【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

BitMEXは追証無しで100倍迄レバレッジ取引可能な取引所です。BTCFXではショート(売り)からも入る事が出来るので現物取引では出来ない「下げ相場」でも稼ぐ事が出来るのが大きな特徴となっています(今現在利益を上げているトレーダーの多くがショート勢です)
ゼロカットを搭載しており資産がマイナスになる心配が無い事や世界一取引量のある取引所なので板が厚く、サーバーも安定している為専業のトレーダーにも使われている取引所です

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

「BitMEXの登録方法。入金・出金・送金まで分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)のレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料」

「BitMEX(ビットメックス)の手数料について分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説」

【BitMEXと合わせて登録しておきたいレバレッジ最大200倍アルトコインFXも魅力のCryptoGT】

追証なしでレバレッジ最大200倍(調整可)、MT5導入、取扱通貨7種類。スプレッドとスワップポイントが大幅に(1/4程度に)下がり専業トレーダーの方の間でも評判が高まっているBTCFX専門の取引所です。BitMEXをメインに次点で合わせて登録しておきたい取引所です。急激なビットコインの価格の下落や上昇でも注文が滑らないのも大きな特徴です

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

Bitbank(ビットバンク)

Bitbank(ビットバンク)のロスカット・強制決済・追加証拠金について

更新日:

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

世界一の取引量を誇る「BitMEX」ではBTCFXのショート(売り)から入る事で「下げ相場」でも稼ぐ事が可能です。BTCFXであればビットコインの価格が下がっている時が稼ぎ時にもなりますので登録がまだの方はぜひ登録して試してみて下さい

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

世界一の取引量を誇る「BitMEX」ではBTCFXのショート(売り)から入る事で「下げ相場」でも稼ぐ事が可能です。BTCFXであればビットコインの価格が下がっている時が稼ぎ時にもなりますので登録がまだの方はぜひ登録して試してみて下さい

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

Bitbank(ビットバンク)のロスカットの基準はどのようになっているのでしょうか。また追加証拠金がどのくらいなのかも、Bitbank(ビットバンク)でレバレッジ取引を始めたい方は覚えておきたいところです。

中には「ロスカットとはどのようなものなのかを知らない」という方もいるでしょう。ビットコイン(仮想通貨)がはじめての方はおそらくロスカットや追加証拠金を知らない方の方が多いはずです。

よってここではBitbank(ビットバンク)のレバレッジ取引におけるロスカットや強制決済、追加証拠金についてみていきましょう。

Bitbank(ビットバンク)のロスカット・強制決済・追加証拠金について

国内取引所の代表的存在のひとつ、Bitbank(ビットバンク)は、注目されている国内取引所のひとつです。Bitbank(ビットバンク)では、現物取引とレバレッジ取引ができる取引所を分けているのが特徴です。

>>現物取引を行うのがBitbank(ビットバンク)で、レバレッジ取引専門が「BitbankTrade」となります。Bitbank Trade(ビットバンクトレード)では追証無しでレバレッジ20倍で取引できるのが特徴でしょう。

Bitbank(ビットバンク)、 Bitbank Trade(ビットバンクトレード)いずれも分かれているので別々に登録する必要があると心得ておきましょう。

ロスカットとは、レバレッジ取引における強制決済をさし、取引の負債による個人への負担を減らすために導入されている制度です。安全に取引をするためにかかせない決まりですが、追加証拠金はロスカットを防ぐために追加する資金をさします。

では具体的にBitbank(ビットバンク)のロスカットや強制決済、追加証拠金を見ていきましょう。

>>BitbankTradeの登録がまだの方はこちらから(当サイトから登録で6ヶ月間手数料が20%offになります)

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

Bitbank(ビットバンク)のロスカットとは強制決済を指します

レバレッジ取引での損失を最小限に抑えるために、ポジションの強制決済を行うことをロスカットと言います。ようするにロスカットとは、レバレッジ取引の損失が大きくなってしまう前に契約を解除することと例えればわかりやすいかもしれません。

レバレッジ取引は、資金の数倍の金額で取引できるのが魅力で、Bitbank(ビットバンク)では20倍のレバレッジをかけられます。大きく儲けを出せるのが魅力ですが、そのぶん損をしたときも大きく負けてしまうのが欠点だと言えるでしょう。

>>BitbankTradeの登録がまだの方はこちらから(当サイトから登録で6ヶ月間手数料が20%offになります)

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

Bitbank(ビットバンク)のロスカットで知っておきたい「証拠金維持率」

証拠金維持率とは、ロスカットが行われる基準をさします。レバレッジ取引では証拠金維持率を下回ってしまうとロスカットされてしまうので注意しなければなりません。Bitbank(ビットバンク)をはじめ各取引所では証拠金維持率が定められており、下回ってしまうと強制決済されてしまいます。

Bitbank(ビットバンク)の証拠金維持率は20%と定められています。ちなみに証拠金維持率の求め方は、全取引所共通の公式で算出されているので、予備知識として覚えておきましょう。

>>BitbankTradeの登録がまだの方はこちらから(当サイトから登録で6ヶ月間手数料が20%offになります)

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

他の取引所とBitbank(ビットバンク)の証拠金維持率を比較してみた

20%の証拠金維持率であるBitbank(ビットバンク)の証拠金維持率は、みんなのビットコインやQuoinex(コインエクスチェンジ)と並んで最下層にあたります。

