ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています







【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

BitMEXは追証無しで100倍迄レバレッジ取引可能な取引所です。BTCFXではショート(売り)からも入る事が出来るので現物取引では出来ない「下げ相場」でも稼ぐ事が出来るのが大きな特徴となっています(今現在利益を上げているトレーダーの多くがショート勢です)
ゼロカットを搭載しており資産がマイナスになる心配が無い事や世界一取引量のある取引所なので板が厚く、サーバーも安定している為専業のトレーダーにも使われている取引所です

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

「BitMEX(ビットメックス)の登録方法と使い方を分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)の手数料について分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)のレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料」

「BitMEX(ビットメックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説」

BitMEX(ビットメックス)

BitMEX(ビットメックス)の登録方法と使い方を分かりやすく解説

投稿日:

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

世界一の取引量を誇る「BitMEX」ではBTCFXのショート(売り)から入る事で「下げ相場」でも稼ぐ事が可能です。BTCFXであればビットコインの価格が下がっている時が稼ぎ時にもなりますので登録がまだの方はぜひ登録して試してみて下さい

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

世界一の取引量を誇る「BitMEX」ではBTCFXのショート(売り)から入る事で「下げ相場」でも稼ぐ事が可能です。BTCFXであればビットコインの価格が下がっている時が稼ぎ時にもなりますので登録がまだの方はぜひ登録して試してみて下さい

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)は仮想通貨FX取引ができる仮想通貨取引所です。

レバレッジ100倍で追証無しという好条件でユーザー数を増やしています。

しかしBitMEX(ビットメックス)は海外の取引所であり、操作が難しそうという声も上がっているようです。

今回はBitMEX(ビットメックス)の特徴や取引方法、基本的な使い方について詳しく説明していきます。

BitMEX(ビットメックス)の登録方法と使い方を分かりやすく解説

BitMEX(ビットメックス)とは香港を拠点とする仮想通貨取引所で、FX取引を専門的に行なっています。

仮想通貨のFX取引といえば、今まで国内の取引所をメインで利用していた方も多いと思います。

しかしFX取引をメインで行なっている人の多くが、現在国内の取引所からこのBitMEX(ビットメックス)メインのFX取引を移行させているのです。

さらに2019年現在では、国内ユーザーが多く利用しているBitflyer(ビットフライヤー)のレバレッジが15倍から4倍に縮小になるという動きからも、BitMEX(ビットメックス)への移行が加速しています。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)とは?

BitMEX(ビットメックス)とは、レバレッジ(FX)取引を専門に行う海外の仮想通貨取引所です。

運営元はHDR Global Trading Limitedという、香港を拠点とした企業になっています。

BitMEX(ビットメックス)には、最大100倍のレバレッジ取引ができ、追証がありません。

このようなローリスク・ハイリターンのシステムも魅力です。

また、取引を行える硬貨はビットコインの他にも8種類のアルトコインにてFX取引が可能です。

日本国内の取引所と比較した際のメリット

  • 国内取引所よりも高いレバレッジで取引ができる
  • 追証のシステムがない
  • 本人確認書類の提出が不要ですぐに取引を始められる
  • レバレッジ取引ができるコイン銘柄が豊富

日本国内の取引所と比較した際のデメリット

  • 海外取引所なので、日本語が正確ではない部分もある
  • 手数料が国内取引所に比べて複雑な設定になっている
  • ロストカットの起きるタイミングの設定も比較的複雑である
  • スマホアプリに対応していない(非公式アプリが存在するが有料)

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)がレバレッジ100倍なのに追証なしで人気の理由

BitMEX(ビットメックス)の大きな特徴の1つが、レバレッジを100倍までかけることができるという点です。

そもそもレバレッジとは証拠金を元に数倍〜数百倍の金額で取引ができるという取引の方法です。

レバッジが100倍ということは、たとえば0.1BTCを入金した場合、100倍である10BTCまでを掛けることができるのです。

たとえばBitFlyer(ビットフライヤー)での最大レバレッジは15倍→4倍に縮小、Zaif(ザイフ)での最大レバレッジが7.77倍となっています。

国内取引所と比べると、かなり高いレバレッジ率であることがわかります。

高いレバレッジ率で掛けるほど、1回で得られる金額は高額になるのです。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

