ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

BaseFEX(ベースFEX)

BaseFEX(ベースFEX)の手数料をどこよりも分かりやすく解説

投稿日:

【"下げ相場"でも稼げるビットコインFX専門取引所・押さえておきたいおすすめランキング】

CryptoGTはレバレッジ最大500倍・追証なしのゼロカットを採用・定期的に豪華なボーナスも実施のビットコインFX専門の取引所です。BTCFXではショート(売り)から入る事でビットコインの価格の下がる「下げ相場」でも利益を出す事が可能です

【1位】CryptoGT(クリプトGT)の詳細ページはこちらから(メールアドレスの登録で最短1分で登録可能)

【2位】Bybit(バイビット)の詳細ページはこちらから

【3位】BTCMEXの詳細ページはこちらから

【"下げ相場"でも稼げるビットコインFX専門取引所・押さえておきたいおすすめランキング】

【1位】CryptoGT(クリプトGT)の詳細ページはこちらから(メールアドレスの登録で最短1分で登録可能)

【2位】Bybit(バイビット)の詳細ページはこちらから

【3位】BTCMEXの詳細ページはこちらから

【"下げ相場"でも稼げるビットコインFX専門取引所・押さえておきたいおすすめランキング】

【1位】CryptoGT(クリプトGT)の詳細ページはこちらから(メールアドレスの登録で最短1分で登録可能)

【2位】Bybit(バイビット)の詳細ページはこちらから

【3位】BTCMEXの詳細ページはこちらから

国内の利用者数が多い海外のFX仮想通貨取引所といえばBitMEX(ビットメックス )を思い浮かべる人も多いでしょう。

しかし、現在BitMEX(ビットメックス )のような操作がわかりやすい取引所で徐々に人気を集めているのが、同じ海外の取引所であるBaseFEX(ベースFEX)です。

これからBaseFEX(ベースFEX)を利用してみたいと考えている人の中には、BaseFEX(ベースFEX)の手数料がどれくらいかかるのかが気になっているという人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、BaseFEX(ベースFEX)の手数料をどこよりも分かりやすく解説していきます。

BaseFEX(ベースFEX)の手数料をどこよりも分かりやすく解説

2017年頃からユーザー数を増やしているビットコインなどの仮想通貨のFX取引ですが、徐々にFX取引に対応した取引所も増加しています。

毎年、ユーザー数を大きく伸ばす取引所が登場していますが、2019年に注目されている海外の仮想通貨取引所といえばBaseFEX(ベースFEX)でしょう。

BaseFEX(ベースFEX)は、BitMEX(ビットメックス )のような使い心地に加えて手数料の条件の良さなどが好評を得ている取引所です。

しかし海外の初めて利用する取引所の場合は、どんな手数料がかかるのかを事前にしっかり把握しておきたいものですよね。

しかし、BaseFEX(ベースFEX)の手数料の形態は基本的にシンプルなシステムになっており、BitMEX(ビットメックス )とほぼ同様だと言われています。

そのためBitMEX(ビットメックス )を利用していたユーザーであれば、BaseFEX(ベースFEX)の手数料に関しても抵抗なく理解できる可能性が高いようです。

しれでは次項より、具体的な以下の手数料について詳しく見ていきましょう。

  • 取引手数料(メイカー/テイカー手数料)
  • 資金調達率
  • 入出金手数料

>>BaseFEXの登録がまだの方はこちらから(当サイトからの登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BaseFEX(ベースFEX)の手数料  取引手数料(メイカー/テイカー手数料)

BaseFEX(ベースFEX)で注文を行う際にかかってくる手数料として、メイカー手数料(Maker fee)とテイカー手数料(Taker fee)があります。

BaseFEX(ベースFEX)では通貨ペアに関係なく、現在のところメイカー手数料(Maker fee)が一律0%、テイカー手数料(Taker fee)が一律0.05%です。

つまりBaseFEX(ベースFEX)の場合には、メイカー手数料(Maker fee)が無料で、テイカー手数料(Taker fee)のみが0.05%発生します。

一方、海外取引所のBitMEX(ビットメックス )の場合には、メイカー手数料(Maker fee)が-0.025%、テイカー手数料(Taker fee)が0.075%となっています。

