ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています







【お問い合わせにについて】
広告掲載やサイト売却などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

BitMEXは追証無しで100倍迄レバレッジ取引可能な取引所です。BTCFXではショート(売り)からも入る事が出来るので現物取引では出来ない「下げ相場」でも稼ぐ事が出来るのが大きな特徴となっています(今現在利益を上げているトレーダーの多くがショート勢です)
ゼロカットを搭載しており資産がマイナスになる心配が無い事や世界一取引量のある取引所なので板が厚く、サーバーも安定している為専業のトレーダーにも使われている取引所です

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

「BitMEX(ビットメックス)の登録方法と使い方を分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)の手数料について分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)のレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料」

「BitMEX(ビットメックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説」

BitMEX(ビットメックス)

BitMEX(ビットメックス)のスプレッドを他社と比較してみた

投稿日:

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

世界一の取引量を誇る「BitMEX」ではBTCFXのショート(売り)から入る事で「下げ相場」でも稼ぐ事が可能です。BTCFXであればビットコインの価格が下がっている時が稼ぎ時にもなりますので登録がまだの方はぜひ登録して試してみて下さい

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

世界一の取引量を誇る「BitMEX」ではBTCFXのショート(売り)から入る事で「下げ相場」でも稼ぐ事が可能です。BTCFXであればビットコインの価格が下がっている時が稼ぎ時にもなりますので登録がまだの方はぜひ登録して試してみて下さい

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

これから「BitMEX(ビットメックス)」の利用を始めたいという方の中には、BitMEX(ビットメックス)のFXのスプレッドがどれくらいあるのか知りたいという方もいるのではないでしょうか。

仮想通貨のFX取引を行うに当たって、スプレッドの幅がどれくらいあるのかは、取引所を選ぶ際の重要なポイントです。

今回はBitMEX(ビットメックス)のFXのスプレッドは広いのか狭いのかを、他社と比較してみました。

BitMEX(ビットメックス)のスプレッドを他社と比較してみた

「BitMEX(ビットメックス)」を含め仮想通貨取引所では、たとえ同じタイミングでの売買でも売値と買値に差があります。

この差のことを「スプレッド」と呼び、スプレッドの差が大きければ大きいほど取引の利益に差が生じます。

たとえば1BTCの売値が100万円の時に買値が110万円であれば、スプレッド幅は10万円分ということになります。

よって、買値が120万円まで上昇していたとしても同じタイミングで売値が100万円であれば利益を得ることができません。

さらにスプレッドの幅が20万円、30万円と幅が大きくなるほど利益をあげるのは難しくなるのです。

またFX取引は、コインの売買を行う相手が取引所ではなく、その取引所を利用しているユーザー同士ということになります。

ユーザー同士が出す希望の売値と買値のすり合わせで売買が成立しますので、スプレッドの差は流動的に変わります。

そのため一時的にスプレッドの差を確認しておいても、後々取引所ごとのスプレッドの差は変わっていく可能性がありますので注意しましょう。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)のスプレッドと他社のスプレッドを比較

スプレッドの幅は常に変動する可能性を持っていますが、現時点でのスプレッドがどれくらいあるのかは取引所を選ぶ際の大まかな目安になります。

まずはBitMEX(ビットメックス)のスプレッドが現在どれくらいあるのかをみていきましょう。

上がBitMEX(ビットメックス)の売り板と買い板です。

上の赤い方が売り板、下の緑の方が買い板となっており、1BTCあたりの価格がドルで換算されています。

この表で確認すると、一番狭いスプレッドで売値が8960ドルの時に買値が8947ドルとなっておりおよそ13ドルの差がありますね。

1ドルが110円計算の場合には、およそ1400円ほどのスプレッドがある事が分かります。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitFlyer(ビットフライヤー)のスプレッド