追証とは取引中に含み損が発生し、保証金率が一定額を下回った場合に、取引を続けるために追加するお金のことです。

BitMEX(ビットメックス)には、この追証というシステムはそもそもありません。

BitMEX(ビットメックス)内ではXBT(1XBT=約1BTC)という独自の内部通貨を利用して取引が行われます。

そのため急なビットコインの下落が起こった場合も内部のXBTでゼロカットを行うので資産がマイナスにならない設計になっています

たとえば0.1BTCを最初に証拠金として預け100倍のレバレッジで10BTCを掛けたとしましょう。

BitMEX(ビットメックス)では、10BTCのうちの0.1BTC価格が下落したら、そこで強制的に取引終了となるのです。

その為、BitMEX(ビットメックス)では追証でコインを大きく失うリスクを避けながら、大きく掛けることができます

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)は日本語対応も大きな魅力

またBitMEX(ビットメックス)は、海外の取引所ですが日本語にも対応しています。

まれに翻訳に違和感のある部分もありますが、英語表記が苦手という方でも、日本語表記で使いやすくなっているのが特徴です。

またサポートへの問い合わせに関しては、日本語での問い合わせが可能であり返信も日本語で対応してもらえます。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)の登録方法【登録方法1】

それでは実際にBitMEX(ビットメックス)の登録方法を見ていきましょう。

  1. まずはBitMEX(ビットメックス)の公式サイトを開き、右上にある日本の国旗をクリックし、日本語表記にしておきます。日本語表記されたら登録のボタンをクリックすると、登録フォームが現れます。
  2. >>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)
  3. 登録フォームの上から順番に「メールアドレス」「パスワード」「住んでいる国」「氏名」を入力します。その下のCHAPTAを右にスライドさせてくださいは、マウスボタンのドラッグで右にボタンをスライドさせ、登録ボタンを押します。
  4. 登録が完了すると、以下のような画面が表示されます。
  5. 登録したメールアドレスに以下のようなメールが届くので、「メールを検証」をクリックします。
  6. メールの検証ボタンをクリックすれば、BitMEX(ビットメックス)のメインページに入りますので、登録完了です。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)の複数アカウントの登録について【登録方法2】

最近では、BitMEX(ビットメックス)のアカウントを自動(Bot)化して、リスクを減らしながら運営していきたい人も増えています。

自動化を行うために、BitMEX(ビットメックス)に複数アカウント登録をしたい人もいるでしょう。

BitMEX (ビットメックス)では、アカウントを複数登録して、自動化することも可能です。

ただし口コミなどでは、不具合が出たという声も上がっていますので、運営はあくまでも自己責任となります。

「BitMEX(ビットメックス)の口座開設は複数アカウントでも出来るのか?」

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)の本人確認の方法【登録方法3】

国内取引所の登録には、運転免許証やパスポートなど、本人確認書類の提出が義務付けられています。

しかしBitMEX(ビットメックス)は、日本円などの法定通貨を利用しての取引が行われないため本人確認書類の提出は不要です。

登録後は、国内仮想通貨取引所などからコインを送金すればすぐにレバレッジ取引をスタートさせることができます。

「BitMEX(ビットメックス)の本人確認と二段階認証の方法」

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)の二段階認証の方法【登録方法4】

本人確認書類が不要なBitMEX(ビットメックス)に対し、セキュリティ面で不安を感じる人もいるでしょう。

BitMEX(ビットメックス)では、セキュリティ面を強化するために、二段階認証を設定することが可能です。

  1. BitMEX(ビットメックス)にログインし、メイン画面の上部にある「アカウント」をクリックします。
  2. 次に左メニューバーに表示される「マイアカウント」をクリックします。
  3. マイアカウント画面の「セキュリティ」項目にある「要素認証を有効化」の選択ボタンを「Google Authenticator」に合わせます。するとQRコードが表示されるので、スマホで「Google Authenticator」のアプリをダウンロードし、QRコードを読み取り、二段階認証を実行します。

