ビットフライヤー(Bitflyer)

ビットフライヤー(bitFlyer)の売買手数料(スプレッド)は高いか比較してみた

投稿日:

【人気の取引所-Zaif】
国内最大規模の取扱銘柄数と指値で安く購入する事が出来る取引所としてZaif未登録の初心者の方は一番最初に登録必須の取引所です

【注目の取引所-Bitbank】
人気銘柄取扱・コールドウォレット・マルチシグ採用のセキュリティーに強い取引所Bitbankはこちらから

>>すぐに主要取引所で取引を開始したい方はこちらから-5分で簡単登録-
>>Zaifの詳細を見る

>>Bitflyerの詳細を見る

>>Bitbankの詳細を見る

>>アルトコインのレバレッジ取引が出来るDMM Bitcoinの詳細を見る

>>ビットコインFXのGMOコインの詳細を見る

>>注目銘柄QASH取り扱いのQUOINEXの詳細を見る

ビットフライヤー(bitFlyer)の売買手数料(スプレッド)が高いのかどうか、これからビットフライヤー(bitFlyer)のご利用を検討している方は気になるでしょう。基本的に売買手数料(スプレッド)は、少なければ少ない方がユーザーの儲けが大きくなります。

よってなるべくなら売買手数料(スプレッド)が少ない仮想通貨取引所を選びたいですね。よってビットフライヤー(bitFlyer)ユーザーでも気になる方はいるでしょう。

ここではビットフライヤー(bitFlyer)のビットコインとアルトコインの売買手数料(スプレッド)や、Zaif(ザイフ)、コインチェック(Coincheck)、Bitbank(ビットバンク)などと比較してみました。

ビットフライヤー(bitFlyer)の売買手数料(スプレッド)は高いか比較してみた

売買手数料(スプレッド)とは、仮想通貨の売値と買値の差額をさします。日々、時間の経過とともにビットコイン(仮想通貨)の売値と買値は変動しています。また販売所や取引所ごとに同じ通貨、同じ日時でも売買手数料(スプレッド)には差があります。

よって少しでも売買手数料(スプレッド)が安いところで仮想通貨取引を行いたいところ。結局、売買手数料(スプレッド)は販売所や取引所の儲けになってしまうので、安いところを選ぶのが得策です。そこで気になるのがビットフライヤー(bitFlyer)の売買手数料(スプレッド)です。

ここではビットフライヤー(bitFlyer)のビットコインやアルトコインの売買手数料(スプレッド)や、Zaif(ザイフ)やコインチェック(Coincheck)、Bitbank(ビットバンク)と比較してみました。

ビットフライヤー(bitFlyer)の売買手数料(スプレッド)は?

仮想通貨の販売所として名の知れているビットフライヤー(bitFlyer)ですが、取引所も存在しています。ただ取引所ではBTC/JPYのみしか取引できず、アルトコインは販売所のみの扱いとなっているので注意しましょう。

そんなビットフライヤー(bitFlyer)の販売所と取引所における売買手数料(スプレッド)の算出方法は、「購入価格-売却価格=売買手数料(スプレッド)」となります。

【ビットフライヤー(Bitflyer)の販売所のスプレッド】

ビットフライヤー(bitFlyer)トップページの左メニュー「ビットコイン販売所」の、「購入価格」と「売却価格」の差額を算出しましょう。ビットコインの売買手数料になります。2018年2月9日現在では、「890,560-864,119=26,441」が売買手数料(スプレッド)となります。

アルトコインについては、同じくトップページ左メニューの「アルトコイン販売所」へ行きましょう。上と同じ要領でスプレッドを算出してください。ビットフライヤーのビットコインとアルトコインの売買手数料をまとめると、以下の通りになります。

