ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています







【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

BitMEXは追証無しで100倍迄レバレッジ取引可能な取引所です。BTCFXではショート(売り)からも入る事が出来るので現物取引では出来ない「下げ相場」でも稼ぐ事が出来るのが大きな特徴となっています(今現在利益を上げているトレーダーの多くがショート勢です)
ゼロカットを搭載しており資産がマイナスになる心配が無い事や世界一取引量のある取引所なので板が厚く、サーバーも安定している為専業のトレーダーにも使われている取引所です

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

「BitMEX(ビットメックス)の登録方法と使い方を分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)の手数料について分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)のレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料」

「BitMEX(ビットメックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説」

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)は指値で注文可能?スプレッドの幅はどれくらい?

投稿日:

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

世界一の取引量を誇る「BitMEX」ではBTCFXのショート(売り)から入る事で「下げ相場」でも稼ぐ事が可能です。BTCFXであればビットコインの価格が下がっている時が稼ぎ時にもなりますので登録がまだの方はぜひ登録して試してみて下さい

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

世界一の取引量を誇る「BitMEX」ではBTCFXのショート(売り)から入る事で「下げ相場」でも稼ぐ事が可能です。BTCFXであればビットコインの価格が下がっている時が稼ぎ時にもなりますので登録がまだの方はぜひ登録して試してみて下さい

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

国内の取引所を利用していた方の中には、「Binance(バイナンス)」でも取引を始めたいと考えているひとは多いのではないでしょうか。

Binance(バイナンス)での取引を始める前に、国内取引所と同様に指値で注文可能かどうかやスプレッドの幅がどれくらいかも取引所を決める重要なポイントですよね。

今回は、海外大手取引所であるBinance(バイナンス)で指値注文が可能なのか、またスプレッドの幅がどれくらいなのかについて詳しく調べてみました。

Binance(バイナンス)は指値で注文可能?スプレッドの幅はどれくらい?

Binance(バイナンス)は、中国発祥の仮想通貨取引所で、現在は香港に拠点を置いています。2017年7月にオープンしたばかりの新しい取引所ですが現在の取引高は世界1位となっており、人気急上昇中であることがわかります。

海外の仮想通貨取引所はセキュリティが甘すぎたりなど不安のあるところも多いものですが、Binance(バイナンス)は二段階認証システムなどもあり、初心者でも安心して利用しやすい海外の取引所であるといえるでしょう。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

Binanace(バイナンス)は指値で注文が可能

Binance(バイナンス)では、以下の3つの方法を利用して売買の注文を行うことが可能です。

・Limit(指値注文)

・Market(成行注文)

・Stop Limit(逆指値、特殊注文の方法の1つ)

そもそも指値注文とはなんなのかを、他の注文方法とともにみていきましょう。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

Binance(バイナンス)のLimit(指値注文)

指値注文とは、購入する(または売却する)金額と数量を指定して注文する方法です。

指値注文の大きな特徴としては、買い注文であれば指値以下の価格、売り注文であれば指値以上の価格にならないと取引が成立しないという点です。

できるだけ安く買って高く売りたい、という意図で行う、Binnance(バイナンス)での売買でもメインで利用していくような、基本的な仮想通貨売買方法になります。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

Binance(バイナンス)のMarket(成行注文)

成行注文とは、指値のように価格を指定せずに購入する方法です。買い注文を出したタイミングで、最も低い売り注文の価格で取引が成立します。また売り注文に関してはこの逆のことが発生します。

売買価格にこだわらず、いち早く注文を成立させたいと考える人にとっては、利用しやすい注文方法になっています。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

Binance(バイナンス)のStop Limit(逆指値、特殊注文の方法の1つ)

Stop Limit(逆指値)とは、指値注文と成行注文の特性を持ち合わせた取引の方法で、特殊注文と呼ばれる方法の1つです。

最初に「指定した価格以下(または以上)になったら買い(または売り)の指値注文を出す」という条件(トリガー)を設定しておき、このトリガー価格に達すると成行注文から指値注文に切り替わるというシステムです。

指定した条件の価格より高く買って、安く売るため「逆」指値と呼ばれています。

Stip Limit(逆指値)は、主に仮想通貨相場のトレンドを読んで注文したいときに使われます。

たとえば、ある価格まで値上がりした通貨は上昇トレンドに乗った可能性が高いと判断できるが成行で注文するほどではない。そこで、もう1段高い価格で指値注文を出しておくという場合です。

取引上級者の方が利用する方法ですので、Binance(バイナンス)を始めたばかりの方は指値注文と成行注文だけ理解しておけば良いのではと思います。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

Binance(バイナンス)指値注文の方法

それでは実際にBinance(バイナンス)で指値注文を行う方法を説明していきます。 Binance(バイナンス)で指値買い注文を行うためには、以下の通貨のいずれかが必要になります。