「BitMEX(ビットメックス)の本人確認と二段階認証の方法」

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)の使い方

BitMEX(ビットメックス)の登録方法が分かったところで、次に基本的な使い方を見ていきましょう。

BitMEX(ビットメックス)にビットコインを入金する

BitMEX(ビットメックス)は、日本円などの法定通貨の入金を受け付けていません。

取引所内でのコインの購入は、全てビットコイン建てとなります。

そのためBitMEX(ビットメックス)を利用するなら、以下の手順でBitMEX(ビットメックス)にコインを入金する必要があります。

  1. 国内取引所で日本円を入金して事前にビットコインを購入する
  2. 国内取引所からBitMEX(ビットメックス)へビットコインを送金する

BitMEX(ビットメックス)にビットコインを入金する方法は以下の通りです。

  1. BitMEX(ビットメックス)のメインページの上のバーにある「アカウント」をクリックします。
  2. アカウント画面が表示されたら左側のメニューバーの中の「入金」をクリックし、送金アドレスを表示します。
  3. あとはQRコードの下に表示されている、送金アドレスをコピーし、送金元の取引所にて送金手続きを行ないます。
  4. 送金手続きが完了したら、BitMEX(ビットメックス)のウォレット残高にビットコイン残高が反映されれば入金完了です。ちなみにBitMEX(ビットメックス)のビットコイン表記は「BTC」ではなく「XBT」になります。

「BitMEX(ビットメックス)の入金方法・入金手数料・入金時間」

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

コインチェックからBitMEX(ビットメックス)への送金方法

コインチェックからBitMEX(ビットメックス)への送金方法ですが、コインチェックのメイン画面左側のメニューより「コインを送る」をクリックします。

そして「ビットコインを送る」を選択したら、「送金先リストの編集」をクリックしBitMEX(ビットメックス)の送金アドレスを入力して送金手続きを行います。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

ビットフライヤー(Bitflyer)からBitMEX(ビットメックス)への送金方法

BitflyerからBitMEX(ビットメックス)への送金方法は、Bitflyer(ビットフライヤー)のメイン画面の左メニューにある「入出金」をクリックします。

「BTCご送付」をクリックし、「ビットコインアドレス」にBitMEX(ビットメックス)のアドレスを登録し、送金手続きを行います。

 

「ビットフライヤー(Bitflyer)からBitMEX(ビットメックス)に送金する方法」

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

Zaif(ザイフ)からBitMEX(ビットメックス)への送金方法

Zaif(ザイフ)からBitMEX(ビットメックス)に送金を行う場合には、必ずZaif(ザイフ)にて二段階認証を行う必要があります。

Zaif(ザイフ)メイン画面右上にある「アカウント」から「入出金と履歴」をクリックし、「BTC」のアイコンをクリック。さらに「出金」をクリックしてBitMEX(ビットメックス)のアドレスを入力して出金手続きを行います。 

「Zaif(ザイフ)からBitMEX(ビットメックス)に送金する方法」

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

Bitbank(ビットバンク)からBitMEX(ビットメックス)への送金方法

Bitbank(ビットバンク)からBitMEX(ビットメックス)への送金方法ですが、ログイン後にメイン画面右上に表示される人型のアイコンをクリックし、「入出金」を選択することで出金手続きを行います。

出金したい通貨を選択し、BitMEX(ビットメックス)の送金アドレスを入力して送金手続きを行います。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

Binance(バイナンス)からBitMEX(ビットメックス)への送金方法

Binance(バイナンス)からBitMEX(ビットメックス)への送金方法ですが、Binance(バイナンス)は日本語対応していませんので、より慎重に送金を行いましょう。

まずはメイン画面の上部にあるメニューバーの中から「Funds(資産)」をクリックし「Withdrawals(出金)」を選択します。コイン銘柄にビットコインを選択し、BitMEX(ビットメックス)のアドレスを貼り付け後に送金手続きを行えば完了です。

 

「BitMEX(ビットメックス)の送金方法・送金時間・送金手数料」

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)の出金方法

BitMEX(ビットメックス)から他の仮想通貨取引所に出金を行う方法も簡単に説明していきます。

  1. メイン画面の上部メニューバーにある「アカウント」をクリックし、さらに「出金」ボタンをクリックします。
  2. 出金手続きの画面が表示されるので、「送金アドレス」「送金金額」「ネットワーク料金」を入力し「送信する」をクリックすれば完了です。

「BitMEX(ビットメックス)の出金方法・出金手数料・出金時間」

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)の基本的な注文方法

BitMEX(ビットメックス)にビットコインが入金できたらFX取引が可能になります。

取引画面の見方は、以下を参考にしてください。

買い注文をだす場合には、上の取引が免状の「注文操作」の部分を使用していきます。

「BitMEX(ビットメックス)の買い方・注文方法・取引方法を分かりやすく解説」

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)の指値とストップ指値(逆指値)

