ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています







【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

BitMEXは追証無しで100倍迄レバレッジ取引可能な取引所です。BTCFXではショート(売り)からも入る事が出来るので現物取引では出来ない「下げ相場」でも稼ぐ事が出来るのが大きな特徴となっています(今現在利益を上げているトレーダーの多くがショート勢です)
ゼロカットを搭載しており資産がマイナスになる心配が無い事や世界一取引量のある取引所なので板が厚く、サーバーも安定している為専業のトレーダーにも使われている取引所です

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

「BitMEX(ビットメックス)の登録方法と使い方を分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)の手数料について分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)のレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料」

「BitMEX(ビットメックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説」

レバレッジ取引

コインチェック(coincheck)のロスカット・強制決済・追加証拠金について

投稿日:

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

世界一の取引量を誇る「BitMEX」ではBTCFXのショート(売り)から入る事で「下げ相場」でも稼ぐ事が可能です。BTCFXであればビットコインの価格が下がっている時が稼ぎ時にもなりますので登録がまだの方はぜひ登録して試してみて下さい

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

世界一の取引量を誇る「BitMEX」ではBTCFXのショート(売り)から入る事で「下げ相場」でも稼ぐ事が可能です。BTCFXであればビットコインの価格が下がっている時が稼ぎ時にもなりますので登録がまだの方はぜひ登録して試してみて下さい

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

コインチェック(coincheck)のロスカットや強制決済はどのように行われるのでしょうか。また追加証拠金はどのタイミングで行われるのかも、レバレッジ取引を行う方にとっては気になるところでしょう。

そもそもビットコイン(仮想通貨)初心者は「ロスカットや共済決済とはどのようなものなのかを知らない!」という方もいるかもしれません。それでなくても敷居が高く感じるビットコイン(仮想通貨)ですので、躊躇してしまう方もいるでしょう。でも大丈夫!

ここではロスカット・強制決済・追加証拠金とはどのようなものなのかを解説しながら、コインチェック(coincheck)のロスカット・強制決済・追加証拠金についてみていきます。

コインチェック(coincheck)のロスカット・強制決済・追加証拠金について

レバレッジ取引では、自分の資金の数倍の取引ができます。たとえば資金1万円でレバッジ倍率5倍だったとしたら、5万円分の取引ができます。自分の資金は1万円なので、残り4万円分は、コインチェック(coincheck)から借金したことになります。

ちなみにコインチェック(coincheck)では、日本円を証拠金として最大5倍のレバレッジ取引可能です。証拠金とは、レバレッジ取引を行うための資金をさします。

借金して取引を行ううえ、売買で損失を出したときのリスクを最小限に抑えるため、コインチェック(coincheck)では、ロスカット、強制決済、追加証拠金などの決まりが定められています。取引所ごとにルールは違いますが、コインチェック(coinchek)ではどのようになっているのでしょうか。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

コインチェック(coincheck)のロスカットとは?証拠金維持率もレクチャー

ロスカットとは、レバレッジ取引の損失がコインチェック(coincheck)規定の証拠金維持率を下回ったときにポジションが強制決済されることをさします。証拠金維持率とは、レバレッジ取引で損失が出た時に自動的に決済される基準数値をさし、ポジションとは取引を維持している状態をさします。

もしロスカットが導入されていなければ、コインチェック(coincheck)のレバレッジ取引における損失が膨らんでしまった場合、取り返しのつかないことになります。このようにロスカットは、コインチェック(coincheck)利用者のレバレッジ取引による負債を最小限の抑えるためににかかせない決まりなのです。

ただロスカットされても、損失が発生してしまうことがあるので心得ておきましょう。もちろんコインチェックに限らず、ビットコイン(仮想通貨)取引所でレバレッジ取引によるロスカットを行うための共通ルールとなるので心得ておいてください。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

コインチェック(coincheck)の証拠金維持率とは?

取引所ごとに証拠金維持率が違いますが、コインチェック(coincheck)では50%を下回ると強制決済されます。証拠金維持率は、全取引所共通で以下のように求めます。

証拠金維持率=純資産(証拠金+ポジション含み益)÷((保有しているポジション相当額+約定していない新規注文の金額)÷レバッジ倍率)

ちなみにコインチェック(coincheck)では証拠金維持率が100JPYになるような注文はできません。さらに決済注文は未約定の注文金額に含まれませんので注意してください。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

コインチェック(coincheck)の追加証拠金でポジションをキープしよう

追加証拠金とは、その名の通りコインチェック(coincheck)へ追加で入金するお金を言います。業界用語で「追証(おいしょう)」とも言い、レバレッジ取引のポジションをキープするために役立つルールです。

