【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

BitMEXは追証無しで100倍迄レバレッジ取引可能な取引所です。BTCFXではショート(売り)からも入る事が出来るので現物取引では出来ない「下げ相場」でも稼ぐ事が出来るのが大きな特徴となっています(今現在利益を上げているトレーダーの多くがショート勢です)
ゼロカットを搭載しており資産がマイナスになる心配が無い事や世界一取引量のある取引所なので板が厚く、サーバーも安定している為専業のトレーダーにも使われている取引所です

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

「BitMEXの登録方法。入金・出金・送金まで分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)のレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料」

「BitMEX(ビットメックス)の手数料について分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説」

【BitMEXと合わせて登録しておきたいレバレッジ最大200倍アルトコインFXも魅力のCryptoGT】

追証なしでレバレッジ最大200倍(調整可)、MT5導入、取扱通貨7種類。スプレッドとスワップポイントが大幅に(1/4程度に)下がり専業トレーダーの方の間でも評判が高まっているBTCFX専門の取引所です。BitMEXをメインに次点で合わせて登録しておきたい取引所です。急激なビットコインの価格の下落や上昇でも注文が滑らないのも大きな特徴です

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

BitMEX(ビットメックス)

BitMEX(ビットメックス)の手数料を分かりやすく解説

投稿日:

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

世界一の取引量を誇る「BitMEX」ではBTCFXのショート(売り)から入る事で「下げ相場」でも稼ぐ事が可能です。BTCFXであればビットコインの価格が下がっている時が稼ぎ時にもなりますので登録がまだの方はぜひ登録して試してみて下さい

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

世界一の取引量を誇る「BitMEX」ではBTCFXのショート(売り)から入る事で「下げ相場」でも稼ぐ事が可能です。BTCFXであればビットコインの価格が下がっている時が稼ぎ時にもなりますので登録がまだの方はぜひ登録して試してみて下さい

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

100倍のレバレッジ取引ができて追証のない「BitMEX(ビットメックス)」をこれから利用したいと考えている方もいますよね。

リスクが低いのに大きな利益が得られると期待してしまいますが、BitMEX(ビットメックス)の取引は手数料に注意しなければなりません。

今回は、BitMEX(ビットメックス)の手数料について分かりやすく解説していきます。

BitMEX(ビットメックス)の手数料を分かりやすく解説

BitMEX(ビットメックス)は、レバレッジが100倍までかけられるというのが最大の特徴となっています。

そのため0.1BTCを掛けて予想が当たれば、100倍のレバレッジをかけた場合10BTCをそのままもらえると思っている人も少なくありません。

しかし、BItMEX(ビットメックス)は、レバレッジの倍数や掛け方、取引量などによっても手数料が変わってくるので注意が必要です。

BitMEX(ビットメックス)の手数料を事前に確認しておかないと、想像以上に手数料がかかってしまうという危険性があるためです。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)6つの大きな手数料

BitMEX(ビットメックス)を利用することで必要になる主な手数料は、以下の6つです。

コインによっても手数料の利率は異なりますが、ここではビットコインの手数料を紹介しておきます。

  • BitMEX(ビットメックス)のメイカー手数料(指値手数料)...-0.0250%
  • BitMEX(ビットメックス)のテイカー手数料(成行手数料)...0.0750%
  • BitMEX(ビットメックス)のビットコイン決済手数料...0.05%
  • BitMEX(ビットメックス)のアルトコイン決済手数料...0.25%
  • BitMEX(ビットメックス)のロングの資金調達手数料(スワップポイント手数料)...変動あり
  • BitMEX(ビットメックス)のショートの資金調達手数料(スワップポイント手数料)...変動あり

上の手数料がなんなのか、どのような場合に料金が発生するのかを順番に見ていきましょう。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)のメイカー手数料とテイカー手数料

BitMEX(ビットメックス)では、「指値注文」や「成行注文」などの注文方法が選択でき、その注文方法によって手数料に違いが生じます。

メイカーとは指値注文を行い、注文時点で売買が成立しない金額で注文を出すことを言います。

そしてテイカーとは、注文を出してから売買が成立する金額で出す注文のことです。

そのため、売買が成立しない金額で注文を出せばメイカー手数料(指値手数料)である-0.0250%が発生し、注文がすぐに成立する金額で注文を出せばテイカー手数料(成行手数料)である0.0750%が発生します。