次にBitFlyer(ビットフライヤー)のスプレッドをみていきましょう。

上がBitFlyer(ビットフライヤー)の売り板と買い板で、金額は日本円建てで表示されています。

スプレッドの一番狭いところで、売値が975000円、買値が969499円となっており、スプレッドはおよそ5500円の差が生じています。

「BitMEX(ビットメックス)とBitflyer(ビットフライヤー)の比較を分かりやすく解説」

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

Zaif(ザイフ)のスプレッド

同じくFX取引を行っているZaif(ザイフ)のスプレッドもみていきましょう。

上がZaif(ザイフ)の売り板と買い板で、上が売り、下が買い板で日本円建てでの表記です。

一番スプレッドの狭いところでは売値が96200円、買値が960000円となっていますので、スプレッドは2000円ということになります。

「BitMEX(ビットメックス)の手数料を分かりやすく解説」

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)のスプレッドは3社の中で一番差が小さい

3社のスプレッドを同じタイミングで比較したところ1BTCあたりのスプレッドは、以下のような差が出ました。

  • BitMEX(ビットメックス)...およそ1400円
  • BitFlyer(ビットフライヤー)...およそ5500円
  • Zaif(ザイフ)...およそ2000円

よってBitMEX(ビットメックス)はこの3社の中で、一番スプレッドの幅が狭かったと言えるでしょう。

しかし、スプレッドの幅は常に変動するものです。

次からは、BitMEX(ビットメックス)のスプレッドに関する口コミをみていきましょう。

「BitMEX(ビットメックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説」

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)のスプレッドに関する口コミは?

BitMEX(ビットメックス)はスプレッドが狭く、手数料も少ないということから国内の仮想通貨FX取引所からBitMEX(ビットメックス)に移動している人も多いようです。

また、こちらの方の場合にはスプレッドがほぼないと言っていますので、普段からスプレッドの幅は他社に比べて狭めであることが推測できます。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

国内のスプレッド幅が広すぎて利益が出しにくいため、BitMEX(ビットメックス)の口座を開設したという方は多いようですね。

またBitMEX(ビットメックス)では、スプレッドの他にもレバレッジなどの条件もよく、総合評価として高い人気のあるFX取引所であると言えるでしょう。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

ただし、スプレッドの幅は常に変動する可能性を持っていますので、スプレッドがいつもより広いと感じることもあるようです。

どのようなタイミングでスプレッドの幅が広くなるとは一概には言えませんが、取引を行う時には常に売り板と買い板の価格をチェックしてから行うようにしましょう。

BitMEX(ビットメックス)のスプレッドと他社のスプレッドを比較まとめ

今回はBitMEX(ビットメックス)のスプレッドと他社のスプレッドの比較について説明してきました。

BitMEX(ビットメックス)のスプレッドは比較的狭めで、国内のFX取引所よりも利用しやすいという口コミが多くなっていました。

実際にスプレッドの幅を同じタイミングで国内取引所と比較してみると、スプレッドが一番狭くなっていることがわかります。

ただし、スプレッドは常に変動するのもであり、常にBitMEX(ビットメックス)のスプレッドが一番狭いとは限りません。

スプレッドを気にするのであれば、定期的に他の取引所のスプレッドも比較しながら取引を行うことを心がけてください。

またスプレッドの他にも手数料なども考慮しなければなりません。

実際の取引を始める前に、手数料も他社と比較しておくことをおすすめします。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

→BitMEX(ビットメックス)の他にも押さえておきたい関連記事

「BitMEXの登録方法。入金・出金・送金まで分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)の手数料を分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説」

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

BitMEXは追証無しで100倍迄レバレッジ取引可能な取引所です。BTCFXではショート(売り)から入る事が出来るので現物取引では出来ない「下げ相場」でも稼ぐ事が出来るのが大きな特徴となっています(今現在利益を上げているトレーダーの多くがショート勢です)
ゼロカットを搭載しており資産がマイナスになる心配が無い事や、世界一取引量のある取引所なので板が厚く、サーバーも安定している為専業のトレーダーにも使われている取引所です

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

「BitMEX(ビットメックス)の登録方法と使い方を分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)の手数料について分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)のレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料」

「BitMEX(ビットメックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説」

【BitMEXと合わせて登録しておきたいレバレッジ最大200倍アルトコインFXも魅力のCryptoGT】

追証なしでレバレッジ最大200倍(調整可)、MT5導入、取扱通貨7種類。スプレッドとスワップポイントが大幅に(1/4程度に)下がり専業トレーダーの方の間でも評判が高まっているBTCFX専門の取引所です。BitMEXをメインに次点で合わせて登録しておきたい取引所です

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

「CryptoGT(クリプトGT)の登録方法と使い方を分かりやすく解説」

【ZERO/ゼロからはじめるビットコイン運営者】

初心者でもゼロから仮想通貨について学べる様に分かりやすい仮想通貨情報の発信を心掛けています

-BitMEX(ビットメックス)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.