ここではBitMEX(ビットメックス)の指値注文とストップ指値(逆指値)注文の手順について説明していきます。
指値注文を行う手順は以下の通りです。

  1. 指値注文とは注文単価を指定して購入する方法です。注文操作部分の「数量」と「指値」に自分の希望する数量と金額を入力していきます。ちなみに数量はBTC建てではなくUSD建てですので注意してください。
    たとえば、数量「100」指値「7500」と入力した場合には、「7500ドルの価格で100ドル分のビットコインを購入する」という注文を出したことになります。
  2. 数量と指値を入力したら、実際に注文を出していきます。現在の価格よりも上がると予測するのであれば「買いロング」ボタンを現在の価格よりも下がると予測するなら「売りショート」ボタンで注文を確定させれば完了です。

次にストップ指値注文の操作手順は以下の通りです。

  1. まずは発注タブを「ストップ指値」に合わせます。あとは指値注文同様に数量や指値価格を入力していきます。
  2. 次に「ストップ価格以下(以上)になったら指値に入力したか価格の決済注文を自動的に出す」という指示である「ストップ価格」も入力します。
  3. さらに「トリガ時に決済」というチェックボタンがありますが、ここには基本的に自動でチェックが入っています。ここにチェックが入っていると、注文は現在のポジションを減らすためだけに施行されるということになります。

「BitMEX(ビットメックス)の指値注文・ストップ指値(逆指値)の方法」

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)のレバレッジ取引(FX)のやり方

また、BitMEX(ビットメックス)でレバレッジを掛けて取引を行なう場合には、「買い/ロング」または「売り/ショート」で注文を確定させる前に、注文操作項目のすぐ下にあるレバレッジ部分を操作します。
「クロス」と表記されているすぐ上のボタンを右へスライドさせることで1倍・2倍・3倍・5倍・10倍....とレバッジをどれくらい掛けるかを選択していきます。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

 

BitMEX(ビットメックス)のレバレッジの途中変更のやり方

BitMEX(ビットメックス)では、ポジションをとった後でもレバレッジの途中変更を行うことは可能です。

変更方法は、上でも説明したように新規でポジジョンを持つ場合と同様に「クロス」と表示されているすぐ上のボタンを左右にスライドさせることで変更することができます。

ただし、レバレッジを変更する時には必要証拠金やロストカット率なども変わりますので、取引を行う場合には注意してください。

「BitMEX(ビットメックス)のレバレッジ取引(FX)の使い方と手数料」

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)の取扱通貨(銘柄)とレバレッジ取引(FX)の倍率一覧

・ビットコイン(BTC)-レバレッジ倍率 最大100倍

・リップル(XRP)-レバレッジ倍率 最大20倍

・ビットコインキャッシュ(BCH)-レバレッジ倍率 最大20倍

・イーサリアム(ETH)-レバレッジ倍率 最大50倍

・ADAコイン(ADA)-レバレッジ倍率 最大20倍

・ライトコイン(LTC)-レバレッジ倍率 最大33.33倍

・トロン(TRX)-レバレッジ倍率 最大20倍

・EOSトークン(EOS)-レバレッジ倍率 最大20倍

BitMEX(ビットメックス)では「リップル」などの人気のアルトコインのレバレッジ取引も出来る取引所となっています

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)のデモ取引について

「いきなり仮想通貨を利用してレバレッジ取引を行うのは不安」という人もいるでしょう。

そんな人のために、BitMEX(ビットメックス)では、架空のビットコインを利用しての「デモ取引」を行うことができます。

BitMEX(ビットメックス)とは別のデモ取引専用のサイトに登録する必要がありますが、実践同様の操作を実際のコインをかけずに行うことができます。

BitMEX(ビットメックス)のデモ取引は以下のURLから登録可能です。BitMEX(ビットメックス)の本番サイトとデモサイトはそれぞれ別に登録が必要ですのでご注意下さい

BitMEX(ビットメックス)の本番用サイト

https://www.bitmex.com/ (当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)のデモ取引(デモトレード)サイト

https://testnet.bitmex.com/register

登録画面やメイン画面などは、実際の取引ができるBitMEX(ビットメックス)と、ほぼ同じ仕様になっています。

ただしデモ取引専用サイトは、「BitMEX」のロゴの横に「TESTNET」という文字が表示されています。

「BitMEX(ビットメックス)のデモ取引(トレード)の使い方」

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)のスマホアプリの使い方

BitMEX(ビットメックス)では、2019年現在は公式のスマホアプリは存在しません。

ただし、AppStoreなどで検索するとBitM<EX(ビットメックス)の非公式アプリが登場しています。

非公式アプリは、BitMEX(ビットメックス)がオフィシャルでリリースしているものではなく有料で5000円以上の費用がかかってくるでしょう。

公式ではないので何かトラブルがあった際に、公式が対応してくれることもないので利用はあまりおすすめできません。

BitMEX(ビットメックス)には公式アプリはないものの、スマホの画面もレスポンシブ対応となっており比較的使いやすくなっています。

基本的には、googlechromeやsafariなどのブラウザアプリを利用して使用していくことになります。

すぐに利用したい場合などは、BitMEX(ビットメックス)のログイン画面をブックマークしておくとよいでしょう。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)のスマホアプリの入金方法