ちなみにメイカー手数料(指値手数料)はマイナスとなっていますので、注文を出すことにより、手数料がもらえる仕組みになっているのです。

ちなみに「指値注文=すぐに売買が成立しない」「成行注文=すぐに売買が成立する」と考える方もいますが、指値注文でもすぐに売買が成立すればテイカー手数料(成行手数料)が掛かります。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)の決済手数料

BitMEX(ビットメックス)の手数料の中で、意外と知らない人も多いのがBitMEX(ビットメックス)の決済手数料です。

BitMEX(ビットメックス)の決済手数料は、ポジションを決済する時にかかってくる手数料のことを言います。

ビットコインは0.05%、アルトコインは0.25%の決済手数料がかかるシステムです。

この決済手数料でかかる金額は管理画面には表示されません。

そのため、決済手数料は自分で計算する必要があります。

計算方法は、取引総額×0.05%(アルトコインは0.25%)=決済手数料です。

BitMEX(ビットメックス)のロングとショートの資金調達率手数料(スワップポイント手数料)

BitMEX(ビットメックス)の取引では、メイカー・テイカー手数料の他に、ロング(買い)とショート(売り)の資金調達手数料( スワップポイント手数料)もかかります。

ちなみにBitMEX( ビットメックス)の資金調達手数料(スワップポイント手数料)は、1回の売り買いに対してではなく8時間ごとに手数料が必要になるという仕組みです。

また、BitMEX(ビットメックス)の資金調達手数料(スワップポイント手数料)が発生する時間帯は取引スタートからではなく、日本時間の5時・13時・21時の8時間おきに設定されています。

BitMEX(ビットメックス)の資金調達手数料(スワップポイント手数料)は、変動するものですのでメイン画面の左下にある資金調達率を確認する必要があります。

現在のBitMEX( ビットメックス)の資金調達率を拡大して見てみると、0.1251%と表記されています。

ちなみに現在のような0.1251%となっている場合には、ロングの手数料が0.1251%となり、ショートの手数料が-0.1251%となります。

つまり現在の状態でBitMEX(ビットメックス)で取引を行うと、ロングなら資金調達手数料(スワップポイント手数料)を支払いショートなら資金調達手数料(スワップポイント手数料)がもらえることになります。

逆にBitMEX(ビットメックス)の資金調達率がマイナスの表記になっている場合、ロングなら資金調達手数料(スワップポイント手数料)がもらえショートなら資金調達手数料(スワップポイント手数料)を支払うことになるのです。

「BitMEX(ビットメックス)のレバレッジ取引(FX)の使い方と手数料」

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)のレバレッジをかける時の手数料に注意!

BitMEX(ビットメックス)では上で紹介した手数料がかかりますが、レバレッジをかける場合には手数料が変化しますので注意が必要です。

たとえばビットコインの成行注文を行い、テイカー手数料(成行手数料)が発生した場合には0.0750%の取引手数料がかかりますが、売り買い取引と2回の取引を行うことで合計0.150%の手数料がかかることになります。

この0.150%という手数料は、あくまでもレバレッジなしの取引に対する手数料です。

もしもレバレッジかけて取引を行う場合には、かけた倍数分の手数料が元金に対してかかってくることになります。

つまり100倍のレバレッジをかけたのなら、手数料も100倍に当たる15%の手数料が元金にかけられることになるのです。

レバレッジをかけると、大きな収益を上げられる可能性が高まる反面、手数料もかかってきますので注意してください。

「BitMEX(ビットメックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説」

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)の手数料負けにも注意!

BitMEX(ビットメックス)には注文方法がいくつかありますが、基本的な手数料の考え方は以下の通りです。

  • 指値注文...手数料がもらえる(メイカー手数料)
  • 成行注文...手数料を支払う(テイカー手数料)

