にもなりますので登録がまだの方はぜひ登録して試してみて下さい

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

DMM Bitcoinは、あらゆる事業を手掛けていることで有名なDMMが運営する仮想通貨取引所です。

中でも注目すべきはその安全性なのだそう。 基本的に国内取引所は安全性の高さが魅力ですが、DMM Bitcoinはレバッジ取引のロスカットルールを採用している点に注目です。

ではDMM Bitcoinのロスカットを始め、それに関わる強制決済や追加証拠金などについてもみていきましょう。

DMM Bitcoinのロスカット・強制決済・追加証拠金について

DMM Bitcoinでは、仮想通貨取引の醍醐味であるレバッジ取引可能です。レバッジ取引はたくさん儲けたい方にとっては欠かせない取引方法ですが、場合によっては大幅に損をし、最悪破産してしまうことも。

そこでレバッジ取引の損失のリスクを最大限に抑えるのがロスカットで、DMM Bitcoinを始めとしたすべての取引所でも採用されています。

DMM Bitcoinのロスカットとは?

レバッジ取引は大きく儲けることができるのが魅力的ですが、そのような場合ばかりとも限りません。

万が一の相場の変化によって損失が発生してしまうおそれがあります。 損失によって証拠金がなくなってしまうばかりか、最悪マイナスとなって破産してしまう可能性も0ではありません。

DMM Bitcoinなどの取引所ではそのような状況を想定して、ロスカットルールを設けています。

ロスカットとは、仮想通貨取引の損失が一定数を上回ってしまった場合に、保有している仮想通貨を決済することを言います。

ロスカットが発生すると、トレーダーへの連絡はなく強制的に決済を行い、資産の損失を最小限に防ぎます。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

DMM Bitcoinの強制決済のタイミング

ロスカットルールは取引所ごとに違い、DMM Bitcoinでは証拠金維持率が80%を下回ったときに強制決済されます。

現在の自分の仮想通貨の証拠維持率はDMM Bitcoinのマイページ内にも掲載されていますので自分で求める必要はありません。 しかし参考までに以下の公式で求められると心得ておきましょう。

【証拠金維持率=(純資産-注文証拠金)÷ポジション必要証拠金×100】

強制決済のタイミングをチェックするために、DMM Bitcoinと他の国内取引所の証拠金維持率を以下にまとめました。

倍率が高いほどロスカットしやすいく、低いほどなりにくいという特徴があります。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

DMM Bitcoinと日本国内仮想通貨取引所の証拠金維持率の比較

100%以下 BIT Point

80 %以下 DMM Bitcoin

50 %以下 coincheck 、bitFlyer

30 %以下 Zaif

20 %以下 bitbank

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

DMM Bitcoinのレバッレッジが高い方がロスカットのリスクを防げる

レバッジが高いほうがハイリスク・ハイリターンですが、実はそうとも言い切れない現実があります。

もちろん損失を大きく出してしまう可能性があるのでリスクが高くなってしまうという面を持ってますが、ロスカットが起こりにくいというメリットを持っています。

その理由は同じ証拠金額でもレバッジの高い方が損失の決済額を高く設定できるからです。

多くの儲けを得られるだけでなく、ロスカットまでの価格や時間の猶予が長くなるため、ロスカットのリスクを防げるのです。

参考までにDMM Bitcoinを始めとした、国内取引所のレバッジの上限は以下の通りです。

DMM Bitcoinに限り、レバッジは固定と指定されています。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

DMM Bitcoinと日本国内仮想通貨取引所のレバッジの倍率の比較

BITPoint  25倍

coincheck 5倍

bitFlyer  10倍

Zaif 7.7倍

bitbank 20倍

DMM Bitcoin 固定5倍

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

DMM Bitcoinのロスカットのデメリット。強制的に損失が確定されてしまう

大きな損失を出さないのがロスカットのメリットですが、反面強制的に損失が確定してしまうというデメリットがあります。

DMM Bitcoinでは、たった80%でロスカットされてしまうので、不満の声も多く上がっているのが現状のようです。

アルトコインのレバッジ取引ができるDMM Bitcoin。ただアルトコインは急落や急騰によって値動きが激しいため、レバッジ取引には不向きです。

DMM Bitcoinではアルトコインのレバッジ取引ができるものの、レバッジは固定5倍、証拠金維持率80%でロスカットされてしまいます。

よって自分の不利益が他の人の利益になることを懸念する声も聞こえますね。

せめて同じレバッジを持つコインチェック(coincheck)のようにDMM Bitcoinも50%でロスカットだったらいいのに、と余力がほしいという様子もうかがえます。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