メイカー手数料(Maker fee)はマイナス表記のため、1回の取引につき0.025%の手数料分をユーザーが受け取ることが可能です。

しかしテイカー手数料(Taker fee)は0.075%とBaseFEX(ベースFEX)よりも高額な手数料が発生します。

メイカー手数料(Maker fee)は、一度注文が板に表記されるような注文のみ発生する手数料のため、注文方法によっては常にテイカー手数料(Taker fee)が発生するという人も少なくありません。

そのような場合には、テイカー手数料(Taker fee)がBItMEX(ビットメックス )よりも安いBaseFEX(ベースFEX)の利用がおすすめできます。

>>BaseFEXの登録がまだの方はこちらから(当サイトからの登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BaseFEX(ベースFEX)の手数料 資金調達率

BaseFEX(ベースFEX)には、ポジションを保有していることで発生する資金調達率もあります。

資金調達率については、市場の貸付レートによって常に変動していくので、基本的な考え方はBitMEX(ビットメックス )と同じようになるでしょう。

また資金調達率のパーセンテージがマイナス表記になっている場合には、表記されている手数料分をユーザーが受け取ることができます。

資金調達率はポジションを保有して8時間ごとに手数料が発生する仕組みになっているので、保有しているポジションの期間によってもかかってくる価格の総合計金額が変わってくるでしょう。

>>BaseFEXの登録がまだの方はこちらから(当サイトからの登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BaseFEX(ベースFEX)の手数料 入出金手数料

BaseFEX(ベースFEX)では、入出金手数料についても無料となっています。

ただしBaseFEX(ベースFEX)の入出金手数料はかかりませんが、別途で出金を行う場合にネットワーク手数料が発生する場合があるでしょう。

ネットワーク手数料は、ビットコインの送金量に応じてや送金の混雑状況によっても金額が変動する傾向があります。

混雑時などに送金を行う場合には、多額のネットワーク手数料が発生する可能性もあるので十分注意するようにしてください。

>>BaseFEXの登録がまだの方はこちらから(当サイトからの登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

BaseFEX(ベースFEX)の手数料 その他にもキャンペーンなどをチェックしておくのがおすすめ

BaseFEX(ベースFEX)では、基本的にドレードやポジションを保有し続けることで手数料が発生します。

しかしBaseFEX(ベースFEX)では、期間限定のキャンペーンなどで一定の条件を満たすユーザーに向けて手数料を優遇する場合などもあるようです。

キャンペーンは突発的に発生する可能性もあり、それぞれ適用になる条件なども異なってくるので、詳しくは公式サイトにてキャンペーンを随時確認していくと良いでしょう。

BaseFEX(ベースFEX)の手数料をどこよりも分かりやすく解説まとめ

今回は、BaseFEX(ベースFEX)の手数料をどこよりも分かりやすく解説してきました。

BaseFEX(ベースFEX)は海外の取引所ではありますが、手数料は基本的にシンプルなルールになっています。

BitMEX(ビットメックス )を利用していた人であれば、抵抗なくスムーズに以降できる人も多いといえるでしょう。

ただし、保有しているポジションなどによって変動する手数料もあるので、ポジションを保有する場合には事前に手数料を確認するのもおすすめです。

また出金の際にかかるネットワーク手数料も混雑時に高くなる可能性があるので、値動きなどに注意しながら利用するのが良いでしょう。

>>BaseFEXの登録がまだの方はこちらから(当サイトからの登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

【"下げ相場"でも稼げるビットコインFX専門取引所・押さえておきたいおすすめランキング】

CryptoGTはレバレッジ最大500倍・追証なしのゼロカットを採用・定期的に豪華なボーナスも実施のビットコインFX専門の取引所です。BTCFXではショート(売り)から入る事でビットコインの価格の下がる「下げ相場」でも利益を出す事が可能です

【1位】CryptoGT(クリプトGT)の詳細ページはこちらから(メールアドレスの登録で最短1分で登録可能)

【2位】Bybit(バイビット)の詳細ページはこちらから

【3位】BTCMEXの詳細ページはこちらから

-BaseFEX(ベースFEX)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.