Bitbank(ビットバンク)は証拠金維持率20%と低く、レバレッジ倍率20倍と大きいので、万が一損失が出てしまったときに危険という印象を持っている方もいるでしょう。たしかにその通りです。

コインチェックのようにロスカット率50%の取引所と比較すると、Bitbank(ビットバンク)では大きく損失が出てしまうおそれがあります。

ただBitbank(ビットバンク)は証拠金維持率20%でロスカットされるので、強制決済までに数値的猶予があります。ところがロスカット率50%ではたった半分で強制決済されてしまうことに。特に急なビットコイン価格の変動があった場合は、余力がないため強制決済されやすくなってしまいます。

また同じ資金で取引を始めたとしてもBitbank(ビットバンク)のようにレバレッジ倍率20倍と高倍率の取引所の方が証拠金維持率にも余力ができ、強制決済されにくくなります。

たとえばBitbank(ビットバンク)のように20倍のレバレッジが効く取引所と5倍の取引所では、同じ資金だったとしても証拠金は違ってきます。連動して証拠金維持率も変化してきます。証拠金が大きいほど証拠金維持率も大きくなるため、大きな損失にも耐えられやすくなります。

>>BitbankTradeの登録がまだの方はこちらから(当サイトから登録で6ヶ月間手数料が20%offになります)

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

Bitbank(ビットバンク)の追加証拠金はない!?大丈夫なの?

なんとBitbank(ビットバンク)では追加証拠金が定められていません。追加証拠金とは、追加で資金を補充してレバレッジ取引のポジションがロスカットされてしまうのを防ぐために作られたルールです。

レバレッジ取引は、一定の証拠金維持率以上を保つ必要があります。基準を下回ってしまったときに追加証拠金を入れることで、引き続き安全に取引が継続できるよう、各取引所ごとに定めています。

追加証拠金基準は、証拠金維持率よりも少し高めに設定されているため、ロスカットを未然に防ぐことができます。ところがBitbank(ビットバンク)では追加証拠金を定めていません。大丈夫なの?と心配になる方もいるでしょう。

もちろん加証拠金が定められていないBitbank(ビットバンク)で無知でありながらレバレッジ取引を行うのは危険です。しかしビットバンク(仮想通貨)取引の正しい知識やテクニックがあれば大丈夫。

よってBitbank(ビットバンク)でのレバレッジ取引は、中級者から上級者向けだと言えますね。正しく使ってビットコイン(仮想通貨)を楽しみましょう。

>>BitbankTradeの登録がまだの方はこちらから(当サイトから登録で6ヶ月間手数料が20%offになります)

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

Bitbank(ビットバンク)のロスカット・強制決済・追加証拠金についてまとめ

レバレッジ取引のロスカットは、ユーザーを多額の借金から守ってくれます。特にビットバンク(Bitbank)はレバレッジ倍率が高いため、大きく負債を抱えてしまう可能性もないとは言えません。そこでロスカット制度があると、安心して取引を楽しめますね。

特にBitbank(ビットバンク)は追加証拠金がないため、気づかずにうっかり負債を出してしまうと後々大変なことにもなりかねません。そのような点については、ユーザー自身が気を付ける必要がありそうです。

ただ逆を返せば、Bitbank(ビットバンク)では大きく儲けを出すために役立つ取引所だと言えるでしょう。レバレッジ倍率20倍ですし、証拠金維持率も20%ですので、ロスカットされにくい環境にあります。

その分Bitbank(ビットバンク)では損失が大きく膨れ上がってしまうリスクがあるので、くれぐれも注意したいですね。レバレッジ取引できるBitbank Trade(ビットバンクトレード)は初心者よりも中級者以上、上級者向けだと言えるでしょう。

>>BitbankTradeの登録がまだの方はこちらから(当サイトから登録で6ヶ月間手数料が20%offになります)

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

「BitMEX(ビットメックス)の登録方法。入金・出金・送金まで分かりやすく解説」

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

BitMEXは追証無しで100倍迄レバレッジ取引可能な取引所です。BTCFXではショート(売り)から入る事が出来るので現物取引では出来ない「下げ相場」でも稼ぐ事が出来るのが大きな特徴となっています(今現在利益を上げているトレーダーの多くがショート勢です)
ゼロカットを搭載しており資産がマイナスになる心配が無い事や、世界一取引量のある取引所なので板が厚く、サーバーも安定している為専業のトレーダーにも使われている取引所です

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

「BitMEXの登録方法。入金・出金・送金まで分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)のレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料」

「BitMEX(ビットメックス)の手数料について分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説」

【BitMEXと合わせて次点で登録しておきたいレバレッジ最大200倍アルトコインFXも魅力のCryptoGT】

追証なしでレバレッジ最大200倍(調整可)、MT5導入、取扱通貨8種類。スプレッドとスワップポイントが大幅に(1/4程度に)下がり専業トレーダーの方の間でも評判が高まっているBTCFX専門の取引所です。BitMEXをメインに次点で合わせて登録しておきたい取引所です。急激なビットコインの価格の下落や上昇でも注文が滑らないのも大きな特徴です

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

「CryptoGT(クリプトGT)の登録方法と使い方を分かりやすく解説」

【ZERO/ゼロからはじめるビットコイン運営者】

初心者でもゼロから仮想通貨について学べる様に分かりやすい仮想通貨情報の発信を心掛けています




-Bitbank(ビットバンク)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.