・BTC
・ETH
・BNB
・XRP
・USDT

どの通貨で取引をするのかによって、取引できる仮想通貨の種類が変わりますので、自分の購入したいものがどの通貨で購入できるのかを事前にチェックしておきましょう。

また取引手数料は、Binance(バイナンス)独自の通貨であるBNBを利用することで、登録1年目は0.05%で利用できます。

BNB建てでの購入予定がない方も、手数料分ほどの少額をBNBにしておくと手数料を節約できますよ。 ここではBTC建てで、LTCを指値注文する方法を例に説明していきます。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

1.まずはメイン画面の仮想通貨一覧にて①「BTC Market」のタブを開き、②「LTC」をクリックします。

2.開くとLTCのチャートや売買板が表示されます。

指値での購入はこの中の「購入」の部分を利用して注文していきます。購入項目の中には「Limit」「Market」「Stop-Limit」の3つのタブが並んでいるので、以下の手順で指値注文を行います。

①指値注文である「Limit」をクリック

②価格に「これ以下の金額なら購入する」という価格を入力します

③購入数量を入力し

④「購入LTC」をクリックすれば注文完了です。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

Binance(バイナンス)の指値注文のスプレッド幅はどれくらい?

そもそもスプレッドとは、買い注文と売り注文の差額のことを指します。 つまり「購入価格ー売却価格=スプレッド(差額)」ということです。

国内取引所では「手数料0%」とうたっているところも存在しますが、実はこのスプレッドが隠れた手数料としてきっちり支払われているのです。

Binance(バイナンス)で指値購入をすると、自分で金額を指定するので相場はあるにせよある程度金額が自由に設定できるようになっています。

(日本国内の場合アルトコインを指値で取引出来る取引所は「Zaif」」「Bitbank」になります)

つまり,、Binance(バイナンス)では、指値以下で売りたい人がいればそれで取引が成立するので国内取引所内にある販売所でのスプレッドのような隠れた手数料のようなものは存在しないことになります。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

国内取引所はスプレッドの幅が広いところも多く、購入した価格が売却の価格を抜くまでは利益がでないことになってしまいます。

そのため、利益をできるだけ上げていきたいのであればBinance(バイナンス)のようなスプレッドの狭い取引所や手数料の安い取引所を利用することがおすすめです。

Binance(バイナンス)では、BNBで手数料を支払えば取引価格の0.05%の手数料で済みますので、少しでも手数料を安く取引したいという方にはおすすめの取引所になっています。

Binance(バイナンス)は指値で注文可能?スプレッドの幅に関するまとめ

今回はBinance(バイナンス)は指値で注文が可能なのかどうか、スプレッド幅などについても説明してきました。

Binance(バイナンス)では、指値注文をはじめとする3つの注文方法が可能となっており、指値注文に関しては自分の好きな購入価格を設定することが可能です。

また手数料に関してもBNBで手数料を支払えば0.05%を支払うのみで済みますので、スプレッド幅の広い取引所を利用している方にとってはかなりお得に取引できる可能性があります。

ただし、サポートセンターが日本語非対応であるなどのデメリットもありますので、よく調べてから利用を検討してみてください。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

「BitMEX(ビットメックス)の登録方法。入金・出金・送金まで分かりやすく解説」

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

BitMEXは追証無しで100倍迄レバレッジ取引可能な取引所です。BTCFXではショート(売り)から入る事が出来るので現物取引では出来ない「下げ相場」でも稼ぐ事が出来るのが大きな特徴となっています(今現在利益を上げているトレーダーの多くがショート勢です)
ゼロカットを搭載しており資産がマイナスになる心配が無い事や、世界一取引量のある取引所なので板が厚く、サーバーも安定している為専業のトレーダーにも使われている取引所です

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

「BitMEX(ビットメックス)の登録方法と使い方を分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)の手数料について分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)のレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料」

「BitMEX(ビットメックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説」

【BitMEXと合わせて登録しておきたいレバレッジ最大200倍アルトコインFXも魅力のCryptoGT】

追証なしでレバレッジ最大200倍(調整可)、MT5導入、取扱通貨7種類。スプレッドとスワップポイントが大幅に(1/4程度に)下がり専業トレーダーの方の間でも評判が高まっているBTCFX専門の取引所です。BitMEXをメインに次点で合わせて登録しておきたい取引所です

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

「CryptoGT(クリプトGT)の登録方法と使い方を分かりやすく解説」

【ZERO/ゼロからはじめるビットコイン運営者】

初心者でもゼロから仮想通貨について学べる様に分かりやすい仮想通貨情報の発信を心掛けています

-Binance(バイナンス)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.