【ビットフライヤー(Bitflyer)のビットコインのスプレッド】

26,441

【ビットフライヤー(Bitflyer)のアルトコインのスプレッド】

イーサリアム…4,709
イーサクラシック…125
ライトコイン…1,337
ビットコインキャッシュ…12,258
モナコイン…41.541
リスク…341

ビットフライヤー(Bitflyer)の取引所のスプレッド

ビットフライヤー(bitFlyer)では唯一、ビットコイン(BTC/JPY)のみ取引所が存在します。表示されている板の「BUY」「SELL」の差額を求めると、5,006でこれが売買手数料(スプレッド)となります。

同じビットフライヤー(bitFlyer)のビットコインでも、販売所の26,441と取引所5,006では圧倒的に売買手数料(スプレッド)が違いますね。取引所の売買手数料(スプレッド)が安くなる理由は、板を通してユーザー同士で直接売買を行えるからです。

販売所は、ビットフライヤー(bitFlyer)から直接ビットコイン(仮想通貨)の購入を行うため、手数料が取られてしまいます。ようするに手間賃のようなものだと覚えておけばいいでしょう。

ビットフライヤー(Bitflyer)とZaif(ザイフ)やコインチェック(Coincheck)、Bitbank(ビットバンク)のスプレッド比較

国内を代表する仮想通貨販売所・取引所であるビットフライヤー(bitFlyer)ですが、その他の国内販売所や取引所とも比較してみましょう。Zaif(ザイフ)やコインチェック(Coincheck)、Bitbank(ビットバンク)は、ビットフライヤー(bitFlyer)と同じく国内を代表する販売所・取引所です。

ビットコインとアルトコインにわけて、ビットフライヤー(bitFlyer)との売買手数料を比較してみましょう。

【ビットフライヤー(Bitflyer)と他の取引所のビットコインのスプレッド比較】

販売所のビットコインは、ビットフライヤー(bitFlyer)だけでなく全社とも売買手数料(スプレッド)が圧倒的に広くなっています。中ではビットフライヤー(bitFlyer)が一番安いですが、全般的に広い印象ですね。

取引所は全般的に圧倒的に低い売買手数料(スプレッド)ですので安心して取引できますね。ただ中でもビットフライヤー(bitFlyer)は売買手数料(スプレッド)が広くなっています。

【ビットフライヤー(Bitflyer)と他の販売所のスプレッド比較】
ビットフライヤー(bitFlyer)…26,441
Zaif(ザイフ)…40,545
コインチェック(Coincheck)…28,680

【ビットフライヤー(Bitflyer)と他の取引所のスプレッド比較】
ビットフライヤー(bitFlyer)…5,006
Zaif(ザイフ)…60
コインチェック(Coincheck)…631
Bitbank(ビットバンク)…316

【ビットフライヤー(Bitflyer)と他の取引所のアルトコインのスプレッド比較】

ビットフライヤー(bitFlyer)とコインチェック(Coincheck)は基本販売所形式で、ビットコインのみ取引所があります。Zaif(ザイフ)はビットコインとモナコインのみ販売所、その他は取引所です。Bitbank(ビットバンク)はすべて取引所形式となっています。

扱っているアルトコインが個々にまちまちであるため、共通の通貨を比較するためにも販売所と取引所を区別せずみていきます。

モナコインではビットフライヤー(bitFlyer)の売買手数料(スプレッド)が圧倒的に広い印象があります。ビットコインキャッシュではコインチェック(Coincheck)が一番広かったものの、続いてビットフライヤー(bitFlyer)も広くなっています。

【ビットフライヤー(Bitflyer)のモナコインのスプレッド比較】

ビットフライヤー(bitFlyer)…41.96
Zaif(ザイフ)…16.831
コインチェック(Coincheck)…×
Bitbank(ビットバンク)…3.979

【ビットフライヤー(Bitflyer)のビットコインキャッシュのスプレッド比較】

ビットフライヤー(bitFlyer)…12,474
Zaif(ザイフ)…460
コインチェック(Coincheck)…13,920
Bitbank(ビットバンク)…1,245