BitMEX(ビットメックス)では、スマホから入金手続きを行うことも可能です。

  1. スマホにてBitMEX(ビットメックス)にログイン後、上部メニューにある「アカウント」をタップします。
  2. 次に入金をタップします
  3. QRコードを読み取り、またはQRコード下に表示されるアドレスをコピーして、送金元に貼り付けて送金手続きを行います。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)のスマホアプリの出金方法

次にスマホでの出金方法を説明します。

  1. BitMEX(ビットメックス)にログイン後、上部メニューにある「アカウント」をタップします。
  2. 次に「出金」をタップします。
  3. 宛先アドレスを貼り付け、送金する金額やネットワーク料金などの必要事項を入力し「送信」ボタンをクリックすれば完了です。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)のスマホアプリのチャートの見方と使い方

BitMEX(ビットメックス)にスマホからログインし、PC画面のようにチャートを確認することも可能です。

ただしスマホでチャートを確認すると「タッチしてチャートを有効にします」という表示のみがされています。

おそらくデータ通信量の都合上このような表示になっていますので、チャートを表示するということは、通信量をかなり使うことを考慮した方が良さそうです。

チャート画面をタッチすることで、チャートが表示されるでしょう。

チャートが表示されると、PC同様の1時間足のチャートが表示されますが、表示する時間足の調整なども可能です。

ただしPCよりもスマホ画面の方が圧倒的に画面表示は小さくなりますので、「PCよりは見にくい」という声も挙がっているようです。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビッ トメックス)のスマホアプリの注文方法

BitMEX(ビットメックス)の注文方法に関しても基本的にPC操作と同じことができるようになっています。

スマホの場合には、表示画面の一番上に注文画面が表示されるようになっておりPC同様「指値」「成行」「ストップ指値・成行」などでの注文が可能です。

またロング注文とショート注文のボタンもそれぞれ設けられています。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)のスマホアプリのレバレッジ取引(FX)のやり方

スマホでレバレッジ取引を行うには注文項目のすぐ下にある「保有ポジション」という部分をタップすることで操作が可能になります。

レバレッジと表示されているすぐ下のボタンをスライドさせることによってレバレッジを変更することが可能です。

「BitMEX(ビットメックス)のスマホアプリの登録方法と使い方」

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)の手数料

BitMEX(ビットメックス)では、取引を行うコイン銘柄や注文方法、取引をおこなうタイミングなどによっても総合的な手数料が異なります。

たとえば、ビットコインの取引を行う場合に必要になる基本的な手数料は以下の通りです。

  • BitMEX(ビットメックス)のメイカー手数料(指値手数料)...-0.0250%
  • BitMEX(ビットメックス)のテイカー手数料(成行手数料)...0.0750%
  • BitMEX(ビットメックス)のロングの資金調達...変動あり
  • BitMEX(ビットメックス)のショートの資金調達...変動あり

「BitMEX(ビットメックス)の手数料を分かりやすく解説」

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)の手数料負けについて

たとえば1万円分のビットコインで成行注文を行えば、1回につき7.5円ほどの手数料がかかってしまいます。

1万円分の取引では1回あたりの利益が十数円ほどの場合が多く、そこから7.5円を差し引かれてしまうのは大きな痛手となる場合が多いのです。

また、利益を出すためには売り買いの往復が必要になるため、どちらも成行注文で行えば15円ほどの手数料がかかってしまいます。

利益以上に手数料がかかってしまう状態を「手数料負け」と読んでいますが、BitMEX(ビットメックス)は、手数料が複雑なので手数料負けしてしまう可能性が非常に高いのです。