DMM Bitcoinの追加保証金について

追加保証金とはその名の通りレバッジ取引にて追加で支払うお金を言い、別名「追証」と呼ばれています。ではどのタイミングで支払うのかというと、含み損が発生したときです。

レバッジ取引で売買しているお金はすべて自分のものではありません。証拠金を担保に数倍の金額の取引をしているため、実質借金していることになります。

借金してるうえ、さらに売買で損を出してしまうと、より破産リスクが高くなってしまいます。 そこで追加保証金を支払います。

決められた期日までに追加金を支払うことによりロスカットを防げ、引き続き取引できるというしくみになっているのです。

万が一追加保証金を支払わなければ、取引できなくなります。

追加保証金は、レバッジ取引で積み重なった損による破産を防ぐための手段だと言えます。

よってロスカットと追加保証金は基本的にセットで設けられおり、DMM Bitcoinでも採用されています。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

さっそくDMM Bitcoinのロスカットへの声、続々

取引所開設から2日目のDMM Bitcoinのロスカットについての声が聞こえてきます。アルトコインのレバッジ取引についての声が多く聞かれたのが特徴でした。

やはりアルトコインのレバッジ取引に心配の声が 同じくDMM Bitcoinでのアルトコインのレバッジ取引による心配の声が聞こえてきます。

アルトコインはレバッジ取引だけしかできないため、ロスカットの対象になるためでしょう。DMM Bitcoinでの取引には、そのようなポイントに注意して使ってください。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

逆に長期的な保有に最適との声も

DMM Bitcoinでのアルトコインはレバッジ取引しかできません。

ただロスカットなどを考慮すると短期で勝負ではなく、長期的な利用に向いているとの声もあります。ようするに使い方次第ってことですね。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

DMM Bitcoinのロスカット・強制決済・追加証拠金についてまとめ

ロスカットはDMM Bitcoinに限らず、レバッジ取引を行っている仮想通貨取引所すべてで採用されているルールです。

強制決済によって損失を最小限に抑えられるメリットがありますが、逆に強制的に損失が決定してしまうと言うデメリットもあります。

また追加証拠金によっても、破産リスクを軽減できます。DMM Bitcoinは安全に仮想通貨取引ができる工夫が十分になされているのです。

DMM Bitcoinのロスカットが起こる確率は、他の仮想通貨取引所と比較すると高くなる傾向があります。

ただアルトコインではレバッジ取引しかできませんが、長期保有には向いているのかもしれません。

使い方次第で上手に儲けを出すことができますよ。 ただレバッジ手数料が毎日かかってしまうので、どちらかというとアルトコインには向かないと言えます。

よって結論、DMM Bitcoinではチャレンジしすぎて大きな損失を作ってしまいそうな方に最適だと言えそうです。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

「BitMEX(ビットメックス)の登録方法。入金・出金・送金まで分かりやすく解説」

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

BitMEXは追証無しで100倍迄レバレッジ取引可能な取引所です。BTCFXではショート(売り)から入る事が出来るので現物取引では出来ない「下げ相場」でも稼ぐ事が出来るのが大きな特徴となっています(今現在利益を上げているトレーダーの多くがショート勢です)
ゼロカットを搭載しており資産がマイナスになる心配が無い事や、世界一取引量のある取引所なので板が厚く、サーバーも安定している為専業のトレーダーにも使われている取引所です

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

「BitMEX(ビットメックス)の登録方法と使い方を分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)の手数料について分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)のレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料」

「BitMEX(ビットメックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説」

【BitMEXと合わせて登録しておきたいレバレッジ最大200倍アルトコインFXも魅力のCryptoGT】

追証なしでレバレッジ最大200倍(調整可)、MT5導入、取扱通貨7種類。スプレッドとスワップポイントが大幅に(1/4程度に)下がり専業トレーダーの方の間でも評判が高まっているBTCFX専門の取引所です。BitMEXをメインに次点で合わせて登録しておきたい取引所です

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

「CryptoGT(クリプトGT)の登録方法と使い方を分かりやすく解説」

【ZERO/ゼロからはじめるビットコイン運営者】

初心者でもゼロから仮想通貨について学べる様に分かりやすい仮想通貨情報の発信を心掛けています

-レバレッジ取引

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.