よってビットフライヤー(bitFlyer)のスプレッドは、全般的に高い傾向にあると言えるでしょう。

ビットフライヤー(bitFlyer)の売買手数料(スプレッド)は高いか比較してみたまとめ

ビットフライヤー(bitFlyer)の売買手数料(スプレッド)は、その時々によって違いがあるものの全般的に高い傾向があります。特に販売所形式ではビットコインのみの扱いとなっていることが原因でしょうが、販売所の売買手数料(スプレッド)を他社と比較しても高い傾向にあります。

よってビットフライヤー(bitFlyer)を中心に利用してしまうと、大幅に売買手数料(スプレッド)が取られてしまうので注意しましょう。売買手数料(スプレッド)が低い時期を見計らって使うようにしたいですね。

>>Bitflyerの登録がまだの方はこちらから

>>おすすめの仮想通貨取引所

【Zaif】

日本国内最大の取扱通貨数の取引所、指値での板取引で注文を出せるので販売所より安く取引する事が可能です。人気のある取引所の為、登録から本人確認まで時間が掛かります。登録がまだの方は一番に登録を済ませておくのがおすすめの取引所です。

取扱主要通貨5種類

ビットコイン、NEM、MONA、ビットコインキャッシュ、イーサリアム

取扱トークン10種類

Zaifトークン、XCP、BCY、SJCX、FSCC、PEPECASH、CICC、NCXC、JPYZ、COMSA

【Bitbank】

日本国内で唯一注目銘柄リップル(XRP)の指値の板取引をしている取引所、リップルは海外送金の時間や費用を大幅にカットする事が可能な実用性が認められているコインでリップルの存在感が増すに連れて注目が集まって来ている取引所です。モナコインやライトコインなどの人気銘柄も押さえており、Zaifよりも登録から本人確認のハガキの到着までが早いので取引所選びに失敗したく無い方はZaif、Bitbank辺りで押さえておくと良いと思います

取扱通貨は主要通貨6種類

BTC/JPY、XRP/JPY、LTC/BTC、ETH/BTC、MONA/JPY、MONA/BTC、BCC/JPY、BCC/BTC

【DMM Bitcoin】-キャンペーン中-

取扱通貨は7種類、ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ネム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコインなど注目度の高い銘柄を扱っておりアルトコインのレバレッジ取引が出来るのが最大の特徴です。登録からハガキの到着までが数日で終わるので早く仮想通貨をはじめたい人にもおすすめです。2018年3月31日まで口座開設キャンペーンを実施中です。

【Bitflyer】

取引量、ユーザー数がNo1の仮想通貨販売所。比較的初心者向けの販売所で初心者でも体感的に見やすい画面になっていて精密なチャートだと逆に分からないと言う方もはじめやすい仕様になっています。また登録から本人確認迄が早く2、3日で取引開始迄出来ますので他の取引所の開設に時間が掛かっている間に利用するのもおすすめです。玄人向けにLightning FXで15倍迄BTCの取引が可能なサービスも提供しています。

取扱通貨は主要通貨を6種類

ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、モナコイン、ライトコイン、ビットコインキャッシュ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【GMOコイン】

ビットコインFXで利用する方が多い取引所、専用のアプリが用意されており9種類のテクニカル指標と多様な取引方法が可能なのが特徴です。最短で即日取引可能、入出金も無料ですぐに取引が開始出来る取引所です。

取り扱い通貨は5種類

ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップル

【QUOINEX】

注目銘柄QASHを唯一取り扱っている取引所、まだあまり認知度が高くない取引所ですが上級者の中では評価も高く今後の将来性の高い取引所です。100%コールドウォレット管理、出コインのホワイトリスト化、プライベートサーバーの利用、二段階認証必須、API出金の禁止とセキュリティ面や安全面が強固で優れている取引所です。2018年現在迄一度も盗難にあった事が無く安心して使える取引所です

取り扱い通貨はBTC、ETH、XRP、QASHとJPY、USDなどを含めた通貨ペア22種類、25倍迄レバレッジ取引も可能です

-ビットフライヤー(Bitflyer)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.