取引中に手数料負けしないためにも、事前にしっかりと手数料について学んでおく必要があるでしょう。

「BitMEX(ビットメックス)の手数料を分かりやすく解説」

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)の資金調達について

BitMEX(ビットメックス)では、ポジション(資金調達)を持つことで資金調達手数料が発生します。

資金調達手数料の利率は常に変動しており、取引画面左下に表示されている「資金調達率」にて確認することが可能です。

取引を行うのであれば常に資金調達率は確認しておかないと、手数料負けの原因になる可能性がありますので注意してください。

また資金調達手数料は、日本時間の5時13時21時の8時間ごとに発生します。

「BitMEX(ビットメックス)の手数料を分かりやすく解説」

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)のロスカットと証拠金維持率

BitMEX(ビットメックス)では、証拠金維持率を下回ることによってロストカットが発生しポジションが強制的に解除されます。

ポジションが証拠金維持率を下回る価格をBitMEX(ビットメックス )では「精算価格」と呼び、精算価格を下回ればロストカットされてしまう仕組みです。

証拠金維持率やロストカット のタイミングを見誤ると、思わぬタイミングで取引が強制終了される可能性がありますので、注意してください。

無駄な損失を出さないためにも、精算価格はしっかりと確認しておきましょう。

「BitMEX(ビットメックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説」

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)のマーク価格について

またBitMEX(ビットメックス)では、基本的に証拠金維持率やロストカット率を基準にロストカットが発動します。

しかし、まれにロストカットが起こるタイミングでロストカットが起こらないという場合もあるのですが、この場合マーク価格がキーとなっている可能性もあるのです。

マーク価格とは無意味なロストカットから資産を守るために発動するシステムのことを言います。

コイン銘柄が急に高騰し、一旦ロストカット のラインを超えてもすぐにライン以下に価格が戻ればロストカットが成立しないというシステムです。

このように、値動きの仕方によってもロストカットされる場合とされない場合があります。

「BitMEX(ビットメックス)のマーク価格を分かりやすく解説」

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)のクロスマージンと分離マージンの違い

BitMEX(ビットメックス)で取引を行うのであればクロスマージンと分離マージンの違いについても学んでおくとよいでしょう。

クロスマージンと分離マージンについての知識がないと、いきなりロストカットされて取引が終了になる可能性もあるためです。

ここではクロスマージンと分離マージンの違いについて簡単に説明しておきます。

  • クロスマージン...ウォレットの所持金全てを利用して行う取引
  • 分離マージン...ウォレットの所持金の一部を利用して行う取引

どちらの取引方法でポジションをとるのかも、取引前にしっかり確認しておきましょう。

BitMEX(ビットメックス)のクロスマージンと分離マージンの注意点

BitMEX(ビットメックス)のクロスマージンと分離マージンは、どのようなメリットや注意点があるのでしょうか。

まずクロスマージンについてですが、クロスマージンは常に最大倍率でレバレッジをかけることになり、ロストカットまでの猶予が長めであるというメリットがあります。

しかし、その分含み損も大きくなり実際にロストカットが起きると、損益が高額になってしまうという部分が注意点です。

一方の分離マージンは、資金の一部を利用して取引をするため、実際にかける金額も低めの金額になります。

そのためロストカットまでの猶予が短く、すぐにロストカット されてしまうという危険性があります。

一方で含み損も小さくて済みますので、小さく掛けて少しずつ勝ちを増やしたいという人には分離マージンの方がおすすめでしょう。

「BitMEX(ビットメックス)の手数料を分かりやすく解説」

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)のスプレッドについて

BitMEX(ビットメックス)には、国内取引所のように「販売所」というものがありません。

そのため全ての仮想通貨取引は、BitMEX(ビットメックス)を経由してユーザー同士が売買の取引を行います。

そのため、BitMEX(ビットメックス)のスプレッドは自分が取引を行うタイミングで取引をしているユーザー次第で変わります。

BitMEX(ビットメックス)は基本的に利用ユーザーが国内取引所よりも多い傾向があります。

そのためBitMEX(ビットメックス)のスプレッド幅は、国内取引所よりも比較的狭めであることが多いようです。

現在のオーダーブックを確認してみると、1BTCあたりの買値が5443ドルのタイミングで、売値5443.5ドルとなっていますので、その差0.5ドルほどになっていますね。