コインチェック(coincheck)では、証拠金維持率が50%を下回ってしまうとロスカットとなり、強制決済されてしまうおそれがあります。ロスカットになる前に追加証拠金を入金すると証拠金維持率が回復しロスカットを防ぐことができます。

ちなみにコインチェック(coincheck)では証拠金維持率が80%を下回ると、メールで知らせが届きます。50%になる前に知らせが届くので、ロスカットを防ぐことが可能です。コインチェック(coincheck)へ追加証拠金を追加するための基準になるでしょう。

ちなみに追加証拠金の基準も取引ごとに違います。コインチェック(coincheck)はロスカット基準も追証基準も高くなっている傾向にあります。よって初心者にぴったりなビットコイン(仮想通貨)取引所だと言えるでしょう。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

コインチェック(coincheck)ロスカット基準が高ければ安心?

コインチェック(coincheck)は、他社と比較するとロスカット基準が高めに設定されています。ビットフライヤー(bitFlyer)は、コインチェックと同じくロスカット基準が50%ですが、ビットバンク(Bitbank)は20%、Zaif(ザイフ)は30%と、他社のほうが低く設定されています。

よってコインチェック(coincheck)では損失を最小限に防げるので安心ですが、そうばかりとも言えないのが現状です。証拠金維持率が高ければ最小限の損失で済むため安全に取引できます。

ただビットコイン(仮想通貨)の価格が変動したときにロスカットになりやすくなってしまいます。ロスカット基準が低ければ、基準を下回ってしまう可能性が低くなるのでポジションを維持でき、儲けを出しやすくなります。

逆にコインチェック(coincheck)のロスカット基準が高ければ少ない損失で済むものの、ロスカットしやすくなってしまうというデメリットがあります。いずれもメリットデメリットがありますが、安全が気がかりな投資初心者にとってコインチェック(coincheck)のようにロスカット基準が高ければ安心と言えますね。

ちなみにGMOコインでは、なんと証拠金維持率75%でロスカットです。このようにコインチェック(coincheck)以上の厳格なロスカット基準のところもあるため、コインチェック(coincheck)は中間と考えられ、初心者にぴったりなビットコイン(仮想通貨)取引所だと言えるでしょう。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)


※注意:ツイートでは85%になっていますが、正式には75%です。

コインチェック(coincheck)のロスカット・強制決済・追加証拠金についてまとめ

コインチェック(coincheck)のロスカットは、他社と比較しても一般的と言えるかもしれません。特に初心者が安全に使うためには、証拠金維持率50%だという点からおすすめだと言えるでしょう。

追加証拠金の入金の目安として、80%が下回ったときにメールでお知らせがあるのも安心ですよね。コインチェック(coincheck)では早めに気づいて早めに対処することができますよ。

もちろん証拠金維持率が低いほうが強制決済のリスクは下がるので儲けを出したいときには安心ですが、初心者はまずなれるためにも敷居の低いコインチェック(coincheck)がおすすめだと言えるでしょう。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

「BitMEX(ビットメックス)の登録方法。入金・出金・送金まで分かりやすく解説」

 

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

BitMEXは追証無しで100倍迄レバレッジ取引可能な取引所です。BTCFXではショート(売り)から入る事が出来るので現物取引では出来ない「下げ相場」でも稼ぐ事が出来るのが大きな特徴となっています(今現在利益を上げているトレーダーの多くがショート勢です)
ゼロカットを搭載しており資産がマイナスになる心配が無い事や、世界一取引量のある取引所なので板が厚く、サーバーも安定している為専業のトレーダーにも使われている取引所です

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

「BitMEX(ビットメックス)の登録方法と使い方を分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)の手数料について分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)のレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料」

「BitMEX(ビットメックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説」

【BitMEXと合わせて登録しておきたいレバレッジ最大200倍アルトコインFXも魅力のCryptoGT】

追証なしでレバレッジ最大200倍(調整可)、MT5導入、取扱通貨7種類。スプレッドとスワップポイントが大幅に(1/4程度に)下がり専業トレーダーの方の間でも評判が高まっているBTCFX専門の取引所です。BitMEXをメインに次点で合わせて登録しておきたい取引所です

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

「CryptoGT(クリプトGT)の登録方法と使い方を分かりやすく解説」

【ZERO/ゼロからはじめるビットコイン運営者】

初心者でもゼロから仮想通貨について学べる様に分かりやすい仮想通貨情報の発信を心掛けています

-レバレッジ取引

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.