指値注文でポジションをとり利益が出れば、利益+手数料がもらえることになります。

しかし、成行注文でポジションをとり利益が出ても、手数料分が差し引かれるのです。

よって成行注文で出た利益が少額であれば、手数料を差し引かれると利益が手元に入らないという可能性があります。

逆に手数料が利益を上回り、利益が出た時点で利確しても手数料を差し引いたらマイナスになってしまうこともあるのです。

小さな利益で着実に勝ち続けるというスタイルでの取引なら、指値注文での取引をおすすめします。

BitMEX(ビットメックス)では指値注文でも手数料を取られる場合もある


指値注文であれば手数料がもらえるBitMEX(ビットメックス)ですが、例外もあります。

指値で注文しても、条件によって手数料を支払わなければならない場合があるのです。

手数料が発生する条件とは、指値注文しても注文してすぐに約定した場合には成行注文と判断されます。

板に並んで価格が下がって(または上がって)ささる注文のみが、指値注文で手数料がもらえますので注意してください。

BitMEX(ビットメックス)のアルトコインの手数料

BitMEXより引用

BitMEX(ビットメックス)では、ビットコインの他にもビットコインキャッシュやリップルなど11種類のアルトコインのFX取引が可能です。

アルトコインのメイカー手数料(指値手数料)は-0.0500%、テイカー手数料(成行手数料)が0.2500%となっています。

レバレッジに関してもコインによって最大20倍〜50倍までかけることができるようになっていますが、100倍のレバレッジがかけられるのはビットコインだけです。

ビットコインとアルトコインで手数料が異なりますので、取引したいコインのレバレッジや手数料は必ず事前にチェックするようにしましょう。

アルトコインの手数料(ビットコインキャッシュ・イーサリアム・ADAコイン・ライトコイン・リップル)

メイカー手数料 −0.05%

テイカー手数料 0.25%

決済手数料 0%

(アルトコインの0.25%あった決済手数料はBitMEX側の配慮で廃止になりました)

「BitMEX(ビットメックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説」

BitMEX( ビットメックス)の手数料は高い?

BitMEX(ビットメックス)の手数料が他の取引所より高いのか安いのかは、取引次第といえます。

メイカー(テイカー)手数料・決済手数料・資金調達率の組み合わせ次第だと言えるためです。

たとえば指値注文のみに取引を限定して、利益を出し続ければメイカー手数料が発生し手数料がもらえます。

しかし成行注文で利益を出しても、テイカー手数料分は差し引かれてしまいます。

またメイカー手数料は-0.025%なのに対し、テイカー手数料は0.075%です。

テイカー手数料はメイカー手数料のおよそ3倍を支払うことになります。

利益の出やすい注文スタイルに限定して取引を行うのであれば、手数料が高いと感じることはないでしょう。

BitMEX( ビットメックス)の手数料で儲ける・稼ぐ

BitMEX(ビットメックス)では、指値注文でメイカー手数料を発生させれば、手数料を支払わずに受け取ることができます。

このメイカー手数料を利用して、BitMEX(ビットメックス)の手数料で儲けるという人もいるようです。

たとえば自動botなどを利用してスキャルピングを行い、手数料分を稼ぐという方法があります。

BitMEX(ビットメックス)のルールをうまく利用すれば、手数料だけで稼ぐことも不可能ではありません。

BitMEX(ビットメックス)の手数料を分かりやすく解説まとめ

今回は、BitMEX(ビットメックス)の手数料について詳しく説明してきました。

BitMEX(ビットメックス)はレバレッジを大きくかけられるという部分が魅力的な取引所ですが、その分手数料がかかるので注意が必要です。

取引を行う前に各コイン銘柄の手数料を確認し、どれくらいの手数料がかかるのかを確認しておきましょう。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

→他のBitMEX(ビットメックス)に関して押さえておきたい記事

「BitMEXの登録方法。入金・出金・送金まで分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)のレバレッジ取引(FX)の使い方と手数料」

「BitMEX(ビットメックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説」

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

BitMEXは追証無しで100倍迄レバレッジ取引可能な取引所です。BTCFXではショート(売り)から入る事が出来るので現物取引では出来ない「下げ相場」でも稼ぐ事が出来るのが大きな特徴となっています(今現在利益を上げているトレーダーの多くがショート勢です)
ゼロカットを搭載しており資産がマイナスになる心配が無い事や、世界一取引量のある取引所なので板が厚く、サーバーも安定している為専業のトレーダーにも使われている取引所です

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

「BitMEXの登録方法。入金・出金・送金まで分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)のレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料」

「BitMEX(ビットメックス)の手数料について分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説」

【BitMEXと合わせて次点で登録しておきたいレバレッジ最大200倍アルトコインFXも魅力のCryptoGT】

追証なしでレバレッジ最大200倍(調整可)、MT5導入、取扱通貨8種類。スプレッドとスワップポイントが大幅に(1/4程度に)下がり専業トレーダーの方の間でも評判が高まっているBTCFX専門の取引所です。BitMEXをメインに次点で合わせて登録しておきたい取引所です。急激なビットコインの価格の下落や上昇でも注文が滑らないのも大きな特徴です

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

「CryptoGT(クリプトGT)の登録方法と使い方を分かりやすく解説」

【ZERO/ゼロからはじめるビットコイン運営者】

初心者でもゼロから仮想通貨について学べる様に分かりやすい仮想通貨情報の発信を心掛けています




-BitMEX(ビットメックス)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.