「BitMEX(ビットメックス)のスプレッドを他社と比較してみた」

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)のAPIの使い方

複数アカウントを開設したい理由の1つが、自動bot化であるという人も多いでしょう。

BitMEX(ビットメックス)では、公開されているAPIを使って自動Botなどを利用することが可能です。

プログラムを自分の利用しやすいようにカスタマイズすることで、自分好みのBotを作ることもできます。

ただし、何か問題が生じた場合にも全て自己責任となります。

最初から本番サーバーで利用するのは控えて、テストサーバーで利用して問題なければ少しずつ本番サーバーに移行していく方がよいでしょう。

「BitMEX(ビットメックス)のAPIの使い方&自動売買botまとめ」

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)でのスキャル・スキャルピングについて

スキャル・スキャルピングとは、数円〜数百円ほどの利幅を狙って行う1分間など超短期取引のことを指します。

BitMEX(ビットメックス)では、スキャル・スキャルピングを行うことが可能です。

そして自動botなどを利用して、実際にスキャルピングをしているユーザーも多くなっています。

ただし、稀に起こるサーバー遅延などによって思わぬ損失をだすリスクもありますので、リスクをしっかり確認しながら行うのがよいでしょう。

「BitMEX(ビットメックス)でスキャル・スキャルピングは出来るのか」

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)のサーバーの強さは?

BitMEX(ビットメックス)では、サーバーの強さなどに関して公式サイトからのメッセージなどは特にありません。

しかし実際のユーザーの口コミなどを見ていると、国内取引所などに比べるとサーバーの強さは高い評価を受けているようです。

ただし、全くサーバーが落ちないという訳でもなく、これまでにも何度かサーバー遅延が発生したことはあります。

「絶対にサーバーが落ちたり遅延したりしない」という訳ではありませんが、他の取引所と比較すると比較的サーバーが強めであるということが言えそうです。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)の板の厚さ

BitMEX(ビットメックス)は、取引所を中継してユーザー同士が売買を行なっています。

そのため、多くのユーザーが利用していればいるほど売り板・買い板共に厚くなり、取引が活発に行われるでしょう。

BitMEX(ビットメックス)では、板の厚みは流動的ながらも、他の取引所に比べると板が厚いという口コミが多く挙がっています。

多くのユーザーが利用していることが推測できるので、取引しやすい取引所であることが推測できます。

ちなみ、リアルタイムでの取引高や取引量が公開されていないため、具体的な数字で現すことはできません。

しかし、現在の取引状況が確認できる「オーダーブック」を確認すれば、売り板・買い板共に取引量が多いことが見た目でわかります。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

ビットフライヤー(Bitflyer)からBitMEX(ビットメックス)に人が移動して来ている理由

2017年はビットコインのFX取引を、Bitflyer(ビットフライヤー)にて行なっていたというユーザーも多かったものです。

しかし、2018年から2019年にかけてFX取引を行うメイン取引所をBitflyer(ビットフライヤー)からBitMEX(ビットメックス)に移行させる人が増加しています。

この背景にはいくつかの問題があります。

一番大きな問題として有名なのが、Bitflyer(ビットフライヤー)のFX取引にSFDが導入されるというものです。

SFDとは「Swap For Difference」の略であり「bitFlyer LightningのFX取引」と「bitFlyer Lightningの現物取引」の価格の違いを是正するための制度を指します。

この制度は2018年2月より導入されました。

取引方法によって価格差が5%以上乖離した場合に、乖離を広げる注文を出した方がSFDとして一定の金額を徴収されることになったのです。

一方で乖離を狭める方の注文を出した人にはSFDが付与されるというシステムです。

しかしこのシステムでは、明らかに乖離を広げる方に人が集まりやすく、余計なお金を徴収されるというイメージがついてしまいました。

このようなことからも、SFDを導入しているBitflyer(ビットフライヤー)から導入していないBitMEX(ビットメックス)に人が流れているといえるでしょう。

さらにBitflyer(ビットフライヤー)では、2019年4月頃よりこれまで最大15倍だったレバレッジが4倍に縮小する動きがあります。

このようなことからも、これまでBitflyer(ビットフライヤー)をメインで利用していた人も他の取引所に移動していく可能性が高くなりました。

またBItMEX(ビットメックス)の他にもFX取引を扱う仮想通貨取引所はいくつかあります。

しかし追証があるなどの条件があるところがほとんどです。

そして、一番利用者側によい条件を提示しているのがBitMEX(ビットメックス)であるという判断から、BitMEX(ビットメックス)に人が集まっていると考えられます。

現在Bitflyer(ビットフライヤー)からBitMEX(ビットメックス)へメイン取引を移行している人は多くなっています。

しかし、必ずしもBitMEX(ビットメックス)の方が優れた取引所であるとは言いきれません。

自分の取引スタイルに合わせた取引所を選ばなければ、取引がしにくくなってしまうでしょう。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

最後にBitMEX(ビットメックス)とBitFlyer(ビットフライヤー)それぞれのメリット・デメリットを簡単にあげておきます。

BitFlyer(ビットフライヤー)のメリット

  • 国内のFX取引所の中では買い板が厚い
  • チャート分析などの機能性が高い
  • 利用には身分証の提出が必要でセキュリティがしっかりしている
  • 他の取引所を経由せずに法定通貨(日本円)に換金できる

BitFlyer(ビットフライヤー)のデメリット

  • 追証がある
  • 乖離率5%以上でSFDが発動してしまう(余計な手数料がかかる可能性が高い)
  • 取り扱い銘柄がビットコインのみ
  • レバレッジが「最大15倍→最大4倍に変更」とBitMEX(ビットメックス)に比べて低め

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)のメリット

  • 取り扱いコイン銘柄が豊富
  • 最大100倍の高いレバレッジを掛けて取引できる
  • 追証がない
  • 本人確認書類の提出が不要で登録からすぐに取引できる

BitMEX(ビットメックス)のデメリット

  • 手数料が複雑で取引方法によっては手数料が高くなる
  • BTC建てでしか資産を持つことができない
  • 日本語表記が完璧ではない
  • 海外の取引所なので万が一の時の保証に不安がある

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)の安全性やセキュリティ

BitMEX(ビットメックス)の安全性やセキュリティ面に関することは、口コミでさまざまな憶測が伝えられています。

「海外の取引所」というだけで不安になるという人もいるでしょう。

また運営側の人数が少ない、立ち上げて間もない仮想通貨取引所であるなどのことからも安全面を不安視する声は挙がっています。

しかし、現在の仮想通貨取引所に関しては、絶対にハッキングなどの被害に合わないという確証はどこでも得られないという状況です。

これはBitMEX(ビットメックス)に限らず、どの仮想通貨取引所でもいえることでしょう。

ただし2018年現在までで、BitMEX(ビットメックス)にてコインの流出があったり、ハッキング被害を受けたという事件は起こっていません。

セキュリティ面の強化はある程度自分でも行えますので、必ず二段階認証を設定するなど日頃からの工夫が大切だといえるでしょう。

「BitMEX(ビットメックス)の安全性をセキュリティの面から考察」

BitMEX(ビットメックス)の登録方法と使い方を分かりやすく解説まとめ

今回は、FX取引で人気のあるBitMEX(ビットメックス)の特徴や登録方法、基本の使い方について説明してきました。

BitMEX(ビットメックス)は海外の取引所であり、操作方法に慣れていない人は若干使いにくいと感じることもあるようです。

しかし、一度使い方に慣れてしまえば非常に利用しやすく、メインでFX取引を行なう取引所として利用できます。

登録を検討している方は、是非この記事を参考にして登録を行なってみてくださいね。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

→BitMEX(ビットメックス)の他にも押さえておきたい関連記事

「BitMEX(ビットメックス)の手数料を分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説」

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

BitMEXは追証無しで100倍迄レバレッジ取引可能な取引所です。BTCFXではショート(売り)から入る事が出来るので現物取引では出来ない「下げ相場」でも稼ぐ事が出来るのが大きな特徴となっています(今現在利益を上げているトレーダーの多くがショート勢です)
ゼロカットを搭載しており資産がマイナスになる心配が無い事や、世界一取引量のある取引所なので板が厚く、サーバーも安定している為専業のトレーダーにも使われている取引所です

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

「BitMEX(ビットメックス)の登録方法と使い方を分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)の手数料について分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)のレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料」

「BitMEX(ビットメックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説」

【BitMEXと合わせて登録しておきたいレバレッジ最大200倍アルトコインFXも魅力のCryptoGT】

追証なしでレバレッジ最大200倍(調整可)、MT5導入、取扱通貨7種類。スプレッドとスワップポイントが大幅に(1/4程度に)下がり専業トレーダーの方の間でも評判が高まっているBTCFX専門の取引所です。BitMEXをメインに次点で合わせて登録しておきたい取引所です

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

「CryptoGT(クリプトGT)の登録方法と使い方を分かりやすく解説」

【ZERO/ゼロからはじめるビットコイン運営者】

初心者でもゼロから仮想通貨について学べる様に分かりやすい仮想通貨情報の発信を心掛けています

-BitMEX(ビットメックス)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.